IPV6対応について

IPv6でもPPPoEだと光回線の通信速度は速くならない?

投稿日:

光回線を使っているならIPv6にしないと損?

最近光回線関連のサイトを見ていると、「IPv6」という言葉が飛び交っています。

ひょっとすると、今使っている回線事業者やプロバイダから
IPv6の利用を電話やメールで勧められた、なんて人も居るかもしれませんね。

IPv6で通信速度がアップするというのは何となく分かるけど、
 ・そもそもIPv6って何?
 ・なぜ通信速度がアップする?
などよく分からないこともあると思います。

そこでバリバリの文系で機械音痴の私が、
インターネット初心者にも分かるようにIPv6について解説したいと思います。

IPv6って何?

まずIPv6が何者なのかってことですが、簡単に言うと、
インターネットの通信方式の1つです。

現在主に使われている通信方式がIPv4で、
それに対してIPv6は次世代通信方式と言われています。

インターネットを利用する際には「IPアドレス」というものが必要となります。

このIPアドレスは、文字通りインターネット上の「住所」のようなものであり、
インターネットを使う際の身分証明書のようなものとなります。

現在主流のIPv4で使えるIPアドレスの数には限度があり、約43億個となっています。

43億個というとものすごく多いような気もしますが、世界の人口が70億人超ですから、
現状でも1人に1個IPアドレスを割り当てることができないんです。

インターネットが一般的に普及し、
今となってはスマホやタブレットなど通信機器は1人に1台どころではなくなっています。

このIPアドレスが足りないという問題を解決するために開発されたのがIPv6なんです。

IPv6で使えるIPアドレスの数は、何と340澗個!

「澗」は「兆」の6つ先の単位で、
地球上の石ころ全てにIPアドレスを割り当てても余るぐらいの数と言われています。

我々一般人からするとまさに「天文学的な数」で、余程のことが無い限り、
IPv6でIPアドレスが足りなくなるということはありません。

IPv6で通信速度がアップするのはなぜ?

IPv6でIPアドレスがほぼ無限に使えるようになったとして、
今度はそれと通信速度アップがどう関係するのかってことになりますよね。

1つには、IPv4に比べてIPv6の利用者がまだまだ少ないということがあります。

例えるなら、IPv4は車線数がそれほど多くない上に走っている車の数が非常に多い
高速道路みたいなものです。

車が多いのでスピードは出しにくいですし、
ブレーキを踏むタイミングなどちょっとしたことで渋滞が起こってしまいます。

それに対してIPv6は、車線数が多い上に走っている車の数が少ない高速道路です。

走っている車が少なければ渋滞も起こりにくいですし、
何より思う存分スピードが出せますよね。
(実際の高速道路では交通ルールを守りましょう)

混雑が起きやすいポイントを回避できる

IPv4では、「網終端装置」というところを通らないと
インターネットの世界に繋がらないようになっています。

この網終端装置が、利用者の増える時間帯になると非常に混雑しやすく、
夜間や休日などの通信速度低下の原因の1つとなっているんです。

設置者であるNTTも混雑が起きないように網終端装置を増強しているようですが、
コスト面の問題で思うように進んでいないみたいですね。

IPv6ではこの網終端装置を通らなくてもインターネットに繋がるようになっています。

なので夜間や休日など利用者の多い時間帯でも、
IPv4に比べると通信速度が落ちにくくなっているんです。

本来混雑する時間帯でも通信速度の落ち幅が小さくなりますから、
体感的には通信速度が速くなったとなるわけです。

最大200Mbpsの速度制限が無くなる

インターネット回線にはそれぞれ、
どんなに条件が良くてもここまでしか出ないという「最大通信速度」があります。

光回線だとフレッツ光などで最大1Gbps、NURO光が最大2Gbps、
スマホのLTE回線だと一番速いもので700Mbpsぐらいでしょうか。
(1Gbps≒1000Mbps)

