ドコモ光をドコで契約するのがお得?

ドコモ光の地域限定キャンペーン、東海地方が対象のものはある?

投稿日:

ドコモ光で地域限定キャンペーン

電気・ガスが自由化されてしばらく経ちますが、
我が家では従来のままで特に乗り換えは行っていません。

子供の居ない夫婦二人では、電気・ガスの使用量は知れており、
乗り換えたところで料金が安くならないですね。

そのため今でも色々な会社から、
電気・ガスの乗り換えを電話やダイレクトメールで勧められています。

電話でのセールストークやダイレクトメールの内容をよく見てみると、
料金が安くなることよりも付随する特典の方を強く推してるんですよね。

何かが貰えるとか、何かのポイントが付くとか、他の物が安くなるとか・・・、
そんな特典を付けるぐらいならもっと料金を安くしてくれればと思っちゃいますね。

電気・ガスをこれから新規で引く家なんてほとんど無いわけですから、
特典で釣って他の事業者から奪うしか顧客を増やす方法がないんでしょうね。

これはインターネット回線も同じで、
光コラボレーションで事業者数が一気に増えたことで顧客を奪い合う状態です。

その奪い合いも、サービス内容や料金ではなく、
いかにお得な特典が貰えるかのキャンペーン合戦となっています。

光コラボレーションで最も利用者数が多いドコモ光でも、ご多分に漏れず、
新規やフレッツ光からの転用でお得な特典が貰えるキャンペーンが行われています。

ドコモ光で貰えるのはdポイントで、新規なら20,000ポイント、
フレッツ光からの転用なら10,000ポイントが貰えます。

dポイントは1ポイント=1円として使うことができますから、使い道は多少限られますが、
新規なら20,000円、転用で10,000円貰えるのと同じことなんですね。

しかもdポイントの還元率って基本1%なので、
20,000ポイントは200万円使った時のポイント数に相当します。

ドコモ光に申し込むだけで、100万円200万円使わないと貰えないポイント数が
貰えるんですから、そう考えるとかなりお得じゃないですか?

ドコモ光で貰える特典ってこれだけだと思っている人も多いかもしれません。

実はドコモ光ではもう1つ、地域限定のキャンペーンも行っています。

2018年5月現在行われているのは関西限定のキャンペーンで、
関西に住む人が新規で申し込むとさらに10,000ポイントが貰えます。

要するに、関西の人がドコモ光を新規で申し込むと
dポイントが30,000ポイント貰えるってことです。

地域限定キャンペーンは期間限定

ドコモ光は全国でサービスを展開しており、
それぞれの地域に支店や営業所があるはずです。

その支店や営業所ごとのキャンペーンならまだしも、ドコモ光本体が関西限定の
キャンペーンを行うのは、関西以外の人にとっては何か納得いかないですよね。

しかしドコモ光で行われている地域限定キャンペーンって
期間限定のキャンペーンでもあるんです。

関西限定キャンペーンの終了時期が明言されていないので
いつまで続くか分かりませんが、恒久的に行われることはありません。

時期が来れば終了し、
新たに関西以外の地域を対象としたキャンペーンが行われるはずです。

ドコモ光が関西を特別に優遇しているわけではないので、
関西以外の人も今後同様の特典が貰える可能性は十分にありますよ。

東海地方はキャンペーンが行われる期待薄

現在行われている関西限定キャンペーンが終了したら、
次はどの地域が対象となるか分かりません。

しかし東海地方については、次の対象地域となる可能性はかなり低いと思われます。

ドコモ光の関西限定キャンペーンは2018年5月8日から行われているんですが、
その前日5月7日までは別の地域を対象としたキャンペーンが行われていました。

その2018年5月7日まで地域限定キャンペーンの対象となっていたのが、
東海地方なんです。

東海限定キャンペーンでは、通常で貰えるdポイントに加えて、
新規で10,000ポイント、転用で5,000ポイントがさらに貰えました。

現在の関西限定キャンペーンでは新規でさら10,000ポイント貰えるだけで、
転用は対象外ですから、東海のキャンペーンの方が若干お得だったんですね。

東海・関西と来てまた東海に戻ることは考えにくいですから、
次のキャンペーン対象地域は東海・関西以外の可能性が高いわけです。
(もちろん東海が対象となる可能性もゼロではありませんが・・・)

もちろん急ぐ必要はありませんが、関西の人でドコモ光導入を検討しているなら、
関西限定キャンペーンが行われている今を逃す手はありません。

ただキャンペーンが終わってしまった東海の人は、次はかなり先の話でしょうから、
千載一遇のチャンスを逃したと思って諦めるしかないかもしれませんね。

ドコモの公式サイトでは、
現在行われているキャンペーンを地域ごとにチェックできるようになっています。

ドコモ光だけでなくドコモスマホに関するキャンペーンもありますし、
継続利用している人が使えるものもありますよ。

ドコモ光を申し込む前はもちろん、ドコモスマホのユーザーは
こまめにチェックしておくとお得な情報にいち早く出会えますよ。

関西限定キャンペーンは公式だけじゃない

dポイントプレゼントはドコモ光が公式に行っているキャンペーンですが、
実はプロバイダや代理店が独自に行っているキャンペーンもあります。

しかもドコモ光に合わせるかのように、地域によって特典内容が違うものもあるんです。

ドコモ光でキャンペーンを行うプロバイダの代表格と言えば「GMOとくとくBB」です。

まあ代表格と言っても、ドコモ光のプロバイダで独自キャンペーンを行っているのは
GMOとくとくBBとSo-netぐらいなんですけどね・・・。

GMOとくとくBBのキャンペーン内容は、ドコモ光新規申込で関西の人は5,000円、
その他の地域の人は3,500円のキャッシュバックが貰えます。
(転用の場合は地域に関係無く3,500円)

