光コラボの事業者変更

事業者変更承諾番号の取得方法はどうやるの?

投稿日:

新しく2019年7月1日から事業者変更という手続きが開始されました。
これを使うことで光コラボ業者同士の乗り換えがとても簡単になりました。

でも事業者変更を行う時に必要になるものなど、細かな方法はよくわからない
という人も多いと思います。

中でも必ず必要になる「事業者変更承諾番号」の取得方法についてちょっと
詳しく調べてみることにしました。

事業者変更のために必ず必要になる番号が事業者変更承諾番号

簡単に事業者変更承諾番号を説明すると「事業者変更手続きに必ず必要になる番号」
ということになります。

まあこれが説明の全て、とも言えるのですが。
事業者変更をするとき以外にこの番号は使いません。

わかりやすく言うと転用の時に使った転用承諾番号と同じです。
使い方も取得方法もほぼ変わらないです。

では使い方と取得方法を確認してみましょう。

現在契約している光コラボ業者から払い出ししてもらう

取得方法は「現在契約している光コラボ業者から払い出ししてもらう」こと。
つまり契約中の光コラボ業者に連絡をして教えてもらいます。

例えば業者Aから業者Bに乗り換えるとします。
現在契約しているのは業者Aなのでこちらから事業者変更承諾番号をもらいます。

それを業者Bに伝えることで事業者変更という手続きができるのです。
やることは転用のときと全く同じです。

乗り換え先の他にも事業者変更承諾番号を教える場合もある

基本的には乗り換え先の光コラボ業者に教えて事業者変更の手続きをするのが
事業者変更承諾番号の使い方です。

でも乗り換え先の光コラボ事業者以外にも番号を教える場合もあります。
それがNTTと直接契約するオプションがある場合です。

乗り換えの関係でオプションサービスの提供がNTTに変更になることがあります。
この時に事業者変更承諾番号をNTTに教える必要がある場合もできるのです。

まあちょっと特殊な状況ではありますが、そんな状況があることも覚えておきましょう。

事業者変更承諾番号は即日発行

事業者変更承諾番号をもらうのに時間はかかるのか。
もらうのにかかる時間はほぼありません。

請求をしてからすぐにもらえるので、即日発行、といってもいいかと。
ちなみに現状ほとんどの光コラボ業者では電話で教えてもらうことになります。

光コラボのサポートセンターなどに電話をかけて事業者変更承諾番号の払い出しを
行ってもらうとすぐに番号をもらえます。

連絡先はNTT東日本やNTT西日本から連絡先一覧としてPDFがネット上に
公開されています。

一応主要な光コラボ業者の連絡先を書いておきます。

・ ドコモ光 0120-800-000 ドコモ携帯からは151
・ ソフトバンク光 0800-111-2009
・ BIGLOBE光 0120-04-0962
・ @nifty光 0570-03-2210 03-6625-3232
・ ぷらら光 固定電話から009192-33 ひかり電話から0120-971-392
・ OCN光 0120-506506
・ So-net光 0120-45-2522
・ DMM光 0120-660481
・ DTI光 0570-004-740
・ エキサイト光 0570-783-812
・ 楽天ひかり 0800-600-0111
・ U-NEXT光 0570-060-602
・ Marubeni光 0120-152-602
・ @Tcom光 0120-805633
・ AsahiNet光 0120-577-757
・ hi-hoひかり 0120-212-587
・ WAKWAK光コラボ 0120-309-092
・ エディオン光 0120-15-1570
・ TNC光 0120-805-633
・ IIJmioひかり 03-5205-4400

