フレッツ光とドコモ光を比較

フレッツ光とドコモ光、同じNTT系のサービスで何が違う?

投稿日:

フレッツ光とドコモ光の違いは?

こんにちは、ドコ太郎です。

自宅で利用できる固定回線の主流がADSLから光回線に変わって久しいですね。

でも以前は光回線と言うとNTT東日本・西日本の「フレッツ光」ぐらいしか
ありませんでしたよね。

あとは
 ・コミュファ光(中部電力)
 ・eo光(関西電力)
 ・MEGA EGG(中国電力)
 ・Pikara(四国電力)
 ・BBIQ(九州電力)
といった地域限定の電力会社系ぐらいでしょうか。

余談ですが、こうしてみると西日本の電力会社ばかりです。

東京電力や北陸電力など東日本の電力会社は光回線サービスを
行っていないんですね。
(東京電力は事業撤退した)

話を元に戻して、でも最近は「ドコモ光」だの「ソフトバンク光」だの○○光という
光回線サービスが増えていませんか?

何でも現在光回線サービスを行っているのは100社以上にも上るとも言われています。

10社ぐらいならまだしも100社となると全てを比較検討なんてできませんし、
しようとも思いませんよね。

そこで「ドコモ光」を例にNTTのフレッツ光との違いを詳しくみていきたいと思います。

ドコモ光は光コラボレーション

ドコモ光は「光コラボレーション」というサービスに当たります。

フレッツ光の場合、NTTとユーザーが直接利用契約を結びます。

それに対して光コラボレーションは、
NTTとユーザーの間に光コラボレーション事業者が入る形になります。

なのでNTTの回線を使うという点ではフレッツ光と同じなんですが、
ユーザーから見ると契約する相手が違うわけです。

フレッツ光でもドコモ光でも同じ回線を使うので、
対応エリアや通信速度といった通信品質は基本的に変わりません。

ただ各光コラボレーション事業者は、料金をNTTより安くしたり、
独自の付加サービスを付けることでお得感を演出しているんですね。

身近なところで言うと、
大手携帯キャリアと格安SIM事業者の関係みたいなものでしょうか。

ユーザーからすると、料金が安くなったり色んな特典が付いたりと、
同じ回線を使うにしてもフレッツ光よりお得です。

光コラボレーション事業者からすると、回線はNTTから借りているので、
回線に掛かるコストが少なくて済みます。

さらに料金収入という実利もありますし、
光コラボレーション以外の自社サービスの宣伝効果も期待できます。

NTTからすると、ユーザーが光コラボレーション事業者に乗り換えても、
実質的に自社回線を使っているユーザーは減りません。

また自社で積極的に宣伝しなくても、
光コラボレーション事業者がNTTの回線を使うように宣伝してくれます。

三者三様にメリットがありますから、
光コラボレーションはまさに「三方よし」のサービスなんですね。

ドコモ光への乗り換えで料金はどれぐらい安くなる?

ではフレッツ光からドコモ光へ乗り換えることで、
どのぐらい料金が安くなるのでしょうか?

まずフレッツ光の料金ですが、東日本と西日本で若干違いがあります。

NTT東日本だと
 ・戸建て・・・5,700円
 ・マンション 4戸以上・・・4,350円
         8戸以上・・・3,750円
         16戸以上・・・3,350円
となっています。

NTT西日本では
 ・戸建て・・・5,400円
 ・マンション 6戸以上・・・4,500円
         8戸以上・・・3,700円
         16戸以上・・・3,200円
です。

