光コラボの事業者変更

光コラボから光コラボへの乗り換えは事業者変更でできる!

投稿日:

フレッツ光を使っているユーザーが注目するのが光コラボというサービスです。
フレッツ光とプロバイダを一緒にした料金体系でかなりお得になるからです。

さらに色々なサービスも使えるようになるのでとても人気があるのですが・・・
一度光コラボに乗り換えると変更しにくいという欠点がありました。

では光コラボから光コラボへの乗り換えはどうすればいいのか。
おすすめの方法を紹介したいと思います。

光コラボから光コラボへの乗り換えは事業者変更が便利

光コラボは一度契約をすると乗り換えをするためにとても大変な手間がかかる
というのが今までの常識でした。

そのために色々な人が「光コラボを選ぶ時にはしっかりと考えたほうがいい」と
説明していると思います。

実際にかなり大変な手続きが必要だったのですが、それが2019年7月1日に変わりました。
新しく「事業者変更」という手続きが出来るようになったのです。

この事業者変更では今までとても手間がかかって大変だった光コラボの乗り換えが
とても簡単に出来るようになりました。

つまり今からなら光コラボから光コラボの乗り換えも事業者変更を使ってとても簡単に
できるようになったのでおすすめです。

転用では光コラボから光コラボへの乗り換えはできない

光コラボの乗り換えと聞くと「転用」を思い出す人が多いと思います。
でも転用では光コラボから光コラボへの乗り換えはできません。

転用とはフレッツ光から光コラボに乗り換えるときの手続方法です。
光コラボの状態では転用を使うことができません。

そのために以前は光コラボから光コラボへの乗り換えがとても大変という
状態だったのですが。

ちなみに簡単に事業者変更を説明すると光コラボの再転用、ということになり
手続きもほとんど転用と変わらない簡単な手続きで乗り換えが出来るようになります。

事業者変更と転用はほとんど手続きのやり方が一緒

事業者変更で光コラボから光コラボへの乗り換えが簡単になった、という理由の1つが
この手続方法が転用とほとんど変わらないことです。

光コラボに新規申込みをする場合はちょっと違うのですが、フレッツ光から光コラボに
乗り換えをするときには多くのユーザーが転用を使っているはず。

そして事業者変更はこの転用の手続方法とほとんど変わらないので、一度転用をしている
ユーザーによってはあまり間違えること無く簡単にできる手続きになるのです。

このように事業者変更には色々なメリットがあって、とても簡単に乗り換えができる
という大きな魅力もあります。

それを確認してみることにしましょう。

事業者変更のメリットを考えてみる

私が考える大きなメリットとしてはやはり簡単に光コラボから光コラボへの
乗り換えが出来るようになることです。

これが大きなメリットになる理由は、以前の光コラボから光コラボへの乗り換えは
本当に大変だったから。

まあそのときの乗換方法は後ほど説明するとして。
ここでは事業者変更のメリットについて考えてみます。

回線工事が不要で乗り換えできる

光コラボではフレッツ光回線を光コラボ業者に卸して契約することになります。
この時点でフレッツ光はその光コラボ業者以外に使えなくなってしまいます。

つまり光コラボから光コラボに乗り換える時には、一度専用になった光回線を
撤去してから新しく光回線を設置して使う必要があったのです。

でも事業者変更の手続きができて、この回線工事が必要なくなりました。
一度光コラボに卸したフレッツ光を別の光コラボ業者でも使う事ができるのです。

単純にフレッツ光回線の使い回しが出来るので回線工事が必要ありません。
工事無しで乗り換えができる、というメリットができるのです。

工事費のコストがかからない

回線設置工事、回線撤去工事ともに回線工事をする時には工事費用がかかります。
