光回線とオンラインゲーム

ドコモ光でオンラインゲームをするならプロバイダはどこが良い?

投稿日:

ドコモ光でオンラインゲームはできる?

新生活の始まりなどを機に、新たに光回線を自宅に引いて、
オンラインゲームの1つでも楽しもうと考えている人も居るかもしれません。

でもオンラインゲームをプレイするには、
結構ちゃんとしたネット環境が整っていないとダメなような気がしますよね。

途中で途切れることが無い回線の安定性はもちろん、
頻繁にゲームデータをやり取りするため通信速度もかなりの速さが求められそうです。

しかしオンラインゲームをプレイするのに、確かに回線の安定性は重要ですが、
実は通信速度はそれほど重要じゃないんです。

実際人気オンラインゲームの動作環境を調べてみると、
通信速度は3MbpsでOKだったりします。

中には1Mbpsのゲームもありますし、
余裕を持ったとしても5Mbpsも出ていればオンラインゲームには十分なんですね。

ゲームデータを頻繁にやり取りしているのは確かなんですが、
そのデータ量が少量なので通信速度はそれほど速くなくても良いわけです。

インターネットを使う上で5Mbpsなんて遅いぐらいの速度ですし、
最近ではこれを下回る通信速度しか出ない回線を探す方が難しいかもしれません。

フレッツ光やドコモ光を始めとした光コラボレーションはもちろん問題ありませんし、
他の光回線サービスでもほとんど問題無くオンラインゲームがプレイできると思います。

ダウンロード時には通信速度が求められることも

オンラインゲームに限らず、最近は家庭用ゲーム機でもソフトを
ダウンロードで購入することができるようになっています。

最近のゲームは、システムが複雑だったりグラフィックもキレイなので、
場合によってはデータ容量が数GB数十GBに上ることもあります。

これだけの容量のものを、
通信速度3Mbpsや5Mbpsでダウンロードしようとすると何時間掛かるか分かりません。

例えば35GBのデータを通信速度100Mbpsでダウンロードすると、
大体1時間ぐらい掛かります。

100Mbpsでも1時間掛かるんですから、
3Mbpsや5Mbpsだと下手したら1日以上掛かてしまいますね。

さすがにダウンロードで何時間も掛かるとなると、
それだけでオンラインゲームをしようという気が無くなってしまいますよね。

オンラインゲームのプレイ自体には通信速度はそれほど重要じゃありませんが、
ダウンロードを伴う場合にはある程度の通信速度はあった方が良いですね。

オンラインゲームでは通信速度より「Ping値」が重要

ダウンロードを伴う場合はともかくとして、
オンラインゲームそのものにはそれほど通信速度の速さは求められません。

実はオンラインゲームをプレイする上では、
通信速度よりも「Ping値」というものが重要なんです。

Ping値は「応答速度」のことで、自宅のパソコンやゲーム機とゲームサーバーとの間で
データをやり取りするのに要する時間のことです。

簡単に言うと、プレイヤーが「右」を入力してからゲーム画面のキャラクターが
実際「右」に動くまでのタイムラグみたいなものです。

「ms」という単位で表されて、通信速度は数値が大きいほど良いですが、
Ping値は数値が小さいほどタイムラグが少なくて良いということになります。

オンラインゲームをする上でのPing値の目安は?

ではオンラインゲームをプレイするには、どのぐらいのPing値が望ましいのでしょうか?

Ping値の目安としては
 ・10ms以下・・・非常に優秀、ほぼタイムラグは無い
 ・10~60ms・・・正常、ほぼタイムラグは無いが相手が10ms以下だと不利になることも
 ・60~100ms・・・平均、ほぼ問題無くプレイできるが相手次第で不利になることも
 ・100~150ms・・・やや高い、多少プレイに支障をきたす
 ・150ms以上・・・高い、プレイするのは難しい
となります。

普通にオンラインゲームを楽しむぐらいなら、
できれば60ms以下は欲しいところですが、100ms以下でもまあ問題無いと思います。

ランキング上位を目指すなど本格的にプレイするのであれば、
10ms以下は必須かもしれませんね。

100ms以上だと、オンラインゲームを快適にプレイするのは難しいと思います。

ちなみに、現在使っている回線のPing値は
「SPEEDTEST.NET」というサイトで簡単に計測することができますよ。

Ping値の高いとゲームをプレイさせてもらえない!?

Ping値の高い回線でオンラインゲームをプレイすると
 ・動きがカクカクする
 ・敵が急にワープする
などといったことが起こります。

また自分としては
 ・相手の攻撃をタイミング良く避けている
 ・相手のスキを見て攻撃している
つもりでも、相手から見ると
 ・攻撃が当たってから避けている
 ・既に誰も居ない所に向かって攻撃している
などといったことになってしまうんですね。

対戦プレイだと圧倒的に不利ですし、
協力プレイの場合には仲間プレイヤーの足を引っ張ることになります。

不利になったり、足を引っ張るぐらいならまだマシで、
もっと重大な「事故」を引き起こす恐れもあります。

Ping値の大きいプレイヤーが居るせいで、
他のプレイヤーも含めてゲームが止まってしまうこともあるんです。

なのでゲームによっては、Ping値の高い回線を使っているプレイヤーは
参加すらさせてもらえないなんてこともあるみたいですよ。

Ping値はプロバイダによっても変わる?

