ドコモ光のWIFI利用の疑問

ドコモ光ならWiFiルーターを無料で手に入れられる

投稿日:

ドコモ光をWiFi化

こんにちは、ドコ太郎です。

自宅にドコモ光を引いたら、WiFi化して使いたいですよね。

ONUというルーターのような装置とLANケーブルを使って
パソコンを有線接続することでもインターネットは使えます。

通信の安定性という点ではWiFi接続より有線接続の方が上です。

なのでオンライントレードなど、
万が一にも通信が途切れたら困るというような場合は有線接続の方が良かったりします。

ところがONUとの有線接続ではパソコン1台だけしか使えません。

最近はパソコンだけでなく
 ・スマホ  ・タブレット
 ・テレビ  ・家庭用ゲーム機
などなどいろんなものをインターネットに繋げることができます。

特にスマホなんて、自宅のドコモ光を使って通信すれば通信量の節約になり、
ひいてはスマホ代の節約にもなるんですね。

ではドコモ光をWiFi化するにはどうすれば良いのでしょうか?

ドコモ光に限らず、
光回線をWiFi化するには「無線LANルーター」というものが必要です。

しかし逆に言うと、
無線LANルーターさえあれば光回線をWiFi化することが可能なんです。

まずONUと無線LANルーターをLANケーブルで繋ぎます。

あとは無線LANルーターに初期設定を施し、
パソコンやスマホのWiFi接続設定をするだけ。

WiFiを使うのに、ドコモ光やプロバイダに申し込みをする必要はありません。

無線LANルーターの調達費用は掛かりますが、WiFi自体には料金も不要です。

なのでプロバイダや代理店にWiFiの利用を相談した時に、
申し込みや料金が必要と言われたら「怪しい」と思った方が良いですよ。

ドコモ光で無線LANルーターを調達するには

ではその無線LANルーターはどうやって調達すれば良いのでしょうか?