ところが最大1Gbpsの光回線を使っているのに、
スピードテストなどで測ってみると100Mbpsぐらい出ていれば良い方なんですよね。

通信速度は様々な要因で減退しますから、
最大1Gbpsでも1Gbps出ないのは分かっています。

でも最大値の10分の1しか出ないというのは遅すぎますよね。

その原因の1つとなっているのが、
IPv4に設けられている最大200Mbpsの速度制限なんです。

IPv4では、回線の最大通信速度とは別に、
最大200Mbpsの速度制限が設けられています。

ですからIPv4だと、回線の最大通信速度が1Gbpsだろうが10Gbpsだろうが、
どんなに頑張っても200Mbpsまでしか出ません。

200Mbpsから減退しますから、常時数十Mbpsで、
良くても100Mbpsぐらいしか出ないということになるんですね。

IPv6では、この最大200Mbpsの速度制限も無くなりますから、
大幅な通信速度アップが期待できるわけです。

IPv6でも通信速度がアップしないこともある?

回線事業者やプロバイダに申し込んでIPv6が使えるようになったとしても、
絶対に通信速度が速くなるというわけではありません。

実はIPv6には
 ・PPPoE
 ・IPoE
 ・IPoE(IPv4 over IPv6)
という3つの接続方式があります。

この中で1つ目の「PPPoE」はIPv4と同じ接続方式であり、
最大200Mbpsの速度制限が設けられています。

網終端装置は通らないので、
夜間や休日などに通信速度が大幅に落ち込むことは無くなるかもしれません。

しかし速度制限はIPv4の時と同じですから、「夜間や休日は少し速くなったけど、
全体的に見るとIPv4と大して変わらない」ということになってしまいかねません。

なので、どうせIPv6を使うのであれば、
接続方式がPPPoEのサービスは選ばない方が良いのではないでしょうか。

「IPoE」だと通信速度がアップするが限定的

2つ目の「IPoE」と3つ目の「IPoE(IPv4 over IPv6)」は、網終端装置を通らない上に、
最大200Mbpsの速度制限もありません。

ただ2つ目のIPoEでは、
通信速度がアップすると言ってもかなり限定的となってしまう可能性が高いです。

現在主流であるIPv4と次世代のIPv6には互換性がありません。

ですからIPv4にのみ対応したサイトやサービスを
IPv6で利用することができないんです。

現状IPv6に対応しているサイトやサービスは、
 ・Google
 ・YouTube
 ・Facebook
 ・ネットフリックス
 ・ウィキペディア
 ・IPv6対応プロバイダの公式サイト
ぐらいとなっています。

それ以外のほとんどのサイトやサービスは、今のところIPv4にしか対応していません。

こうしたIPv4にしか対応していないサイトやサービスは、従来通りIPv4で
利用することになりますから、通信速度もそのままということになります。

先に挙げたサイトやサービスを使う場合には大幅な通信速度アップも期待できます。

しかしそれ以外の大多数のサイトやサービスでは従来通りの通信速度ですから、
通信速度がアップすると言っても限定的なんですね。

選ぶべきは「IPoE(IPv4 over IPv6)」

3つ目の「IPoE(IPv4 over IPv6)」は、接続方式こそIPoEで2つ目と同じですが、
こちらは通信速度アップが大いに期待できます。

IPv4 over IPv6という特別な技術によって、
IPv4にのみ対応しているサイトやサービスもIPv6で利用できるようになっているんです。

ですから、IPv6に対応しているものも含めて、
ほぼ全てのサイトやサービスをIPv6で使えるというわけです。

一口にIPv6と言っても、接続方式がPPPoEではIPv4とそれほど変わりません。

またIPoEでもIPv4 over IPv6という技術が使われていなければ、
通信速度アップの効果は限定的です。

通信速度の大幅アップを期待するのであれば、IPoE(IPv4 over IPv6)に対応した
回線・プロバイダを選んだ方が良いと思いますよ。

IPoE(IPv4 over IPv6)対応のプロバイダはどれ?