これはフレッツ光の申し込みをした人ならわかっていると思います。

光コラボに新規加入工事をした場合でも回線設置工事が必要ですし、引っ越しなどで
フレッツ光の解約をしたことがあれば撤去工事を経験している人もいるかと。

これらの回線工事には結構高額の工事費用が必要になります。
でも事業者変更では回線工事がないので、これが全く必要ありません。

光コラボから光コラボへの乗り換えにかかる費用を大きく減らせるのがメリットです。

ひかり電話の電話番号がそのまま使い続けられる

以前の光コラボから光コラボへの乗り換えではオプションとして使っていた
ひかり電話の電話番号がちょっとした問題になりました。

ひかり電話はフレッツ光回線を使った固定電話で、この電話番号を連絡先として
色々なところで登録している人も多くいました。

でもこのひかり電話の電話番号が光コラボの乗り換えで変わってしまうという
問題が発生したのです。

電話番号を変えずに使うための方法もあるのですが、それがまた面倒くさいという
とても大きな問題になりました。

でも事業者変更ではこのひかり電話の電話番号問題がありません。
全く気にせず乗り換えをすることが出来るのです。

インターネット関係の周辺機器がそのまま使い続けられる

先程のひかり電話を始め、ひかりTVではチューナーなども周辺機器を使います。
それに光回線を使う時にはONUという光回線終端装置が必ず必要になります。

パソコンなどの詳しい人、AV関係の配線に詳しいなら問題はないのですが
機材同士の接続配線を苦手にしている人は設置や交換がとても大変です。

以前の光コラボから光コラボへの乗り換えではこれらの周辺機器も全て交換が必要で
再設置や配線のし直しなど手間がかかりました。

でも事業者変更では今使っている周辺機器をそのまま使い続けることができます。
交換の必要がないので配線で悩む心配もありません。

フレッツ光の2重回線の心配がない

今までの光コラボから光コラボへの乗り換えではタイミングが悪いとフレッツ光が
2本設置される、いわゆる2重回線という状態になりました。

普通にフレッツ光が2本設置できればいいのですが、できない状況なら設置するために
外壁に傷をつけてしまう、最悪の場合は穴をあけるということも考えられます。

賃貸住宅でこんな状態になったら、大家さんや管理会社に説明するのが大変です。
場合によっては原状回復のお金をかなり取られるという可能性も・・・

でも事業者変更なら回線設置工事がなく、今まで使っていた回線をそのまま使い続ける
ということができます。

2重回線の心配がない、というのも大きなメリットになると思います。

事業者変更のデメリットを考えてみる

今度は事業者変更を行う場合のデメリットについても考えてみます。
基本的にはかなりメリットが大きいという印象なのですが。

デメリットに関して言えば契約変更があるので、それに伴ったデメリットが
考えられると思います。

では事業者変更のデメリットを詳しく確認してみましょう。

解約する光コラボ業者の解約違約金が発生する可能性

光コラボ業者の乗り換えが事業者変更という手続きです。
つまり光コラボ業者を解約して新しく光コラボ業者と契約することになります。

解約する光コラボ業者は複数年契約での割引を適応させている場合に、契約途中の
解約ということになるので違約金が発生します。

簡単に言えばスマホなどの2年縛りということです。
光コラボ業者でもこれが発生する可能性はあります。

まあスマホと同じように契約更新月に解約すると違約金が発生しないのも同じです。
違約金なしで乗り換えができる場合あるのです。

ちなみに違約金は光コラボ業者によって違いますが、2年契約の場合は大体9,500円が
違約金として請求されます。

プロバイダの変更が必要になる場合がある