事業者変更承諾番号には有効期限がある

即日発行される事業者変更承諾番号ですが、有効期限というものがあります。
有効期限を過ぎると効果がなくなってしまいます。

効果がなくなった番号を使って事業者変更の手続きが出来ないので、有効期限までに
手続きが慣用しなかった場合には最初から手続きがやり直しになります。

この最初というのは事業者変更承諾番号の取得からということになります。
つまりまた光コラボ業者に連絡をして番号の払い出しをしてもらうことになります。

ちなみに有効期限はもらった日を含めて15日間です。
そして番号を見れば有効期限がいつまでなのかもわかるようになっています。

事業者変更承諾番号の有効期限の確認方法

事業者変更承諾番号は11桁の英数字で出来ています。
その中に有効期限も含まれているのです。

最初に英字が書かれているのですが、これはNTTの管轄地域になります。
Fなら東日本地域、Tなら西日本地域ということです。

その後の4桁が有効期限です。
番号を受け取った日+14日の数字が書かれています。

つまり7月1日に番号をもらった場合はここに0715と書かれています。
これで7月15日が有効期限ということがわかります。

その後の6桁の数字は発行番号ということです。
例えば7月1日に東京で番号発行をするとF0715111111などの番号になっています。

事業者変更承諾番号の取得には料金がかかる

注意点としては事業者変更承諾番号の取得には料金がかかります。
番号の払い出しの手数料として大体3,000円程度の料金が発生します。

ただ料金は光コラボ業者によって変わるので、場合によっては安くなる可能性も。
まああまり他の業者と変わらないと思うのですが。

ちなみにこの料金は番号の払い出しにかかる手数料なので乗り換える元、現在契約中の
光コラボ業者に支払う金額ということになります。

事業者変更には他にも手数料が必要

もう1つ事業者変更を行う時に必要になる手数料があります。
それが契約の変更をするための事務手数料です。

これも転用などの時に支払っているのでわかりやすいと思いますが、回線契約の
変更を行うので事務手数料が必要になるのです。

こちらも大体3,000円くらいで、これは乗り換えた先の光コラボ業者に支払います。
つまり事業者変更では乗り換える元と先の両方に手数料が発生します。

NTTのサービスを使うオプションの場合はさらに手数料がかかる

NTTにサービスを継続してもらうオプションを使う場合、NTTにもその手数料を
支払う必要があります。

こちらは1,800円でオプションを使っていないユーザーには必要ありません。
しかもNTTがサービス継続をする場合にのみ発生する手数料です。

すべての人にかかる手数料ではありませんが、さらに手数料が必要になるという
可能性があることも覚えておきましょう。

事業者変更とは光コラボ業者同士の乗り換え

事業者変更承諾番号についての詳しい説明などをしてきましたが、そもそもこの番号を
使う手続きの事業者変更とはどんなことなのでしょうか。

簡単には説明しましたが、もう少し詳しく説明したいと思います。
一言で言えば「光コラボ業者同士の乗り換え」が出来る手続きのことです。

もっと簡単に光コラボの再転用と言ってもいいかもしれません。
これが出来るようになったのが事業者変更なのです。

ではなぜ事業者変更がこんなに注目されているのか。
今までは光コラボにすると中々乗り換えができなかったためです。

光コラボから光コラボの乗り換えは転用ではできない

光コラボとはNTTのフレッツ光を使っているインターネット回線サービスの1つで
プロバイダと一体型の料金体系という特徴があります。

つまりプロバイダ料金と回線の月額料金がセットでお得になるのが光コラボです。
フレッツ光とプロバイダを別々に契約するよりも月額料金が安くなります。

ただし光コラボにするとフレッツ光回線をその光コラボ業者に卸して使うという
状態になるので他の光コラボ業者では使う事ができませんでした。

そのために光コラボ選びはとても慎重にするべき、という意見が多くありました。
まあでもこれってかなり面倒くさいことですよね。

そこでもっと簡単に光コラボ同士の乗り換えが出来るように、新しい制度が誕生。
これが事業者変更というわけです。

ちなみに転用とはフレッツ光から光コラボにするための手続きで、光コラボから
光コラボに乗り換える場合には利用できません。

ただ事業者変更は手続方法がほぼ転用と同じなので光コラボから光コラボに転用する
という印象が強い人も多いようです。

光コラボからフレッツ光に戻すことも出来る

事業者変更のもう1つの特徴は今までできなかったフレッツ光に戻すという手続きも
出来るようになったことです。

光コラボにすると使っていたフレッツ光が光コラボ専用になるので、同じフレッツ光でも
