ドコモ光への乗り換え

ソフトバンク光からドコモ光へ乗り換えるにはどんな手続きが要る?

更新日:

転用ではなく事業者変更

ソフトバンク光からドコモ光への乗り換えは「転用」ではなく「事業者変更」

光コラボレーションのサービスが始まり、実際にフレッツ光からソフトバンク光や
ドコモ光などの光コラボレーションに乗り換えた人も多くいます。

フレッツ光から光コラボレーションへの「転用」だと、長期利用契約中でも
フレッツ光の違約金は発生しませんし、回線の工事なども不要です。

フレッツ光から光コラボへの乗り換えは簡単にできます。
「転用承諾番号」を転出元で取得して、転出先に伝えるだけなのです。

光コラボレーションはフレッツ光の回線を借りてサービスを提供するので、同じ回線を
使うってことで簡単な手続きで転用できるようになっているからなんですね。

ではソフトバンク光からドコモ光など光コラボ同士の乗り換えの場合も同じように簡単に乗り換えできるのでしょうか?

同じフレッツ光の回線を使うということなら、
光コラボレーション同士でも簡単な手続きで転用ができそうですよね。

光コラボレーションユーザーの中には、光コラボレーション同士なら
簡単に転用ができるとおもっている人も多いんじゃないでしょうか。

しかし実際には、光コラボレーション同士の乗り換えは、
フレッツ光からの転用とは違って簡単ではなかったのです。(2019年6月までは)


そこで総務省は光コラボ間の乗り換えをスムーズにできるように2019年7月1日から
「事業者変更」という仕組みを導入しました。

この事業者変更の仕組みによって
・工事なし
・固定電話の電話番号変更なし
・NTT機器(ONU)の交換なし
という素晴らしく簡単に乗り換えできるようになりました。

光コラボレーション同士の乗り換えについて、
事業者変更が始まる前と後でその手続き方法の変更点、注意点などを詳しく見ていきましょう。

事業者変更が始まった【2019年7月から】と
事業者変更が始まる前の【2019年6月まで】に分けて説明していきますね。



【2019年7月から】ソフトバンク光からドコモ光への乗り換えは事業者変更でできる!

2019年7月から事業者変更が始まる前はソフトバンク光からドコモ光への乗り換えは簡単にできませんでした。
ソフトバンク光を解約してドコモ光を新規に申し込むという手続きでないと乗り換えできなかったのです。

でも事業者変更開始後は転用とおなじ手続きで簡単に乗り換えできるようになりました。



【2019年7月から】ソフトバンク光からドコモ光に事業者変更で乗り換えするメリット

事業者変更のメリット



事業者変更のメリットは手続きが簡単なだけではありません。
他のメリットとしては

1.工事が発生しないので立ち会う必要がない(家にいなくてもOK)
2.固定電話の電話番号が変更にならないので安心
3.NTT機器(ONU)の交換がないので取り外し不要

があります。

3についてはONUという危機は交換不要なのですが、プロバイダからルーターやWIFI付きルーターをレンタルしている場合は返却が必要となる場合もあります。



(参考)
ソフトバンク光からドコモ光への乗り換え(事業者変更)で
乗り換えた人のツイッターコメントを載せておきます。







【2019年7月から】ソフトバンク光からドコモ光に事業者変更で乗り換えるデメリット

じゃあデメリットはないのかというとゼロではありません。

事業者変更のデメリット



1.プロバイダが変更になる(メールアドレスが変更になる場合がある)
2.転出元で違約金がかかる場合がある

順番に見ていきましょう



デメリット1.プロバイダが変更になる(メールアドレスが変更になる場合がある)

