ドコモ光をドコで契約するのがお得?

ドコモ光はドコモショップで申し込むとどんなキャンペーンがある?

投稿日:

ドコモ光をドコモショップで申し込んじゃダメなのはキャンペーンが無いから

ドコモ光を申し込む際、新規でもフレッツ光からの転用でも、
ネットで申し込む方がお得だと言われています。

それもドコモの公式サイトからではなく、
プロバイダや代理店サイトで申し込む方がお得とされています。

時間を気にしなくて良いとか待たされることが無いなど手間が掛からないことも
あるんですが、やはり色々な特典が貰えるキャンペーンがあるというのが大きいですね。

ドコモ光のキャンペーンと言うとdポイントプレゼントで、
新規申込なら20,000ポイント、フレッツ光からの転用なら10,000ポイントが貰えます。

このdポイントプレゼントはドコモ光の公式キャンペーンで、
プロバイダや申し込み先に関係無く貰うことができます。

万が一「ウチではdポイントプレゼントをやっていない」というようなプロバイダや
代理店があったら、そこで申し込むのは止めた方が良いですね。

一部のプロバイダや代理店サイトでは、公式のdポイントプレゼントに加えて、
さらにキャンペーンで特典が貰えるんです。

例えばプロバイダのGMOとくとくBBだと、新規で最大16,000円、
転用で最大25,000円のキャッシュバックが貰えます。

これが公式のdポイントプレゼントにプラスされるわけですから、
合計で新規なら36,000円相当、転用だと35,000円相当が貰えることになります。

ところがドコモショップでは、プロバイダや代理店サイトのように、
キャッシュバックが貰えるキャンペーンは行われていません。
(公式のdポイントしか貰えない)

光回線サービスを選ぶ際に、月額料金が大きな要因になることはあっても、
キャッシュバックが貰えるか否かが決め手になることはあまり無いです。

しかし同じドコモ光を利用するのであれば、月額料金は同じなんですから、
キャッシュバックが貰える方が良いに決まってますよね。

一般的にドコモ光の申し込み先としてドコモショップがオススメされていないのは、
単純にキャッシュバックが貰えないからなんですね。

ドコモショップにも独自のキャンペーンがある

ドコモショップで公式以外のドコモ光関連のキャンペーンが行われることは
ほとんどありません。

じゃあ公式以外のキャンペーンが行われる可能性がゼロかと言われると、
そんなこともないんです。

実は時折ですが、ドコモショップ独自のキャンペーンが行われることもあるんです。

公式のdポイントに加えて、さらにdポイントやWiFiルーター、dtvターミナルが
貰えることがあります。

以前あるドコモショップで行われたキャンペーンでは、
 ・dポイント5,000ポイント+5,000円分の商品券+WiFiルーター
が公式のdポイントにプラスして貰えたということもあったんだとか。

でもドコモショップでドコモ光の独自キャンペーンが行われていることって
あまり知られていませんよね。

その理由の1つが、大々的に宣伝されていないからなんです。

独自キャンペーンを大々的に宣伝すれば、
ドコモショップでドコモ光を申し込む人は増えそうですよね。

にも関わらず宣伝されないのは、店舗ごとに行われることがほとんどで、
全国一斉キャンペーンじゃないからなんですね。

店舗限定のキャンペーンですから、TVCMや公式サイトはもちろん、
公式SNSでも宣伝されることことはありません。

店舗から送られてくるダイレクトメールや店長など店舗スタッフのSNSで
告知されれば良い方で、お店に行かないと分からないことも多いんです。

ドコモユーザーでないとダイレクトメールは送られてきませんし、お得な情報を探すのに
公式SNSはチェックしても店舗スタッフのSNSまではチェックしませんよね。

ドコモショップの独自キャンペーンでは、結構お得な特典が貰えることもあるだけに、
もうちょっと宣伝してくれても良いように思いますけどね。

地域限定キャンペーンはドコモショップの独自キャンペーン?

ドコモでは、2018年6月現在、
関西エリアを対象とした地域限定キャンペーンが行われています。

関西エリアでドコモ光を新規申込すると、dポイントが10,000ポイントが上乗せされ、
合計30,000ポイントが貰えます。
(転用は上乗せ無し)

この地域限定キャンペーンは、
ドコモショップの独自キャンペーンと言えなくもないんです。

地域限定キャンペーンの利用条件は、関西エリアにある
 ・ドコモショップ
 ・量販店
 ・一般販売店
 ・光代理店
でドコモ光を申し込むことです。

ですから関西エリアに住んでいても、プロバイダや代理店サイトなど
ネットで申し込むと地域限定キャンペーンの対象にはなりません。

ドコモショップだけでなく家電量販店などでもOKですから、
ドコモショップの独自キャンペーンとまでは言えません。

しかしドコモショップでドコモ光を申し込むことで受けられるキャンペーンであることは
確かですよね。

ドコモが運営しているドコモショップなんて無い!?

