事業者変更

ぷらら光からドコモ光に事業者変更が出来る?

投稿日:

光コラボはフレッツ光よりもお得にインターネットが使えるサービスとして
とても注目されていました。

フレッツ光から転用を使って乗り換えたというユーザーも多いと思います。
でも一度光コラボに乗り換えると別の光コラボに乗り換えるのはちょっと大変でした。

その光コラボ同士の乗り換えがとても簡単にできるようになる制度が開始されました。
この「事業者変更」について詳しく見てみたいと思います。

ぷらら光からドコモ光への乗り換えもとても簡単になる

例えば今までぷらら光という光コラボを使っていたとします。
ここから同じNTTグループのドコモ光への乗り換えをしたい場合はどうしますか?

以前はぷらら光からドコモ光への乗り換えはとても大変でした。
どちらも同じNTTグループの光コラボですが、簡単に乗り換えができなかったのです。

ではどうやって乗り換えをしていたのか。
一言で言えば解約再契約をしていました。

その方法ではデメリットやリスクがとても多く、あまりおすすめできる方法では
ありませんでした。

でも新しく始まった事業者変更ならとても簡単に光コラボ同士の乗り換えが
出来るようになるのです。

光コラボの再転用が事業者変更

フレッツ光から光コラボに乗り換えるときには転用という制度を使いました。
これを使うことでフレッツ光の契約をほぼそのまま光コラボに引き継ぐことが出来ました。

そして事業者変更とはこの転用をさらに光コラボ同士で行う、いわゆる再転用という
感じの乗り換えができる方法なのです。

基本的に転用ではフレッツ光から光コラボへの乗り換えができるだけで、光コラボ同士の
乗り換えでは使う事ができません。

そこで事業者変更を使うということになるのです。

ぷらら光からドコモ光への乗り換えなら環境が変わらないのでおすすめしやすい

事業者変更を行う場合、使っているインターネット環境が変わりやすいというのが
デメリットの一つと考えられています。

この辺のことは後で詳しく説明しますが、ぷらら光からドコモ光への乗り換えなら
そのデメリットがかなり軽減できると考えられます。

そして他にもおすすめできる魅力があるのですが。
その魅力についてもちょっと確認してみましょう。

ドコモ光の対応プロバイダにplalaが含まれている

ドコモ光は光コラボとしては珍しく、プロバイダを複数から選ぶことが出来ます。
しかも20社以上から選べるのはとても魅力的に感じます。

そしてそのドコモ光の対応プロバイダにはぷらら光で使っているプロバイダの
plalaも含まれているのです。

つまりドコモ光に乗り換えたとしてもプロバイダにplalaを選べば使っている
環境を変えずにインターネットができるのです。

新規加入特典を使えばお得になる

ドコモ光に限ったことではないのですが、事業者変更で光コラボ同士の乗り換えを
行った場合でも新規加入特典が使えるところはたくさんあります。

そしてドコモ光では対応プロバイダが多いので、それぞれのプロバイダが多くの
新規加入特典を展開して加入者を集めているのです。

つまりドコモ光でプロバイダを選んで加入申し込みをすれば、キャッシュバックなど
かなりお得なキャンペーン特典を使える可能性は高いのです。

まあぷらら光からドコモ光への乗り換えではプロバイダの変更をすることになる
という状態でもあるので、ちょっと悩むところではありますが。

ドコモのスマホを使っているとお得になる

ドコモ光に加入することでドコモのスマホのデータ定額パックの月額料金が
割引になる特典が利用できます。

こちらもどのプロバイダを選んでも問題なく使える特典なので、プロバイダ選びに
関係なく利用できるのでかなり嬉しい特典です。

何より固定回線のサービスを選ぶだけで携帯端末の月額料金も安くなるというのは
とても大きな魅力に感じました。

簡単にまとめてみましたが、ぷらら光からドコモ光への乗り換えにはこんな魅力が
見つかりました。

事業者変更をすることのデメリット

ぷらら光からドコモ光に乗り換える場合のメリットを見てみましたが
事業者変更を行う場合のデメリットもあります。

先ほど説明したようにプロバイダを変更することになれば、現在使っている
インターネット環境を変えるということにもなります。

ユーザーによってはそれがとても大きなデメリットになります。
まあぷらら光からドコモ光ならプロバイダ変更無しで乗り換えも出来るのですが。

