ドコモ光をドコで契約するのがお得?

ドコモ光のキャッシュバックキャンペーン、貰えるのは現金じゃない!?

投稿日:

ドコモ光の公式キャンペーンはドコモ光ユーザー全員が対象

ドコモ光の申し込みは、
 ・ドコモ光公式サイト
 ・ドコモ光指定プロバイダ公式サイト
 ・代理店サイト
 ・ドコモショップ
 ・家電量販店
などで受け付けています。

実はそれぞれに独自のキャンペーンを行っており、
申し込む窓口によって貰える特典が全然違うんです。

どこで申し込んでもドコモ光のサービス内容は同じですから、
どうせなら少しでもお得な特典が貰えるところで申し込みたいですよね。

まずドコモ光の公式サイトで行われているキャンペーンですが、
これは基本的にドコモ光を申し込んだ人全てが対象となっています。

ですから、ドコモ光の公式サイトだけでなく、
どこから申し込んでも公式のキャンペーン特典は貰うことができます。

公式サイトからでないとダメと勘違いしている場合も多いですし、ドコモ光について
解説しているサイトでもこの辺が分かりにくくなってたりするんですよね。

ただ受け付けの担当者によっては公式キャンペーンの内容をよく分かっていないこともあります。(本当はあっちゃいけないんですが・・・)

なので申し込みの際には、
特典の受け取りについてしっかり確認しておいた方が良いですよ。

万が一「こちらでは公式キャンペーンを取り扱っていない」などと言われた場合は、
キャンペーンについて本当に分かっていないか騙そうとしている可能性があります。

もし窓口でこういうことを言われたらそこで申し込むのは止めて、
他の窓口で申し込むようにしましょう。

ドコモ光公式キャンペーンの特典

ではドコモ光の公式キャンペーンの特典はどのようなものなのでしょうか?

公式サイトなどでも大々的に宣伝しており、
目玉と言っても良いキャンペーンが「dポイントプレゼント」です。

ドコモ光を新規で申し込んだ場合は20,000ポイント、
フレッツ光からの転用であれば10,000ポイントのdポイントが貰えます。

dポイントは、
加盟のコンビニやファストフード店などで1ポイント=1円として使うことができます。

なので、多少使い道は限られるものの、
新規で20,000円、転用で10,000円貰えるのも同然というわけです。

さらに2018年5月現在、地域限定のキャンペーンも行われており、
関西に住む人ならさらに貰えるdポイントが増えるんです。

関西に住む人がドコモ光を新規で申し込むと、さらに10,000ポイント、
先の20,000ポイントと合わせて30,000ポイントが貰えます。

この地域限定キャンペーンは期間限定で、以前は東海地方が対象となっていました。

なので時期が来れば関西限定のキャンペーンが終了し、
関西以外を対象としたキャンペーンが始まるものと思われます。

恐らく多くの人が知っているドコモ光公式キャンペーンと言えば
dポイントプレゼントでしょうが、実はそれだけじゃないんです。

ドコモ光と同時に
 ・スカパー!(月額1,833円以上)
 ・dtvお得パック(dtv+dtvチャンネル、ドコモユーザーは月額980円)
に加入すると、dポイントがさらに4,000ポイント貰えます。

まだ終わりじゃなく、
「ドコモ光ワンストップサポートキャンペーン」というものも行われています。

これはドコモ光と同時に「ドコモ光ルーター01」を購入し
 ・光ルーターセキュリティ(月額350円)
 ・ネットトータルサポート(月額500円)
のオプションに加入することで、ルーター代相当の8,880ポイントが貰えます。

ドコモ光ルーター01の購入代金相当分のdポイントが貰えるわけですから、
実質無料でルーターを手に入れられることになります。

ただし、プロバイダに「ドコモnet」を選ぶことも条件に入っているので注意してください。

他にも、ドコモスマホのシェアグループ内で2回線以上ドコモ光を契約した場合は、
2回線目以降の料金が300円安くなるキャンペーンも行われています。

ドコモ光は他の光コラボレーションに比べてキャンペーンが弱いとよく言われます。

しかしこうして公式に行われているキャンペーンだけを並べてみても、
数もそれなりにありますし、内容も結構充実していますよね。

キャンペーンで貰えるdポイントは使い道が限られるしすぐに消えちゃう?