光コラボはプロバイダと回線が一体型の支払い体系になっているサービスです。
そしてプロバイダを複数契約できる光コラボ業者はとても少ないです。

つまり光コラボから光コラボの乗り換えを行うとプロバイダも変更する必要がある
という状況がとても多いのです。

まあ光コラボ業者はプロバイダが多いので、他のプロバイダを使えないということは
かなり多いのはよく分かるのですが。

インターネット接続をする場合、プロバイダが変更になれば環境が大きく変わる
というのはよくあることです。

インターネット環境をあまり変えたくないという方には事業者変更でプロバイダを
変更するのは大きなデメリットと感じそうです。

回線工事費用が発生する可能性

事業者変更では基本的に回線工事を行いません。
つまり回線工事費用もかかりません。

でも回線工事が必要になる場合もあります。
それは回線契約を変更して事業者変更を行う場合です。

例えば今まで下り200Mbpsが最高速度の契約をしていて、事業者変更と同時に
下り1Gbpsが最高速度の契約に変更した場合などです。

この場合、多くのプロバイダで回線工事をして契約変更をすることになります。
この回線の変更工事には当然ですが工事費用がかかります。

どんな状況でも完全無料で事業者変更ができる、というわけではありません。
回線工事が必要でその費用が必要になることはあるのです。

回線設置工事の残債があればそれの支払いも必要になる

フレッツ光や光コラボに新規で申し込みをした場合には光回線の設置工事が必要で
それには工事費用がかかります。

最初に一括で支払いをすれば関係ないのですが、分割にした場合は支払回数と
残りの分割料金にも注意が必要になります。

事業者変更で乗り換えをする時に、この工事費用の支払いが終わっていないと
当然ですが残りの支払いが必要になります。

回線工事費用の実質0円キャンペーンなどを使っていると忘れがちになりやすいので
気をつけましょう。

事業者変更で必要になる費用

事業者変更では以前の光コラボから光コラボへの乗り換えに比べればかなり
コストが安くなります。

でも完全無料で乗り換えができるわけではありません。
当然ですが手数料がかかります。

また状況によっては先程の回線工事費用のように別のコストがかかる、という
可能性も考えられます。

そこで事業者変更に必要になる費用を確認してみます。
やはり必ず必要になるわけではないので、状況によって用意しましょう。

契約変更の事務手数料

基本的に契約の変更をするので、その事務手数料が必要になります。
これだけは必ず必要になります。

ただし光コラボ事業者によって金額が多少変わります。
多くの光コラボ事業者は3,000円の事務手数料が必要になります。

別の光コラボ事業者では2,000円の事務手数料ということもあります。
それぞれの光コラボ事業者に確認をしておきましょう。

ちなみに事務手数料の支払いは乗り換える先、これから契約する光コラボ業者に
支払うことになるのでそちらの事務手数料を確認します。

承諾番号払出手数料

事業者変更には事業者変更承諾番号という番号をもらうことが必要になります。
この番号を発行するための手数料がかかります。

先程の事務手数料と違ってこちらは乗り換える元、今契約している光コラボ業者に
支払う手数料となります。

基本的にこちらも光コラボ業者によって料金が変わります。
一般的には3,000円程度ですが、事前に確認をしておきましょう。

回線契約変更時の工事費用

先ほど説明した回線工事をする場合の工事費用がかかる可能性があります。
こちらは回線契約の変更をした場合のみです。

回線契約の変更をしなければ必要ないので、こちらは必ず必要になる費用ではなく
必要になった人だけが支払う費用ということになります。

ひかり電話オプションの乗り換え手数料

