ドコモ光をドコで契約するのがお得?

ドコモ光をエディオンで契約してもキャッシュバックは貰えない!?プロバイダを選べないので注意

投稿日:

ドコモ光はどこで申し込める?

こんにちは、ドコ太郎です。

スマホや携帯電話の新規契約ができるところと言うと、まず各大手携帯キャリアのキャリショップが思い浮かびますよね。

あまり見かけなくなりましたが、以前は駅前などに必ずと言って良いほどあったいわゆる携帯ショップなんかだとキャリアに関係無く契約や機種変更ができました。

家電量販店のスマホコーナーだと、最近は格安SIMも契約できたりしますね。

このようにスマホの契約ができるところはスラスラといくつか出てきますが、光回線の契約ができるところとなるとどうでしょうか?

自宅に光回線を引いている人も多いでしょうが、それをどこで申し込んだかは思い出せないなんて場合も少なくないかもしれませんね。

実際光回線の申し込みって、電話かネットサイトが中心で店舗に出掛けるというイメージがあまりありません。

ただフレッツ光については、近くにNTTの営業所があれば、そこに行けば申し込めるだろうと何となく分かります。

でもドコモ光など光コラボレーションとなると、どこで申し込みを受け付けているのか見当もつきません。

分からないなら電話やネットで申し込めば良いんですが、初めて利用する場合には面と向かって説明を聞きたいってこともあるんですよね。

同じ説明でも、電話より目の前で直接された方が分かりやすいような気もしますしね。

例えばドコモ光の場合であれば、名前を見ても分かる通り、大手携帯キャリアであるドコモが提供しているサービスなのでドコモショップで申し込みを受け付けています。

それから
 ・ヤマダ電機
 ・ヨドバシカメラ
 ・ビックカメラ
 ・エディオン
などの大手家電量販店でもドコモ光の申し込みができます。

ドコモショップはちょっとハードルが高いと言うか、申し込もうと決めてからでないと行きにくい感じもありますよね。

その点家電量販店であれば、他の買い物のついで話だけ聞くなんてこともできます。

また店員さんから声を掛けてくれたりもするので、ドコモ光について話を聞くだけならドコモショップより家電量販店の方が良かったりします。

エディオンでドコモ光を申し込むとプロバイダが選べない!?

通信サービスにおいて他の大手家電量販店と一線を画しているのが「エディオン」です。

エディオンは本社が大阪で店舗展開も西日本中心なので、関東の人にはあまり馴染みがないかもしれません。

それでも「石丸電気」が2012年にエディオンへ名称変更していますから、東京の人だと知っている場合も多いかと思います。

ヤマダ電機など他の大手家電量販店は、ドコモ光などの光回線さーびすについては代理店のような形になっています。

簡単に言うと「ただ申し込みを受け付けているだけ」で、あとのサービス提供については一切関わっていないということです。

ところがエディオンは、単なる代理店ではなく、「エディオンネット」というプロバイダとしてサービス提供にまで関わっています。

エディオンのプロバイダ事業は光回線に留まらず、WiMAXでも「クオルネット」としてプロバイダ事業を行っています。

過去にはワイモバイルでもプロバイダ事業を行っていたことがあります。

ですから、エディオンでドコモ光を申し込むとプロバイダは必然的にエディオンネットになってしまいます。

他の大手家電量販店であれば、単なる代理店ですから、どのプロバイダでも自由に選ぶことができます。(指定されている場合もあるかもしれません)

プロバイダなんてどこでも一緒と思っているなら良いですが、利用するプロバイダを決めているならエディオンで申し込むのは止めた方が良いですよ。

「エディオンネット」のプロバイダとしての評価は?

どこでも一緒と思っていても、評判の良くないプロバイダはさすがに使いたくありませんよね。

ではエディオンネットのドコモ光のプロバイダとしての評価はどんなものなんでしょうか?

ドコモ光のプロバイダとしては、特にこれといった特徴も無く、良くも悪くも普通に使えるぐらいだと思われます。

セキュリティオプションについては、他のプロバイダよりも使いやすいかもしれません。

エディオンネットでは
 ・ウイルスバスター
 ・ノートン
 ・カスペルスキー
の月額版がそれぞれ利用できます。

中でもウイルスバスターは、
 ・Windows
 ・Mac
 ・Android
 ・iOS
と主要なOSすべてに対応しています。

他のプロバイダのセキュリティオプションでは、Androidには対応していてもiOSに対応していないということが少なくありません。

実際エディオンネットでもノートンとカスペルスキーを選ぶと、iOSは非対応となります。

海外ではAndroidユーザーの方が圧倒的に多いので、海外メーカーのセキュリティソフトはiOS非対応となっている場合が多いんです。

しかし日本では逆にiPhoneユーザーの方が多いですから、iOS非対応のセキュリティソフトはちょっと使いにくいですよね。

ただエディオンネットは「IPv6」非対応ですから、「IPv6」対応のプロバイダに比べると通信速度が速くない可能性が高いです。

現在主に使われている通信方式が「IPv4」で、「IPv6」は次世代通信方式と言われています。

IPv4とIPv6の違いについて説明すると長くなるので省きますが、とにかくIPv6の方が通信速度が速い可能性が高いんです。

ですからIPv6非対応のエディオンネットだと、IPv6に対応しているプロバイダより通信速度が遅くなってしまうというわけなんです。

ネットの口コミなどでは特に悪い評価ではありませんが、IPv6非対応ということだけで他のプロバイダより使い勝手が良いとは言いにくいですね。

エディオンにお得なキャンペーンはある?