ドコモ光のキャンペーンでdポイントが貰えますが、買い物などの料金支払で付く
dポイントとは少し性質が違うということを覚えておかないといけません。

通常のdポイントは、加盟のコンビニやファストフード店などで使えるだけでなく
 ・航空会社のマイルなど他のポイントサービスとの交換
 ・ドコモスマホの料金支払(データ量追加料金を含む)
 ・寄付
などにも使うことができます。

ところがキャンペーンで貰えるdポイントは用途が限られており、
先に挙げた3つのことには使えません。

また有効期限も違い、通常は48か月間ですが、
キャンペーンで貰えるdポイントの有効期限は6か月間となっています。

マイルなど他のポイントサービスと交換できれば、
有効期限を延ばすこともできるんですけどね・・・。

それにドコモスマホの料金支払に充てられれば、
10,000ポイントや20,000ポイントぐらいはすぐに使えます。

しかし残念ながら、そういったことはいずれもできません。

有効期限が短く使い道も通常よりかなり狭いですから、意識的に使っていかないと
せっかく貰ったポイントを使い切れずに失効させてしまうことになりますよ。

公式以外のキャンペーン

ドコモ光のキャンペーンは公式のものだけでなく、
 ・プロバイダ
 ・代理店サイト
 ・ドコモショップ
 ・家電量販店
などが独自に行っているものもあります。

プロバイダだと、「GMOとくとくBB」で、条件付きではありますが
最大16,000円のキャッシュバックが貰えるキャンペーンが行われています。

またSo-netでは、5,000円分のソネットポイントが貰えます。

代理店サイトだと、「ネットナビ」で5,000円、
「トータルサービス」では条件付きで最大25,000円のキャッシュバックが貰えます。

ドコモショップや家電量販店では、全店一斉はほとんどありませんが、
各店舗ごとにキャンペーンが行われています。

中には30,000円のキャッシュバックだったり、
キャッシュバックの他にdポイントや商品券も貰えたりすることもあるようです。

さらにWiFiルーターまで付いてくるなど、場合によってはプロバイダや代理店サイトより
お得なキャンペーンが行われていることもあるんですね。

ただドコモショップや家電量販店のキャンペーンって、恒常的じゃなく、短いスパンの期間限定で行われることがほとんどです。

また店舗ごとのキャンペーンですから、TVCMや折込チラシ、
公式サイトなどで大々的に告知されることがありません。

カード会員などになっている場合に送られてくるダイレクトメールか、
店舗の公式SNSで告知されていれば良いぐらいじゃないでしょうか。

キャンペーン期間も短いですから、最寄りの店舗でお得なキャンペーンが
知らない内に始まって知らない内に終わってたなんてことも十分にありえます。

ドコモショップや家電量販店のキャッシュバックは現金じゃない!?

「キャッシュバック」と言えば、一般的には現金が貰えることですよね。

ところがドコモショップや家電量販店で行われているキャッシュバックキャンペーンでは、
現金が貰えないことも少なくありません。

キャッシュバックと言いながら、
実際に貰えるのは現金じゃなくて商品券ということが結構多いんです。

しかも、ドコモショップならその店舗だけ、
家電量販店なら系列店だけで使える商品券だったりします。

家電量販店の商品券ならまだしも、ドコモショップでしか使えない商品券なんて
近々機種変更でも考えていない限りは使いようがありませんよね。

それから家電量販店で商品券とともに多いのが、
他の電化製品を同時購入した場合の割引です。

例えば「ドコモ光契約で10,000円キャッシュバック」と謳いながら、実際には
30,000円以上電化製品を買うと10,000円の割引が受けられるだけだったりするんです。