ドコモ光で無線LANルーターを調達するには
 ・通販サイトなどで購入
 ・ドコモ光にレンタル
 ・プロバイダにレンタル
という3つの方法があります。

まず購入する場合ですが、
通販サイトや家電量販店などで簡単に購入することができます。

一口に「無線LANルーター」と言っても、
色んなメーカーから色んな機種が発売されています。

お目当ての機種があるなら、通販サイトの方が見つけやすいですし手っ取り早いですね。

ただどれを選べば良いか分からないなら、家電量販店やパソコンショップに行って
店員さんに相談する方が良いかもしれませんね。

次にドコモ光やプロバイダには無線LANルーターのレンタルサービスがあり、
そちらを利用することでも調達できます。

複数機種から選べる場合もありますが、
レンタルできる機種が決まっていることも少なくありません。

なのでどれを選べば良いか分からない場合は、
購入するよりレンタルの方が迷わないので良いかもしれないですね。

ただレンタルでは300~500円程度の月額料金が必要となることがほとんどです。

通販サイトなら高性能なものを10,000円ぐらいで購入することもできます。

普通に使っていれば無線LANルーターなんてそう簡単には壊れません。

ですから3年4年と長期間使い続けることを考えると、
金銭的にはレンタルより購入の方がお得ですよ。

しかし万が一故障した場合には、レンタルであれば無償で交換してもらえます。

簡単には壊れないと言っても、機械だけに何がきっかけで動かなくなるか分かりません。

アフターケアを含めて考えると、
多少お金は掛かってもレンタルの方がお得なのかなとも思いますね。

ただし、プロバイダの中にはルーターのレンタルサービスを行っていないところも
あるので注意してください。

購入時には注意が必要

先にも書きましたが、
無線LANルーターは色んなメーカーから色んな機種が発売されています。

メーカーは正直どこでも大差はありませんが、
機種に関してはどれでも同じというわけじゃないんです。

ルーター選びを間違えると
 ・部屋によってはWiFiが繋がらない
 ・WiFi接続すると通信速度が落ちる
なんてことにもなりかねません。

無線LANルーターの商品説明をよく見ると、
 ・ワンルーム
 ・2階建て、3階建て
 ・2LDK、3LDK
などの間取りが書かれています。

これ「推奨環境」というもので、
機種のWiFi出力によって使える家や部屋の大きさが決まっているんです。

ワンルーム向けのものを部屋数の多い一軒家やマンションの部屋で使うと、
WiFiの電波が届かない部屋が出てきてしまいます。

「大は小を兼ねる」と言いますから、
ワンルームで3階建てや3LDK用のルーターを使っても大きな問題はありません。

ただ部屋の外までWiFiの電波が飛んでしまうことになります。

なのでセキュリティをしっかりしておかないと、
隣の部屋の人や表を歩いている人に回線をタダで使われる危険性があります。

値段の高い安いではなく、
自分の家や部屋の大きさに合ったルーターを選ぶということが重要なんですね。

それから通信環境に合わないルーターを選ぶと、通信速度が上がらなかったりもします。

ドコモ光のプロバイダの中には「v6プラス」に対応したサービスを行っているところが
あります。

「v6プラス」について詳しく説明すると長くなるのでごくごく簡単に言うと、
「v6プラス」対応のサービスでは従来よりも通信速度が速くなる可能性が高いんです。

ただ従来とは通信方式が違うため、
「v6プラス」に対応したルーターでないと通信速度は速くなりません。

要するにONUと有線接続だと速いのに、
無線LANルーターを使ってWiFi接続すると遅くなるということになるわけです。

「v6プラス」対応機種については、
「日本ネットワークイネイブラー」という会社のサイトで確認できます。

ただ対応機種だからと言って全てOKというわけでもなく、
プロバイダによっては使える機種が限られている場合があります。

実際So-netでは「v6プラス」の動作確認ができているのは1機種のみです。

プロバイダが動作確認できていないだけで、
それ以外の機種が絶対に使えないわけではありません。

とは言え動作確認されていない機種だと全然通信速度が上がらない恐れも
十分にあります。

ですからルーターを購入する際は、
事前にプロバイダに使える機種をしっかり確認しておかないといけませんね。

ドコモのオンラインショップで購入すれば手厚いサポートが受けられる

ドコモのオンラインショップでは、「docomo select」として
ドコモ光用の無線LANルーター「ドコモ光ルーター 01」が販売されています。

もちろん「v6プラス」対応の高性能機種となっています。

この「ドコモ光ルーター 01」の最大の特徴は「遠隔操作機能」が付いていることです。

ドコモ光をWiFi化するには、
ONUに無線LANルーターを繋いだら初期設定を施さないといけません。

実はこのルーターの初期設定が案外面倒なんです。

マニュアルがありますし、手順自体はそれほどややこしくありません。

ところがいざ自分でやってみると、マニュアル通りに進めているつもりなのに、
上手く行かないことがあるんです。

コンピューターの知識が多少ある人ならそんなことは無いんでしょうが、
光回線初心者や私のような機械音痴には結構ハードルの高い作業となります。

しかし遠隔操作機能を備えた「ドコモ光ルーター 01」なら、
本体背面にある遠隔設定ボタンを押すだけ。

あとはドコモのオペレーターが遠隔操作でルーターの初期設定を行ってくれます。

プロバイダの訪問サポートを利用して、
家まで作業員に来てもらって初期設定を行ってもらうこともできます。

しかし訪問サポートの場合は日程調整が必要で、
特に土日となるとすぐには来てくれません。

また人によっては、作業員と言えども、
知らない人を家に入れるのはイヤという場合もあるでしょう。

ところが遠隔操作なら作業員を家に入れる必要はありません。

さらに年中無休で午前9時から午後8時まで受け付けていますから、
仕事が終わってからでもできますよね。

ただし遠隔操作機能をりようするには、
月額500円の「ネットトータルサポート」というオプションに加入しないといけません。

さらにネットトータルサポートセンターへ電話を掛け、
所定の手続きを踏まないと作業できないので注意してください。

レンタルだと機種が古いことも

無線LANルーターをレンタルするデメリットとして、
レンタルだと古い機種しか利用できない場合があるということがあります。

大抵のプロバイダでは、最新機種とはいかないまでも、
それなりに高性能な機種がレンタルできます。

ところが中には一世代前の機種しかレンタルできないプロバイダもあります。

ドコモ光の通信速度は最大1Gbpsですから、
「11ac」というWiFi規格に対応したルーターでないとその通信速度を生かせません。

一世代前の機種だと「11n」までしか対応していませんから、
これでは通信速度は最大でも300Mbpsとなってしまいます。

そんな一世代前の機種をいまだにレンタルしているプロバイダが実際にあります。

プロバイダでルーターをレンタルする場合には
 ・故障時に無償で交換
 ・確実に動作確認がなされている
などといったメリットもあります。

しかし古い機種しかレンタルできず、
結果ドコモ光を十分な通信速度で利用できないことにもなりかねません。

なのでプロバイダでルーターをレンタルするなら、
事前にどういう機種がレンタルできるのかをチェックしておかないといけませんね。

GMOとくとくBBなら高性能機種が無料でレンタルできる

実は無線LANルーターのレンタルサービスを行っているプロバイダの中には、
レンタル料無料のところもあるんです。

ドコモ光で言うと
 ・GMOとくとくBB
 ・ANDLINE
 ・DTI
 ・IC-NET
の4社で無料レンタルを行っています。

ただしこの4社の内「DTI」は「v6プラス」に対応していません。

さらにIC-NETでは、無料でレンタルできるのは「v6プラス」非対応のルーターのみと
なっています。
(「v6プラス」対応ルーターは月額300円でレンタル可能)

なので「v6プラス」対応のルーターが無料でレンタルできるのは
 ・GMOとくとくBB
 ・ANDLINE
の2社だけです。

またGMOとくとくBBとANDLINEでレンタルできる機種を比べると、
GMOとくとくBBの方が高性能なんです。

ANDLINEでレンタルできる機種の最大通信速度は867Mbpsです。

それに対してGMOとくとくBBでレンタルできる機種の最大通信速度は
1.3Gbpsとなっています。

加えてGMOとくとくBBでは最大15,000円のキャッシュバックが貰えるキャンペーンも
行われています。

私がGMOユーザーで手前味噌な点は否定できませんが、
ドコモ光を使うならプロバイダはGMOとくとくBBがオススメですよ。

-ドコモ光のWIFI利用の疑問

Copyright© ドコモ光のプロバイダでおすすめ基準はオンラインゲームに有 , 2019 All Rights Reserved.