フレッツ光には光回線を使った電話のサービス、通話サービスがあります。
それがひかり電話というオプションサービスです。

光コラボ業者によってはこのひかり電話と同じサービスを提供しています。
転用で乗り換えた時にそのまま引き続いて同じサービスを利用できます。

このひかり電話のオプションサービスを事業者変更で引き続き乗り換え先でも
使い続ける場合に必要になる手数料がひかり電話オプションの乗り換え料金です。

ただし乗り換え先の光コラボ業者で同じくひかり電話のサービスを提供していれば
そのままそちらを使い続けることになります。

ひかり電話オプションの手数料がかかるのは、乗り換え先の光コラボ業者で
ひかり電話のオプションサービスを提供していない場合、NTTがサービスを引継ぎます。

この時にNTTに支払うのがひかり電話オプションの手数料です。
ひかり電話を使っていない場合にもこの手数料を支払う必要はありません。

手数料として1,800円が必要になります。

乗り換える光コラボ業者の選び方

ではどんな光コラボ業者に乗り換えをするのがいいのか。
私のオススメの選び方を紹介したいと思います。

いくら事業者変更で手軽に乗り換えができる、といっても乗り換えるにはそれなりに
手数料が必要になります。

それを考えるとどこかを選んで嫌なら乗り換える、というよりも最初からちゃんと
考えて乗り換えるほうがおすすめです。

その乗り換え先を選ぶときのちょっとしたポイントを確認してみます。

使っているスマホの割引があるか

光コラボ業者の中には独自の割引サービスを提供しているところが多いです。
そのサービスの中にはスマホの割引サービスもあるのです。

今ではスマホは欠かすことができないツールとしてもかなり普及しています。
それに伴って通信コストもかなり高くなってきました。

そこで少しでも割引のある光コラボ業者を選べば、固定回線の通信コストと合わせて
スマホの通信コストも割引ができるというかなり嬉しい状態になります。

またスマホのキャリア乗り換えに合わせて光コラボ業者も乗り換えるという方法も
おすすめできる方法です。

auユーザーはauひかり以外の光コラボ業者を選ぶ

注意点として、auスマホユーザーは光コラボでauひかりを選ぶと事業者変更では
乗り換えができないので注意が必要です。

事業者変更はフレッツ光を使った転用、これを光コラボ業者で行えるようにした
手続方法なのでフレッツ光回線を使っていないサービスでは使えません。

独自回線とブラックファイバーを使っているauひかりには事業者変更が出来ません。
ただ他の光コラボ業者でもauスマートバリューが使えるところはあります。

So-net光などauひかりではないところを事業者変更の時には選びましょう。

新規加入キャンペーン特典が豪華、または使いやすい

事業者変更を使って乗り換えた場合でも新規加入と同じ扱いでキャンペーンを適応させる
という光コラボ事業者も多くあります。

新規加入キャンペーンでキャッシュバックなどを行っているところを選べば
事務手数料等のコストの負担を軽くすることができます。

キャッシュバックだけではなく、Wi-Fiルーターの無料レンタルなどお得なキャンペーンは
他にも多くあります。

それらを使えるところを選ぶことがおすすめポイントです。

IPv6 IPoE+IPv4 over IPv6方式の通信サービスを提供しているか

フレッツ光を使っている場合、プロバイダの混雑による回線速度の低下には
多くのユーザーが悩まされています。

これを解消できる方法として次世代通信規格のIPv6方式の通信サービスが
とても注目されるようになりました。

同じIPv6方式の通信でも以前の通信方式と互換性のあるIPv6 IPoE+IPv4 over IPv6方式
というサービスならどんなサイトでも通信速度の向上が期待できるようになります。

