ドコモ光への乗り換え

ソフトバンク光からドコモ光へ乗り換えで初期設定やり直し

投稿日:

ソフトバンク光からドコモ光へ乗り換えで初期設定は?

NTTのフレッツ光からソフトバンク光やドコモ光といった
光コラボレーションへ乗り換えるのは、非常に手軽です。

開通や撤去の工事は不要ですし、
フレッツ光が契約期間中であっても違約金が発生しません。

工事費や違約金が要りませんから、乗り換え費用も安くて済むんですよね。

さらにフレッツ光のサービス内容をそのまま引き継ぐ形で、
プロバイダも変更しなければ、初期設定すら不要になってしまいます。

光回線を乗り換える際に大きなネックとなる「工事」と「初期設定」ですから、
それが不要になるんですからかなり手軽ですよね。

これはフレッツ光でも光コラボレーションでも同じ回線を使うので、工事不要だったり
違約金が発生しなかったり、さらには初期設定まで不要になったりするわけです。

そうすると、ソフトバンク光からドコモ光のように光コラボレーション同士の乗り換えも、
同じように手軽にできるんでしょうか?

結論から言うと、光コラボレーション同士では、フレッツ光から光コラボレーションへの
転用のように、手軽に乗り換えることはできません。

同じフレッツ光の回線なんですが、ソフトバンク光は「ソフトバンク光用」、
ドコモ光は「ドコモ光用」として割り当てられている回線です。

そのため、ソフトバンク光用の回線をドコモ光で使うことはできませんし、
逆にドコモ光用の回線をソフトバンク光で使うことはできなくなっているんです。

ですからソフトバンク光からドコモ光へ乗り換える場合には、ソフトバンク光を解約して、
ドコモ光を新規契約するという通常の乗り換え手順となります。

ソフトバンク光を撤去、ドコモ光を開通する工事は必要ですし、
ソフトバンク光が契約期間中であれば違約金も発生します。

さらには、新たにドコモ光を使うためには初期設定もし直さないといけませんよ。

ドコモ光の初期設定

私のような機械音痴にとって、
光回線の初期設定というのは非常に高いハードルとなりかねません。

マニュアル通りに進めても上手く行かないなんてザラで、
丸1日掛かってもできないなんてこともあるんですね。

ただこれはWiFiルーターを使って光回線をWiFi化する場合の話であって、
WiFiを使わずにパソコン1台だけを接続するのであればそれほど難しくありません。

ドコモ光の開通工事が終了したら、
 ・パソコン
 ・LANケーブル
 ・プロバイダの契約書類
を用意します。

ONUという機器が設置されているはずなので、
そのONUとパソコンをLANケーブルで接続します。

恐らく、開通工事に立ち会うと工事業者からONUについての説明があると思います。

もし説明が無ければ、どれがONUで、どこにLANケーブルを挿せるのかなどを
聞いておきましょう。

ONUとパソコンを接続したら、パソコンの電源を入れて、「スタートメニュー」から
「Windowsシステムメニュー」へ進み、「コントロールパネル」を開きます。

コントロールパネルが開いたら、「ネットワークとインターネット」をクリック、
さらに「ネットワークと共有センター」へと進みます。

次に画面内の「新しい接続またはネットワークのセットアップ」を選択して、
別ウィンドウが開いたら「インターネットに接続します」を選択して「次へ」進みます。

そうするとIDとパスワードが求められるので、プロバイダの契約書類に
記載されているIDとパスワードを入力して「接続」を押すと設定完了です。

文字で書くと長くなってしまいますが、実際に行ってみるとそれほどややこしくもなく、
時間も掛からないと思いますよ。

WiFiルーターを使う場合の初期設定

ONUとパソコンを直接繋ぐ場合の初期設定は、
難しくないどころか簡単と言っても良いぐらいです。

光回線の初期設定が難しい・面倒というイメージを強くしているのは、
WiFiルーターを使う場合です。

実際私もドコモ光に乗り換えた際、
WiFiルーターの初期設定にチャレンジしてみましたが、見事に玉砕しました。

マニュアル通りに進めているつもりなのにマニュアルとは違う画面が出てきたりなど、
丸1日掛かっても全く上手く行きませんでした。

最近はほとんどのWiFiルーターに初期設定用のCD-ROMが付属しており、
これを使うと簡単に初期設定ができます。

さらには、ONUとWiFiルーターを接続したら、
あとはWiFiルーターのボタンを1つ押すだけで初期設定できてしまうものもあります。

もし私と同じように機械音痴だと言うのであれば、無理にチャレンジせず、
こういう簡単に初期設定ができるWiFiルーターを選んだ方が良いですよ。

パソコンをWiFi接続する

ドコモ光とWiFiルーターの初期設定が終了したからと言って、
それだけでWiFiが使えるようになるわけではありません。

パソコンやスマホなどの機器側のWiFi接続設定を行わないといけないんですね。

とは言え、ドコモ光やWiFiルーターの初期設定に比べると、
パソコンやスマホなどのWiFi接続設定はそれほど難しくありません。

まずパソコンの設定ですが、最初にWiFiルーターの側面や背面などに
記載されている「SSID」と「暗号キー」をメモしておきます。

SSIDと暗号キーが記載された紙が説明書などと同梱されている場合があるので、
それを使っても良いですよ。

機種によってはSSIDと暗号キーが複数記載されていることがありますが、
その場合は一番最初に記載されているものでOKです。
(基本的にはどれでも問題ありません)