ここでは一般的な事業者変更で考えられるデメリットを確認してみます。

プロバイダが変更になる可能性はとても高い

一般的な光コラボでは対応しているプロバイダは1つだけです。
つまり光コラボの乗り換えをすれば当然プロバイダも変更になる可能性は高いです。

プロバイダが変更になると、プロバイダが提供していたサービスが使えなくなります。
NTTがもともと提供しているオプションサービスは継続できる可能性が高いです。

例えばひかり電話やひかりTVなど、NTTが提供しているサービスをプロバイダが
代行しているというオプションサービスは別のプロバイダでも使えることが多いです。

ただプロバイダが提供する、24時間サポートやセキュリティソフトのサービスなどは
別の光コラボに乗り換えると使えなくなります。

それにプロバイダが提供しているメールアドレスも当然光コラボの乗り換えで
使えなくなります。

サービスが使えなくなる環境の変化というのはかなり大きいと思います。

乗り換えをするのに色々と手数料が必要になる

転用の場合は事務手数料くらいでほぼコストがかからずに乗り換えができましたが
事業者変更の場合は色々と手数料がかかります。

完全無料で乗り換えができる、ということはまずありません。
まあ新規加入特典のキャッシュバックで相殺するということは出来るでしょうが。

では事業者変更で必要になるコストを細かく確認してみましょう。

事務手数料

転用のときと同じで契約手続きの変更をするので事務手数料がかかります。
大体3,000円くらいですが光コラボ業者によって変わります。

ちなみに事務手数料は手続きの変更をしてもらう、乗り換え先で支払います。
ぷらら光からドコモ光に乗り換えるならドコモ光に支払うことになります。

こちらは事業者変更をする場合に必ず支払いが必要になる手数料です。

事業者変更承諾番号払出手数料

事業者変更をするためには契約している光コラボ業者から事業者変更承諾番号
という番号をもらう必要があります。

MNPや転用のときにも同じように番号の払出しがあったのでわかると思いますが
それが事業者変更でも必要になります。

この番号をもらうための手数料もかかります。
こちらも大体3,000円程度ですが、やはり光コラボ業者によって変わります。

そして事業者変更承諾番号は現在契約している光コラボ業者からもらうので
こちらは番号を発行してもらった、今契約している乗り換え元に支払います。

こちらも事業者変更をするときには必ず必要になる手数料です。

光コラボ業者の解約違約金

光コラボ業者同士の乗り換えになるので、場合によっては光コラボ業者の契約途中で
乗り換えをすることになります。

この時に複数年契約をしているなら途中解約の違約金が発生します。
これも契約年数と業者によって変わりますが大体2年契約で9,500円程度です。

ただしこちらは光コラボ業者の契約更新月に解約することで支払いが必要なくなります。
また光コラボ業者によっては最低利用期間以外の違約金が無いという場合も。

ちなみにぷらら光の場合は基本的に複数年契約ではないので違約金がありません。
ただしキャンペーンの利用やひかりTVを使っていると違約金が発生します。

このように光コラボ業者によって契約は違うので、ちゃんと確認しておきましょう。

回線工事費用の支払い残債

新規で光コラボ業者に申し込みをした場合、光回線の設置工事も行うことになりますが
その支払いが終わっていない場合は残債の一括支払いが必要です。

こちらは当然工事費用の支払いが完了していない場合のみで、金額も残っている
工事費用の残債によって変わります。

フレッツ光から転用して、さらに事業者変更をする場合には多分支払いは完了している
と思いますが。

こちらも残っている場合のみ必要になる金額です。

NTTへの継続契約手数料

光コラボ業者によってはNTTのオプションサービスの提供をしていないところも。
そちらに乗り換える時にサービス継続を希望するならNTTへの連絡が必要です。

光コラボ業者が提供していないサービスを引き続き使う場合はNTTがそのサービスを
引き継いで提供してくれることになります。

そしてこの引き継ぎの手数料として1,800円が必要になります。
これもNTTへの引き継ぎサービスを利用する場合のみの手数料です。

乗り換えの時にサービスの引き継ぎをしない、乗り換え先でサービスの提供がある
という場合にはこの手数料は必要ありません。