IPv6に対応しているプロバイダは多いんですが、
IPoE(IPv4 over IPv6)対応となると実はそれほど多くありません。
(今後増えてくるかもしれませんが)

しかもサービスを提供している事業者ごとに違う商品名が付けられており、
一見してIPoE(IPv4 over IPv6)対応だと分かりにくかったりもするんですよね。

IPoE(IPv4 over IPv6)の商品名とそれに対応している主なプロバイダは
 ・v6プラス・・・So-net、@nifty、GMOとくとくBB
 ・v6オプション・・・BIGLOBE
 ・DS-Lite・・・IIJmio、インターリンク、ぷらら、BB.excite
 ・高速ハイブリッド・・・Yahoo!BB
などとなっています。

プロバイダによっては別途オプション料金が必要となる場合もあります。

また「BB.excite」については、「excite MEC光」という光回線サービスの
プロバイダとして選んだ場合のみ「DS-Lite」が利用できます。

フレッツ光や他の光コラボレーションのプロバイダとしてBB.exciteを選んでも、
「DS-Lite」は使えないので注意してください。

IPv6はどうすれば使える?

最近はIPv6を標準サービスとしている回線やプロバイダも増えていますが、
基本的には別途申し込む形になります。

先のIPoE(IPv4 over IPv6)に対応したサービスを使うには料金が必要だったりしますが、
IPv6でもPPPoEかIPoEなら無料が使える場合がほとんどです。

PPPoEにしろIPoEにしろ、IPv4と比べてデメリットはほぼありませんから、
無料なら申し込んでおいて損はないと思いますよ。

またIPoE(IPv4 over IPv6)でもv6プラスは無料で利用できるプロバイダも多いので、
こちらは申し込んでおかないと損なぐらいではないでしょうか。

回線事業者やプロバイダにIPv6の利用を申し込んだら、
次にWiFiルーターの設定を確認しましょう。

とは言え余程古い(10年以上前に発売された)ものを使っていない限りは、
初期設定でIPv6が使えるようになっていると思います。

ただメーカーによっては、
値段を安くするために色々な機能を削っている可能性も無くはありません。

なので説明書やメーカーに問い合わせるなどして、自分の使っているWiFiルーターが
IPv6対応なのかどうか、IPv6を使うための設定変更方法を確認しましょう。

あとはパソコンがIPv6を使えるようになっているかどうかですが、
こちらもOSがWindows7以降であれば初期設定で使えるようになっています。

サポートが切れているので使っている人はほとんど居ないと思いますが、
「XP」や「Vista」だと設定の変更が必要となります。

IPv6がちゃんと使えているかを確認するには

申し込みをし、ルーターやパソコンの設定も確認してIPv6が使えるようになったと
言っても、実際にちゃんと使えているかどうかが分かりにくいですよね。

通信速度がアップすると言っても、10倍20倍になるならともかく、
10Mbps20Mbpsアップしたぐらいだと実感できなかったりもします。

そこでちゃんとIPv6が使えているかどうかを簡単に確認できる方法を紹介します。

検索サイトで「IPv6接続確認」と検索し、
広告サイトを除いて一番最初に出てくる「ぷらら」のサイトにアクセスします。

そうすると画面中央に「IPv6で接続できているか確認する」というボタンがあるので、
それをクリック。

画面が切り替わり、
ちゃんとIPv6が使えていれば「IPv6で接続できています」と表示されます。

もしちゃんとIPv6が使えていない場合には、
「IPv4で接続しています(IPv6で接続できていません)」というコメントが出てきます。

他にもIPv6の接続確認ができるサイトがありますが、
こちらのサイトは1クリックするだけで結果も分かりやすいですよ。

-IPV6対応について

Copyright© 光回線の教えて君 , 2019 All Rights Reserved.