それに対してドコモ光は
 ・戸建て・・・5,200円
 ・マンション・・・4,000円
となります。

「あれ?思ったほどドコモ光って安くないじゃん」と思いましたよね。

先に挙げた料金だけ見れば、
マンションに至っては戸数が多くなるとむしろフレッツ光の方が安いぐらいです。

しかしフレッツ光の料金は「回線利用料」だけで、
インターネットを使うにはこれに「プロバイダ料」がプラスされます。

それに対してドコモ光の料金は、
「回線利用料」と「プロバイダ料」を合わせた金額となっています。

プロバイダ料は大体1,000~1,500円ぐらいですから、
合計すると戸建てでもマンションでもフレッツ光の方が高くなるんですね。

各種割引を利用したり、料金の安いプロバイダを探すなどすれば、
ドコモ光並の料金でフレッツ光を使うこともできます。

とは言え「ベースが安い」のと「ベースは高いが割引で安くなる」のでは、
割引はいつ無くなるか分かりませんから、やっぱり「ベースが安い」方がお得なんですね。

ドコモユーザーならスマホとのセット割でさらにお得に

我が家の光回線をフレッツ光からドコモ光に乗り換えた大きな理由の1つが、
このスマホとのセット割があるということでした。

ドコモ光ではドコモスマホとセットにすることでスマホ代が、
シェアパックなら最大3,500円、データパックなら最大1,600円安くなります。

しかも1年間などの期間限定じゃなく、
ドコモ光とドコモスマホをセットで使い続ける限りずーっと割引を受けられます。

これから新たにドコモ光を引くなら、セット割があっても、
毎月の料金負担は増えてしまいます。

しかし既に光回線を利用しているなら、それをドコモ光に変えるだけ。

それだけで光回線料金は安くなる可能性がありますし、
ドコモのスマホ代も安くなるんですから、むしろドコモ光に変えない方が損ですよね。

またセットで使うことでドコモのスマホ代が安くなるサービスは、
ドコモ光以外にはフレッツ光を含めて1つもありません。

ドコモユーザーで自宅に光回線を引いている場合は、
ドコモ光に変えた方が絶対にお得ですよ。

転用なら工事費も違約金も不要

ドコモ光に乗り換えたいのは山々だけど工事費や違約金が気になって
乗り換えられない、なんて人も居るかもしれません。

回線を乗り換える場合は通常、現在使っている回線を廃線にして、
新たに利用する回線を開通させることになります。

これだけ廃線にも開通にも工事費が掛かってしまいます。

しかも光回線の工事費は安くないんですよね。

場合によっては2つの工事で40,000~50,000円ぐらい掛かることもあります。

それからNTTやプロバイダと2年契約をしていると、
2年に1度の更新月以外に解約すると違約金が発生します。

利用期間など条件次第では、NTTとプロバイダの違約金を合わせると
15,000~20,000円ぐらいになってしまうこともあるんですね。

いくら毎月の料金が安くなると言っても、50,000円も60,000円も掛かるのでは
なかなか乗り換えに踏み切れませんよね。

しかしフレッツ光からドコモ光への乗り換えは「転用」となり、
工事費も違約金も発生しません。

NTTの回線を直接使うか、ドコモ光を通じて使うかの違いだけであり、
NTTの光回線を使うことには変わりありません。

なので廃線はもちろん、開通の工事も行いませんから工事費は発生しません。

またNTT以外の光回線に乗り換えるなら違約金が発生しますが、
NTTの回線を使い続けるわけですから違約金も発生しません。

極端な話、
サイトや電話で手続きするだけでフレッツ光からドコモ光に乗り換えられちゃいます。

ただしプロバイダを変更する場合には、
プロバイダの違約金が発生する恐れはあるので注意しましょう。

ドコモ光への乗り換えで通信速度は遅くなる!?

ネットでドコモ光に関する口コミを見てみると、
あまり評判が良くなかったりするんですよね。

特に「ドコモ光に変えてから通信速度が遅くなった」なんていう意見が多く見られます。

通信速度が遅いと、サイトを閲覧するにも時間が掛かりますから、
快適にインターネットが使えなくなります。

いくら料金が安くても、快適に使えないんじゃ意味がありませんよね。

では実際ドコモ光は通信速度が遅いのでしょうか?

