ドコモ光をドコで契約するのがお得?

ドコモ光のキャンペーンで日経電子版が無料で読める?

投稿日:

ドコモ光のキャンペーン特典はdポイントだけ?

新しい商品やサービスの購入・契約を決定する際、最優先の要素とはなりませんが、
決め手となりうるのがキャンペーン特典ですよね。

もちろん使い勝手や値段・料金の方が重要な要素ではありますが、
迷った時には最後お得な特典が貰えるからという理由で選ぶこともあると思います。

ドコモ光のキャンペーンと言えばdポイントプレゼントで、
新規申込だと20,000ポイント、フレッツ光からの転用だと10,000ポイントが貰えます。

dポイントは1ポイント=1円で現金代わりとして使えるので、新規で20,000円、
転用で10,000円のキャッシュバックが貰えるのと同じことなんですね。

でもやっぱりdポイントより現金の方が良いということで、
光コラボレーションの比較サイトなどでは評判があまり良くないんですよね・・・。

ほとんどの人は、ドコモ光のキャンペーンで貰える特典はこのdポイントだけだと
思っているのではないでしょうか。

実はドコモ光にはdポイントプレゼント以外にも特典が貰えるキャンペーンがあるんです。

例えば関西限定キャンペーンでは、関西エリアにあるドコモショップや
家電量販店などで新規申込をするとdポイントをさらに10,000ポイント貰えます。
(転用は貰えない)

またドコモ光と同時に「スカパー!」「dtvお得パック」に加入すると、
dポイント4,000ポイントが貰えます。

まだありますよ、プロバイダを「ドコモnet」にして
 ・光ルーターセキュリティ
 ・ネットトータルサポート
という2つのサポートオプションに加入すると、
「ドコモ光ルーター01」を実質無料で購入できます。

流れとしては、
 ・ドコモ光ルーター01を購入
 ・その代金相当分(8,880円)のdポイントが還元される
というようになります。

dポイント以外と言いながら、キャンペーンや条件は違うものの、
いずれもdポイントが貰えるキャンペーンですね・・・。

過去にはdポイント以外も貰えた

現在ドコモ光の公式キャンペーンでは、
はっきり言うとdポイント以外のものは貰えません。

しかし過去に行われていたキャンペーンでは、
dポイント以外の特典が貰えることもあったんです。

少し前の2018年3月まで行われていたキャンペーンでは、
初期工事費が無料になりました。

ドコモ光のような光コラボレーションでは、
フレッツ光からの転用であれば基本的に工事不要ですから工事費も掛かりません。

しかし光コラボレーションを含むフレッツ光以外からの乗り換えだと、
ドコモ光の開通工事が必要となります。

その工事費は
 ・戸建て・・・19,440円
 ・集合住宅・・・16,200円
なんですが、これが2018年3月までは無料になったんですね。

光回線の開通では初期費用が高いということが大きなデメリットになります。

なので、その初期費用の中で最も大きな割合を占める工事費が無料になるというのは、
申し込む側からすると非常にありがたいんですよね。

それから少し古い話になりますが、ドコモ光がサービスを開始した当初の2015年には
「日経電子版」が3か月間無料になるキャンペーンも行われていました。

日経(日本経済新聞)はビジネスパーソンにとって必読紙なんですが、
購読するとなるとちょっとハードルが高いんですよね。

我が家では地方紙を1紙購読していますが、
これに日経も購読するとなると購読料がね・・・。

じゃあ電子版と言っても電子版も月額4,200円ですから、
毎月の小遣いを考えるとやっぱり購読はちょっと・・・。

気になるニュースがある時に駅売りのものを買ったり、
会社で取っているのを時折目を通すぐらいが関の山です。

それがドコモ光の特典で、3か月だけですが、無料になるというのは結構お得ですね。

しかし残念ながらこれらのキャンペーンは終了しており、
これからドコモ光を申し込んだところでこれらの特典を貰うことはできません。

工事費が無料になるキャンペーンは再度行われる可能性もありますが、
日経電子版が無料になるというのは期待できないかもしれませんね。

プロバイダなら現在でもdポイント以外の特典が貰える

現在ドコモ光公式で行われているキャンペーンで貰えるのはdポイントだけです。

しかしプロバイダでは現在でもdポイント以外の特典が貰えるキャンペーンが
行われています。

例えばGMOとくとくBBだと、新規・転用問わず3,500円、
関西エリアなら新規で5,000円のキャッシュバックが貰えます。

さらに「ひかりTV(2ねん割)」に同時加入すると、新規で12,500円、
転用で21,500円が上乗せされるんです。
(関西エリアは新規で6,000円)