事業者変更をすることのメリット

事業者変更をすることのデメリットを調べたので、今度はメリットについても
確認してみたいと思います。

先ほどぷらら光からドコモ光への乗り換えに関するメリットは確認したので
今度は事業者変更をする場合の一般的なメリットについて調べてみます。

回線工事がない

今までは光コラボ同士の乗り換えをするときには光回線を一度撤去してから
再設置するという工事が必要になりました。

この回線工事が必要なく、そのまま使い続けられるのが事業者変更です。
回線工事をしなくてもいいので回線工事費用もかかりません。

それに回線工事の立ち会いも必要ないので余計な手間がかかりません。
回線工事がないというだけでかなり便利に乗り換えが出来るようになります。

固定電話の電話番号が使い続けられる

アナログ回線で電話を使っていると基本料金や通話料が高いのでインターネットを
使っている人はひかり電話などのIP電話に乗り換えていると思います。

でもひかり電話は以前の光コラボ同士の乗り換えでは、同じ電話番号を使い続ける
という手続きがないのでかなり苦労をして電話番号の継続をしました。

でも事業者変更ではひかり電話の電話番号も問題なく別の光コラボで使い続けることが
出来るようになっています。

基本的に面倒な手続きはなく、乗り換え先の光コラボ業者でひかり電話がなくても
NTTがサービスを引き継いでくれるので問題ありません。

ひかり電話がとても簡単に乗り換えできる、というのはかなり大きなメリットです。

ONUなど周辺機器の交換がない

光回線工事がないというのにも関係するのですが、事業者変更では周辺機器もそのまま
使い続けることができます。

光回線終端装置のONUやひかり電話のホームゲートウェイ、ひかりTVのチューナー
という周辺機器の接続も変えずに使い続けられるのです。

まあパソコンに詳しい人なら周辺機器の接続などは何も問題ありませんが。
詳しくない人には機材の接続はとても大変です。

接続の変更がないので環境を変えずに使えるというメリットは大きいと思います。

賃貸住宅に傷をつけない

以前の光コラボ同士の乗り換えでは光回線の設置工事と撤去工事のタイミングが
合わない場合に2重回線という状態になりました。

簡単に言えば光回線が2本設置されている状態なのですが、賃貸住宅の場合は
これが大きな問題になります。

光回線が引き込みできるルートというのはある程度決まっています。
電柱からの位置や距離などが問題になるためです。

そこに今まで使っていた光回線がまだ設置されていては新しい回線を設置できず
壁などに金具を付けて別の引き込みルートを使うことになります。

最悪の場合は壁に穴をあける必要がある、という賃貸住宅ではかなり難しい
工事が必要になります。

でも回線工事がない事業者変更ならこんな心配をする必要がありません。
賃貸住宅でも安心して光コラボ同士の乗り換えができるのです。

ぷらら光からドコモ光に乗り換えると月額料金はどうなるか

実際に光コラボ同士を乗り換えることになった場合、気になるのは月額料金です。
乗り換えたほうが安くなるのか、高くなるのか。

ぷらら光からドコモ光に乗り換えた場合、単純に光コラボの月額料金だけではなく
スマホの月額料金割引もあるのでちょっとわかりにくいのですが。

今回は単純に光コラボの月額料金だけを比較してみます。

ぷらら光の月額料金

一戸建て用のホームプランの場合、月額料金は4,800円です。
集合住宅のマンションプランでは月額3,600円になります。

この月額料金は他の光コラボを見てもかなり安いと思います。
ではこれがドコモ光に乗り換えるとどうなるのでしょうか。

ドコモ光の月額料金

ドコモ光はプロバイダによって月額料金が変わります。
自由にプロバイダを選べる単独タイプもありますが、今回はこちらを考えません。

タイプAとタイプBそれぞれに大手プロバイダが参加していますが、その違いは
単純に月額料金の違いだけです。

基本的なサービス内容、光コラボとしてのプロバイダのサービスには違いがなく
通信速度なども基本的には変わらないサービス提供をしています。

まあインターネット接続サービスの通信速度はベストエフォートなのでどこを選んでも
必ず同じになる、という訳ではありませんが。

タイプAのプロバイダは一戸建ての場合は月額5,200円で集合住宅が月額4,000円です。
タイプBでは一戸建てが月額5,400円で集合住宅が4,200円になります。

