ドコモ光Q&A

ドコモ光はドコモユーザーにとって本当にお得?

投稿日:

ドコモ光って本当にお得なの?

2015年に光コラボレーションであるドコモ光のサービスが開始されました。

ドコモスマホとのセット割がある光回線ということで、
早々にドコモ光へ乗り換えたというドコモユーザーも多いのではないでしょうか。
(私もその1人)

しかし中には、本当にお得になるのかよく分からないからまだ乗り換えていないという
ドコモユーザーも少なからず居ると思います。

セット割でスマホ代が安くなるのは確かだけど、
通信費全体で考えると本当に安くなるのかどうか分かりにくかったりするんですよね。

そこでドコモ光と他の光回線サービスをお金の面に注目して比較、
ドコモ光が本当にお得なのかどうか見ていきましょう。

ドコモ光の料金は割高?

光回線を乗り換える大きな動機としては、通信速度もあるかもしれませんが、
やはり「料金」ですよね。

料金の安いところは検討の段階でも目に付きますし、
新しく料金の安いサービスが始まったら詳細を調べたくなります。

料金が安いということでドコモ光を利用している人も多いと思いますが、
確かにNTTのフレッツ光に比べると安いです。

フレッツ光の料金は、プロバイダ料を含めて、一戸建てで大体6,000円ぐらい、
集合住宅だと4,000~5,000円ちょっといったところでしょうか。

それに対してドコモ光は
 ・一戸建て・・・5,200円
 ・集合住宅・・・4,000円
ですから、場合によってはフレッツ光より月1,000円ぐらい安くなるんですね。

このようにフレッツ光に比べると安いんですが、
他の光コラボレーションと比べた場合はどうでしょうか?

大手携帯キャリアであるソフトバンクの「ソフトバンク光」の料金は
 ・一戸建て・・・5,200円
 ・集合住宅・・・3,800円
です。

一戸建てこそ同じ料金ですが、マンションなどの集合住宅では
ソフトバンク光の方が月200円だけですが安く使えます。

ソフトバンク光以外でも、一戸建てが4,000円台、
集合住宅が3,000円となっている光コラボレーションは少なくありません。

単純に月額料金だけを比較すると、
ドコモ光は光コラボレーションの中では割高と言わざるをえませんね。

フレッツ系以外のサービスと比べても・・・

フレッツ光と光コラボレーションは同じ回線を使いますが、
フレッツ光とは全く別の回線を使うサービスと比較するとどうでしょうか?

まず同じ大手携帯キャリアであるauの「auひかり」の料金は
 ・一戸建て・・・5,100円
 ・集合住宅・・・3,800円
ですから、僅かですがドコモ光より安く使うことができます。

ちなみに、auひかりをドコモ光やソフトバンク光と同じ
光コラボレーションだと思っている人も多いかもしれません。

しかしauひかりは東京電力の「TEPCO光」を受け継いだもので、一部NTTの
回線を使ってはいるものの、基本的に自前の回線でサービスを提供しています。

さらに世界最速を自称する「NURO光」や東日本では馴染みの薄い
「電力会社系光回線」と比べても、ドコモ光は割高です。

一戸建ての料金が4,000円台のところが多く、
サービスによってはドコモ光より月1,000円以上安く使えるところもあります。

集合住宅の料金は2,000円台のところもありますから、
月1,500円以上とその差がさらに大きくなることもあるんです。

他の光コラボレーションだけでなく、他の光回線全般と比べても、
ドコモ光の料金は割高ですね。

スマホとのセット割、割引額はドコモ光が一番大きい

スマホユーザーにとっては、
やはりセット割でどれぐらいスマホ代が安くなるのかというのも気になりますよね。

光回線の料金が少々高くてもセット割の割引額が大きければ、
通信費全体で見るとお得だったりしますからね。

ドコモ光のセット割では、
スマホの料金プランによって月100~3,500円の割引額となります。

対してソフトバンク光のセット割は、
スマホのデータ定額5GB以上で月1,000円の割引です。

auひかりは、ドコモ光ほどではありませんが少し細分化されていて、
スマホの料金プランによって月500~2,000円の割引となっています。
(ただし3年目以降に割引額が小さくなる場合もある)

割引額だけを比較すると
 ・ドコモ光・・・最大3,500円
 ・ソフトバンク光・・・最大1,000円
 ・auひかり・・・最大2,000円
ですから、ドコモ光が一番大きいんです。

しかし、ソフトバンク光やauひかりのセット割が家族で使っているスマホ全てに
適用されるのに対して、ドコモ光のセット割は基本的に1台だけです。

なので家族で何台ドコモスマホを使っていても、
ドコモ光のセット割の割引額は最大3,500円です。

ところがソフトバンク光やauひかりの場合は、家族で4台5台同じキャリアのスマホを
使っていると、割引額が5,000円10,000円になる可能性もあるんですね。

1人や夫婦2人ぐらいだとドコモ光のセット割の方がお得ですが、家族3人4人と
人数が増えるとソフトバンク光やauひかりのセット割の方がお得になります。

ドコモスマホとのセット割があるのはドコモ光だけ

ドコモのスマホとセットで使うことでセット割が受けられるのは、ドコモ光だけです。

ところがソフトバンクやauのスマホとのセット割があるのは、
ソフトバンク光やauひかりだけじゃないんです。

ソフトバンクスマホは、NURO光もセット割の対象回線となっており、
ソフトバンク光の場合と同様の割引が受けられます。

auのセット割は対象回線が多く、auひかり以外にも
 ・コミュファ光
 ・eo光
 ・ピカラ
 ・メガエッグ
 ・BBIQ
といった電力会社系光回線でもauスマホとのセット割が受けられます。