ソフトバンク光のプロバイダは選べるわけではなくソフトバンク光(回線)と一体となっているのでドコモ光に乗り換えると、プロバイダも必然的に変更となります。

プロバイダが違うから何が変わるのかというと、そのプロバイダが提供しているサービスを契約していた場合、それが解約となるため受けられなくなるということです。

ソフトバンク光のオプション一覧です。

Yahoo! BB基本サービス
BBフォンオプションパック
とく放題(B)
光BBユニット レンタル費用
BBお掃除&レスキュー
BBマルシエ by土地を守る会
BBサポートワイドプラス
BBライフホームドクター
Wifiマルチパック
BBセキュリティ
BBソフト(BBホーム)
BBソフト(オフィスKINGSOFT)
バリューパック

本当にたくさんありますね。。
全部契約している人はお金も相当かかるので少数派ですが、オプションを付けていたことを忘れている人もいますよね?
そこで、代表的なオプション「Yahoo! BB基本サービス」を例に見ていきましょう。

Yahoo! BB基本サービスに加入している場合はソフトバンク光から専用のメールアドレスが発行されます。
Yahoo! BB会員用のメールアドレス「◯◯◯@ybb.ne.jp」

ちなみにYahoo! BB基本サービスの料金は以下です。
スタンダード300円 プレミアム550円

ドコモ光に乗り換えた場合はこのサービスが解約となります。
そのためソフトバンク光から発行されたメールアドレスを使っている場合は使えなくなるのです。

【対策】
Yahoo! BB基本サービスの加入は必須ではないので、加入していない人は
gmailやYahooMailなどのフリーメールを使っているかもしれません。
このようなフリーメールはプロバイダと紐付かないため、ソフトバンク光からドコモ光に乗り換えても変更なることはありません。



デメリット2.転出元で違約金がかかる場合がある

通常2年契約で自動更新有りで契約している方が多いと思います。
その場合は解約金として9,500円かかります。

【解約金一覧】
自動更新ありプラン(2年) 9,500円
自動更新ありプラン(5年) 15,000円

ソフトバンク光の解約違約金

ソフトバンク光の契約満了月(違約金のかからない月)

参考:https://www.softbank.jp/support/faq/view/14919

【対策】
ドコモ光への事業者変更でキャンペーンを行っているプロバイダがあります。
dポイントがもらえたり、キャッシュバックがあったりします。

例えばGMOとくとくBBのドコモ光だとキャッシュバックが1万円~1万5千円くらいありますので、ソフトバンク光の解約金と相殺できます。


ドコモ光に申し込むならGMOとくとくBBがおすすめな理由

事業者変更でドコモ光に申し込むときに注意すべきことは2点あります。
1.高速で通信できるか?
2.キャッシュバックキャンペーンなど特典があるか?

ドコモ光でもフレッツ光でもプロバイダによって速度に差が出ます。
とくにV6プラスを導入しているプロバイダでも、その技術的な方式によって速度に大きな差がでてくるのです。

あとユーザー数に対して十分に余力のある設備をプロバイダで構築していない場合も速度が遅くなる傾向にあります。

あとせっかく契約するならソフトバンク光の違約金を相殺できるキャッシュバックキャンペーンがあったほうがいいですよね?

以上2点を元に比較検討たところ、GMOとくとくBB以外のプロバイダは見当たりませんでしたのでご紹介しておきます。

GMOとくとくBBのおすすめポイントです。
1.プロバイダ料金が安い
2.最新Wi-Fiルーターが無料レンタル
3.キャッシュバックやdポイントなどキャンペーン特典がたくさんある
4.V6プラスで高速通信

公式サイトを見たほうが早いとおもうので載せておきますね。
ぜひ参考にしてください。








事業者変更にかかる費用

事業者変更の費用



以下全て税抜です。
■ソフトバンク光でかかる費用
・事業者変更承諾番号の払出手数料3000円
・解約違約金9500円

■ドコモ光でかかる費用(税抜)
・契約事務手数料3000円

合計:15500円

その他光回線の品目変更(100Mbps→1Gbpsとか)などがある場合は別途工事費などがかかる場合があるので確認が必要です。



事業者変更手続きに必要なもの

・事業者変更承諾番号
・ご契約中の事業者での契約名義 
・ご契約ID(CAFから始まるID)