フレッツ光として使うことができなくなっていたのです。

でも事業者変更を使えば光コラボからフレッツ光に戻すこともできます。
さらにNTT東日本管轄からNTT西日本管轄に移動することもできます。

今までは東日本から西日本に引っ越しをするとフレッツ光でも一度解約をして
移転先で再契約が必要でした。

でも事業者変更を使えば東日本と西日本という管轄に関係なくサービスを継続して
使い続けることができるのです。

このようにかなり簡単に乗り換えが出来るようになった事業者変更のメリットを
更に詳しく確認してみましょう。

事業者変更のメリットはこんなところ

今までの光コラボ同士の乗り換えでは基本的に回線工事が必要になったので
それがなくなるというのはかなり大きなメリットになります。

事業者変更のメリットも大体この回線工事がなくなることと関係しています。
では具体的にどんなメリットが有るのか。

2重回線やインターネットを使えない期間が出来ないこと

以前の光コラボ乗り換えでは専用になった光回線の撤去と、新しく契約する
光コラボ用の回線設置工事が必要でした。

そしてこの回線工事のタイミングが悪いと2重回線やインターネットを使えない期間が
出来るというトラブルになります。

2重回線は単純に光回線を2回線設置することになるのですが、賃貸住宅では回線を
設置するために外壁に傷をつけると退去時のトラブルに発展しやすいです。

さらに壁に穴を開けないと2つの回線が設置できない、ということになるとその許可を
取るために時間がかかるという状況も。

逆に設置工事の期間が長く、撤去から設置までの時間がかかればその間は
インターネットへの接続ができなくなります。

でも事業者変更なら回線の使い回しが出来るのでこれらのトラブルが発生する可能性が
なくなるという大きなメリットがあります。

回線工事の立ち会いがいらない

回線工事がないのでそもそも回線工事の立ち会いは必要ありません。
これがないというのは意外に嬉しいのです。

光回線の設置工事では室内へのONU設置などがあるのでどうしても立ち会いが
必要になる場合が多いのです。

しかも土日や祝日に工事を頼むとその分の別料金が必要になります。
平日では一人暮らしで仕事をしているとまず無理ですし・・・

当然土日に頼むしかない人も多いので混雑が予想されます。
空いている日に予約をするとなると工事までかなり時間がかかるという場合も。

そんな心配は事業者変更では全くありません。
回線工事が必要ないのですから。

回線工事の費用がかからない

ここまで説明すれば当たり前なのですが、回線工事にかかる費用がありません。
事業者変更ではほとんどの場合、回線工事がありませんから。

そして回線工事をする、ということは工事費用が必要になるということで
事業者変更ではその回線工事費用がいらないというのもメリットになります。

回線工事費用は意外に高額なのでそれがないのは地味でも嬉しいです。

今まで使っていた周辺機器を使い続けられる

光回線ではデータの変換をするために光回線終端装置のONUが必要です。
ひかり電話などオプションサービスを使っていれば、その機材もあります。

回線工事が必要になるとそれらの周辺機器の交換が必要なのですが
事業者変更ならそれらの機材をそのまま使い続けることができます。

パソコンに詳しい人なら周辺機器の接続など問題はないでしょうが。
あまり詳しくなければWi-Fiルーターの接続でも大変です。

それ以外にもONUやホームゲートウェイなどの接続も必要になると混乱しますが
現在のまま使い続けられるのでその心配がないのです。

固定回線で使っている電話番号をそのまま使い続けられる

こちらはオプションに関することですが、ひかり電話で使っている電話番号が
乗り換えた光コラボ業者でもそのまま使い続けられるのです。

今までは電話番号を使い続けるのに厳しい条件がありました。
状況によっては必ず電話番号が変わるということもありました。

でも事業者変更ならどんな状況でもほぼ問題なく今まで使っていた電話番号を
そのまま使い続けることができるのです。

特にひかり電話を使っている人にはかなり嬉しいメリットになります。

事業者変更のデメリットはこんなところ

事業者変更のメリットを確認したところで、今度はデメリットも確認してみます。
こちらも色々と考えられますが、基本的にはコストに関することです。

転用と同じように簡単な手続きで光コラボ同士の乗り換えができるのですが
転用よりもちょっとコストがかかるのです。

それがデメリットと感じることが多いと思いました。

乗り換える時に解約違約金が発生する可能性がある

転用ではフレッツ光から光コラボ業者に乗り換える時にフレッツ光の契約が
複数年契約でも違約金が発生しませんでした。

それに対して事業者変更で光コラボ業者同士の乗り換えをする場合には