次にパソコンのスタートメニューから設定画面を開き、
「ネットワークとインターネット」→「WiFi」へと進みます。

画面上部にWiFi機能をONOFFするボタンがあるので、「ON」にします。

そして「利用できるネットワークの表示」をクリックし、別ウィンドウが開いたら、
先にメモしたSSIDと同じものを選択します。

するとパスワードが求められるので、
やはり先にメモしておいた暗号化キーを入力すればWiFi接続は完了です。

画面下部などにある「タスクバー」に、扇形のWiFiマークが表示されていれば、
ちゃんとWiFi接続されています。

スマホをWiFi接続する

続いてスマホのWiFi接続設定ですが、
こちらもパソコンと同様でそれほど難しくはありません。

まずスマホの設定画面を開き、「無線とネットワーク」の「WiFi」をタップします。

画面が切り替わると、パソコンの時と同じように、
上部にWiFi機能をONOFFするボタンがあるのでONにします。

ボタンをONにすると利用できるネットワーク一覧が表示されるので、
パソコンの時にメモしておいたSSIDと一致するものを選択します。

そうするとパスワードが求められるので、
やはりパソコンの時にメモしておいた暗号キーを入力して「接続」をタップしましょう。

選択したSSIDのところに「接続しました」や「接続済み」という表示が出ていれば、
WiFi接続は成功です。

スマホがWiFi接続されていると、画面上部のバッテリー残量などが表示されるところに
扇形のWiFiマークが表示されます。

初期設定に自信が無いなら、ドコモ光のサポートオプションに頼る

ドコモ光やWiFiルーターの初期設定、パソコンやスマホのWiFi接続設定を
自分でしてみたものの、上手く行かないということもあると思います。

そんな場合は、ドコモ光のサポートオプションに頼ると良いのではないでしょうか。

月額500円で利用できる「ネットトータルサポート」は、パソコンやスマホの画面を
オペレーターと共有して遠隔操作によるサポートが受けられます。

電話やメールのサポートだと、言葉や文章で自分が置かれている状況を
的確に説明しないといけませんが、そんなに簡単じゃないんですよね。

画面が共有できれば、自分が何で困っているのかも説明しやすいですし、
何が間違っているのかの指摘も分かりやすくなります。

何ならオペレーターに丸投げして、遠隔操作で設定してもらうなんてことも可能ですよ。

訪問サポートで、自宅に来て作業してもらう

初期設定以前に、ONUとWiFiルーターなどのLANケーブルの繋ぎ方からして怪しい
ということもあるかもしれません。

LANケーブルの繋ぎ方すらよく分からないという場合は、
「光訪問サポート」を利用すると良いのではないでしょうか。

訪問サポートですから、
担当者が自宅まで来て機器の接続から初期設定まで行ってくれます。

正直、自力で設定できる自信が無いのであれば、
最初から訪問サポートをお願いする方が簡単で早いと思いますよ。

ただ訪問サポートのネックは料金が高いということです。

ドコモ光の場合は基本料金が6,000円で、
別途作業内容によって料金がプラスされる仕組みとなっています。

ちなみに、先のネットトータルサポートを利用している場合には、
訪問サポートの基本料金が2,000円引きとなります。

ですから、ドコモ光とWiFiルーターの初期設定にパソコンやスマホの
WiFi接続設定も行ってもらうとなると、軽く10,000円を超えてしまうんです。

それでも、自力だと丸1日掛けてもできないかもしれないということを考えると、
安いかもしれないですけど・・・。

ドコモ光にはサポートオプション無料のプロバイダもある

いくら面倒な設定が丸投げできると言っても、
料金が10,000円以上となると二の足を踏んでしまうこともあると思います。

実は、ドコモ光でサポートオプションを利用するとお金が掛かりますが、
ドコモ光のプロバイダのサポートオプションなら無料で利用できる場合もあるんです。

ドコモ光には指定プロバイダが26社ありますが、
その内13社は訪問サポートが初回無料となっています。

訪問サポートをお願いするのって初期設定の時ぐらいで、
余程のトラブルでも起きない限りは2回3回とお願いすることはほとんどありません。

ドコモ光でお願いすると10,000円以上掛かるかもしれないものが、
プロバイダなら無料になるんですから、これは利用しない手は無いですね。

ただし、プロバイダによって無料で行ってくれる作業内容に違いがあります。

ドコモ光の初期設定以外は有料の場合が少なくないんですが、
中にはWiFiルーターの初期設定までは無料で行ってくれることもあるようです。

訪問サポートは初回のみ無料ですが、
電話や遠隔操作によるサポートだとずっと無料で受けられるプロバイダもあります。

「ぷらら」は電話によるサポートがずっと無料ですし、
「DTI」なら遠隔操作によるサポートを永年無料で利用できます。

訪問サポートは、初期設定以外だと、
余程大きなトラブルでも無い限りは利用する機会がほとんどありません。

しかし電話や遠隔操作によるサポートは、ちょっとしたトラブルでも利用したりするので、
訪問サポートに比べると利用する機会が多くなっています。

それだけに電話や遠隔操作によるサポートが永年無料で利用できるというのは、
大きな魅力ですね。

なのでドコモ光のプロバイダを選ぶ際には、後々のことを考えて、
サポートオプションの充実具合も確認しておいた方が良いですよ。

-ドコモ光への乗り換え

Copyright© 光回線の教えて君 , 2019 All Rights Reserved.