ドコモ光への乗り換え

ソフトバンク光からドコモ光に乗り換えると固定電話の番号が変わる!?

更新日:

ソフトバンク光からドコモ光へ乗り換えで固定電話の番号はどうなる?

最近はスマホの普及によって、
自宅では固定電話を使っていないという家庭も増えているのではないでしょうか。

とは言え、子供が居ると学校の連絡網などで固定電話が必要になることもあり、
あまり使わないけどとりあえず固定電話を引いている場合もあると思います。

ただ従来のNTTの固定電話ではなく、
光回線のオプションである光電話を使っているという人も多いのではないでしょうか。

NTTの固定電話は基本料金が1,500円ぐらい掛かりますが、
光電話だと300円とか500円で使えます。

さらにNTTの固定電話だと通話先の距離に応じて通話料が高くなりますが、
光電話は通話料が一律なので「経済的」なんですよね。

このように従来の固定電話より安く利用できる光電話なんですが、
注意しなければいけないこともあります。

NTTの固定電話の場合、
市外に引っ越しでもしない限りは電話番号が変わることはありません。

ところが光電話の場合は、
光回線の事業者を乗り換えると電話番号が変わってしまう恐れがあるんです。

光電話の電話番号は光回線の乗り換えで、絶対に変わってしまう場合もあれば、
手続きをすることで引き継ぐことができたり、特に何もしなくても引き継げたりもします。

例えばフレッツ光からドコモ光へ乗り換える場合は特に何もしなくて良いけど、
ソフトバンク光からドコモ光へ乗り換える場合は手続きをしないといけないんですね。

そこで電話番号を引き継げるのかどうかや引き継ぐにはどうしたら良いかなど、
光電話の電話番号について詳しく見ていきましょう。

絶対に電話番号の引き継ぎができない場合とは

光電話の電話番号の引き継ぎについて見ていくんですが、
まずは絶対に電話番号の引き継ぎができない場合を確認しておきましょう。

この絶対に電話番号の引き継ぎができない場合に該当していると、
光回線事業者を乗り換えると電話番号も変わることを覚悟してください。

引き継ぐのできるできない決める上で重要なのが、
現在使っている電話番号がNTTから発行されたものかどうかということです。

自宅で固定電話を使うのに、NTTから電話加入権を購入して
電話番号を発行してもらっていれば引き継ぎは可能です。

ポイントは「電話加入権」で、これさえ持っていれば、アナログ電話から光電話、
光電話から光電話への乗り換えでも番号を引き継ぐことができます。

しかし中には、NTTのアナログ電話は使ったことがなく、
最初から光電話を使っているなんて場合もあるんじゃないでしょうか。

この場合電話番号は、NTTが発行したものではなく、光回線事業者が発行したものとなっていたりすると思います。

NTTの電話加入権を購入しておらず、光回線事業者が発行した電話番号を
使っているには番号の引き継ぎは絶対にできません。

NTTのライトプランを利用している場合は要注意

NTTが発行した電話番号でない場合は絶対に引き継ぎができませんが、
NTTが発行した電話番号なら絶対に引き継ぎができるというわけでもないんです。

実はNTTの固定電話には、電話加入権付きの「加入電話」と電話加入権が
付いていない「加入電話・ライトプラン」という2つがあります。

いずれもサービス内容に違いは無いんですが、
加入電話だと初期費用として電話加入権代36,000円が必要となります。

ライトプランだと電話加入権代が不要で、
固定電話を引くのに初期費用を安く抑えることができるんですね。

電話加入権付きの加入電話だと、光電話への乗り換えはもちろん、
光電話から光電話への乗り換えの場合でも電話番号の引き継ぎが可能です。

しかしライトプランだと、光電話への乗り換えで1度だけ引き継ぐことはできますが、
そこから別の光電話に乗り換える際は引き継ぐことができません。

ですから、現在使っている電話番号がNTTから発行されたものであっても、
電話加入権が付いているかどうかが重要になるんですね。

もし電話加入権持っているかどうかが分からない場合には、
局番なしの「116」に電話を掛けると電話加入権の有無について確認できますよ。

アナログ電話から光電話へ電話番号を引き継ぐには

電話加入権付きの電話番号を使っている場合には引き継ぎが可能ですが、
ケースによって手続きが変わります。

手続きの仕方を間違えると、1度は引き継げたものの、次回光回線を乗り換える時には電話番号を引き継げないということにもなりかねません。

アナログ電話から光電話へ電話番号を引き継ぐ場合は、
特に手続きを行う必要はありません。

光電話を申し込む時に、
「今使っている電話番号をそのまま使いたい」と伝えておけばOKです。

ただこの時
 ・引き継ぎたいアナログ電話の番号
 ・アナログ電話の契約者名(フルネーム)
 ・アナログ電話契約者の住所
 ・アナログ電話の設置場所住所
の4点を確認されます。

電話番号や設置場所の住所はともかくとして、
契約者が親になっていることもあるでしょうし、
引っ越しをしていると契約者の住所が前の住所のままになっているかもしれません。

なので電話加入権の証書などが手元に無い場合には、
事前に「116」に電話を掛けて確認しておきましょう。

光電話に番号引き継ぎ後、電話加入権はどうなる?

