ドコモ光をドコで契約するのがお得?

ドコモ光を店頭で申し込んで受けられるキャンペーンは損?

投稿日:

ドコモ光を店頭で申し込むのは損?

ドコモ光を申し込む場合
 ・ドコモの公式サイト
 ・プロバイダサイト
 ・代理店サイト
など、ネットから申し込む場合が多いと思います。

定休日や営業時間など店側のことを気にせず自分の都合の良い日時にできますし、
何より時間が掛からないので手軽なんですよね。

もちろんネットからだけでなく、
 ・ドコモショップ
 ・家電量販店
などの店頭でもドコモ光は申し込むことができます。

私のようなサラリーマンだと平日昼間に行くのは難しいですし、
かと言って土日祝日だとスタッフの手が空かずに長時間待たされることもあります。

反面、分からないことや不安なことを直接質問することができますし、
他の光回線サービスとの違いなんかも説明してくれたりもします。

申し込みに掛かる手間だけを考えると、ネットも店頭も一長一短があり、
一概にどちらが損とは言えないんですよね。

では実際に特典が貰えるキャンペーンは、
ネットと店頭ではどちらがお得なのでしょうか?

まずネットで申し込んだ場合の特典ですが、まず公式キャンペーンの
dポイントプレゼントで新規は20,000ポイント、転用は10,000ポイントが貰えます。

ドコモの公式サイトで申し込んで貰える特典は、基本的にこのdポイントだけです。

プロバイダや代理店サイトでは独自のキャンペーンも行われており、
公式のdポイント以外にも特典が貰えます。

例えばプロバイダであるGMOとくとくBBでは、新規で最大16,000円、
転用で最大25,000円のキャッシュバックが貰えるんです。

同じくプロバイダのSo-netだと、
新規でも転用でも5,000円分のソネットポイントとなります。

代理店サイトだと、多いところではGMOとくとくBBと同じで、
最大25,000円のキャッシュバックが貰えたりします。

一方店頭で申し込んだ場合に貰える特典はと言うと、
まず公式のdポイントは当然貰えます。

それから関西限定キャンペーンとして、関西エリアにあるドコモショップや
家電量販店では新規申込でさらに10,000ポイントがプラスされます。
(転用は無し)

単純に特典だけを比較すると
 ・ネット・・・新規 20,000ポイント+16,000円
        転用 10,000ポイント+25,000円
 ・店頭・・・新規 20,000ポイント(関西は+10,000ポイント)
       転用 10,000ポイント
ですから、キャッシュバックが無い分だけ店頭の方が損ということになりますね。

ネット申し込みの特典はタダでは貰えない!?

確かに単純に特典だけを見ると、店頭よりネットで申し込む方がお得です。

しかしネット申し込みで最大限キャッシュバックを貰うには、
ただドコモ光を申し込むだけではダメなんです。

先のGMOとくとくBBでドコモ光を申し込んだだけで貰えるキャッシュバックは、
新規・転用ともに3,500円です。
(関西エリアだと5,000円)