別にそれが目当てというわけじゃありませんが、どうせ同じドコモ光を申し込むなら、何か「オマケ」が付くところで申し込みたいですよね。

エディオンは家電量販店ですから、キャッシュバックと言わないまでも、他の電化製品が安くなるぐらいはありそうじゃないですか。

しかしエディオンでは、店舗としてもプロバイダとしても、何か特典が付くキャンペーンは特に行われていません。

ただ店舗によっては、期間限定でエディオンポイントなどが貰えるキャンペーンが行われることはあるようです。

こういうキャンペーンで貰えるポイントって大抵5,000ポイントぐらいです。

ところがエディオンでは10,000~20,000ポイントだったりするので、上手い具合にキャンペーンが利用できると結構お得かもしれません。

とは言え全店舗一斉に行われるキャンペーンではありませんから、大々的には宣伝されないんですね。

せいぜいダイレクトメールかキャンペーンを行う店舗の公式SNSで発表されるぐらいのものです。

エディオンに限らず、家電量販店でドコモ光に関するキャンペーンが行われることは少ないですから、狙って利用するのは難しいですね。

エディオンでお得なキャンペーンが行われないのは何故?

ドコモ光で行われているキャンペーンと言うと、ドコモ光自体が行っているdポイントプレゼントが代表的です。

あとはプロバイダのGMOとくとくBBで16,000円のキャッシュバックやSo-netで5,000円分のソネットポイントプレゼントぐらい。

それと一部の代理店サイトで5,000円のキャッシュバックが貰えるぐらいでしょうか。

ソニーグループであるSo-netはともかくとして、GMOとくとくBBや代理店サイトなんてエディオンに比べたらかなり事業規模が小さいですよね。

にも拘わらず、エディオンよりお得なキャンペーンが打てるのは何故なんでしょうか?

まず大前提として、プロバイダや代理店が契約1件当たりにドコモ光から貰える報酬は基本的に同じです。

エディオンのような家電量販店は、ドコモ光の契約を取るのに、店舗の土地建物に掛かるテナント料などの費用に加えて膨大な人件費が掛かっています。

それに対してネットでの受付のみのプロバイダや代理店では、家電量販店に比べるとそれらの費用は大幅に少なくて済みます。

家電量販店では膨大なコストが掛かる分、多少貰える報酬が多かったとしても、キャンペーンに回せる予算が限られてしまいます。

ましてプロバイダや代理店より家電量販店の方が契約数が多いなんてことも無いでしょうから、余計にキャンペーンを打てるほどの予算が捻出できません。

結果的にエディオンは事業規模が大きいのにお得なキャンペーンができず、事業規模の小さい代理店などの方がお得なキャンペーンをできるということになるわけです。

エディオンでお得なキャンペーンを見掛けたら要注意?

エディオンでドコモ光のお得なキャンペーンを運良く見つけたとしても、注意が必要な場合があります。

数千円から10,000円相当分のポイントが貰えるぐらいのもの多いんですが、中には数万円のキャッシュバックが貰えるキャンペーンも行われています。

ドコモ光はただでさえお得なキャンペーンが少ないわけですから、数万円が貰えるとなると飛び付いてしまいそうですよね。

しかし世の中そんな旨い話はそうそう無く、ただ単にドコモ光をエディオンで契約するだけで数万円貰えるなんてことは絶対にありません。

こういう高額なキャッシュバックキャンペーンには大抵条件が付いています。

パソコンなど他の電化製品の同時購入であったり、複数の有料オプションへの加入(しかもすぐには解約できない)、通常より高い料金プランへの加入など。

ドコモ光はプロバイダ料込みですから通常より高い料金プランへの加入は無いとしても、電化製品の同時購入や有料オプションへの加入は十分にありえます。

結果、30,000~40,000円のキャッシュバックを貰うために50,000円も60,000円も出費するなんてことにもなってしまうわけです。

エディオンに限らず家電量販店でドコモ光のお得なキャンペーンが行われている場合は、店員さんに条件を確認するなど、まず疑ってかかった方が良いですよ。

まあでもキャッシュバックなどの特典が目当てなら、家電量販店より、プロバイダや代理店のサイトから申し込んだ方が絶対お得ですけどね。

 






 
 
 

-ドコモ光をドコで契約するのがお得?

Copyright© 光回線の教えて君 , 2019 All Rights Reserved.