「プロバイダまで関西優遇かよ!」と思うかもしれませんが、まだ続きがあります。

さらに「ひかりTV(2ねん割)」に同時加入すれば、関西の人は6,000円、
その他の地域の人は12,500円がプラスされます。
(転用だと地域関係無く12,500円)

新規申込の場合、関西の人は最大11,000円、その他の地域の人は
最大16,000円のキャッシュバックが貰えるということです。
(転用は最大16,000円)

GMOとくとくBBのキャンペーンでは、ひかりTV加入という条件は付きますが、
関西以外の人の方がより多くキャッシュバックが貰えるようになっています。

それから、プロバイダではありませんが「トータルサービス」という代理店サイトでも
キャッシュバックキャンペーンが行われています。

GMOとくとくBBのキャンペーンと比べると条件がややこしいんですが、
ドコモ光の新規申し込みだけなら
 ・関西・・・5,000円
 ・関西以外・・・3,500円
のキャッシュバックとなります。

関西以外では、「ひかり電話」か「ひかりTV」か「スカパー」のいずれかに
同時加入するとさらに2,000円、合計5,000円のキャッシュバックが貰えます。

また「ドコモ光」+「ひかり電話」+「ひかりTV」または「スカパー」への同時加入だと、
キャッシュバックは合計16,000円です。

関西だと同じ条件でもプラス6,000円で、
キャッシュバックは合計11,000円しか貰えません。

転用の場合は地域関係無く
 ・ドコモ光+ひかり電話+ひかりTVまたはスカパー・・・25,000円
 ・ドコモ光+光電話またはひかりTVまたはスカパー・・・5,000円
 ・ドコモ光のみ・・・3,000円
のキャッシュバックです。

GMOとくとくBBやトータルサービスで行われているキャンペーンでは、
公式とは逆に、関西の人が損する内容となっています。

恐らく関西の人は公式で多くポイントが貰えるので、プロバイダや代理店では
バランスを取って関西の人のキャッシュバック額を小さくしているものと思われます。

ですから公式のキャンペーン対象地域が変われば、
GMOとくとくBBやトータルサービスのキャンペーン内容も変わるのではないでしょうか。

キャッシュバック目当てのオプション加入は損?

同じキャッシュバックを貰うなら、より高額な方が良いに決まってますよね。

でもGMOとくとくBBで16,000円、トータルサービスで25,000円のキャッシュバックを
貰うには有料オプションへの加入が条件となっています。

GMOとくとくBBの場合はひかりTV、
トータルサービスだとひかり電話にひかりTVかスカパーに加入しないといけません。

これらオプションを継続して利用した場合に支払う料金と
キャッシュバック額を比較すると、支払額の方が大きくなります。

例えばひかりTV(2ねん割)は月額1,500円、利用開始から2か月間は無料なので、
2年間の合計支払額は33,000円です。

GMOとくとくBBのキャッシュバックは最大16,000円ですから、
ひかりTV2年間の支払額はその2倍以上なんですね。

16,000円貰うために、
2年間合計とは言え33,000円払うのはちょっと意味が分かりませんね。

またひかり電話は月額500円ですし、
スカパーは一番安い「セレクト5」というプランでも月額2,883円が必要です。

トータルサービスで25,000円のキャッシュバックを貰うためには、
ひかり電話とひかりTVかスカパーに加入しないといけません。

同じように2年合計で計算すると、
 ・ひかり電話・・・12,000円
 ・ひかりTV・・・33,000円
 ・スカパー・・・66,699円(利用開始月のみ料金は390円)
となります。

25,000円貰うために、2年間で少なくとも45,000円払わないといけないわけです。

最初からひかり電話やひかりTV、スカパーへの加入を考えていたなら、
もちろん問題ありませんし、むしろ高額キャッシュバックが貰えてかなりお得です。

しかしキャッシュバック目当てでこれらの有料オプションに加入すると、
支払額がキャッシュバック額を上回ってしまいます。

GMOとくとくBBにしろトータルサービスにしろ、
キャッシュバックよりオプションへの支払額の方が16,000円以上多くなります。

これでは高額なキャッシュバックを貰っても、結果的には大損ですよね。

どうせドコモ光を申し込むのならより高額なキャッシュバックが貰える方が良い、
と思うのは分かります。

しかしその条件となる有料オプションの料金は決して安くありません。

ひかり電話やひかりTVが特に必要無いのであれば、
オプション無しで貰える3,000~5,000円のキャッシュバックの方がかえってお得ですよ。

-ドコモ光をドコで契約するのがお得?

Copyright© 光回線の教えて君 , 2019 All Rights Reserved.