要するにGMOとくとくBBのサイトからドコモ光を申し込むと、新規で最大16,000円、
転用で最大25,000円のキャッシュバックが貰えるということです。
(関西エリアは新規で最大11,000円)

公式のdポイントプレゼントにプラスして貰えますから、
合計で35,000円分以上が貰えることになるんですね。

GMOとくとくBBのキャンペーンはこれで終わりじゃありません、
WiFiルーターの無料レンタルもあります。

公式にもWiFiルーターが実質無料になるキャンペーンがありますが、
これを利用するには2つのサポートオプションに加入しないといけません。

GMOとくとくBBでは、特にオプションに加入などの条件無しでWiFiルーターを
無料レンタルすることができます。

しかも公式のWiFiルーターは通信速度が最大867Mbpsで、
最大1Gbpsのドコモ光で使うにはちょっと力不足なんですよね。
(1Gbps≒1000Mbps)

GMOとくとくBBのWiFiルーターは最大1.3Gbpsですから、
むしろドコモ光で使うには役不足と言っても良いぐらいです。

それ以外ではSo-netで5,000円分のポイントが貰えたり、プロバイダではないものの
代理店サイトでキャッシュバックキャンペーンが行われていたりもします。

ドコモ光でキャッシュバックが貰えないのは会社の方針?

ドコモ光の公式キャンペーンにキャッシュバックはありませんし、
プロバイダでもキャッシュバックを行っているのはGMOとくとくBBだけです。

先に少し名前の出たSo-netや
 ・BIGLOBE
 ・@nifty
などは、他のサービスではキャッシュバックを行っていても、
ドコモ光のプロバイダとしては行っていないんですよね。

他の光回線や光コラボレーションと比べて、
特にキャッシュバックが弱いのはドコモの方針だと言われています。

ドコモ光サービス開始前の2014年春商戦で、
auやソフトバンクと熾烈なキャッシュバック合戦が繰り広げられました。

これが総務省などから問題視されたことを受けて、
当時のドコモの社長がキャッシュバックからの決別を宣言します。

その際、サービス開始が決まっていたドコモ光でも加入者を集めるための
キャッシュバックは行わないことにしたんです。

その後も、過剰な価格競争や特典でユーザーを釣ることはせずに品質で勝負する、
という方針が取られています。

ユーザーとしては「そんなこと言わずに、少しでもキャッシュバックを」
と思っちゃいますよね。

会社の方針なんて余程のことが無いと変わりませんから、
今後もドコモ光でキャッシュバックが行われることは無いでしょう。

もしドコモ光でキャッシュバックが行われたとしたら、そうまでしてユーザーを
集めないといけないほど経営的に追い込まれているってことなのかもしれませんね。

現金よりdポイントの方がお得!?

ドコモ光にキャッシュバックはありませんが、
10,000~20,000円相当のdポイントが貰えるというのは結構な大盤振る舞いですよね。

ところが光コラボレーションの比較サイトなどを見ると、
ドコモ光のキャンペーンの評価は芳しくありません。

ドコモ光でdポイントを貰うなら他社でキャッシュバックを貰った方が良い、
という論調がほとんどですね。

しかし私がドコモ光ユーザーだということを差し引いても、キャッシュバックよりdポイントプレゼントの方がお得と言えなくもないように思えます。

確かにdポイントは現金代わりになるとは言え、
加盟店でしか使えないなど現金より使い道が限られています。

またこうしたキャンペーンで貰えるdポイントはさらに用途が限定されており、
ドコモのスマホ代に充てることができません。

有効期限も6か月しかありませんし、
どこをどう比べてdポイントより現金が貰える方が良いですよね。

でもキャンペーンのキャッシュバックっていつ貰えるか知ってますか?