このIPv6 IPoE+IPv4 over IPv6方式の通信サービスを提供している光コラボ業者を
選べばかなり快適にインターネットが出来るようになります。

IPv6サービスが無料で利用できればさらにおすすめ

今ではかなり多くの光コラボ業者でIPv6方式の通信サービスを利用できます。
ただし光コラボ業者によってはオプション料金が必要になるところもあります。

またサービス利用に関して条件があり、その条件に有料オプションへの加入や
Wi-Fiルーターの有料レンタルが必要という条件もあります。

IPv6方式の通信サービスの利用については光コラボ業者によって大きく変わります。
できれば無料で使える光コラボ業者を選ぶことがおすすめです。

事業者変更をする手順を確認してみる

では実際に事業者変更をする時にどんな手順で行えばいいのか。
その手順を確認してみることにします。

基本的には転用とほとんど変わらず、多少は光コラボ事業者によっても変わります。
でもあまり迷うことはないかと。

まずは事業者変更の手続きをするために必要なものを確認します。

事業者変更の手続きをするために必要なもの

事業者変更では光コラボ業者などに連絡をして手続きをします。
この手続に必要になるものをまずは確認してみましょう。

光コラボはフレッツ光を使っていて、フレッツ光はNTTの東日本と西日本で
管轄が違うのでそれぞれの地域ごとに必要なものを確認します。

東日本地域で必要になるもの

東日本地域で必要になるのは次のものです。
・ 事業者変更承諾番号
・ 契約者ID
・ 手数料

事業者変更承諾番号は転用のときにも必要になった手続きのための番号です。
今回は事業者変更なので事業者変更承諾番号となっています。

契約者IDというのは現在契約している光コラボ業者のお客さまIDなどのことで
場合によっては契約者氏名とユーザーID、電話番号なども必要になります。

契約している光コラボ業者の会員専用サイトなどで確認ができます。
または光コラボの契約をした時に重要書類として郵送されているはずです。

契約のご案内、などの郵送物にユーザーIDとパスワードが記載されているので
そちらを確認しましょう。

手数料は事務手数料や承諾番号排出手数料です。

西日本地域で必要になるもの

西日本地域で必要になるものも確認しましょう。
基本的には東日本地域と同じものが必要です。

・ ご契約ID(CAFから始まるID)
・ 事業者変更承諾番号
・ 手数料

ご契約IDというが今契約している光コラボ業者のユーザーIDです。
これにパスワード、契約者氏名、登録電話番号などが必要になる場合も。

手数料と事業者変更承諾番号は東日本と同じです。
基本的には同じものを揃えておけば大丈夫です。

現在契約しているオプションサービスの確認

では実際の事業者変更の手順を確認していきましょう。
まずは現在契約しているオプションサービスを確認します。

継続して使いたいものが乗り換え先の光コラボ業者にあるのか。
ない場合はNTTがサービスを引き継いでくれるのかを確認します。

NTTがサービスを引き継いでくれるのはひかり電話、ひかりTV、リモートサポート
24時間対応サポートなどです。

これらのサービスが乗り換え先でも提供されているか、それを引き続き使うのかなど
確認しておきましょう。

プロバイダ変更の場合メールアドレスの利用を確認

プロバイダが変更になる場合、使っていたメールアドレスが使えなくなります。
重要な連絡にそのメールアドレスを使っていると、連絡ができなくなります。

メールアドレスの変更は新しく契約した光コラボ業者のプロバイダでアドレスを
もらってからでもいいのですが、この際フリーメールに変えてしまうという方法も。

最近ではGmailなどフリーメールでもセキュリティのしっかりしたところは多く
安心して仕事で使うこともできます。

当然色々なプロバイダで問題なく使う事ができるので事業者変更でプロバイダが
変更になっても使い続けることができます。

今後も光コラボから光コラボの乗り換えを考えているならフリーメールもおすすめです。

事業者変更承諾番号の取得

確認が終わったら今契約している光コラボ業者から事業者変更承諾番号を
電話で連絡して取得します。

光コラボ業者によってはWEBから申し込みが出来るように見えますが、手続きを
進めていくと最後には電話での連絡をすることになります。

事業者変更承諾番号をもらえる電話番号はそれぞれの光コラボ業者で決まっているので
最初から電話連絡しても問題はありません。

主な光コラボ業者の事業者変更承諾番号の取得先電話番号

主な光コラボ業者の事業者変更承諾番号の取得先電話番号は次のとおりです。

・ ドコモ光 0120-800-000 ドコモ携帯からは151
・ ソフトバンク光 0800-111-2009
・ BIGLOBE光 0120-04-0962
・ @nifty光 0570-03-2210 03-6625-3232
・ ぷらら光 固定電話から009192-33 ひかり電話から0120-971-392
・ OCN光 0120-506506
・ So-net光 0120-45-2522
・ DMM光 0120-660481
・ DTI光 0570-004-740
・ エキサイト光 0570-783-812
・ 楽天ひかり 0800-600-0111
・ U-NEXT光 0570-060-602
・ Marubeni光 0120-152-602
・ @Tcom光 0120-805633
・ AsahiNet光 0120-577-757
・ hi-hoひかり 0120-212-587
・ WAKWAK光コラボ 0120-309-092
・ エディオン光 0120-15-1570
・ TNC光 0120-805-633
・ IIJmioひかり 03-5205-4400