乗り換える元の光コラボ業者では解約違約金が発生する可能性があります。

複数年契約をしている場合、途中解約となるので解約違約金が発生します。
それを回避するためには契約更新月の解約が必要です。

タイミングよく契約更新月に事業者変更ができれば違約金は発生しないのですが。
普通に乗り換えをする場合にそれは難しいと思います。

場合によって回線工事費用が発生する

基本的に事業者変更では回線工事がありません。
でも契約変更を同時にする場合は回線工事が必要になります。

例えば今まで下り最速200Mbpsの契約だったところを、事業者変更と同時に
下り最速1Gbpsの契約に変更した場合などです。

この場合には回線契約の変更が行われるので回線工事が必要になります。
当然工事費用もかかるということになります。

事業者変更で回線工事費用がかからないのは回線契約も同じ状態で乗り換える
という場合になります。

プロバイダの変更が必要になる場合が多い

光コラボはプロバイダと回線の料金体系が一つになっています。
そして提供している業者にはプロバイダも多くあります。

そんな光コラボでは多くの場合、プロバイダを選ぶことが出来ません。
光コラボを選ぶと決まったプロバイダとの契約が必要になることが多いです。

例えばBIGLOBE光ならプロバイダはBIGLOBEのみ対応となります。
ソフトバンク光ならプロバイダはYahoo! BBのみです。

このように決まったプロバイダと契約が必要になるので、光コラボ同士の乗り換えを
行った場合にはプロバイダを変更する可能性がとても高くなります。

プロバイダを変更することでインターネットを使う環境は変わってきます。
環境を変えたくないという場合に光コラボの乗り換えはちょっとリスクが高いです。

プロバイダ変更に関する状況の変化というのは大きなデメリットに感じる人も
多いのではないでしょうか。

回線工事費用の支払いが終わっていないと残債の支払いも必要

回線工事には費用が必要になるのですが、その支払は一括と分割で選べます。
一括で支払っていればいいのですが・・・

分割の支払料金が残っている時に事業者変更をすると、当然ですが残りの料金の
支払いが必要になります。

光コラボ業者によって残債の支払い方法は違うので、こちらも確認が必要です。

事業者変更で乗り換え先を選ぶポイント

メリットとデメリットを考えてもやはり事業者変更はかなり便利な手続きだと思います。
そこで事業者変更を使う場合の重要点を考えてみます。

やはりどこの光コラボ業者に乗り換えればいいのか。
これをしっかりと考えて使うことがおすすめです。

一応かなり簡単に光コラボ業者同士の乗り換えが出来るようになりましたが、それこそ
何度も短期間で繰り返し乗り換えるのはあまりにも問題が多いです。

乗り換えが簡単になったからこそ、どこに乗り換えればいいのかをきちんと考えて
乗り換えることをおすすめします。

同じプロバイダが使えるところを選ぶ

インターネットを使うことを考えれば、光コラボ業者を乗り換えても同じプロバイダを
使い続けられるというのは大きなメリットだと思います。

環境が変わらずにインターネットが出来るという以外にも乗り換えた時に切り替えが
とてもスムーズで余分な手続きがいらないというメリットもあります。

ただし同じプロバイダが使える光コラボ業者というのはかなり数が少ないです。
そもそも光コラボ業者で複数のプロバイダを使い分けることが出来るのは珍しいですし。

同じプロバイダを使えればとても便利なのですが、これはちょっと難しいと思います。

スマホの月額料金割引が出来る

私がおすすめする選び方ならこのスマホの月額料金割引で選ぶ方法がおすすめです。
光コラボでは色々な加入特典を利用することが出来ます。

その中には特定の携帯キャリアのスマホの月額料金を割引してくれる特典が
利用できるところがあるのです。

例えばドコモ光ならドコモのスマホのデータ定額パックから1,000円の割引を
契約期間中ずっとしてくれるという特典があります。

こんな感じの割引サービスで光コラボ業者を選べば、通信費用の合計を安くすることが
出来るようになるのでおすすめです。

IPv6方式の通信サービスに対応している

フレッツ光では次世代通信規格のIPv6方式の通信サービスを提供しています。
そしてプロバイダでは以前の通信方式と互換性のある通信サービスも提供しています。

それがIPv6 IPoE+IPv4 over IPv6方式という通信方法で、これを使えばIPv6方式に
対応していないサイトでも高速通信を期待することができます。

プロバイダによって対応が違い、場合によってはオプション料金などが必要になりますが
無料でIPv6 IPoE+IPv4 over IPv6方式のサービスが使えるところもあります。