アナログ電話から光電話へ電話番号を引き継いだ後、
電話加入権はどうなるのでしょうか?

実はアナログ電話から光電話に乗り換えると、電話加入権は
 ・解約
 ・利用休止
 ・一時中断
のいずれの扱いにするか選ぶことができます。

「解約」は、そのままの意味で、電話加入権を手放すことになります。

電話加入権を失うとその後の電話番号の引き継ぎができなくなるので、
光回線事業者を乗り換えると電話番号が変わってしまいます。

「利用休止」は、NTTが10年間電話加入権を預かってくれます。

その10年間は一切料金は発生しませんが、最初の5年が経過した段階で
休止を継続するか利用再開するかを決めておかないといけないんです。

この時に継続か再開かを決めなくても利用休止は5年延長されるんですが、
継続するか再開するか決めておかないと
同じ電話番号を使うことができなくなってしまいますよ。

5年ごとに継続の申し出さえしておけば、
何でも電話加入権を預かってもらうことができるんですね。

5年ごとの申し出が無いと、10年までとなり、
10年経った段階で解約扱いになってしまいます。

また5年ごとの申し出はこちらから行わなければならず、
NTT側から事前に連絡しれくれることはないので注意してください。

「一時中断」は、NTTが無期限で電話加入権を預かってくれる代わりに、
毎月回線利用料が発生します。

今後光回線事業者を乗り換えることが無いあるいは次に乗り換える際は
電話番号が変わっても良いというなら、解約しても良いんじゃないでしょうか。

再度光回線事業者を乗り換える可能性があって
次も電話番号を引き継ぎたいのであれば、利用休止か一時中断を選んでおきましょう。

ただ解約には費用は掛かりませんが、利用休止だと2,000円、
一時中断では2,000~10,000円程度の費用が必要となります。

電話加入権の扱いをどうするかについては、アナログ電話から光電話へ
電話番号を引き継ぐ際に光回線事業者が確認してくると思います。

その場合、NTTへの手続きは光回線事業者が全部行ってくれるので、
特に自分で手続きする必要はありませんよ。

光電話から光回線への乗り換えで電話番号を引き継ぐには

アナログ電話から光電話へ乗り換える場合は、
光回線事業者に電話番号を引き継ぐことを伝えるだけでOKでした。

では光電話から別の光電話へ乗り換える場合に、
電話番号を引き継ぐにはどうすれば良いのでしょうか?

例えば、フレッツ光から光コラボレーションへの乗り換えやauひかり・NURO光などから
光コラボレーションに乗り換える場合は、特に手続きは必要ありません。

先のアナログ電話から光電話への乗り換えの場合と同じで、
光コラボレーション事業者に電話番号を引き継ぐことを伝えるだけ。

問題は光コラボレーションから光コラボレーションに乗り換える場合です。

例えばソフトバンク光からドコモ光へ乗り換える場合には、
ドコモ光に電話番号を引き継ぐこと伝えるだけではダメです。

光コラボレーションから光コラボレーションへの乗り換えで電話番号を引き継ぐには、
「アナログ戻し」という作業を行わないといけません。

アナログ戻しってどうするの?

「アナログ戻し」という大層な名前がついていますが、
単純に光電話を一旦アナログ電話に戻すだけのことです。

作業と言っても簡単で、NTTに電話して利用休止もしくは一時中断で
預かってもらっている電話加入権を返してもらうだけです。

一旦アナログ電話に戻してしまえば、乗り換え先が光コラボレーションだろうが
何だろうが、アナログ電話から光電話への乗り換えとなります。

後は乗り換え先の事業者に電話番号を引き継ぐことを伝えれば、
引き続き同じ電話番号を使うことができるようになります。

面倒な手続きは全部光回線事業者が行ってくれるので、
アナログ戻し以外は特に自分で手続きする必要がありません。

ただしアナログ戻しには、利用休止でも一時中断でも、
2,000~10,000円程度の費用が掛かるので注意してください。

また今後別の光回線に乗り換える可能性があるのなら、
電話加入権は再度利用休止か一時中断にしておきましょう。

アナログ戻しは必ず解約前に行う

アナログ戻しを行う場合には、
必ず現在使っている光コラボレーションを解約する前にしましょう。

アナログ戻しをせずに現在使っている光コラボレーションを解約すると、その時点で
NTTの電話加入権も解約したことになり、電話番号を引き継ぎができません。

ですから順序としては、
 「アナログ戻し」→「現在使っている光コラボレーションの解約」
となります。

電話番号が変わっても良いなら気にする必要はありませんが、
番号を引き継ぐのであれば必ず解約前にアナログ戻しをしておかないといけませんよ。

電話加入権の扱いであったり、アナログ戻しであったり、
光電話に乗り換える際には電話番号が変わってしまう恐れが多分にあります。

また電話加入権を休止したり中断したりするのにもお金が掛かりますし、
アナログ戻しにも費用が掛かります。

ですから頻繁に光回線を乗り換えるのであれば、光電話を使わずに
アナログ電話のままにしておくというのも選択肢の1つではないでしょうか。

 






 
 
 

-ドコモ光への乗り換え

Copyright© 光回線の教えて君 , 2019 All Rights Reserved.