IPV6対応について

同じIPv6でもIPoEとPPPoEで何が違う?

投稿日:

IPv6で必ず通信速度が速くなるわけじゃない!?

最近インターネット関連で調べ物をしていると、「IPv6」という言葉をよく見聞きします。

IPv6はインターネットの通信方式の1つなんですが、
これを使うことで従来より通信速度が速くなる、と一般的には言われています。

確かにIPv6を使うことで通信速度が速くなる可能性はあるんですが、
必ずしも大幅に速くなるということでもないんです。

場合によっては「微増」で、
体感的には従来とそれほど変わらないということも十分に考えられます。

ではIPv6を使っているにも関わらず、
通信速度が思ったより速くならないのは何故なのか、詳しく見ていきたいと思います。

IPv4とIPv6の違い

IPv6で通信速度が上がらない理由の前に、
従来の通信方式であるIPv4とIPv6の違いについて説明しておきます。

IPv4では使えるIPアドレスに上限があり、約43億個しか割り当てることができません。

ちなみにIPアドレスというのは、文字通りインターネット上の「住所」で、
インターネットを使う際の身分証明書みたいなものです。

現状世界の人口は70億超ですから、
既に1人に1つIPアドレスを割り当てることができなくなっています。

インターネットが般的に広く普及し、今やパソコンだけなく、スマホにタブレット、
テレビなど通信機器以外の電化製品もインターネットに繋がるようになっています。

現状でも1人に2つ3つとIPアドレスが必要なんですから、
IPv4でのIPアドレスの枯渇は将来的どころか直面している大きな問題なんですね。

1つのIPアドレスを複数のユーザーで共有するなどの対策も取られていたりしますが、
抜本的な解決策として開発されたのがIPv6なんです。

IPv6で使えるIPアドレスの数は、何と340澗個。

「澗」は「兆」の6つ上の単位で、
地球上の石ころ全てにIPアドレスを割り当てても余るぐらいの数となっています。

要するに、IPv6でIPアドレスが枯渇する心配はほとんど無く、
ほぼ無限に使えるということなんですね。

使えるIPアドレスが多いと通信速度が速くなるのはなぜ?

IPv6ではほぼ無限にIPアドレスが使えるということが分かりましたが、
それと通信速度が速くなるのとどう関係があるのでしょうか?

IPv4では枯渇状態になるほどIPアドレスを使っています。

それに対してIPv6は、元々使えるIPアドレスが多い上に、
現状ではIPv4より使っているIPアドレスが少なくなっています。

高速道路に例えて言うなら、
IPv4は車線数の少ないところをたくさんの車が走っている状態です。

高速道路とは言え、交通量が増えるとスピードは落とさざるをえませんし、
ちょっとしたことで渋滞が発生してしまいます。

一方IPv6は、車線数が多くて走っている車が少ない状態です。

ただでさえ車線数が多いので渋滞は起こりにくいですし、
そこを走っている車も少ないんですから、はっきり言ってスピード出し放題ですよね。
(実際の運転では制限速度を守りましょう)

1つには、単純に現状では使っている人が少ないので、
IPv6では通信速度が速くなる可能性が高いというわけです。

通信速度アップで重要なのは「接続方式」

IPv4とIPv6の通信速度を分けるもう1つの大きな要因として、
「接続方式」が挙げられます。

接続方式は大きく
 ・PPPoE
 ・IPoE
という2つに分けられます。

この内IPv4はPPPoEという接続方式を用いており、IPv6では回線事業者や
プロバイダによってどちらの接続方式を用いているかが違います。

実はIPv4が用いているPPPoEという接続方式には、
通信速度を低下させる原因が2つあるんです。

1つは「最大200Mbpsの速度制限」です。

インターネット回線には、ベストな条件が揃ってもここまでしか出ないという
「最大通信速度」があります。

フレッツ光や光コラボレーションだと最大1Gbpsですし、
同じ光回線でもNURO光だと最大2Gbpsとなっています。

ところが接続方式がPPPoEだと、速度制限によって、
最大1Gbpsだろうが2Gbpsだろうが最大200Mbpsまでしか出ないんです。
(1Gbps≒1000Mbps)