光コラボ業者を選ぶならこのIPv6 IPoE+IPv4 over IPv6方式に対応していてお得に
サービスの利用ができるところがおすすめです。

Wi-Fiルーターの無料レンタルやオプション料金なしがおすすめ

ちょっと細かく説明するならWi-Fiルーターの無料レンタルをしているところは
おすすめしやすいです。

IPv6 IPoE+IPv4 over IPv6方式の通信をするには必ず対応のWi-Fiルーターが必要で
それを無料でレンタルしているプロバイダなどもあります。

そこに対応している光コラボ業者を選べば無料でIPv6 IPoE+IPv4 over IPv6方式の
通信サービスを使えることになります。

またIPv6 IPoE+IPv4 over IPv6方式の通信自体は無料なのですが、これを使う条件に
ひかり電話などオプションに加入することが必要という場合も。

有料オプションやWi-Fiルーターレンタル料金は大体500円程度の月額料金ですが
それが何年も積み重なると負担は大きくなります。

できれば無料で使える光コラボ業者をおすすめします。

新規加入特典が豪華なところがおすすめ

Wi-Fiルーター無料レンタルなどにも関係しますが、事業者変更での乗り換えでは
新規加入キャンペーン特典が利用できるところが多くあります。

その新規加入キャンペーン特典が豪華なところはおすすめしやすいです。
キャンペーン特典でWi-Fiルーターレンタル無料なども考えられますし。

単純にキャッシュバックも直接的な負担を減らせるのでいいのですが、光コラボ業者では
それぞれにお得なキャンペーン展開をしています。

それを調べてお得なところに乗り換えるというのもおすすめです。

事業者変更の手順を確認してみる

では事業者変更の手続きはどうやって行えばいいのか。
事業者変更承諾番号の取得も合わせて確認してみましょう。

番号の取得方法は現在契約中の光コラボ業者に連絡をして払い出しをしてもらう
というだけです。

そのタイミングも合わせて手順を確認してみましょう。

オプションやメールアドレス利用の確認

光コラボ業者の乗り換え手続きをする前に、今まで使っていたプロバイダの
メールアドレスの利用や引き継ぎができるオプションの確認をしておきます。

一応引き継ぎ可能なオプションなどは事業者変更手続きの途中で業者から
確認があると思いますが。

自分でも事前に確認をしておくと焦らずに手続きができると思います。
それとプロバイダ変更の可能性は高いのでメールアドレスは確認します。

重要な連絡先にプロバイダのメールアドレスを登録していると、連絡が
できなくなってしまうことになります。

まあ新しく契約した光コラボ業者のプロバイダメールをもらってから変更
という方法もあるのですが・・・

何度も確認するのが大変ならフリーメールを使うというのもおすすめです。
フリーメールならプロバイダがどこでも関係なく使えるので使いやすいです。

事業者変更承諾番号をもらう

オプションなどの確認が終わったら手続きの開始です。
最初にやることが事業者変更承諾番号の取得になります。

現在契約している光コラボ業者に連絡をして番号の払い出しをしてもらいます。
この時は基本的に電話での連絡になるのは説明したとおりです。

そして番号の払い出しをする時に契約者のIDとパスワード、電話番号などが
必要になります。

これも事前に確認しておくと、スムーズに番号の払い出しをしてもらえます。

契約者IDは会員専用サイトか契約時の郵送書類で確認

契約者IDがわからないという場合、多くの場合プロバイダの会員専用サイトで
確認をすることが出来ます。

まあ最初に決まっている会員専用サイトにログインするためのIDとパスワードが
