ドコモ光をドコで契約するのがお得?

ドコモ光キャンペーン目当てなら上新電機はダメ?でもお得な場合も

投稿日:

上新電機で光回線サービスは申し込まない方が良い!?

ドコモ光の新規申込やフレッツ光からの乗り換えは、
インターネットサイトから行うのがオススメです。

時間を気にせず気軽に簡単にできるということに加えて、
実店舗よりインターネットサイトの方がキャンペーンがお得なんですよね。

それでも、サービス内容や手続方法など分からないことも多く、
直接話を聞きたいのでできれば実店舗で申し込みたいと思っている人も居るでしょう。

ドコモ光は大手携帯キャリアであるドコモが行っているサービスなので、
当然ドコモショップで詳しい話が聞けますし、申し込みもできます。

また家電量販店でも、ドコモ光に限らずネット回線の代理店のような形になっており、
話も聞けますし申し込みも可能です。

ただドコモショップはともかく、家電量販店では
ドコモ光を含む光コラボレーション以外の回線を勧めてくることも多いんだとか。

例えば、関西の人にはお馴染みの「上新電機(ジョーシン)」。

実際ジョーシンで光回線を申し込んだ人の話によると、NTTの「フレッツ光」か
関西電力系であるケイオプティコムの「eo光」を勧められたそうです。

ちなみにeo光は、福井県を含む関西電力管内でのみ利用できる光回線サービスで、電力会社系列の安心感から人気の高いサービスとなっています。

別にドコモ光を含む光コラボレーションをジョーシンで取り扱っていないわけではなく、
こちらが望めば詳しい話も聞けますし申し込みもできます。

しかしこちらから光コラボレーションについて切り出さないと、
光コラボレーションについては一切言及しないんだとか。

申し込む側からすれば、同じような通信品質なら、
できるだけ料金安いサービスを選びたいですよね。

eo光はともかくとしても、光コラボレーションはフレッツ光から回線を借りてサービスを
提供しており、基本的な通信品質はフレッツ光とほぼ同じです。

それでいて光コラボレーションの方が料金は安いわけですから、
フレッツ光よりドコモ光などの光コラボレーションを選びたい人の方が多いはずです。

契約を取った時に貰える報酬が、
光コラボレーション事業者よりNTTやケイオプティコムの方が多いのかもしれません。

営業マンとしては、お店にとって少しでも利益の多い商品やサービスを勧めるのは当たり前のことです。

しかし客側からすると、同じような内容でよりお得なものがあるんですから、
それを勧めないのは不親切としか言えないですね。

ジョーシンで行われているドコモ光のキャンペーン

ジョーシンは、ドコモ光の申し込みに関してだけ言うと不親切です。
(すべてが不親切ってわけじゃないですよ)

ではジョーシンで行われているドコモ光のキャンペーンについてはどうでしょうか?

ドコモ光では
 ・新規申込・・・20,000ポイント
 ・フレッツ光からの転用・・・10,000ポイント
のdポイントが貰えるキャンペーンが公式に行われています。

さらに2018年現在は関西限定のキャンペーンも行われており、
関西地方に住む人だけ新規申込でさらに10,000ポイント貰えます。

ですから、ジョーシンに限らず、家電量販店・プロバイダ・代理店サイトなど
どこで申し込んでも最低10,000ポイントのdポイントは貰えます。

それに加えてジョーシンではさらにお得なキャンペーンが・・・
残念ながら行われていません。

以前はフレッツ光を申し込むと、
数万円のキャッシュバックが貰えるなどのキャンペーンを行っていたこともあるようです。

しかし過剰なキャンペーンが横行したことで総務省から規制が入り、家電量販店全般で
キャッシュバックどころか独自キャンペーン自体がほぼ行われなくなっています。

ただ全く行われていないというわけではなく、
店舗によっては期間限定で独自のキャンペーンを行っていることはあるようです。

ジョーシンでは、公式のdポイントプレゼントに加えて、
さらに5,000ポイントが貰えるキャンペーンが行われていたことがあります。

またこれはジョーシンではありませんが、19,000円のキャッシュバックや
5,000円の商品券とWiFiルーターが貰えるキャンペーンも行われています。

家電量販店のキャンペーンはお得だが・・・

ジョーシンを含む家電量販店で行われるドコモ光のキャンペーンって
お得なものも多いんですが、ちょっと利用しにくいんですよね。

家電量販店のキャンペーンは、
ノルマが達成できていない時などに店舗ごとに短期間行われることがほとんどです。

例えばジョーシンなら、全店ではなく、
ジョーシン○○店だけで1か月間行われるとかそんな感じです。

全店一斉でないだけに、TVCMや折込チラシはもちろん、
公式サイトでも大々的にキャンペーン告知されることがありません。

せいぜいカード会員に送られるダイレクトメールか店舗が公式に行っているSNSで
告知されるぐらいですね。

なので最寄りのジョーシンのお店でお得なキャンペーンが行われていても、
お店に行かない限り知るすべがほとんど無いということです。

とは言え家電量販店のキャンペーンはお得なものが多いですから、
ドコモ光を申し込む前には一通り近所の家電量販店を回って見ると良いかもしれません。

さらにドコモ光の開通を急がないのなら、近所のジョーシンや家電量販店で
お得なキャンペーンが行われるまで待つのも1つの方法ですね。

ただし、待ったところで必ずお得なキャンペーンが行われるとは限らないので、
待つとしてもほどほどにしてくださいね。

ジョーシンのキャンペーンを待てないなら

家電量販店のキャンペーンを待つと言っても、いつ行われるのか、
そもそも行われるかどうかも分からないものをいつまで待つなんてできませんよね。

そこで恒常的に行われているドコモ光のキャンペーンで、
お得なものをいくつか紹介しておきましょう。

私が個人的に一番お得だと思っているのが、
プロバイダである「GMOとくとくBB」のキャンペーンです。

公式のdポイントプレゼントに加えて、ドコモ光新規申込で関西の人は5,000円、
その他の地域の人は3,500円のキャッシュバックが貰えます。
(フレッツ光からの転用は一律3,500円)

