ドコモ光への乗り換え

ソフトバンク光からドコモ光へ電話番号を引き継ぐ秘策「アナログ戻し」

投稿日:

ソフトバンク光からドコモ光へ乗り換えで電話番号を変わる!?

自宅のインターネット回線として光回線を使っている人も多いでしょうが、
同時にオプションで光電話も使っている人も少なくないと思います。

NTTのアナログ電話だと、基本料金だけで月1,500円ぐらい掛かりますし、
電話をかける先が市内か市外かで通話料も違ってきます。

一方光電話は、月300~500円ぐらいのオプション料金で使え、
遠距離でも近距離でも通話料が一律だったりするんですよね。

基本料金だけでも月に1,000円ぐらい安くなるんですから、節約のためでなくても、
光電話の方がお得です。

でも光回線を乗り換える場合、
光電話を使っていると電話番号が変わってしまう恐れがあるって知ってました?

例えばソフトバンク光からドコモ光へ乗り換えると、ソフトバンク光の光電話で
使っていた電話番号がドコモ光の光電話では使えなくなったりするんです。

最近はスマホメインで固定電話を使うことは少ないかもしれませんが、
それでも電話番号が変わってしまうと面倒なこともあります。

親類や友人に周知させるんのはもちろん、保険などの契約で固定電話の番号を
使っていると変更の手続きをしないといけなかったりするんですよね。

そこで、光回線を乗り換えても電話番号が変わらないようにする方法や
その注意点などについて詳しく見ていきましょう。

NTTが発行した電話番号でないと持ち運びはできない

スマホだとナンバーポータビリティ(MNP)でキャリア変更しても
簡単に番号の持ち運びができますが、固定電話の番号ではそうはいきません。

まず固定電話の番号を持ち運ぶ絶対条件として、
「NTTが発行した電話番号である」ということです。

NTTのアナログ電話を使っていて、番号はそのままで光電話に切り替えた場合は、
電話番号を持ち運べる可能性が高いです。

しかしNTTのアナログ電話は使ったことがなく、光電話を使うので新しく電話番号を
発行してもらったという場合は番号を持ち運ぶことができません。

要するにNTTではなく、
光回線事業者が発行した電話番号は持ち運びができないってことなんですね。

NTTのフレッツ光であっても、光電話用に新しく発行した電話番号だと持ち運びは
できませんよ。
(光コラボレーションへの乗り換えであれば持ち運び可能)

光電話で新しく発行される番号と言うと「050」から始まる番号と思いがちですが、
光電話用で新しく発行される番号でも普通に市外局番から番号もあります。

NTT発行の電話番号でも持ち運びできない場合がある

NTTが発行した電話番号だからと言って必ず持ち運びができるわけではなく、
持ち運びできない場合もあるんです。

NTTのアナログ電話の契約は
 ・電話加入権を購入する「加入電話」
 ・電話加入権を購入しない「加入電話・ライトプラン」
の2通りあります。

電話加入権を購入する「加入電話」の場合は、アナログ電話から光電話はもちろん、
光電話から光電話へも電話番号の持ち運びが可能です。

しかし「加入電話・ライトプラン」の場合は、アナログ電話から光電話へは
持ち運びできますが、光回線から光電話へは基本的に持ち運びができません。

電話加入権の購入には36,000円が必要ですが、
ライトプランであれば2,000円でNTTに電話番号を発行してもらえます。

なので固定電話を引く初期費用を抑えるために、
ライトプランを利用している場合というのも少なくないんじゃないでしょうか。

光回線の乗り換えを検討する前には、
電話加入権の有無ぐらいは調べておいた方が良いですよ。

光電話で同じ電話番号を使うには

固定電話の番号を持ち運ぶのはスマホほど簡単じゃないと先に書きましたが、
条件次第ではスマホより簡単に持ち運ぶこともできます。

まず「アナログ電話から光電話に切り替える場合」です。

現状アナログ電話を使っていて、光回線を導入・乗り換えるのを機に
光電話に切り替えるという場合には、特に手続きの必要はありません。

新しく契約する光回線事業者に、
「光電話で引き続き同じ電話番号を使いたい」と伝えるだけでOKなんです。

必要な手続きは全て光回線事業者が行ってくれますから、
自分でNTTに電話したりといったことはしなくても良いんですね。

ただし電話番号を持ち運ぶ旨を伝えると
 ・持ち運ぶアナログ電話の番号
 ・アナログ電話の契約者名(フルネーム)
 ・アナログ電話契約者の住所
 ・アナログ電話の設置場所住所
を確認されます。

電話番号や設置場所の住所はともかく、契約者が親だったり、契約者の住所が
実家の住所だったりするかもしれないので事前に確認しておいた方が良いですね。

電話加入権の証書などがあれば確実ですが、
見当たらない場合には局番なしの「116」に電話を掛けて確認しておきましょう。

そしてもう1つ、フレッツ光から他の光回線サービスへ乗り換える際も、
特に手続きしなくても電話番号の持ち運びが可能です。

電話加入権無しのライトプランでも、
 アナログ電話→フレッツ光→他の光回線
の乗り換えに限り、光電話同士でも電話番号が持ち運べますよ。

問題は光コラボレーション同士で乗り換える場合

ここまではスマホのMNPより全然簡単なんですが、
問題は光コラボレーション同士で乗り換える場合です。

利用する回線はそのままで、料金がフレッツ光より安くなるということで、
ソフトバンク光やドコモ光などの光コラボレーションを使っている人も多いと思います。

例えばソフトバンク光からドコモ光へ乗り換える場合、
事前に手続きを行っていないと電話番号の持ち運びができないんです。

このような光コラボレーション同士や光コラボレーションからフレッツ光や
auひかりなどへの乗り換えでは、「アナログ戻し」しないと番号が引き継げません。

「アナログ戻し」とは?