そのまま必要になると思って問題ないかと。

多くのユーザーはIDやパスワードを変更しているので確認しておきましょう。
それから契約時の郵送される書類にも契約者IDとパスワードは記載されています。

契約時に重要書類が届くはずですが、そこにも契約者IDとパスワードがあるので
それを探しておくという方法でも構いません。

もらった事業者変更承諾番号を乗り換え先の光コラボ事業者に伝える

無事に事業者変更承諾番号をもらったら、今度はそれを乗り換える先の光コラボ事業者に
伝えます。

即日受け取りができますし、有効期限もあるので出来る限り素早く番号を伝えます。
まあ実際には光コラボ業者に新規加入申し込みをするのですが。

WEBからでも電話でも新規加入申し込みをすると最終的に電話での申込確認が
行われると思います。

その時に事業者変更での乗り換えを希望していることを伝えればいいだけです。
まあ電話での申込みならオペレーターにすぐに申込みをしても問題ないのですが。

事業者変更での申込みはやはり電話での連絡になります。
ここで番号を伝えれば基本的にユーザーの出来ることは基本的に終わりです。

オプションによってはNTTにも事業者変更承諾番号を伝える

乗り換え先の光コラボ業者でNTT関係のオプションサービスが提供されておらず
そのオプションを使っている場合、NTTから連絡が来ます。

このときすでに乗り換え先の光コラボ事業者から説明されていると思いますが
乗り換え先に無いNTTオプションを継続して使う場合はNTTがサービス継続をします。

そのためにサービス提供会社が変更になること、そのために個人情報の遣り取りをする
という承諾が必要になります。

その承諾を取るためにNTTから事業者変更の手続きが完了する前に契約者本人に
電話での確認をしています。

この時に事業者変更承諾番号を伝える必要があるので、オプションを使い続けるなら
NTTにも番号を伝えましょう。

新しく契約する光コラボ業者のプロバイダから書類が郵送される

ユーザーがするのは事業者変更承諾番号をもらってそれを伝えるだけです。
後は光コラボ業者とNTTが連絡して手続きを進めてくれます。

申込みから1週間程度で新しく契約する光コラボ業者のプロバイダから
重要書類が届きます。

こちらには新しく使うプロバイダのユーザーIDとパスワードが記載されています。
それを使ってインターネットへの接続ができれば手続完了です。

事業者変更が出来るまでの光コラボ同士の乗り換え手順

事業者変更を使った乗り換え手順を確認してみましたが、基本的にユーザーが
行うことが少なくかなり手軽という印象です。

では事業者変更を使えなかったときの光コラボ同士の乗り換えにはどんな手間が
かかっていたのでしょうか。

プロバイダの変更やオプションの確認は変わらないのですが、ユーザーが行う
手続きだけでもかなり大変な状態でした。

乗り換え先の光コラボ業者に新規加入申込みをする

最初にすることは乗り換え先の光コラボ業者に新規加入申し込みをすることです。
現在光コラボの契約をしていても、回線設置がされていても新規加入です。

そして回線設置工事の予約もします。
まあ実際に回線が設置されているので問題なく設置ができるはずですが。

一応下見なども合わせて2週間から3週間の期間が必要で、その後に
回線設置工事の予約日を決めることになります。

契約している光コラボ業者に解約の連絡をする

回線設置工事の予約日が決まったら、今度は現在契約している光コラボ業者に
解約の連絡をします。

解約の連絡をしてもすぐに解約できるわけでもないので、解約予定日を決めます。
その解約予定日を先程決まった回線工事予約日にします。