基本的にPing値は回線の「性能」であり、
同じ回線ならプロバイダが違ってもPing値は同じになるはずです。

ところがネットの口コミなどを見ると、同じ回線を使っていても、
プロバイダによって通信速度が速かったり遅かったりといったことがありますよね。

通信速度は混雑によって遅くなることがありますが、
実はPing値も混雑によって数値が大きく跳ね上がることがあるんです。

私が使っているドコモ光のプロバイダで言うと、名前を出して申し訳ないですが
 ・OCN
 ・So-net
 ・DTI
辺りは夜間・休日に通信速度が落ちることが多いようなので、
Ping値も高くなるのではないでしょうか。

私が利用している「GMOとくとくBB」や
 ・@nifty
 ・ASAHIネット
などは夜間・休日でもあまり通信速度が落ちないので、
Ping値も安定していてオンラインゲームに向いているかもしれません。

v6プラス対応プロバイダだとオンラインゲームができない!?

通信速度が速くなる可能性があるということで、
「v6プラス」対応のプロバイダを利用している人が増えています。

従来の通信方式に比べてv6プラスは、今のところ混雑しにくいですから、
通信速度だけでなくPing値にも良い影響を与えてくれると思います。

しかし実は、PS4の一部のオンラインゲームが、
v6プラスを使っているとプレイできないことが分かっています。

v6プラスでは「特定ポート」が利用できないんですが、
PS4のオンラインゲームにはこの「特定ポート」を使うものがあるそうです。

ネットで調べた限りでは
 ・地球防衛軍5
 ・モンスターハンターワールド
などがv6プラスだとプレイできないみたいですね。
(プレイできるようにする方法もあるらしい)

ただv6プラスでプレイできないのはPS4の一部のゲームだけで、
他のゲーム機のオンラインゲームは全く問題無くプレイできます。

もしv6プラス対応プロバイダを使うのであれば、事前にプレイしようと思っている
ゲームがv6プラスでプレイできるか確認しておいた方が良いですね。

オンラインゲームに最適のプロバイダとは

オンラインゲームに適したプロバイダについて調べていると、面白いものを見つけました。

「eスポーツ」のプロゲーマーチームが推薦する、
正にオンラインゲーム向けのプロバイダがあるんです。

それが「ゲーミング+」というプロバイダです。

ただ公式サイトを見ても、どの辺がオンラインゲーム向けなのかはよく分かりません。

とは言え利用できる回線はフレッツ光で、v6プラス対応ですから、
恐らくPing値も小さいと思われます。

しかし料金が2,980円で、フレッツ光の料金と合わせると
場合によっては月額7,000円オーバーとなってしまいます。

ドコモ光だとプロバイダ料込みで
 ・一戸建て・・・5,200円
 ・集合住宅・・・4,000円
ですから、ゲーミング+はちょっと割高です。

「eスポーツのためのインターネットプロバイダ」であり、プロチームの推薦もあるので、
ランキング上位を目指すから利用してみる価値があるかもしれないですね。
(オススメはしませんが・・・)

オンラインゲームを快適にプレイするためには

オンラインゲームを快適にプレイするには、
まず適した回線・プロバイダを選ぶことが重要です。

その上で、さらにどういったことをすれば良いのでしょうか?

Ping値が跳ね上がる要因の1つに、「無線接続」があります。

最近は、LANケーブルを使って有線接続していることは少なく、
WiFiルーターを使って無線接続している場合がほとんどだと思います。

無線接続だと、回線のPing値に、
WiFiルーターとパソコンやゲーム機との間で生じるタイムラグも加わることになります。

なので有線接続だと10msぐらいなのに、
WiFi接続にすると100ms以上に跳ね上がってしまうということも実際にあるそうです。

逆にモバイルルーターでも、クレードルを使って有線接続することで、
Ping値が下がる可能性がありますよ。

Ping値の問題に加えて、通信が途中で途切れないといった安定性の面も向上するので、
できればオンラインゲームをする際には有線接続にした方が良いですね。

ONU再起動でPing値が下がる?

光回線を使っている場合、家のどこかに「ONU」という機器が設置されていると思います。

「光終端装置」というもので、
光回線でインターネットを使うためには欠かせない機器なんですね。

このONUの電源って入れっぱなしで、
利用開始以来一度も電源を切ったことが無いなんて人も居るかもしれません。

再起動するのに多少時間が掛かり、
すぐには使えないので電源を切りにくいということもあります。

しかし電源を入れっぱなしにしていると、
いわゆる「通信のゴミ」がONUの中に溜まり、処理能力が落ちてしまいます。

再起動することで「通信のゴミ」がキレイに掃除されて、ONUの処理能力がアップし、
通信の質も良くなる可能性があります。

Ping値が直接的に下がるということは無いかもしれませんが、
通信の質が良くなることはオンラインゲームをプレイする上で悪いことではないですよね。

ONU本体に再起動ボタンが付いている場合もありますし、ボタンが付いていなければ
コンセントを抜いて10分ほど置いてから挿し直すと良いですよ。

-光回線とオンラインゲーム

Copyright© ドコモ光のプロバイダでおすすめ基準はオンラインゲームに有 , 2019 All Rights Reserved.