事業者変更承諾番号はソフトバンク光に電話すれば取得できます。
※現時点では残念ながら電話のみでWEBや店舗での取得はできません。

電話番号:0800-111-2009(無料)
営業時間:10:00~19:00(年中無休)

事業者変更承諾番号の有効期間は発効日を含めて15日間です。
電話すればすぐに取得できるのでドコモ光にWEBで申し込む際に取得するといいでしょう。



【2019年7月から】ソフトバンク光からドコモ光への事業者変更の手順

ソフトバンク光からドコモ光への事業者変更手続きの流れです。

平成30年5月に実施された「NTT東西の光サービスの卸売サービスの 事業者変更の在り方」
に記載されている手続き(フロー)を抜粋してみました。

総務省h30.5事業者変更手続き

参考:http://www.soumu.go.jp/main_content/000554788.pdf

…ちょっとわかりにくいので箇条書きにすると下記のような流れになります。

1.ソフトバンク光で事業者変更承諾番号の取得(電話で取得)
2.ドコモ光申込み(GMOとくとくBBがおすすめ)
3.GMOから電話がかかってくるので事業者変更承諾番号を伝えて申込みが確定
4.開通
5.転出元の契約を解約(自分で解約しないこと!光コラボ間で解約手続きをしてもらえます)



ここからは参考までに
事業者変更が始まる前にどれだけ大変だったのかを記載しています。
不要な方は読み飛ばしてください。

【2019年6月まで】光コラボレーション同士の乗り換えは解約→新規が必要だった

光コラボレーション同士で乗り換える場合は、
通常の光回線乗り換えと同じ手順を踏むことになります。

つまり転出元を解約、転出先に新規契約申し込みが必要となります。

例えばソフトバンク光からドコモ光に乗り換えるとすると、まずソフトバンク光を
解約して撤去工事を行い、その後ドコモ光と契約して開通工事を行うことになります。

あくまでフレッツ光から光コラボレーションへの転用が特殊なのであって、
光回線の乗り換えではこういう手順を踏むのが当たり前なんですね。

ちなみにソフトバンク光からフレッツ光など、光コラボレーションからフレッツ光に
戻す場合でも転用とはならず通常の乗り換え手続きを行うことになります。

もちろん撤去と開通の工事には費用が掛かりますし、
ソフトバンク光が契約期間中であれば違約金も発生します。

【2019年6月まで】同じ回線を使うのに工事が必要なのはなぜ?

フレッツ光から光コラボレーションへの転用では、同じ回線を使うということで、
撤去や開通の工事が不要です。

じゃあソフトバンク光もドコモ光も、同じフレッツ光の回線を使っているわけですから、
転用の場合と同じように工事しなくて良さそうですよね。

確かに同じ回線ではありますが、
それぞれ「ソフトバンク光用」「ドコモ光用」として貸し出されている回線なんです。

なのでソフトバンク光用として貸し出されている回線はソフトバンク光でしか使えず、
ドコモ光用として使うことはできないんです。

例えば自分が借りている賃貸住宅を、
大家さんや管理会社に無断で又貸しすることができないのと同じことなんですね。

下記のように以前は光コラボ間で乗り換えをしようとすると、次のような手順になりました。
固定電話の電話番号を変えたくない人が多いと思いますのでアナログ戻しという方法で一旦ひかり電話をアナログ電話に戻した上で
再度ひかり電話にする必要があったのです。

以前はアナログ戻しが必要
参考:http://www.soumu.go.jp/main_content/000554788.pdf

具体的にソフトバンク光からドコモ光に乗り換える場合、次のようになります。
※光回線が使えない時期をなくすために、ドコモ光を先に引く必要があります。
光回線を使えなくてもよいのであればソフトバンク光を先に解約し、次にドコモ光に申し込みます。

1ひかり電話をアナログ電話に戻す手続き
2ドコモ光を申し込み
3ドコモ光の工事
4ソフトバンク光を解約
5ソフトバンク光の撤去工事

という流れで二度三度工事の立ち会いが発生し、とてつもなく面倒なことになりました。。

【2019年6月まで】乗り換えに掛かる費用は?