最大1Gbpsの光回線を使っているのに、スピードテストなどで実際に通信速度を
測ってみると、速くても100Mbpsぐらいしか出ていないことってありますよね。

その大きな原因の1つとなっているのが、このPPPoE接続の速度制限だったんですね。

利用者が増えると混雑する「網終端装置」

PPPoE接続で通信速度を低下させるもう1つの原因が「網終端装置の混雑」です。

PPPoE接続では、
インターネットに繋がる際に網終端装置というNTTの設備を経由しないといけません。

利用者の増加並びに1人当たりの通信量が増加したことで、
この網終端装置が混雑しやすく、ボトルネックとなってしまっているんです。

光回線でも、夜間や休日になると通信速度が大幅に落ちることがあると言われますが、
その原因の1つがこの網終端装置の混雑なんですね。

NTTも網終端装置の増強には力を入れているんですが、
コスト面の問題から一朝一夕には進んでいないのが現状のようです。

またプロバイダが自由に網終端装置を増設できるようにもなっています。

しかし増設に掛かる費用は全額プロバイダ持ちなのに、
増設工事はNTTが行うということで、
プロバイダ側も積極的に増設するという動きにはなっていないみたいです。

IPoE接続では速度低下の原因を2つとも回避できる

一方IPv6で用いられているIPoE接続では、
PPPoE接続で速度低下の大きな原因を2つとも回避することができます。

IPoEでは、最大200Mbpsの速度制限もありませんし、
網終端装置を通らなくてもインターネットに繋がるようになっています。

最大200Mbpsの速度制限が無くなるわけですから、
最大1Gbpsの回線なら400Mbps500Mbps出る可能性もあるわけです。

また網終端装置を通りませんから、混雑に巻き込まれる危険性が低くなり、
夜間や休日でも通信速度が大幅に低下する恐れも低くなります。

IPv6でもPPPoE接続だとあまり意味が無いかも

回線事業者やプロバイダによっては、通信方式がIPv6でも、
接続方式がPPPoEとなっているところも少なからずあります。

現状で利用者の少ないIPv6を使うわけですから、PPPoE接続でも、
多少通信速度が速くなる可能性はあります。

しかし接続方式がIPv4と同じである以上は、
通信速度の大幅なアップは期待できないと思います。

なので通信速度が上がったと言っても測ってみて分かるぐらいで、
体感的には速くなったとは感じないかもしれませんね。

IPoE接続は中途半端?

IPv6のIPoE接続で通信速度アップが期待できますが、
これだけだと正直中途半端になってしまう恐れがあります。

なぜかと言うと、IPoE接続では、
IPv6に対応したサイトやサービスしかIPv6で利用することができないからなんです。

現状主に使われているIPv4とIPv6の間には互換性がありません。

ですから、IPv4のみに対応しているサイトやサービスをIPv6で利用することが
できませんし、逆もまた然りです。

ただ今のところ、IPv6にのみ対応したサイトやサービスというのは恐らく無いと思います。

現状IPv6にも対応しているサイトやサービスは
 ・Google
 ・YouTube
 ・Facebook
 ・ネットフリックス
 ・ウィキペディア
 ・IPv6対応プロバイダの公式サイト
ぐらいとなっています。

それ以外の大多数のサイトやサービスは、今のところ、IPv4にしか対応していません。

IPoE接続でIPv4にしか対応していないサイトやサービスを使う場合は、
従来通りIPv4を使うことになります。

IPv4を使うということはPPPoE接続になりますから、
通信速度も従来通りとなってしまうわけです。

先に挙げたサイトやサービスでは大幅アップが期待できるものの、それ以外は
従来通りなので、通信速度が速くなると言っても中途半端になる恐れが大です。

IPoE接続でIPv4 over IPv6に対応しているとベター

PPPoE接続だとIPv4と変わらないし、IPoE接続でも中途半端だとすると、
IPv6を使ってもほとんど通信速度は速くならないということになりますよね。

ところがIPoE接続で、中途半端にならずに、
通信速度の大幅アップが期待できるものがあるんです。

それが「IPv4 over IPv6」です。

IPv6でIPoE接続を用いているプロバイダの中には、
さらにIPv4 over IPv6というものに対応しているところがあります。

実はこのIPv4 over IPv6は特別な技術で、
IPv4のみ対応のサイトやサービスもIPv6で利用できるようになっているんです。

ですからIPoE接続でIPv4 over IPv6に対応しているプロバイダなら、
ほぼ全てのサイトやサービスをIPv6で使えるようになります。

特定のサイトやサービスだけ通信速度が速くなるという中途半端なことが無くなり、
全体的な通信速度アップが期待できるというわけなんですね。

IPv4 over IPv6対応のプロバイダは?

そうなると、
IPoE接続でIPv4 over IPv6に対応しているプロバイダがどこなのか知りたいですよね。

IPv6に対応しているプロバイダは多いんですが、
IPv4 over IPv6まで対応しているとなるとそれほど多くありません。

またIPv4 over IPv6を提供している事業者によって
独自のサービス名が付けられているので、
IPv4 over IPv6に対応しているかどうかが分かりにくかったりもします。

事業者ごとのIPv4 over IPv6のサービス名とそれに対応している主なプロバイダは
 ・v6プラス・・・So-net、@nifty、GMOとくとくBB
 ・v6オプション・・・BIGLOBE
 ・DS-Lite・・・IIJmio、インターリンク、ぷらら、BB.excite
 ・高速ハイブリッド・・・Yahoo!BB
などとなっています。

厳密に言うと、サービスごとに違いはあるんですが、IPv4のみに対応している
サイトやサービスをIPv6で使えるという点ではどれも同じです。

いずれも別途オプションでの申し込みが必要ですが、
オプション料金が不要なところもあれば必要なところもあります。

またBB.exciteでは、「excite MEC光」という特定の光回線サービスのプロバイダとして
選んだ場合のみIPv4 over IPv6が利用できます。

フレッツ光やエキサイト光を含む光コラボレーションのプロバイダとして
BB.exciteを選んでも、IPv4 over IPv6は利用できません。

回線やプロバイダを乗り換えなくても通信速度をアップさせることはできる

インターネットの通信速度をアップさせるためには、
速いと評判の回線やプロバイダを乗り換えるしかないと思っている人も多いと思います。

しかし今使っている回線やプロバイダが、IPv6でIPoE接続、
さらにはIPv4 over IPv6に対応しているなら乗り換える必要はありません。

契約内容をチョコっと見直し、IPv4 over IPv6を使えるようにするだけで、
通信速度の大幅アップが期待できます。

IPv4 over IPv6は無料で使える場合もありますし、
無料でなくても少し料金をプラスするだけで使えます。

回線やプロバイダを乗り換えるとなると、工事費や違約金などで、
場合によっては数万円掛かってしまいます。

それが無料もしくは月数百円の支出で済むわけですから、まずは今使っている回線や
プロバイダがIPv4 over IPv6に対応しているかどうかを確認しましょう。

-IPV6対応について

Copyright© ドコモ光のプロバイダでおすすめ基準はオンラインゲームに有 , 2019 All Rights Reserved.