さらにオプションとして「ひかりTV(2ねん割)」に加入すると、
関西の人は6,000円、その他の地域の人は12,500円のキャッシュバックも付きます。
(転用は一律12,500円)

要するに、条件付きではありますが、GMOとくとくBBをプロバイダとしてドコモ光を
申し込むことで、最大16,000円のキャッシュバックが貰えるということです。
(関西の人は最大11,000円)

ちなみに関西の人だけキャッシュバック金額が違うのは、関西が特別というわけじゃなく、
公式の関西限定キャンペーンとバランスを取るためだと思われます。

なので公式のキャンペーン対象地域が変われば、
それに合わせてGMOとくとくBBのキャンペーン内容も変わるはずです。

ドコモ光で10,000円以上の現金キャッシュバックを行っているのは、
現在ではGMOとくとくBBだけです。

このキャッシュバックだけでもお得なんですが、
さらに高性能WiFiルーターを無料でレンタルすることもできます。

WiFiルーターのレンタルサービスを行っているのはGMOとくとくBBだけじゃ
ありませんが、月額料金が必要なところが多いんですよね。

また無料のところもあるんですが、
その場合はレンタルできるWiFiルーターのスペックが低かったりします。

その点GMOとくとくBBでレンタルできるWiFiルーターは高性能で、
通販サイトだと14,000円前後の値段が付けられている機種です。

そんな高性能WiFiルーターが無料で手に入るわけですから、
これだけでもかなりお得なキャンペーンだと思いますよ。

ただし、「無料で手に入る」と書きましたがあくまでレンタルです。

なので、紛失した場合には補償金を請求されますし、
GMOとくとくBB解約時には返却しないといけません。

それからもう1つ挙げるとすれば、So-netのキャンペーンでしょうか。

So-netでは、公式のキャンペーンとは別に、5,000ポイントのソネットポイントが貰えます。

ソネットポイントはSo-netのオプション料金に充てることもできますし、
航空会社のマイルや他のポイントサービスと交換することも可能です。

dポイントとの交換も可能で、dポイントは等価交換ですから、
さらに5,000ポイントのdポイントが貰えるも同然というわけです。

GMOとくとくBBに比べるとインパクトは弱いですが、フレッツ光からの転用で
ひかりTVに加入しないなら、So-netの方が若干お得だったりするんですよね。

家電量販店のお得なキャンペーンを悠長に待ってられない、というのであれば
恒常的に行われているこれらのキャンペーンを利用するのが良いのではないでしょうか。

ジョーシンってどんなお店?

最後に、ドコモ光のキャンペーンとは直接関係ありませんが、
ジョーシンという家電量販店について少し紹介しておきます。

と言うのも、ジョーシンは売り文句にもしているように
「唯一の関西資本」の家電量販店で、店舗展開も関西中心となっています。

関西以外だと中部・北陸地方にも店舗展開していますが、
関東以東や四国中国以西には店舗があまりありません。

関東は
 ・東京
 ・神奈川
 ・埼玉
 ・千葉
だけですし、それ以東となると北海道と山形にしか店舗がありません。

四国中国以西はもっと酷く、店舗があるのは岡山と徳島だけ、
九州に至っては店舗が無いばかりか出店予定すら無いそうです。

ですから関西では、
ヨドバシカメラやビックカメラよりもジョーシンの方が知名度が高かったりします。

しかし関西以外の地域の人にとっては、「ジョーシン」という家電量販店があることも
知らないこともあるでしょうから、簡単に紹介しておきましょう。

関西以外でもプロ野球をよく見るという人なら、
ジョーシンを知らなくても「Joshin」というロゴぐらいは見たことがあると思います。

ジョーシンは2003年から阪神タイガースのスポンサーを務めており、
ヘルメットやユニフォームにそのロゴがあしらわれています。

さらに店舗では、阪神タイガースの球団歌である「六甲おろし」が流れ、
スタッフは縦じまのハッピを着て接客しています。

非常にクセが強く、私も関西の店舗に行ったことがあるんですが、
正直タイガースファン以外にとっては異様な雰囲気で入りにくいです。

ただ他の家電量販店に先んじて「キッズランド」として玩具部門へ進出し、
特に鉄道模型やプラモデルの品揃えが豊富となっています。

店舗だけでなくジョーシンのオンラインショップも、
いわゆる鉄オタやモデラーに好評なんだそうです。

タイガースを筆頭に関西色が強いだけに、特に関東の人には敬遠されがちです。

しかし鉄道模型やプラモデルに興味があるなら、クセの強さを乗り越えことで、
思わぬ掘り出し物に出会えるかもしれませんよ。

 






 
 
 

-ドコモ光をドコで契約するのがお得?

Copyright© 光回線の教えて君 , 2019 All Rights Reserved.