ソフトバンク光からドコモ光を例に、
光コラボレーション同士で乗り換える場合に掛かる費用についても見ておきましょう。

まずソフトバンク光の解約に掛かる費用ですが、
・違約金
・撤去工事費
・開通工事費の残債
となります。

ソフトバンク光は5年契約か2年契約で利用する場合が多く、更新月での解約でないと
・5年契約・・・15,000円
・2年契約・・・9,500円
の違約金が発生してしまいます。

撤去工事費については、auひかりやNURO光などへ乗り換える場合は発生しますが、
光コラボレーションへ乗り換える場合は無料のようです。

それから忘れがちなのが、ソフトバンク光を開通した際の工事費の残債です。

初期費用を抑えるために、
開通工事費を分割払いにしていることも多いのではないでしょうか。

24回払いぐらいなら払い終わっていることもあるかもしれませんが、
48回や60回となると乗り換えの時点で払い終わっていない恐れもあります。

当然解約した時点で残債があると清算しなければならず、
残っている支払い回数によっては高額になってしまうことも考えられます。

次にドコモ光開通に掛かる費用は下記になります。

・事務手数料
・開通工事費

事務手数料は一律3,000円で、開通工事費は
・一戸建て・・・18,000円
・集合住宅・・・15,000円
となっています。

ソフトバンク光解約に掛かる費用とドコモ光開通に掛かる費用を合わせると、
場合によっては50,000円以上になってしまうこともあるんですね。

違約金が発生しないよう更新月に解約したり、工事費の残債が少なくなるまで待ったり、開通工事費が無料になるキャンペーンなどを利用することで、
乗り換えに掛かる費用を抑えることもできますよ。

【2019年6月まで】契約→解約の順にすることで、ネットが使えない期間を無くすことができる

光回線を乗り換えるのは良いんですが、前の回線を解約してから
新しい回線が開通するまで、自宅でネットが使えなくなるのがネックなんですよね。

特に光回線の場合は、申し込んでから工事が行われるまで時間が掛かることが多く、
場合によっては1か月以上ネットが使えなくなってしまうこともあります。

そこで解約と契約の手続きを逆にすることで、
乗り換えによるネットが使えない期間を無くすことができるんです。

ソフトバンク光からドコモ光に乗り換える場合であれば、
まずドコモ光に申し込んで開通工事の日程調整を行います。

それからソフトバンク光に解約を申し込み、
解約日をドコモ光の開通工事が行われる日より後にすればOKです。

こうするとドコモ光が使えるようになってからソフトバンク光を解約することになるので、
乗り換えによるネットが使えない期間を無くすことができるんですね。

【2019年6月まで】契約→解約の順に手続きできないことも

まずドコモ光を開通させてからソフトバンク光を解約することでネットが使えない期間を
無くすことができますが、注意しなければならないこともあります。

工事の日程調整が上手く行って撤去と開通の工事が同時に行われるのであれば、
何の問題もありません。

しかし場合によっては、
開通工事を行ってから撤去工事という順番になってしまうこともあります。

前に使っていた回線を撤去せずに新しい回線を開通する場合、
家の壁に穴を開けないといけないことがあるんです。

通常光回線の開通工事では、エアコンや固定電話の配管穴などを利用して
宅内へ光回線を引き込むので、新たに壁に穴を開けることはほとんどありません。

ただ前の回線を撤去せずに開通工事を行うと、配管穴が既に使われていて利用できず、
別途壁に穴を開けざるをえなかったりするんですね。

持ち家なら自分の判断で穴を開けられますが、
賃貸住宅だと大家さんや管理会社に許可を貰わないといけません。

とは言え、利用規約で「壁に穴を開けてはいけない」と決まっている場合もありますし、
賃貸住宅で壁に穴を開ける許可を貰うのは簡単じゃないですね。

申し込みの段階では、壁に穴を開ける可能性についての説明が無かったり
するので、開通→撤去の順番で行う場合はしっかり確認しておきましょう。

光電話を使っていると電話番号が変わってしまう!?