ちなみにplalaはタイプAのプロバイダなので事業者変更で乗り換えた場合の月額料金は
戸建て5,200円と集合住宅4,000円になります。

スマホの月額料金割引を考えないとドコモ光のほうが高い

ドコモ光は他の光コラボに比べると月額料金が高めです。
他に比べて安いぷらら光と比較すると高くなるという印象は強いです。

しかもプロバイダのplalaはタイプAとして対応しているのでそのまま使い続けられます。
同じプロバイダで月額料金を比較するとやはり高いという印象になります。

ただドコモ光はスマホの月額料金割引という大きな魅力があります。
これを含めて考えると通信料金としてトータルコストは安く出来るかと。

事業者変更を使ってぷらら光からドコモ光に乗り換える手順

色々と考えてやっぱりドコモ光のほうがいい、と思ったらぷらら光から乗り換える
その方法を確認してみましょう。

基本的な手順はフレッツ光から転用をするときと同じです。
ただし細かいところではちょっとずつ違っていますが。

そこでぷらら光からドコモ光に乗り換える、という実際の手順を確認してみます。
他の光コラボの場合でも大体は似たような感じになるかと。

プロバイダのメールアドレスを使っている場合は変更する

光コラボの乗り換えをする前に、現在使っているプロバイダのメールアドレスを
重要な連絡に使っていないか確認しておきます。

基本的に光コラボの乗り換えをするとプロバイダが変更になることが多いので
プロバイダのメールが使えなくなります。

連絡を取る必要がある場合に、そのメールアドレスを使っていると大変なことになるので
事前に確認をしておきましょう。

ちなみにぷらら光からドコモ光に乗り換えるとき、プロバイダをplalaのままにすれば
この問題は無くなります。

オプションサービスの引き継ぎを確認する

光コラボ業者によってNTTのサービスの取り扱いが違います。
使っているNTT関連のオプションサービスが乗り換え先でも使えるのか確認しましょう。

まあ乗り換え先の光コラボ業者でNTT関連のオプションサービスがない場合には
事前にNTTから連絡が来て手続きがあるのですが。

突然NTTから電話がかかってくるとびっくりするので、自分でも確認しておくことが
おすすめです。

事業者変更承諾番号をもらう

色々な確認が終わったら事業者変更の手続きに入ります。
と言ってもユーザーがやることはかなり少ないのですが。

まず現在契約している光コラボ業者から事業者変更承諾番号を取得します。
この場合、ぷらら光に連絡をして番号を教えてもらうことになります。

ちなみにぷらら光だけではなく、現状光コラボ業者では番号の払出しを電話でのみ
受付している状態です。

事業者変更では契約者本人が手続きをする必要がある、という条件もあって
番号の払出しも条件が厳しくなっています。

必ず契約している本人が契約している業者に電話で連絡をして番号を取得する
という事になっています。

ぷらら光の場合は009192-150またはひかり電話からの場合は0120-577150で
受け付けています。

乗り換え先の光コラボ業者に申し込みをする

番号を払い出ししてもらったらそれを新しく乗り換える光コラボ業者に伝えます。
まずは乗り換え先の光コラボ業者に新規加入申し込みをします。

普通に申し込みをすれば申込確認の連絡が来ます。
その時に事業者変更を使っての乗り換えをしたい、といえば手続きをしてくれます。

ここで先ほどもらった事業者変更承諾番号を伝えることになります。
実際にユーザーが行う手続きはこれだけで、後は光コラボ業者同士が手続きをします。

オプションの継続をする場合NTTから連絡が来る