事業者によって違いはあるものの、
利用開始半年から1年経たないとキャッシュバックは貰えないんです。

例えばBIGLOBE光では、
25,000円のキャッシュバックが貰えるキャンペーンが行われています。

利用開始12か月目にキャッシュバックの案内メールが届き、
その内容に従って手続きして初めてキャッシュバックが貰えます。

当然その間に解約すれば権利は失いますし、
手続きをし忘れてもキャッシュバックは貰えません。

いくら1年後と言っても、キャッシュバックの手続きを忘れるはずがないと思いますよね。

ところが、ある光回線の代理店が調べたところによると、キャッシュバック手続きが
利用開始10か月目以降だと約7割もの人が手続きをし忘れているそうです。

その点ドコモ光のdポイントプレゼントは開通の翌々月、
ドコモ光を使い始めて3か月目にはdポイントが貰えます。

「楽しみは後まで取っておく」というのも良いんですが、
貰い損ねてしまっては何の意味もありません。

貰い損ねる心配が無いという点において、
キャッシュバックよりdポイントプレゼントの方がお得というわけなんですね。

「ずっとドコモ割」もdポイントがお得

ドコモのスマホでは、
2年契約を続けることで「ずっとドコモ割プラス」という長期利用割引の対象となります。

ドコモユーザー歴が4年以上になると、
利用年数に応じて毎月のスマホ代が割引されます。

例えばウルトラシェアパック100だと
 ・4~7年・・・1,000円
 ・8~9年・・・1,200円
 ・10~14年・・・1,800円
 ・15年以上・・・2,500円
が毎月のスマホ代から割引されることになります。

ずっとドコモ割プラスは、毎月のスマホ代割引だけでなく、
dポイントとして貰うこともできるんです。

dポイントとして貰うと割引相当額の1.2倍となり、先のウルトラシェアパック100だと
 ・4~7年・・・1200ポイント
 ・8~9年・・・1440ポイント
 ・10~14年・・・2160ポイント
 ・15年以上・・・3000ポイント
が貰えます。

1か月で20%の違いですから、1年間だと結構な差になりますよね。

ただしずっとドコモ割プラスで貰えるdポイントは、
キャンペーンのdポイントと同様に用途が限定されています。

なので、ずっとドコモ割プラスで貰ったdポイントをスマホ代に充てて、
割引額を増やすということはできないので注意しましょう。

PS4・オンラインゲームをIPv6(V6プラス)でする方法





ドコモ光(V6プラス)でPS4する場合は
「UPnP」機能を「OFF」にすればオンラインゲームできる。






PS4でのマルチプレイご利用方法
MONSTER HUNTER WORLD(モンスターハンターワールド/モンハンワールド/MHW)等をご利用のお客さま「BUFFALO WXR-1750DHP2」では「UPnP」機能を「OFF」にすることで、通信可能であることを弊社の検証で確認しています。
https://help.gmobb.jp/app/answers/detail/a_id/019912



それでもできなかった場合はIPv4へ切り替える申請をする。

IPv4への切替方法
弊社ではv6プラス開通のお客さまは、重複セッションによる不具合防止のためIPv4接続サービスを一時的に停止させていただいております。
今後IPv4でのご利用をご希望の場合は、弊社にてPPPoE設定可能にさせていただきますが、v6プラスはサービス停止状態となります。PS4での通信をご希望のお客さまは、大変お手数でございますが、「PS4利用希望」の旨を本文記載の上、下記のメールアドレスまでご連絡をお願いいたします。
メール宛先 info@gmobb.jp
メール件名 PS4利用希望
メール本文 会員ID・契約者名
※不明な場合は、ご契約住所・生年月日

https://help.gmobb.jp/app/answers/detail/a_id/019912





そもそもスマホがドコモ出ない場合はauひかりやソフトバンク光でV6プラスを使う。







住んでいるエリアが対象ならNURO光が最速です。






-ドコモ光をドコで契約するのがお得?

Copyright© ドコモ光のプロバイダでおすすめ基準はオンラインゲームに有 , 2019 All Rights Reserved.