さらに
 ・So-net光
 ・BIGLOBE光
といった光コラボレーションもセット割の対象です。

auひかりの対応エリアは一応全国になってはいますが、
正直西日本を中心に利用できない地域も少なくありません。

そのため全国で使えるドコモ光やソフトバンク光に対して不利にならないよう、
セット割の対象回線を増やしているんだと思います。

それはともかく、ドコモユーザーがドコモ光しか選択肢が無いのに対して、
ソフトバンクユーザーやauユーザーには選択肢があるというのは大きな差ですね。

ドコモ光の工事は安い

自宅で光回線を使うのに避けて通れないのが開通工事であり、
それに掛かる費用というのもバカになりません。

ドコモ光の開通に掛かる費用は
 ・一戸建て・・・18,000円
 ・集合住宅・・・15,000円
です。

一見「高いっ!」と思うかもしれませんが、光回線の開通工事としては安い方です。

例えばソフトバンク光の工事費は一戸建て・集合住宅ともに24,000円ですし、
auひかりは37,500円となっています。

電力会社系光回線でも20,000円以上掛かりますし、
NURO光に至っては工事費は40,000円以上です。

いくら月額料金がドコモ光より安いと言っても、
これだけの工事費の差を埋めるためには、相当長期間使い続けないといけませんね。

工事費無料キャンペーンもドコモ光がお得?

光回線の開通工事費は確かに高額なんですが、最近は新規ユーザーを呼び込むのに、
工事費が無料になるキャンペーンが行われていたりもします。

でもこの工事費が無料になるキャンペーンも、
ドコモ光のものがお得だったりするんですね。

ドコモ光のキャンペーンは、2018年9月30日までに申し込むことで18,000円又は15,000円の工事費が0円になります。

対してソフトバンク光のキャンペーンは、24,000円のキャッシュバック又は
24か月間料金が1,000円割引されることで工事費が実質無料となります。

auひかりやNURO光の場合は、工事費を支払い終わるまで分割払い相当分の
割引が受けられることで工事費が実質無料になるんですね。

ドコモ光のキャンペーンでは工事費が0円ですが、他の光回線のキャンペーンでは
同額のキャッシュバックや割引によって「実質無料」になるだけです。

「0円でも実質無料でも同じじゃん」と思うかもしれませんが、
実はこれ結構大きな違いなんです。

ドコモ光は工事費が0円ですから、使い続けようが途中で解約しようが、
開通工事費については一切請求されることがありません。

ところが実質無料の場合は、分割払いが終わるまでに解約してしまうと、
開通工事費を請求される恐れがあるんです。

例えばソフトバンク光で24か月間の1,000円割引を選んだ場合、1年で解約すると
12,000円の割引しか受けられず、残りの工事費12,000円は自己負担となります。

auひかりやNURO光の場合も同様で、分割払いが終わる前に解約すると
その時点で割引が受けられなくなり、残債は自腹で払わないといけません。

同じ工事費無料キャンペーンでも、
工事費を支払わないといけない恐れが一切無いドコモ光がお得ってわけです。

ドコモ光の違約金は一戸建てだと高い

申し込む前から違約金のことを考えるというのはおかしいと思うかもしれません。

しかし実際使ってみると、通信速度が出ないとか、安定性に欠けるとか、混雑時の
速度低下が酷いなどなど思ったより使い勝手が悪いことも無いとは言えないんです。

光回線では契約期間中の解約による違約金を、
大手携帯キャリアのスマホと同じ9,500円としているところが結構あります。

例えば光コラボレーションのソフトバンク光やBIGLOBE光もそうですし、
光コラボレーション以外のauひかりやNURO光も9,500円です。

ところがドコモ光の違約金は
 ・一戸建て・・・13,000円
 ・集合住宅・・・8,000円
となっています。

集合住宅は1,500円安いんですが、
一戸建てだと3,500円も違約金を多く払わないといけないんですね。

光回線の開通に掛かる費用は気にすると思いますが、
解約に掛かる費用については案外気にしてないことも多いんですよね。

どんな事情で解約する事態になるか分かりませんから、
事前に解約に掛かる費用についても確認しておいた方が良いですよ。

ドコモ光はプロバイダの選択肢が多い

同じ光回線でも、
通信速度や安定性などはプロバイダに左右されることも少なくありません。

ですから回線を乗り換えなくても、プロバイダを乗り換えるだけで
通信速度が速くなったり、安定性が向上したりすることもあるんです。

実はドコモ光は、他の光回線に比べて、プロバイダの選択肢が多くなっています。

ソフトバンク光だとプロバイダはYahoo!BBのみですし、
NURO光もSo-netしか選択肢がありません。

auひかりではプロバイダが選べるものの、
選択肢は「au one net」を筆頭に7つだけとなっています。

対してドコモ光の指定プロバイダは、@niftyやSo-netなど有名プロバイダから
地域限定プロバイダまで、全部で26社あります。

回線を乗り換えるとなると、新たに開通する費用に加えて、
解約に掛かる費用も必要です。

しかしプロバイダを乗り換える場合は、事務手数料の3,000円だけで、
工事費はもちろん違約金も発生しません。

ソフトバンク光のように選択肢が1つしかないと、
使い勝手が悪い場合には回線を乗り換えるしかありません。

しかしドコモ光であれば、プロバイダの乗り換えだけで、
お金をあまり掛けずに使い勝手の改善が図れるというわけです。

-ドコモ光Q&A

Copyright© ドコモ光のプロバイダでおすすめ基準はオンラインゲームに有 , 2019 All Rights Reserved.