新しく契約する光コラボ業者に申し込み

申し込み自体はWEBからでも問題ありません。
最終的に契約確認の電話が直接かかってくるはずです。

その電話確認の時に事業者変更での乗り換えを希望すればいいのです。
その時に事業者変更承諾番号も聞かれるので伝えます。

NTTから同意の確認

光コラボ業者でオプションを利用していた場合、NTT関係のオプションなら
その情報を別の企業、この場合は乗り換える光コラボ業者に教える事になります。

その情報を伝えること、事業者が変わることの同意をNTTから求められます。
その電話が直接かかってきます。

こちらはひかり電話などオプションを使っている場合のみのことです。
オプションを使っていない場合はかかってきません。

まあひかり電話などを使っている場合は乗り換え先の光コラボ業者から
NTTからの確認電話に関する詳しい説明があると思います。

契約のお知らせなどが届いたら開通

すべての電話での確認が終わった後、1週間位で乗り換え先の光コラボ業者から
新しく契約した内容、契約のお知らせなどが郵送されてきます。

その中には新しく契約したプロバイダなどのユーザーIDとパスワードが
記載されているので、それを使ってインターネット接続をします。

無事にインターネット接続ができれば乗り換え完了です。
元々契約していた光コラボ業者は自動的に解約されるので手続きも必要ありません。

事業者変更にかかる期間は1週間程度

事業者変更にかかる時間はどれくらいになるのか。
普通なら1週間程度で新しく契約した光コラボ業者から郵便物が届きます。

ただしこれはプロバイダの変更があった場合で、プロバイダの変更がなければ
そのまま使い続けていても問題ありません。

というかいつ切り替わったのかわからない、というのが正解でしょうか。
はっきりと切り替えをしたという実感がないまま切り替わっています。

事業者変更承諾番号には有効期限があるので注意

1つ注意点として事業者変更承諾番号には有効期限があります。
有効期限が切れると手続きが最初からやり直しになります。

最初というのは事業者変更承諾番号をもらうところからやり直しです。
有効期限はもらった日を含めて15日間です。

そして手続きには1週間かかるので、時間的な余裕はあまりありません。
番号をもらったらすぐに手続きを開始しましょう。

有効期限は番号を見ればわかる

有効期限を忘れてしまっても、もらった事業者変更承諾番号を見れば
有効期限はすぐに分かります。

事業者変更承諾番号は11桁の英数字で出来ています。
最初の英字は対応している地域を表しています。

東日本地域ならFで西日本地域ならTが書かれています。
その次の4桁の数字が有効期限です。

7月1日にもらったらそこから14日後の有効期限の0715と表示されています。
これで7月15日が有効期限とわかります。

その後の6桁は発行番号だそうです。

事業者変更が始まるまでの光コラボ同士の乗り換え

手続きの手順を見てもらえるとわかるのですが、事業者変更の手続き自体はとても
簡単でユーザーがやることはかなり少ないです。

しかも光コラボから光コラボに乗り換えた後も、ほとんど環境を変えずにオプションも
使い続けることができます。

これほど簡単な事業者変更は2019年7月1日から運用が開始されました。
それまでは別の方法で乗り換えるしかなかったのです。

では事業者変更が出来るまで、どうやって光コラボから光コラボの乗り換えを
行っていたのでしょうか。

その手順を確認してみましょう。

乗り換える光コラボ事業者に新規加入申込みをする

使っているオプションの確認やプロバイダのメールの利用確認などは一緒です。
なので手続きに関することだけをまとめてみます。

まずは乗り換える先の光コラボ事業者に新規加入申し込みをします。
当然回線設置工事の予約も取ります。

現在別の光コラボを使っていてフレッツ光回線が設置されている状態でも
新規加入申し込みで回線設置工事の予約も必要になります。

回線設置工事予約日を解約予定日にする

回線設置工事の予約が取れたら、現在契約している光コラボ業者の解約手続きをします。
この時に解約予定日を回線設置工事の予約日にします。

この回線工事と解約予定日の調整ができない場合、先程の2重回線の危険や
インターネット接続ができない器官の発生というトラブルになります。

インターネットに関して言えばこの解約日の調整が一番難しい事になります。

回線工事の立ち会いをする

上手に調整ができたら回線工事を待つだけです。
ただし回線工事は基本的に室内工事があるので立ち会いが必要です。

集合住宅の場合でも分配方式によっては室内工事になるので立ち会いが必要です。
契約者が立ち会いできない場合は家族など代理人を頼みましょう。

工事日の調整ができていれば回線の撤去工事と設置工事が同時に行われます。