ドコモ光の通信速度が遅いという書き込みの日付を見ると、
1年以上前のものが多いんですね。

2015年にドコモ光はサービスを開始しますが、
サービス開始と同時に急激に利用者数が増えました。

フレッツ光の年間申込数が約40万件ぐらいだったのに対して、
ドコモ光は1年足らずで100万件を突破してしまいます。

ドコモ光側はこれほどの利用者数の伸びを予想していませんでした。

そのため設備増強が追い付かずに回線の混雑を引き起こし、
これによって通信速度も低下してしまいます。

なので実際に書き込みがされた1年以上前のドコモ光は通信速度が遅かったんですね。

しかし現在は設備増強が進み、通信速度も改善されつつあります。

さらに「v6プラス」に対応したプロバイダも登場しており、
この「v6プラス」を利用すると通信速度のさらなる改善が期待できます。

簡単に言うと「v6プラス」は、従来の通信方式と違って、
混雑するポイントを避けてインターネットにアクセスすることができるようになっています。

そのため従来より通信速度が低下しにくく、通信速度が速くなるというわけです。

なのでドコモ光に乗り換えて「v6プラス」対応のプロバイダを選べば、
通信速度は遅くなるどころか速くなる可能性が高いんです。

「やっぱり止めた」はできません

フレッツ光からドコモ光に乗り換えたは良いけど、
 ・思ったほど通信速度が速くならない
 ・サポートの対応が悪い
など様々な要因でフレッツ光に戻したいと思うこともあるかもしれません。

またフレッツ光でなくとも、ドコモ光以外の光コラボレーションに再度乗り換えたい
なんてこともあるかもしれないですよね。

一旦ドコモ光に乗り換えたものをフレッツ光に戻したり、
あるいは別の光コラボレーションに乗り換えたりといったことはできるのでしょうか?

残念ながらドコモ光からフレッツ光に戻すことも、
別の光コラボレーションに乗り換えることも基本的にはできません。

ドコモ光から他のサービスに乗り換えたいという場合は、ドコモ光を解約し、
新たに別のサービスと契約する必要があります。

この場合は、フレッツ光からドコモ光に転用するのとは違って、
工事費も違約金も発生します。

転用の場合が特別なんであって、
回線を乗り換える場合工事費や違約金が発生するのが当たり前なんですけどね。

とは言えドコモ光に限らず、
光コラボレーションを利用する場合には慎重に検討しないといけませんよ。

例外として、「初期契約解除制度」が利用することで違約金無しでの解約も可能です。

通信サービスにおけるクーリングオフのようなもので、
契約から8日以内であれば申請することができます。

とは言え、契約から8日以内にサービスの使い勝手を判断するというのは
なかなか難しいですよね。

またクーリングオフだと一切費用は請求されません。

しかし初期契約解除制度では違約金のみ、それ以外の
 ・工事費
 ・事務手数料
 ・契約から解約までの日割り計算した利用料金やオプション料金
などは請求されます。

また初期契約解除制度で解約できるのは回線のみ、
プロバイダは別途解約しないといけません。

初期契約解除で全て終わったと思っていたら、
翌月以降もプロバイダの請求が続いていたなんてことにもなりかねませんよ。

初期契約解除制度を利用しないに越したことはありません。

しかし万が一の場合に備えて、
こういうものがあるというのは覚えておきたいところですね。

PS4・オンラインゲームをIPv6(V6プラス)でする方法





ドコモ光(V6プラス)でPS4する場合は
「UPnP」機能を「OFF」にすればオンラインゲームできる。






PS4でのマルチプレイご利用方法
MONSTER HUNTER WORLD(モンスターハンターワールド/モンハンワールド/MHW)等をご利用のお客さま「BUFFALO WXR-1750DHP2」では「UPnP」機能を「OFF」にすることで、通信可能であることを弊社の検証で確認しています。
https://help.gmobb.jp/app/answers/detail/a_id/019912



それでもできなかった場合はIPv4へ切り替える申請をする。

IPv4への切替方法
弊社ではv6プラス開通のお客さまは、重複セッションによる不具合防止のためIPv4接続サービスを一時的に停止させていただいております。
今後IPv4でのご利用をご希望の場合は、弊社にてPPPoE設定可能にさせていただきますが、v6プラスはサービス停止状態となります。PS4での通信をご希望のお客さまは、大変お手数でございますが、「PS4利用希望」の旨を本文記載の上、下記のメールアドレスまでご連絡をお願いいたします。
メール宛先 info@gmobb.jp
メール件名 PS4利用希望
メール本文 会員ID・契約者名
※不明な場合は、ご契約住所・生年月日

https://help.gmobb.jp/app/answers/detail/a_id/019912





そもそもスマホがドコモ出ない場合はauひかりやソフトバンク光でV6プラスを使う。







住んでいるエリアが対象ならNURO光が最速です。






-フレッツ光とドコモ光を比較

Copyright© ドコモ光のプロバイダでおすすめ基準はオンラインゲームに有 , 2019 All Rights Reserved.