ドコモ光への乗り換え

ソフトバンク光からドコモ光へ乗り換えるにはどんな手続きが要る?

投稿日:

ソフトバンク光からドコモ光への乗り換えも「転用」?

光コラボレーションのサービスが始まり、実際にフレッツ光からソフトバンク光や
ドコモ光などの光コラボレーションに乗り換えた人も多いと思います。

フレッツ光から光コラボレーションへの「転用」だと、長期利用契約中でも
フレッツ光の違約金は発生しませんし、回線の工事なども不要です。

極端な話、電話1本掛けるぐらいのことで乗り換えられちゃうんですよね。
(実際は電話1本ってわけにはいきませんが)

光コラボレーションはフレッツ光の回線を借りてサービスを提供するので、同じ回線を
使うってことで比較的簡単な手続きで転用できるようになっているからなんですね。

同じフレッツ光の回線を使うということなら、
光コラボレーション同士でも簡単な手続きで転用ができそうですよね。

光コラボレーションユーザーの中には、光コラボレーション同士なら
簡単に転用ができるとおもっている人も多いんじゃないでしょうか。

しかし実際には、光コラボレーション同士の乗り換えは、
フレッツ光からの転用とは違って簡単ではないんです。

そこで光コラボレーション同士の乗り換えについて、
その手続き方法や注意点などを詳しく見ていきましょう。

光コラボレーション同士の乗り換えは通常の光回線乗り換えと同じ

光コラボレーション同士で乗り換える場合は、
通常の光回線乗り換えと同じ手順を踏むことになります。

例えばソフトバンク光からドコモ光に乗り換えるとすると、まずソフトバンク光を
解約して撤去工事を行い、その後ドコモ光と契約して開通工事を行うことになります。

あくまでフレッツ光から光コラボレーションへの転用が特殊なのであって、
光回線の乗り換えではこういう手順を踏むのが当たり前なんですね。

ちなみにソフトバンク光からフレッツ光など、光コラボレーションからフレッツ光に
戻す場合でも転用とはならず通常の乗り換え手続きを行うことになります。

もちろん撤去と開通の工事には費用が掛かりますし、
ソフトバンク光が契約期間中であれば違約金も発生します。

同じ回線を使うのに工事が必要なのはなぜ?

フレッツ光から光コラボレーションへの転用では、同じ回線を使うということで、
撤去や開通の工事が不要です。

じゃあソフトバンク光もドコモ光も、同じフレッツ光の回線を使っているわけですから、
転用の場合と同じように工事しなくて良さそうですよね。

確かに同じ回線ではありますが、
それぞれ「ソフトバンク光用」「ドコモ光用」として貸し出されている回線なんです。

なのでソフトバンク光用として貸し出されている回線はソフトバンク光でしか使えず、
ドコモ光用として使うことはできないんです。

例えば自分が借りている賃貸住宅を、
大家さんや管理会社に無断で又貸しすることができないのと同じことなんですね。

乗り換えに掛かる費用は?

ソフトバンク光からドコモ光を例に、
光コラボレーション同士で乗り換える場合に掛かる費用についても見ておきましょう。

まずソフトバンク光の解約に掛かる費用ですが、
 ・違約金
 ・撤去工事費
 ・開通工事費の残債
となります。

ソフトバンク光は5年契約か2年契約で利用する場合が多く、更新月での解約でないと 
 ・5年契約・・・15,000円
 ・2年契約・・・9,500円
の違約金が発生してしまいます。

撤去工事費については、auひかりやNURO光などへ乗り換える場合は発生しますが、
光コラボレーションへ乗り換える場合は無料のようです。

それから忘れがちなのが、ソフトバンク光を開通した際の工事費の残債です。

初期費用を抑えるために、
開通工事費を分割払いにしていることも多いのではないでしょうか。

24回払いぐらいなら払い終わっていることもあるかもしれませんが、
48回や60回となると乗り換えの時点で払い終わっていない恐れもあります。

当然解約した時点で残債があると清算しなければならず、
残っている支払い回数によっては高額になってしまうことも考えられます。

次にドコモ光開通に掛かる費用は
 ・事務手数料
 ・開通工事費
ぐらいでしょうか。

事務手数料は一律3,000円で、開通工事費は
 ・一戸建て・・・18,000円
 ・集合住宅・・・15,000円
となっています。

ソフトバンク光解約に掛かる費用とドコモ光開通に掛かる費用を合わせると、
場合によっては50,000円以上になってしまうこともあるんですね。

違約金が発生しないよう更新月に解約したり、工事費の残債が少なくなるまで待ったり、開通工事費が無料になるキャンペーンなどを利用することで、
乗り換えに掛かる費用を抑えることもできますよ。

