ドコモ光への乗り換え

ソフトバンク光からドコモ光へ電話番号を引き継ぐには

投稿日:

ソフトバンク光からドコモ光へ乗り換えで自宅の電話番号が変わる!?

光回線のオプションとして光電話を使っている人も多いと思います。

NTTの加入電話に比べて基本料金も通話料も安いので、
使う頻度に関わらず光電話の方がお得だったりするんですよね。

NTTの加入電話の基本料金が1,500円ぐらいで、光電話だと300~500円ぐらいですし、
通話料も遠距離だと最大で10倍ぐらいの差があります。

そんな安くて便利な光電話ですが、注意しないといけないのは、
メインの光回線を乗り換えると電話番号が変わってしまうかもしれないってことです。

引っ越しで電話番号が変わるならともかく、光回線を乗り換えるだけで
自宅の電話番号が変わってしまうなんて俄かには信じられませんよね。

そこで、何故光回線を乗り換えるだけで電話番号が変わってしまうのか、
引き続き同じ電話番号を使うにはどうすれば良いのかなどを詳しく見ていきましょう。

光回線乗り換えで電話番号を引き継げる場合と引き継げない場合がある

光回線を乗り換えると必ず電話番号が変わるというわけではなく、
特に何もしなくても変わることなく同じ電話番号を使い続けられる場合もあります。

まず現状NTTの加入電話を使っていて光電話に切り替える場合です。

この場合は、光電話に切り替える際に光回線事業者に
「同じ電話番号を使いたい」旨を伝えるだけでOKです。

あとは光回線事業者が同じ電話番号が使えるように手続きをしてくれるので、
ユーザー側は特に何もする必要がありません。

それから、NTTのフレッツ光からソフトバンク光やドコモ光など
光コラボレーションに乗り換える場合です。

フレッツ光と光コラボレーションは、大手携帯キャリアと格安SIMのような関係であり、
基本的には同じ回線を使うことになります。

なので大掛かりな開通工事無しで乗り換えることができ、
光電話の電話番号も特に手続きしなくても引き続き同じものを使うことができるんですね。

先の加入電話から光電話に切り替える際と同様に、光コラボレーションに
申し込む際に「同じ電話番号を使う」旨を伝えておけば大丈夫ですよ。

手続きをしないと電話番号を引き継げない場合も

フレッツ光から光コラボレーションへの乗り換えのように、
光電話から光電話でも特に手続きしなくても電話番号が引き継げる場合もあります。

しかしフレッツ光から光コラボレーションへの乗り換えは特殊な例であり、基本的に
光電話から光電話の場合は自分で手続きをしないと電話番号は引き継げません。

現在使っている光電話を一旦アナログ電話に戻す、
いわゆる「アナログ戻し」という手続きをしないといけないんですね。

基本的に光電話同士では電話番号の引き継ぎができないので、一旦アナログ電話に
戻してから再度光電話に切り替えることで同じ電話番号を使おうというわけです。

「アナログ戻し」と随分大袈裟な名前が付いていますが、
手続きの内容としては特に難しくはありません。

現状使っている光電話を解約する前に、NTTに対して休止しているアナログ電話の
利用を再開するということを伝えるだけです。

手続きとしてはこれだけなんですが、費用は2,000円、
宅内工事が必要な場合には10,000円ぐらい掛かることもあります。

アナログ電話の宅内工事は立ち合わないといけませんが、
基本的に平日にしか工事してもらえないので注意が必要ですね。

またアナログ戻しは、必ず光電話を解約する前に行ってください。

先に光電話を解約してしまうと、アナログ戻しはできませんし、
同じ電話番号を引き続き使うこともできなくなってしまいます。

アナログ戻しできない場合もある

基本的に光電話同士で電話番号を引き継ぐには「アナログ戻し」が必要なんですが、
アナログ戻しができない場合もあります。

「戻し」と言うぐらいですから、
元々NTTのアナログ電話を使っていないとアナログ戻しはできません。

例えば
 NTTのアナログ電話→ソフトバンク光→ドコモ光
だと、ソフトバンク光からドコモ光に乗り換える際にはアナログ戻しができます。

しかし最初にNTTのアナログ電話を使っていなかったり、光電話へ切り替える際に
電話番号を引き継がずにアナログ電話を解約しているとアナログ戻しはできません。

簡単に言うと、NTTが発行した電話番号はアナログ戻しができるけど、
光回線事業者が発行した電話番号はアナログ戻しができないということです。

ちなみに、NTTはNTTでもフレッツ光で発行してもらった電話番号だと
アナログ戻しはできませんよ。

一般的に光回線事業者が発行する電話番号というと「050」で始まるイメージが
強いかもしれませんが、普通に市外局番から始まる番号も発行しています。

なので「03」や「06」などから始まる電話番号でも光回線事業者が発行している場合が
あるので、アナログ戻しを行う際には注意が必要ですね。

NTT発行の電話番号なのにアナログ戻しできない!?

