フレッツ光とドコモ光を比較

フレッツ光とドコモ光って似たようなサービスだけどどちらが得?

投稿日:

フレッツ光とドコモ光の違い

こんにちは、ドコ太郎です。

「光回線サービス」と言ってまず思い浮かぶのは、
NTT東日本・西日本の「フレッツ光」ですよね。

少し前までは、
光回線を使っている人のほとんどがこのフレッツ光を使っていたんじゃないでしょうか。

東西NTTは電電公社時代から、全国で電信電話サービスを行ってきました。

そのノウハウや設備を生かして光回線サービスを提供している、
というのは何となく分かりますよね。

フレッツ光とは別に、
各地の電力会社が行っている地域限定の光回線サービスもあります。

東京電力こそ撤退しましたが、
 ・中部電力(コミュファ光)
 ・関西電力(eo光)
 ・中国電力(MEGA EGG)
 ・四国電力(Pikara)
 ・九州電力(BBIQ)
が現在でもサービスを行っています。

電気供給の設備などを使って、NTTのように全国では無理でも、
自社の管内で光回線サービスが提供できるのは分かるような気がします。

要するにNTTにしろ電力会社にしろ、「電線」を持っているわけですから、
それを使って光回線サービスを提供しているんだろうと想像できるということです。

ところがドコモは大手携帯キャリアであり、
全国に携帯電話の電波を飛ばす設備は持っています。

しかし「電線」のようなものは持っていませんよね。

じゃあ「ドコモ光」というサービスを始めるために、
一から全国に光ファイバーケーブルを引いたんでしょうか?

それだと莫大な費用が必要ですから、
さすがにNTTや電力会社との価格競争に到底勝てません。

実はドコモ光のように最近増えている「○○光」というサービスの多くは、
自社で光回線を持っていません。

簡単に言うと、NTTにお金を払って回線を貸してもらい、
それを使って光回線サービスを行っているんですね。

これを「光コラボレーション」と言います。

光コラボレーションの場合、基本的にフレッツ光と同じ回線を使いますから
 ・提供エリア
 ・通信品質
 ・ONUなどの機器
は変わりません。

使う回線は同じなんですから、
フレッツ光からドコモ光に乗り換えても開通工事は必要ないんですね。

このように基本的なサービス内容は同じなんですが、
フレッツ光とドコモ光では料金や付加サービスに大きな違いがあります。

では具体的にフレッツ光とドコモ光ではどちらがお得なのか見ていきましょう。

ドコモ光の料金は安いだけじゃなくてシンプルで分かりやすい

どちらがお得なのかを判断する上で、料金の比較は欠かせないですよね。

まずフレッツ光ですが、NTT東日本と西日本では少し料金が違います。

NTT東日本だと
 ・戸建て・・・5,000円
 ・マンション・・・4戸以上 4,250円
           8戸以上 3,650円
          16戸以上 3,250円
となります。
(2年契約で「にねん割」適用時)

NTT西日本では
 ・戸建て・・・5,400円
 ・マンション・・・6戸以上 4,500円
           8戸以上 3,700円
          16戸以上 3,200円
となっています。

ちなみにNTT西日本では2018年4月末までに申し込むと、戸建てで約1,000円、
マンションで400~500円程度安くなる割引サービスが利用できます。

それに対してドコモ光は
 ・戸建て・・・5,200円
 ・マンション・・・4,000円
で利用できます。

「ドコモ光は思ったほど安くないし、
戸数の多いマンションならフレッツ光の方が安い」と思いましたよね。

実はこれカラクリがあって、
フレッツ光の料金は「回線利用料」だけで「プロバイダ料」は別なんです。

ドコモ光の料金はプロバイダ料込みとなっています。

プロバイダ料は1,000円前後ぐらいですから、
プロバイダ料を含めるとドコモ光の方が安いんですね。

ドコモ光は安いのはもちろん、プロバイダ料込みで支払額が分かりやすいですよね。

さらに回線利用料とプロバイダ料が別々ではなく一括で請求されるというのも
分かりやすくて良いですね。

ドコモユーザーならスマホ代もお得に

フレッツ光はおろか他の光コラボレーションにも無い、
ドコモ光独自の割引サービスもあるんです。

それが「ドコモ光セット割」です。

これはドコモ光とドコモスマホをセットで使うことで、
ドコモスマホの料金が安くなるというサービスです。

スマホの料金プランによって割引額が変わり、シェアパックの場合は
 ・ウルトラシェアパック100・・・3,500円
 ・ウルトラシェアパック50・・・2,900円
 ・ウルトラシェアパック30・・・2,500円
 ・シェアパック15・・・1,800円
 ・シェアパック10・・・1,200円
 ・シェアパック5・・・800円
です。

データパックの場合は
 ・ウルトラデータLLパック・・・1,600円
 ・ウルトラデータLパック・・・1,400円
 ・データMパック・・・800円
 ・データSパック・・・500円
となります。

でもこういう割引サービスって1年とか2年とか限定で、
割引期間が終わったら元の料金に戻っちゃうことも多いですよね。

しかし「ドコモ光セット割」はそんなケチなことはしません。

ドコモ光とドコモスマホを使っている限りは、ずーっとこの割引が続きます。

先にも書いたように、
光回線とのセットでドコモのスマホ料金が安くなるのはドコモ光だけです。

既にフレッツ光を使っていて、スマホもドコモだと言うなら、
すぐにでもドコモ光に乗り換えた方が絶対にお得ですよ。

キャッシュバックもドコモ光がお得

ドコモ光のプロバイダの中には、
キャッシュバックキャンペーンを行っているところがあります。

と言ってもキャッシュバックが貰えるプロバイダは「GMOとくとくBB」だけです。

しかしそのGMOとくとくBBで貰えるキャッシュバック金額は何と最大15,500円!!