契約→解約の順にすることで、ネットが使えない期間を無くすことができる

光回線を乗り換えるのは良いんですが、前の回線を解約してから
新しい回線が開通するまで、自宅でネットが使えなくなるのがネックなんですよね。

特に光回線の場合は、申し込んでから工事が行われるまで時間が掛かることが多く、
場合によっては1か月以上ネットが使えなくなってしまうこともあります。

そこで解約と契約の手続きを逆にすることで、
乗り換えによるネットが使えない期間を無くすことができるんです。

ソフトバンク光からドコモ光に乗り換える場合であれば、
まずドコモ光に申し込んで開通工事の日程調整を行います。

それからソフトバンク光に解約を申し込み、
解約日をドコモ光の開通工事が行われる日より後にすればOKです。

こうするとドコモ光が使えるようになってからソフトバンク光を解約することになるので、
乗り換えによるネットが使えない期間を無くすことができるんですね。

契約→解約の順に手続きできないことも

まずドコモ光を開通させてからソフトバンク光を解約することでネットが使えない期間を
無くすことができますが、注意しなければならないこともあります。

工事の日程調整が上手く行って撤去と開通の工事が同時に行われるのであれば、
何の問題もありません。

しかし場合によっては、
開通工事を行ってから撤去工事という順番になってしまうこともあるかもしれません。

前に使っていた回線を撤去せずに新しい回線を開通する場合、
家の壁に穴を開けないといけないことがあるんです。

通常光回線の開通工事では、エアコンや固定電話の配管穴などを利用して
宅内へ光回線を引き込むので、新たに壁に穴を開けることはほとんどありません。

ただ前の回線を撤去せずに開通工事を行うと、配管穴が既に使われていて利用できず、
別途壁に穴を開けざるをえなかったりするんですね。

持ち家なら自分の判断で穴を開けられますが、
賃貸住宅だと大家さんや管理会社に許可を貰わないといけません。

とは言え、利用規約で「壁に穴を開けてはいけない」と決まっている場合もありますし、
賃貸住宅で壁に穴を開ける許可を貰うのは簡単じゃないですね。

申し込みの段階では、壁に穴を開ける可能性についての説明が無かったり
するそうなので、開通→撤去の順番で行う場合はしっかり確認しておきましょう。

光電話を使っていると電話番号が変わってしまう!?

携帯電話の普及で固定電話を使う機会が減ったとは言え、
光回線のオプションとして光電話を使っている場合も少なくないと思います。

フレッツ光から光コラボレーションへの転用の場合は、
特に手続きをしなくても電話番号の引き継ぎができます。

しかしソフトバンク光からドコモ光のように光コラボレーション同士の乗り換えでは、
特別な手続きをしないと電話番号の引き継ぎができないんです。

子供の学校や町内会の連絡網、
保険など様々な契約などに固定電話の番号を使っている場合も多いと思います。

ただでさえ光回線の乗り換えで手間がかかるのに、
電話番号が変わることでさらに手間を増やしてしまうことになります。

では光コラボレーション同士の乗り換えで、
同じ電話番号を引き継ぐためにはどのような手続きが必要なのでしょうか?