商品券は後日でも使えますが、割引だとドコモ光を申し込んだその日でないと
いけませんから、特に欲しい物が無いとムダな出費に繋がってしまいます。

また、割引と似たようなことで、
キャッシュバックで現金が貰えるものの条件が付いている場合もあります。

先の公式キャンペーンでも、スカパーやdtvに同時加入するとdポイントが貰えたり、
有料オプションに加入することでWiFiルーターが無料になったりしましたよね。

これと同じで、数万円のキャッシュバックが貰える代わりに複数の有料オプションに加入させられたり、通常より料金の高いプランを利用させられたりします。

ドコモ光はプロバイダ料込みの料金ですから、通常より高い料金プランを
利用させられることは無いでしょうが、有料オプションへの加入は十分に考えられます。

キャッシュバックからオプションを継続して利用した場合の料金を差し引くと、
実質数千円しか貰えないなんてことも珍しくありません。

まだ数千円でもキャッシュバックが貰えれば良い方で、オプション料金の方が
キャッシュバックより高く、結果損してしまうことも無いとは言えないんです。

ドコモショップや家電量販店ではお得なキャンペーンが行われていることもありますが、
こういった「罠」が仕掛けられていることもあります。

なのでキャッシュバックなど特典にばかり目を奪われるのではなく、
条件などキャンペーン内容をしっかりと吟味しないといけませんよ。

肝心の光回線としてのドコモ光はどうなの?

ドコモ光は、他の光コラボレーションに比べて、
お得なキャンペーンが少ないと言われています。

しかし公式に行われているものにプロバイダなどが独自に行っているものを合わせると、
数も少なくありませんし、お得なものも結構多いですよね。

とは言えキャンペーンは「オマケ」みたいなもので、
肝心の光回線のサービス内容が伴っていないと何の意味もありません。

ではドコモ光のサービス内容に関する評判はどうなのでしょうか?

ドコモ光に関するネットの口コミでよく見られるのは、
「通信速度が遅い」というものです。

ドコモ光のサービス開始当初は、見込みが甘かったこともあり、
予想より遥かに多い加入申し込みがありました。

結果利用者数に対して設備が貧弱で、頻繁に混雑を引き起こし、
通信速度が低下していました。

ドコモ光の設備増強が利用者数に追い付いたのがこの1~2年のことですから、
それまでは実際にドコモ光の通信速度は遅かったんですね。

しかしこの1~2年で大幅に改善されており、
ドコモ光が原因で通信速度が遅くなるということはほぼありません。
(現在通信速度が低下する原因の多くはプロバイダ)

それから「サポートセンターなど問い合わせの電話が全然繋がらない」
という意見も多いです。

これについてはどこも同じ状況で、問い合わせの電話が繋がりやすい
光コラボレーション事業者やプロバイダの方が珍しいでしょう。

だからと言って、ドコモ光の問い合わせ電話が繋がりにくくて良いということには
なりませんから、早急に改善してもらいたいですね。

そしてドコモ光を申し込むうえで注意しておかないといけないこともあります。

フレッツ光からドコモ光への乗り換えは簡単にできます。

開通工事などは不要ですし、
プロバイダを変更しなければ電話一本で乗り換えることも可能だったりします。

ところが逆にドコモ光からフレッツ光、
あるいは他の光コラボレーションに乗り換える場合にはそうはいきません。

この場合は、一旦ドコモ光を解約してフレッツ光あるいは他の光コラボレーションと
新たに契約しなおすことになります。

契約期間内だと違約金が発生しますし、一度廃局して再度開通することになるので、
廃局や開通の工事費も必要です。

フレッツ光からドコモ光への乗り換えが簡単なだけに、元に戻したり、
他の光コラボレーションに移るのも簡単と思われがちです。

しかしお金も手間も掛かるので、
フレッツ光からドコモ光に乗り換える際は慎重に検討するようにしましょう。

-ドコモ光をドコで契約するのがお得?

Copyright© ドコモ光のプロバイダでおすすめ基準はオンラインゲームに有 , 2019 All Rights Reserved.