駅前や幹線道路沿い、あるいは大型ショッピングモールなどどこの街に行っても
大抵1~2軒はドコモショップを見掛けます。

この街中で見掛けるドコモショップって、
ドコモが公式に運営している思っている人も多いかもしれません。

しかし実際にはドコモが公式に運営しているドコモショップなんて、
日本全国どこを探しても1軒も無いんです。

一部NTTのグループ企業が運営している店舗もありますが、
基本的には全て代理店なんです。

ドコモショップの独自キャンペーンが大々的に宣伝されないのは、ドコモ直営じゃなく、
店舗ごとに運営会社が違うからということもあるんですね。

大手携帯キャリア3社の中で、ドコモの代理店になるのが一番ハードルが高く、
簡単にはドコモショップを運営させてくれないそうです。

実際ドコモショップの運営会社を調べてみると、有名な大手企業の関連会社も多く、
中には東証一部上場企業のグループ企業もあるんです。

ちなみにソフトバンクはハードルが低いようで、
ベンチャー企業なんかでもドコモよりは簡単に代理店になれるそうですよ。

NTTは元々親方日の丸の公営企業で、ソフトバンクは元々ベンチャー企業です。

それだけに、ドコモが代理店運営にも高いハードルを課し、
ソフトバンクがベンチャー企業に門戸を開いているというのも頷けますね。

ただドコモショップの評判が比較的良いのに対して、
ソフトバンクショップの評判が悪いということの原因にもなっているのかもしれません。

高額キャッシュバックにはウラがある?

ドコモ光は、ドコモショップよりプロバイダや代理店サイトなどネットで申し込んだ方が
お得と言われています。

その理由の1つが「キャッシュバックが貰える」からです。

確かに一部のプロバイダや代理店サイトでドコモ光を申し込むとキャッシュバックが
貰えるんですが、ただ単にドコモ光を申し込めば貰えるってものでもないんです。

別途指定の有料オプションに加入しないと、キャッシュバックが少なくなったり、
貰えなくなることもあります。

例えばGMOとくとくBBの場合、新規で最大16,000円、
転用で最大25,000円のキャッシュバックが貰えます。

しかしドコモ光を申し込んだだけだと、
新規・転用ともに3,500円のキャッシュバックしか貰えません。

16,000円25,000円という高額キャッシュバックを貰おうと思ったら、
「ひかりTV(2ねん割」に加入しないといけないんです。

ひかりTVは通常月額2,500円で、
2ねん割適用で1,000円引きとなり月額1,500円で利用できます。

また最初の2か月間は無料なので、
ひかりTVに2年間で総額33,000円を支払うことになるわけです。

要するに、目先の16,000円や25,000円を貰うために、
今後2年間で33,000円余分に払うということです。

GMOとくとくBBでは、例え3,500円でも、
有料オプションへの加入無しでキャッシュバックが貰えるだけマシです。

代理店サイトだと、
有料オプションに加入しないとキャッシュバックが貰えないなんてこともありえます。

ドコモ光を申し込むことでキャッシュバックが貰えるに越したことはありません。

しかしその結果、余分に支払う料金がキャッシュバックの金額より多くなっては、
キャッシュバックを貰う意味がありません。

ドコモ光に限らず、キャッシュバック目当てで何かを申し込む際には、
何かしらお金の掛かる条件が付いていないか確認しておくことも大切ですよ。

dポイントプレゼントとキャッシュバックではどちらがお得?

光コラボレーションの比較サイトなどを見ていると、ドコモ光はdポイントだけで
キャッシュバックが貰えないから損とされていることがあります。

dポイントは現金代わりに使えるものの加盟店での利用に限られますし、
現金に比べると使い道が狭いんですよね。

さらにこうしたキャンペーンで貰えるdポイントは、
通常の買い物などで貰えるものと違って、有効期限が短く、用途も限られています。

買い物などで貰えるdポイントの有効期限は48か月で、
 ・航空会社のマイルなど他社ポイントとの交換
 ・限定オリジナルグッズとの交換
 ・スマホやオプション品の購入
 ・スマホ料金
 ・スマホのデータ量追加料金
 ・寄付
 ・遊園地や映画などの優待チケット購入
などに使うことができます。

一方ドコモ光のキャンペーンで貰えるdポイントの有効期限は6か月で、
 ・航空会社のマイルなど他社ポイントとの交換
 ・スマホ料金
 ・スマホのデータ量追加料金
 ・寄付
に使うことはできません。

ただでさえ使い道が限られているのに、
キャンペーンで貰えるdポイントはさらに使い道が狭いんですね。

そうすると、やっぱりdポイントプレゼントよりキャッシュバックの方がお得となりますが、
一概にそうとも言えない部分もあります。

キャッシュバックは、貰えるまでに時間が掛かることが多いんです。

例えば国内最速の最大2Gbpsを誇る「NURO光」では、3
5,000円のキャッシュバックが貰えるのは約半年後です。
(実際は開通5か月目)

さらにドコモ光と同じ光コラボレーションの「BIGLOBE光」だと、
25,000円のキャッシュバックが貰えるのは利用開始1年後です。

要するに現金が貰えるキャッシュバックでは、そのサービスを使い始めて半年から
1年経たないと現金が手に入らないということなんですね。

また利用開始からキャッシュバックまでの期間が長くなればなるほど、
手続きをし忘れて貰い損ねる危険性も高くなります。

ある光回線の代理店が調査したところによると、キャッシュバック手続きが
利用開始10か月後以降になると約7割もの人が手続きをし忘れるそうです。

キャッシュバックは、使い道自由の現金が貰える反面、
貰い損ねる危険性も高いんですね。

ドコモ光のdポイントプレゼントの場合は利用開始の翌々月、
使い始めて3か月目に貰えますから、貰い損ねる心配がありません。

有効期限と使い道が限られるdポイントプレゼントと
貰い損ねる危険性が高いキャッシュバック、どちらにも一長一短があります。

ちなみにGMOとくとくBBのキャッシュバックは、dポイントプレゼントに合わせて、
利用開始の翌々月に貰えます。

なのでドコモ光でプロバイダをGMOとくとくBBにして、
dポイントとキャッシュバック両方貰うのが一番お得なのかもしれませんね。

-ドコモ光をドコで契約するのがお得?

Copyright© ドコモ光のプロバイダでおすすめ基準はオンラインゲームに有 , 2019 All Rights Reserved.