両方合わせても3時間しないくらいの時間で工事は終了します。

レンタル器材の返却が必要

回線設置工事が終わればインターネットを使うことは出来ます。
ただし今まで使っていた光コラボ業者のレンタル器材の返却があります。

ONUは当然ですがオプションでひかり電話などを使っているとHGWやその他
多くのレンタル器材があるはずです。

それらを期限内に返却しなければ違約金が発生します。
出来る限り素早く返却をしましょう。

回線工事にはそれぞれ工事費用がかかる

手続きの関係だけでもこれだけの大変な作業が必要になります。
それ以外にも回線工事をするためには工事費用がかかります。

そして回線撤去作業と設置工事それぞれに工事費用が必要なので意外に多くの
出費があるというのが正直な感想です。

ちなみに撤去工事は10,000円くらい、設置工事は一戸建てが18,000円くらいで
集合住宅は15,000円くらいになります。

ただし工事費用は光コラボ業者によって変わりますし、集合住宅なら回線の
分配方式でも工事費用が違います。

まあそれでもかなりの工事費用が必要になるのは変わりませんが。
かなり金額の負担が大きいので気をつけましょう。

ひかり電話の乗り換えはもっと大変

光コラボから光コラボの乗り換えはその手続だけでもこれだけ大変でした。
でもそこにひかり電話のオプションも付いているとさらに大変だったのです。

事業者変更ではほぼ手続きが必要なく、電話番号もそのまま使い続けることが
出来るのですが・・・

以前は一度アナログ回線に電話番号を戻してから、別の光コラボ業者で
ひかり電話の契約をして番号ポータビリティをする必要がありました。

その手順も確認してみましょう。

NTTに連絡してアナログ戻しをする

ひかり電話で使っていた電話番号をアナログ回線で使うためにNTTに連絡をして
アナログ戻しをします。

手続きが必要、という意味では大変ですが問題がなければこれだけで電話番号を
アナログ回線で使えるようになります。

ただしアナログ回線に問題があればちょっと大変なことになります。
ちなみにこれだけなら工事手数料は2,000円程度です。

アナログ回線の確認をして工事をする

アナログ回線に破損がある、またはひかり電話に乗り換えた時にアナログ回線を
撤去してしまったという場合にはアナログ回線の工事が必要です。

破損部分の交換だけでも派遣工事になるので最低でも7,500円程度の工事費用で
アナログ回線が完全に撤去されていれば10,000円以上の工事費用がかかります。

特に電柱からの引き込み回線も撤去されている場合、工事費用は13,000円を超えた
という口コミの報告もありました。

状況によってアナログ回線の工事費用はかなり高くなるので注意が必要です。

新しく契約した光コラボ業者で番号ポータビリティ

無事にアナログ回線への電話番号の戻しが終わったら、今度は新しく契約した
光コラボ業者でまたひかり電話のオプション契約をします。

そちらに番号ポータビリティで同じ電話番号を使えるように申込みをします。
これで電話番号の乗り換えが完了します。

かなりの手間と場合によっては高額の工事費用が必要だったのです。

アナログ戻しが出来るのはNTT発番の電話番号だけ

アナログ戻しはどんな電話番号でも出来るものではありません。
まあ名前でわかると思いますが、元々アナログ回線で使っていた番号のみです。

ひかり電話など新規加入をした場合でも電話番号をもらうことができます。
でもその電話番号はアナログ回線では使えない電話番号なのです。

元々アナログ回線で使っていた電話番号をひかり電話など光回線を使った
電話サービスで使うために番号ポータビリティをした場合に戻せるのです。

ちなみに事業者変更ではNTT発番以外の電話番号、光発番と言われる
ひかり電話などで新規加入してもらった電話番号でも問題なく使い続けられます。

この電話番号の問題は事業者変更の大きな魅力でもあると思います。

今なら事業者変更での乗り換えはかなりおすすめの方法

単純に光コラボから光コラボへの乗り換え、というだけではなくオプションの
乗り換えに関しても事業者変更はかなり便利になっています。

それに事業者変更で乗り換えに失敗した、と思っても初期解約解除制度を
使うことができます。

これは回線契約のクーリングオフのようなもので、契約に関する書面を受け取ってから
8日以内ならは契約業者の合意なく解約ができるという制度です。

まあそんな制度を使わずに済むように最初からちゃんと調べて乗り換えをすることが
おすすめなのですが。

事業者変更を使えば光コラボから光コラボへの乗り換えはとても簡単になります。
上手に利用してお得に光回線を使ってください。

 






 
 
 

-光コラボの事業者変更

Copyright© 光回線の教えて君 , 2019 All Rights Reserved.