「アナログ戻し」と言うと大掛かりな手続きが必要そうな感じがしますが、
そう難しくはありません。

先のソフトバンク光からドコモ光への乗り換えを例にすると、
ソフトバンク光を解約する前にNTTに連絡しアナログ電話の利用再開を申し出ます。

要するに、光電話を一旦アナログ電話に戻す手続きを行うわけです。

あとはアナログ電話から光電話に切り替える場合と同じで、
ドコモ光に「光電話でアナログ電話と同じ番号を使う」ということを伝えればOKです。

名前は大袈裟ですが、実際にやることはNTTに連絡して
アナログ電話の利用再開を申し出るだけのことなんですね。

ただしアナログ戻しには費用が掛かりますし、
場合によっては宅内工事を行わないといけない場合もあります。

宅内工事が不要であれば2,000円で済みますが、
宅内工事が必要な場合は10,000円以上掛かるかもしれません。

また宅内工事は平日にしか行ってもらえず、立ち合いも必要なので注意しましょう。

それからアナログ戻しで1つ注意しないといけないのは、
「アナログ戻しを行うのは現状使っている光回線を解約する前」ということです。

先の例で言うと、ソフトバンク光を解約するとその段階でNTTの加入電話も
解約扱いになってしまうので、アナログ戻しができなくなってしまいます。

なのでアナログ戻しを行う際は、必ずソフトバンク光を解約する前に行いましょう。

アナログ戻しでネットが使えなくなる!?

ネットでアナログ戻しについて調べていると、
「アナログ戻しを行うことでネットが使えなくなる」といった記事などを見掛けました。

正確に言うと、ネットが使えなくなるわけではなく、WiFiが繋がらなくなるだけなんですね。

光電話を契約すると、
WiFiルーター機能が付いた専用のONUをレンタルすることができます。

このONUに付属しているWiFiルーター機能は、
あくまでも光電話を使うためのものなんですね。

ですからアナログ戻しを行い、光電話を解約してしまうと、
回線事業者側がWiFiルーター機能を無効にしてしまいます。

なのでWiFiが繋がらなくなり、結果ネットが使えないという風になってしまうわけです。

光回線自体を解約していなければ、単にWiFiルーター機能が使えなくなっただけで、
ONUは生きているのでネットは使えます。

市販されているWiFiルーターをONUに繋ぐか、LANケーブルを使って
ONUとパソコンを有線接続すればインターネットが使えるようになりますよ。
(いずれも初期設定が必要)

解約か利用休止か一時中断か

アナログ電話から光電話に切り替える際、
NTTの加入電話契約をどうするか確認されます。

NTTの加入電話契約の扱いは
 ・解約
 ・利用休止
 ・一時中断
の中から選ぶことができます。

「解約」はそのままで、電話加入権を放棄してNTTとの契約を解約します。

解約すると、
再度光回線を乗り換える場合には電話番号の持ち運びはできなくなってしまいます。

次に「利用休止」ですが、電話加入権をNTTに一旦預けることになります。

利用休止の手続きには2,000円必要ですが、
以降は利用再開するまで一切費用は掛かりません。

預けるだけですからいつでも返してもらうことができ、光電話からアナログ電話に
戻すことも、光電話から光電話への乗り換えで番号を引き継ぐことも可能です。

ただし、西日本の場合は無期限で預かってくれるんですが、
東日本の場合は5年ごとの更新となります。

5年ごとに利用再開か休止継続かを更新しなければならず、
更新しないと最後の申し出から10年経過した段階で解約扱いとなってしまいます。

またNTT側から利用休止の更新について事前に連絡してくれることは無く、
こちら側から5年ごとに更新の連絡をしないといけません。

それからNTTの公式サイトを見ると、
利用休止では利用再開すると電話番号が変わると書かれています。

しかしアナログ電話から光電話への切り替えは特別扱いとなっており、
アナログ戻しをしても同じ電話番号が使えるようになっています。

「一時中断」は、こちらも文字通り、加入電話の利用を一時中断するだけです。

利用休止と違って、東日本でも西日本でも無期限で更新の必要はありません。

ただし、一時中断の手続きに2,000~10,000円ほど掛かる上に、
中断している間も基本料金は毎月発生し続けます。

ライトプランの場合、利用休止はできませんが一時中断はできるので、
一時中断を選ぶことで光電話同士でも電話番号の持ち運びが可能となります。

とは言え、使いもしないアナログ電話の料金を払い続けるわけですから、
あまり現実的な方法とは言えないかもしれませんね。

-ドコモ光への乗り換え

Copyright© ドコモ光のプロバイダでおすすめ基準はオンラインゲームに有 , 2019 All Rights Reserved.