実はNTTが発行している電話番号でも、アナログ戻しができない場合もあるんです。

NTTのアナログ電話の契約は
 ・加入電話
 ・加入電話ライトプラン
の2種類となっています。

「加入電話」だと、電話加入権を購入して電話番号を発行してもらうことになります。

対してライトプランの場合は、電話加入権を購入せずに電話番号を発行してもらいます。

この電話加入権がポイントで、これを持っているとアナログ戻しを行うことができて、
光電話同士でも電話番号の引き継ぎができます。

電話加入権の無いライトプランだと、
アナログ電話から光電話への電話番号の引き継ぎはできますが、
アナログ戻しができず光電話同士の番号引き継ぎができません。

加入電話は初期費用として36,000円掛かりますが、
ライトプランだと2,000円で済みます。

ですから比較的最近アナログ電話を引いている場合には、
初期費用を抑えるためにライトプランを利用していることも多いと思います。

なのでアナログ戻しを行う前に、NTTでアナログ電話の契約が
「加入電話」か「ライトプラン」かを確認しておいた方が良いですね。

光電話切り替え後アナログ電話はどうなる?

アナログ電話から光電話に切り替えたり、アナログ戻しを行ってから光電話に
切り替える際に、光回線事業者からアナログ電話をどうするか聞かれると思います。

NTTでは、光電話に切り替えるなどで使わなくなったアナログ電話の扱いを
 ・解約
 ・利用休止
 ・一時中断
の中から選べるようになっています。

「解約」は、文字通りアナログ電話を解約することで、
電話加入権を持っている場合には同時にその権利も失います。

電話加入権を失ってしまいますから、当然アナログ戻しはできなくなります。

今後光回線を乗り換えることが無いとか、乗り換えることはあっても
電話番号を引き継ぐつもりが無いのであれば解約してしまっても良いと思います。

「利用休止」は、電話加入権を一時的にNTTに預けることです。

もちろん電話加入権を返してもらうことができるので、
今後もアナログ戻しをする可能性があるなら利用休止を選ぶと良いでしょう。

ただし利用休止にする場合、休止中に費用は一切掛かりませんが、
最初に手数料として2,000円が必要です。

「一時中断」は、利用休止と同様に一時的に電話加入権をNTTに預けることで、
もちろんあとでアナログ戻しも可能です。

利用休止との違いは、毎月の回線利用料が発生するということです。

実はライトプランでも、一時中断を選んでおけばアナログ戻しが可能となります。
(ライトプランで利用休止は選べません)

ただ使いもしないアナログ電話に毎月1,500円ほどの料金を
支払い続けるわけですから、あまり現実的な方法とは言えませんが・・・。

また一時中断の手数料は、工事の有無によって2,000~10,000円と金額が変わります。

東日本の場合、利用休止は5年ごとの更新が必要

光電話切り替え後のアナログ電話の扱いとしては、
利用休止を選ぶ場合が多いと思います。

しかしNTT東日本とNTT西日本で、利用休止の内容が少し違うので注意が必要です。

NTT西日本の場合は、利用休止でも無期限で電話加入権を預かってくれます。

対してNTT東日本では、一時中断は無期限ですが、
5年ごとに休止継続の更新が必要となります。

もし更新の手続きを行わないと、その5年後には解約扱いとなり、
電話加入権も失ってしまいます。

なのでNTT東日本でアナログ電話を利用休止する場合は、
5年ごとに休止継続の更新を行うようにしましょう。

利用休止の更新について、事前にNTT東日本から連絡が入ることは無いので、
しっかり自分で更新時期を覚えておかないといけませんよ。

「利用休止」だと電話番号が変わってしまう?

東西NTTの公式サイトで、アナログ電話の利用休止に関するページを見ると
「お電話を再度ご利用になる場合は電話番号は変更となります」と書かれています。
(「」内は引用)

ということは、光回線を乗り換える際にアナログ戻しを行っても
電話番号が変わっちゃうってことですよね。

アナログ戻しで同じ電話番号を使うには、
一時中断にして回線利用料を払い続けないといけないことになります。

でも安心してください、電話番号が変わるのは、光電話に切り替えるなどせずに、
単純にアナログ電話を一時的に休止して利用再開する場合です。

光電話への切り替えでアナログ電話の利用を休止する場合は、
特別措置として再開後も同じ電話番号を使えるようになっています。

なので一時中断で料金を払い続けなくても、
利用休止でアナログ戻しをすれば電話番号の引き継ぎは可能ですよ。

いっそアナログ電話を使い続けるという選択も

アナログ戻しを行うことで、光電話同士でも同じ電話番号を引き継ぐことができます。

ただアナログ戻しを行うにも、
再度アナログ電話を休止させるのにもそれなりにお金が掛かります。

またアナログ戻しの手順を間違ったり、NTT東日本では5年ごとに
利用休止の手続きを行わないと、同じ電話番号を使えなくなってしまいます。

スマホの番号が変わるのでも結構面倒なのに、
自宅の固定電話の番号が変わるともっと面倒臭いですよね。

同じ電話番号が使えなくなるというリスクを背負うぐらいなら、
いっそのことアナログ電話を使い続けるという選択肢もあるのではないでしょうか。

先にも書いたように、
アナログ電話の方が光電話より基本料金も通話料も高くなっています。

ただ固定電話に電話が掛かってくることは多くても、
こちらから固定電話で電話を掛ける機会というのはそれほど多くないと思います。

なので、基本料金はともかく、通話料の差は微々たるものになるのではないでしょうか。

アナログ戻しに掛かる手間に電話番号を失うリスク、
それとアナログ電話に掛かる費用を天秤に掛けると、
アナログ電話を使い続けるという選択もありだと私は思いますよ。

-ドコモ光への乗り換え

Copyright© 光回線の教えて君 , 2019 All Rights Reserved.