新規で16,000円、転用で25,000円のキャッシュバックを貰うには、
「ひかりTV(2ねん割)」という有料オプションに加入しないといけません。

ひかりTVは通常月額2,500円ですが、
2ねん割に加入すると1,000円引きの月額1,500円で利用することができます。

さらに最初の2か月間は無料で利用できるので、
2年間の料金総額は33,000円になります。

要するに、目先の16,000円・25,000円というキャッシュバックを貰うためには、
2年間で33,000円も余分に払わないといけないということなんですね。

GMOとくとくBBだけでなく、
代理店サイトでも同様の条件をクリアしないとキャッシュバックの対象にはなりません。

ドコモ光を申し込む以外の条件無しで貰えるのは5,000円相当までで、
それ以上となると何かしら条件が付いていると思っておいた方が良いですね。

実は店頭のキャンペーンの方がお得

ドコモショップや家電量販店ではあまり独自のキャンペーンが行われておらず、
店頭で申し込んでも基本的には公式のdポイントぐらいしか貰えません。

しかしドコモショップや家電量販店で独自のキャンペーンが行われた場合には、
ネットに引けを取らないぐらいの特典が貰えることもあるんです。

過去に家電量販店で実際に行われたキャンペーンでは、
19,000円のキャッシュバックが貰えたこともあったんだとか。

またドコモショップでは、「dポイント5,000ポイント+商品券5,000円分+WiFiルーター」
という特典が貰えたという話もあります。

でも先のプロバイダのキャンペーンと同様に、これだけお得な特典が貰えるとなると、
ドコモ光を申し込む以外に何かしら条件があると思いますよね。

もちろんそういう場合もあるんですが、ドコモショップや家電量販店のキャンペーンでは
無条件でお得な特典が貰えることがあるんです。

ドコモショップや家電量販店では、
店舗ごとに売上目標や利益目標といったいわゆる「ノルマ」が課されています。

3月や9月の決算期になってもそのノルマが達成できていない店舗では、
こういうお得なキャンペーンを行ってお客さんを呼び込むわけです。

なのでこうした決算期などに行われるキャンペーンでは、
無条件でお得な特典が貰えることがあるんですね。

ただこういうキャンペーンって店舗ごとに行われますから、
ドコモや家電量販店の公式サイトやSNSで大々的に宣伝されることがありません。

店舗から送られてくるダイレクトメールや店長のSNSで告知されるぐらいのもので、
実際お店に足を運ばないと分からないことも多いんです。

セール大好きな私の妻でも、ドコモや家電量販店の公式SNSはチェックしても、
店長のSNSまではさすがにチェックしないですもんね。

またキャンペーン期間も、ネットだと1か月~数か月単位ですが、
ドコモショップや家電量販店だと1週間とか週末3日間だけなんてこともあります。

なので近所のドコモショップや家電量販店でお得なキャンペーンが行われていても、
知らない内に終わっているということも多々あるんです。

決算期には必ずお得なキャンペーンが行われるわけではありませんから、
それ待つというのはあまり得策ではありません。

もし今からドコモ光を申し込むというのであれば、週末に一度近所のドコモショップや
家電量販店を一回りしてみるぐらいが良いと思いますよ。

ドコモ光のキャンペーンは他の光回線に比べて損?

一般的のドコモ光のキャンペーンは、
他の光回線サービスに比べてあまりお得ではないと言われています。

実際各光回線サービスのサービスやキャンペーン内容を比較しているサイトでも、
ドコモ光の評価は高くないことが多いですね。

そこでドコモ光とそれ以外の主要な光回線サービスのキャンペーン内容を
比較してみましょう。

プロバイダや代理店サイトのキャンペーンまで含めてしまうと際限が無いので、
ここでは公式キャンペーンのみを比較します。

まずドコモ光は、先にも書いたように新規で20,000ポイント、
転用で10,000ポイントのdポイントが貰えます。

ちなみにdポイントはdポイント加盟店で1ポイント=1円として使うことができるので、
実質新規で20,000円、転用で10,000円貰えるのと同じようなことです。

次にNTTのフレッツ光ですが、東日本でも西日本でも、
特典が貰えるようなキャンペーンは特に行われていません。

工事費や月額料金が安くなるものはあるんですが、2年契約すれば安くなるだけですし、
安くなってもドコモ光よりは高いです。

続いてドコモと同じ大手携帯キャリアであるauの光回線サービス「auひかり」の
キャンペーンを見てみましょう。

auひかりで特典が貰えるようなキャンペーンと言うと、
 ・ネット+電話で10,000円のキャッシュバック
 ・ネット+電話で工事費など初期費用(37,500円)が実質無料
ぐらいでしょうか。

いずれもひかり電話への加入が必要で、
別途月額500円掛かるというのがネックですね。

それからこちらも大手携帯キャリアの光回線サービスである「ソフトバンク光」の
キャンペーンです。

ソフトバンク光では
 ・抽選で10,000円分のギフトカード
 ・オリジナルピカチュウグッズ
が貰えるぐらいです。

最後に、国内最速の最大2Gbpsを誇るNURO光。
(フレッツ光や光コラボレーションは最大1Gbps)

NURO光では
 ・工事費実質無料
 ・35,000円のキャッシュバック
となっています。

高額キャッシュバックですが、キャンペーンサイトから申し込むだけで、
有料オプションへの加入などの条件は付いていません。

ただNURO光は、ドコモ光など他の光回線サービスとは違い
 ・関東(東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城・栃木・群馬)
 ・東海(愛知・静岡・岐阜・三重)
 ・関西(大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良)
でしか利用できません。

公式キャンペーンだけを比較してみると、
ドコモ光はむしろかなりお得な部類のキャンペーンを行っていることが分かりました。

NURO光のキャッシュバックにしても、利用できるエリアが限られていますから、
全国的に見るとやはりドコモ光の方がお得です。

auひかりやソフトバンク光がドコモ光よりお得と言われるのは、
代理店サイトで貰えるキャッシュバックが大きいからなんですね。
(代理店サイトを通すと50,000円以上貰えることも)

キャッシュバックよりdポイントプレゼントの方がお得?