光電話を一旦アナログ電話に戻す「アナログ戻し」

手続きと言ってもそう大層なものではなく、
ただNTTに連絡して光電話を一旦アナログ電話に戻すということを伝えるだけです。

いわゆる「アナログ戻し」と言われる手続きなんですが、これをするだけで
光コラボレーション同士の乗り換えでも電話番号を引き継ぐことができるようになります。

ただアナログ戻しは、
現状使っている光回線及び光電話を解約する前に行わないといけません。

ソフトバンク光からドコモ光の乗り換えを例にすると、
必ずソフトバンク光を解約する前にアナログ戻しを行うということです。

もし先にソフトバンク光を解約してしまうと、その時点で同じ電話番号を使う権利を失い、
電話番号の引き継ぎができなくなってしまいます。

またアナログ戻しには通常2,000円の手数料が掛かり、
宅内工事が必要な場合には工事費も含めて10,000円以上掛かることもあります。

アナログ戻しができないこともある

誰でも無条件にアナログ戻しができるわけではなく、
場合によってはアナログ戻しができないこともあります。

「アナログ戻し」と言うからには、光電話を使う以前にNTTのアナログ電話を
使っていなければアナログ戻しはできないんです。

以前にNTTと加入電話契約をしており、
NTTから発行された電話番号を使っているのであればアナログ戻しができます。

NTTで加入電話を使ったことが無く、光回線事業者から発行された電話番号を
使っている場合にはアナログ戻しができず、電話番号の引き継ぎがもできませんよ。

「03」や「06」など市外局番で始まる番号なのにアナログ戻しできない!?

光回線事業者が発行する電話番号は「050」から始まる番号であり、「03」や「06」など
普通の市外局番から始まる番号はNTTが発行したものだと思っていませんか?

確かに、光電話に割り当てられる電話番号と言うと「050」から始まるIP電話の番号の
イメージが強いです。

しかし実際には光回線事業者が発行する電話番号でも、
「03」や「06」など普通の市外局番から始まるものもあるんです。

なので普通の市外局番から始まる電話番号だからと言って、
必ずしもアナログ戻しできるというわけではないんですね。

またNTTから発行された電話番号でもアナログ戻しができない場合があります。

NTTの加入電話契約には、電話加入権を伴う「加入電話」と
電話加入権を伴わない「加入電話・ライトプラン」の2種類あります。

電話加入権を伴う加入電話はアナログ戻しができますが、
電話加入権を伴わないライトプランだとアナログ戻しができません。

自分の使っている電話番号がNTTから発行されたものかどうか、またNTTとの
契約が加入電話なのかライトプランなのかは、局番無しの「116」で確認できます。

光電話で同じ番号を使い続けたいのであれば、光回線の乗り換えを
検討している段階で、アナログ戻しができるかどうか確認しておいた方が良いですよ。

PS4・オンラインゲームをIPv6(V6プラス)でする方法





ドコモ光(V6プラス)でPS4する場合は
「UPnP」機能を「OFF」にすればオンラインゲームできる。






PS4でのマルチプレイご利用方法
MONSTER HUNTER WORLD(モンスターハンターワールド/モンハンワールド/MHW)等をご利用のお客さま「BUFFALO WXR-1750DHP2」では「UPnP」機能を「OFF」にすることで、通信可能であることを弊社の検証で確認しています。
https://help.gmobb.jp/app/answers/detail/a_id/019912



それでもできなかった場合はIPv4へ切り替える申請をする。

IPv4への切替方法
弊社ではv6プラス開通のお客さまは、重複セッションによる不具合防止のためIPv4接続サービスを一時的に停止させていただいております。
今後IPv4でのご利用をご希望の場合は、弊社にてPPPoE設定可能にさせていただきますが、v6プラスはサービス停止状態となります。PS4での通信をご希望のお客さまは、大変お手数でございますが、「PS4利用希望」の旨を本文記載の上、下記のメールアドレスまでご連絡をお願いいたします。
メール宛先 info@gmobb.jp
メール件名 PS4利用希望
メール本文 会員ID・契約者名
※不明な場合は、ご契約住所・生年月日

https://help.gmobb.jp/app/answers/detail/a_id/019912





そもそもスマホがドコモ出ない場合はauひかりやソフトバンク光でV6プラスを使う。







住んでいるエリアが対象ならNURO光が最速です。






-ドコモ光への乗り換え

Copyright© ドコモ光のプロバイダでおすすめ基準はオンラインゲームに有 , 2019 All Rights Reserved.