これで回線撤去工事と回線設置工事を同時に出来るようになります。
この工事のタイミング合わせがとても大変で手間がかかりました。

回線工事の立ち会い

後は回線工事の日になったらその工事に立ち会います。
基本的に光回線の工事は室内工事を含むので立ち会いが必要です。

ただ集合住宅の場合、回線分配方式によっては立ち会いが必要ないということも。
まあ回線撤去工事も同時に行うので立ち会いが必要になることが多いのですが。

それぞれの工事で立ち会いが必要になるかは、連絡した時に聞いておきましょう。

回線設置工事が終わって開通確認ができれば新しく光コラボ業者での
インターネット接続が出来るようになっているはずです。

レンタル器材の返却

光コラボの乗り換え自体は終わっているのですが、今まで使っていた光コラボ業者から
レンタルしていた機材があるはずです。

これを返却しなければ、高い違約金が発生することもあります。
期限も決まっているのでなるべく早くレンタル器材は返却しましょう。

ちなみに返却方法は光コラボ業者によって違います。
返却キットを郵送してくれるところならそれに返却用の伝票なども付属しています。

返送の郵送料がユーザー負担というところもあるので、こちらも確認しておきましょう。

ひかり電話などのオプションを使っているとさらに手間がかかる

ここまでの手順は単純に光回線の乗り換えだけです。
これにオプションも使っているならもっと手間がかかります。

特にひかり電話を使っていて同じ電話番号を使い続けたいならアナログ戻し
という手続きを取る必要があります。

これはひかり電話で使っている電話番号を一度アナログ回線で使えるように
手続きをし直すことです。

アナログ回線で使えるように戻したら、光コラボ業者の乗り換え後にまた
ひかり電話に加入して番号ポータビリティをします。

これで同じ電話番号を乗り換え後のひかり電話でも使い続けられます。
この手間が事業者変更で無くなったのは本当に嬉しいことです。

アナログ戻しはNTT発番の電話番号のみ

先程のアナログ戻し、実は全ての電話番号で出来るわけではありません。
ひかり電話に新規加入してもらった電話番号では出来ないのです。

元々アナログ回線で使っていた電話番号はNTT発番と言われる番号で
こちらだけがアナログ戻しをする事ができます。

ひかり電話に新規加入してもらった電話番号はアナログ回線で使えない番号なので
アナログ戻しをする事ができません。

その状態で光コラボ業者の乗り換えをすると、ひかり電話の解約と再契約が
必要になるので必ず電話番号が変わってしまうのです。

事業者変更ではこのひかり電話でもらった電話番号でも変わらずに使い続けることが
出来るようになるのが大きな魅力です。

事業者変更承諾番号を使えば光コラボ同士の乗り換えがとても簡単

事業者変更が出来るようになるまでは光回線の撤去と設置工事が必要で
その工事費用もかなりかかるというとても大変な作業でした。

光回線の工事費用だけで30,000円以上するのは当たり前で、これにアナログ戻しの
手数料や工事費用もかかるとさらに13,000円以上のコストが必要でした。

今なら事業者変更承諾番号の払出手数料と事務手数料くらいで光コラボ同士の
乗り換えができるようになりました。

しかもひかり電話に関してはどんな状況でも電話番号を変えずに乗り換えができると
かなり魅力的です。

手間もコストもかからず手軽に光コラボ同士の乗り換えができる事業者変更は
とても使いやすい制度なので乗り換えのときにはぜひ使ってほしいです。

-光コラボの事業者変更

Copyright© 光回線の教えて君 , 2019 All Rights Reserved.