ドコモ光のキャンペーンがお得でないと言われる1つの原因は、
キャッシュバックではなくdポイントプレゼントだからです。

dポイントは現金代わりに使えるとは言うものの加盟店以外では使えませんし、
スマホの料金支払に充てることもできません。

通常の買い物などで貰えるdポイントはスマホ代に充てることもできるんですが、
キャンペーンで貰えるdポイントはスマホ代に充てることができないんです。

有効期限も6か月と短いですから、やはり現金が貰えるキャッシュバックに比べると
お得とは言い難いかもしれませんね。
(通常のdポイントは48か月間有効)

しかし「貰える時期」を考えると、
dポイントよりキャッシュバックの方がお得とは言えないんです。

ドコモ光のキャンペーンで実際にdポイントが貰えるのは、ドコモ光開通の翌々月です。

要するにドコモ光を使い始めて3か月目には、
20,000ポイントないし10,000ポイントのdポイントが貰えるということです。

一方キャッシュバックですが、先のNURO光は開通から4か月後となります。

NURO光を使い始めてから5か月目、
約半年経たないとキャッシュバックは貰えないんですね。

NURO光はまだ早い方で、ドコモ光と同じ光コラボレーションのBIGLOBE光は
何と開通から12か月経たないとキャッシュバックが貰えません。
(ちなみに金額は25,000円)

それまで解約すれば当然権利は失われますし、
キャッシュバックの手続きも12か月後ですから手続きをし忘れる恐れもあるんですね。

「キャッシュバック目当てみたいなもんなんだから、
1年後でも忘れるはずがない」と思っていませんか?

ある光回線の代理店が調べたところ、
キャッシュバック手続きが開通10か月後以降になると約7割もの人が手続きをし忘れ、
キャッシュバックを貰い損ねているんだとか。

貰い損ねる危険性が大いにあるキャッシュバックと確実に貰えるdポイントプレゼント、
どちらがお得かは言うまでも無いですよね。

PS4・オンラインゲームをIPv6(V6プラス)でする方法





ドコモ光(V6プラス)でPS4する場合は
「UPnP」機能を「OFF」にすればオンラインゲームできる。






PS4でのマルチプレイご利用方法
MONSTER HUNTER WORLD(モンスターハンターワールド/モンハンワールド/MHW)等をご利用のお客さま「BUFFALO WXR-1750DHP2」では「UPnP」機能を「OFF」にすることで、通信可能であることを弊社の検証で確認しています。
https://help.gmobb.jp/app/answers/detail/a_id/019912



それでもできなかった場合はIPv4へ切り替える申請をする。

IPv4への切替方法
弊社ではv6プラス開通のお客さまは、重複セッションによる不具合防止のためIPv4接続サービスを一時的に停止させていただいております。
今後IPv4でのご利用をご希望の場合は、弊社にてPPPoE設定可能にさせていただきますが、v6プラスはサービス停止状態となります。PS4での通信をご希望のお客さまは、大変お手数でございますが、「PS4利用希望」の旨を本文記載の上、下記のメールアドレスまでご連絡をお願いいたします。
メール宛先 info@gmobb.jp
メール件名 PS4利用希望
メール本文 会員ID・契約者名
※不明な場合は、ご契約住所・生年月日

https://help.gmobb.jp/app/answers/detail/a_id/019912





そもそもスマホがドコモ出ない場合はauひかりやソフトバンク光でV6プラスを使う。







住んでいるエリアが対象ならNURO光が最速です。






-ドコモ光をドコで契約するのがお得?

Copyright© ドコモ光のプロバイダでおすすめ基準はオンラインゲームに有 , 2019 All Rights Reserved.