自宅の光回線をドコモ光にして、プロバイダをGMOとくとくBBにするだけで
最大15,500円も貰えるんですよ。

でも「フレッツ光 キャッシュバック」でネット検索してみると、最大30,000円40,000円、
中には最大80,000円キャッシュバックなんてところもあります。

これだけ高額が並ぶと、GMOとくとくBBの15,500円が何だか少なく思えてきますよね。

しかし騙されてはいけません、
フレッツ光でGMOとくとくBB以上のキャッシュバックが貰えるところなんて無いんです。

実はフレッツ光で高額キャッシュバックが貰えるのって、
法人や個人事業主向けのサービスを利用する場合だけなんですね。

個人契約で貰えるキャッシュバックは精々5,000~8,000円程度です。

それでも光回線を使うだけで貰える金額としては十分高額なんですが、
GMOとくとくBBに比べると少ないですよね。

dポイントプレゼントも

キャッシュバック以外にも現金代わりに使えるポイントが貰えるキャンペーンも
行われています。

ドコモ光では、新規契約だと10000ポイント、
転用で5000ポイントのdポイントがそれぞれ貰えます。

これはドコモ光のキャンペーンで、プロバイダはどこを選んでも問題ありません。

プロバイダの中にもポイントが貰えるところがあります。

例えばSo-netでは5000ポイントのソネットポイントが貰えます。

ソネットポイントはdポイントと等価交換できますから、
5000ポイントのdポイントが貰えるのも同然なんですね。

dポイントは提携のお店やサイトで現金代わりとして使えるだけでなく、
ドコモのスマホ代に充てることもできます。

フレッツ光にはこういうサービスはありませんから、
各種ポイントが貰えるというのもドコモ光ならではなんですね。

dカードGOLDでポイント10倍

ドコモユーザーなら、クレジット機能の付いたdカードで
毎月のスマホ代を払っているという人も多いと思います。

dカードだと毎月のスマホ代やドコモ光料金の1%がdポイントとして貰えるので
お得なんですよね。

でもドコモ光とドコモスマホをセットで使うのであれば、
dカードGOLDにした方がもっとお得です。

dカードGOLDだとドコモスマホとドコモ光の料金支払でポイント還元率が10倍、
支払額の10%がdポイントとして貰えるんです。

例えばスマホをカケホーダイライトの5GBプランで、
ドコモ光を戸建てタイプで使っていたとすると、
 ・ドコモスマホ・・・700ポイント
 ・ドコモ光・・・520ポイント
で合計1220ポイントが毎月貰えることになります。

dポイントは1ポイント=1円でドコモのスマホ代に充てることができるので、
毎月スマホ代が1,220円安くなるのと同じことなんですね。

年間だと14,000円以上安くなる計算です。

もはやdカードGOLDを使った方がお得と言うより、使わないと損ぐらいの感じですよね。

ただしdカードは年会費無料で利用できますが、
dカードGOLDだと年会費が10,000円掛かります。

なので、もしドコモスマホとドコモ光の料金を足して年間で100,000円に達しない場合は、
年会費の方が高くなり、かえって損してしまいます。

ドコモ光へ転用したらフレッツ光には戻せない

ここまで見てきたようにドコモ光だと、光回線やスマホの料金は安くなり、
高額キャッシュバックやポイントまで貰えます。

もはやフレッツ光とドコモ光のどちらがお得なのかと言わなくても結論は出ていますよね。

とは言え、いざドコモ光に乗り換えてみたら使い勝手があまり良くないので
フレッツ光に戻したいなんてこともあるかもしれません。

フレッツ光からドコモ光への転用なら、工事不要ですから工事費は掛かりません。

さらにフレッツ光の更新月以外であっても、乗り換えに伴う違約金は発生しません。

要するにフレッツ光からドコモ光へ乗り換えた場合に掛かる費用は、
ドコモ光の契約に掛かる事務手数料ぐらいなんですね。

ところがドコモ光からフレッツ光、もしくは他の光コラボレーションへ乗り換える場合には
そうはいきません。

ドコモ光からフレッツ光や他の光コラボレーションへ乗り換えるには、ドコモ光を解約して、
フレッツ光など他のサービスと契約しなおさないといけません。

同じ回線を使うにしてもそのまま引き続きというわけにはいかず、
一旦廃線工事をして、新たに開通工事を行うことになります。

廃線と開通の工事はもちろん、ドコモ光は2年契約ですから更新月以外であれば
違約金も発生します。

場合よっては工事費や違約金など、乗り換え費用として50,000~60,000円ぐらい
掛かることも覚悟しないといけないんですね。

とは言え、転用でほとんど費用が掛からないというのが「例外中の例外」。

回線の乗り換えで数万円の費用が掛かるというのは
当たり前と言えば当たり前なんですよね。

-フレッツ光とドコモ光を比較

Copyright© 光回線の教えて君 , 2019 All Rights Reserved.