携帯電話の普及で固定電話を使う機会が減ったとは言え、
光回線のオプションとして光電話を使っている場合も少なくないでしょう。

フレッツ光から光コラボレーションへの転用の場合は、
特に手続きをしなくても電話番号の引き継ぎができます。

しかしソフトバンク光からドコモ光のように光コラボレーション同士の乗り換えでは、
特別な手続きをしないと電話番号の引き継ぎができないんです。

子供の学校や町内会の連絡網、
保険など様々な契約などに固定電話の番号を使っている人が多いでしょう。

ただでさえ光回線の乗り換えで手間がかかるのに、
電話番号が変わることでさらに手間を増やしてしまうことになります。

では光コラボレーション同士の乗り換えで、
同じ電話番号を引き継ぐためにはどのような手続きが必要なのでしょうか?

【2019年6月まで】光電話を一旦アナログ電話に戻す「アナログ戻し」

手続きと言ってもそう大層なものではなく、
ただNTTに連絡して光電話を一旦アナログ電話に戻すということを伝えるだけです。

いわゆる「アナログ戻し」と言われる手続きなんですが、これをするだけで
光コラボレーション同士の乗り換えでも電話番号を引き継ぐことができるようになります。

ただアナログ戻しは、
現状使っている光回線及び光電話を解約する前に行わないといけません。

ソフトバンク光からドコモ光の乗り換えを例にすると、
必ずソフトバンク光を解約する前にアナログ戻しを行うということです。

もし先にソフトバンク光を解約してしまうと、その時点で同じ電話番号を使う権利を失い、
電話番号の引き継ぎができなくなってしまいます。

またアナログ戻しには通常2,000円の手数料が掛かり、
宅内工事が必要な場合には工事費も含めて10,000円以上掛かることもあります。

【2019年6月まで】アナログ戻しができないこともある

誰でも無条件にアナログ戻しができるわけではなく、
場合によってはアナログ戻しができないこともあります。

「アナログ戻し」と言うからには、光電話を使う以前にNTTのアナログ電話を
使っていなければアナログ戻しはできないんです。

以前にNTTと加入電話契約をしており、
NTTから発行された電話番号を使っているのであればアナログ戻しができます。

NTTで加入電話を使ったことが無く、光回線事業者から発行された電話番号を
使っている場合にはアナログ戻しができず、電話番号の引き継ぎがもできませんよ。

【2019年6月まで】「03」や「06」など市外局番で始まる番号なのにアナログ戻しできない!?

光回線事業者が発行する電話番号は「050」から始まる番号であり、「03」や「06」など
普通の市外局番から始まる番号はNTTが発行したものだと思っていませんか?

確かに、光電話に割り当てられる電話番号と言うと「050」から始まるIP電話の番号の
イメージが強いです。

しかし実際には光回線事業者が発行する電話番号でも、
「03」や「06」など普通の市外局番から始まるものもあるんです。

なので普通の市外局番から始まる電話番号だからと言って、
必ずしもアナログ戻しできるというわけではないんですね。

またNTTから発行された電話番号でもアナログ戻しができない場合があります。

NTTの加入電話契約には、電話加入権を伴う「加入電話」と
電話加入権を伴わない「加入電話・ライトプラン」の2種類あります。

電話加入権を伴う加入電話はアナログ戻しができますが、
電話加入権を伴わないライトプランだとアナログ戻しができません。

自分の使っている電話番号がNTTから発行されたものかどうか、またNTTとの
契約が加入電話なのかライトプランなのかは、局番無しの「116」で確認できます。

光電話で同じ番号を使い続けたいのであれば、光回線の乗り換えを
検討している段階で、アナログ戻しができるかどうか確認しておいた方が良いですよ。

-ドコモ光への乗り換え

Copyright© 光回線の教えて君 , 2019 All Rights Reserved.