ここでNTT関係のオプションを使っている場合、乗り換え先の光コラボ業者に
同じサービスがない場合はNTTから連絡が来ます。

NTTがオプションサービスを継続させるために代わりに引き継いでくれることは
乗り換え先の光コラボ事業者から説明があります。

そしてNTTから連絡が来た時にサービス提供業者が変更して継続利用をする
確認と承諾をすることになります。

この連絡はオプションを使っていない場合とオプションがそのまま継続できる
という場合にはありません。

乗り換え先の光コラボ業者から重要書類が郵送される

乗り換えの申し込みから1週間位で新しく契約する光コラボ業者から
重要書類が届きます。

こちらには契約の内容、契約者IDとパスワードなどが記載されています。
これを使ってインターネットへの接続ができれば無事乗り換え完了です。

環境によって、例えばWi-Fiルーターを使っている場合にはルーターの接続設定など
変更する必要はありますが。

これで事業者変更を使った光コラボ同士の乗り換えは終了です。

ドコモ光でplalaを使い続ける場合は書類が届かない

例外として同じプロバイダを使い続ける場合には書類はちょっと違います。
契約内容の変更だけで契約者IDやパスワードはそのまま使えます。

つまり同じプロバイダを使う場合には事業者変更がいつ始まっていつ終わったのか
全くわからないまま乗り換えが終了します。

まあプロバイダが同じなのでメールアドレスなどもそのまま使えて便利ですし
Wi-Fiルーターの設定変更なども無いのでやることもありません。

ドコモ光への乗り換えでplalaを選んだ場合にはぷらら光からの乗り換えでも
やることはほとんど無くなります。

ドコモ光のおすすめプロバイダの選び方

ぷらら光からドコモ光への乗り換えならドコモ光のプロバイダもplalaを選ぶと
かなり便利ということはわかります。

ただそれ以外にも多くのプロバイダがあるドコモ光ですからどんなプロバイダを選べば
お得になるのかは人によって変わってきます。

そこでドコモ光のおすすめプロバイダの選び方を紹介したいと思います。
参考までにこんな選び方もありますよ、という程度に。

新規加入特典が豪華なところ

ドコモ光は多くのプロバイダがあるので、プロバイダからの申し込みでかなり豪華な
新規加入特典をもらえるというキャンペーンが広く展開されています。

ちなみにドコモショップからでもドコモ光に申し込みできますが、この場合はドコモの
公式キャンペーンのみ適応となります。

そしてドコモの公式キャンペーンはプロバイダから申込みをしても適応されます。
つまりプロバイダから申込みをしたほうがよりお得になります。

できれば現金キャッシュバックなど豪華な特典を利用できるところがおすすめですが。
違う特典で選ぶほうがいいという場合もあります。

Wi-Fiルーターのレンタルが無料

ドコモ光のプロバイダは全てIPv6方式の通信サービスがありますが、これを使うためには
対応のWi-Fiルーターが必要です。

自分で好きなWi-Fiルーターを選びたいという方もいるのですが、どれを選んだらいいか
わからないという方はレンタルがおすすめです。

ドコモ光対応プロバイダにはこのWi-Fiルーターのレンタルが無料というところもあり
お得に使えるようになっています。

IPv6 IPoE+IPv4 over IPv6方式の通信サービスに対応している

そしてドコモ光の対応プロバイダにはIPv6対応でもIPv6 IPoE+IPv4 over IPv6方式には
対応していないというところもあります。

IPv6 IPoE+IPv4 over IPv6方式に対応していない通信サービスでは特定のサイト以外では
通信速度が遅くなる可能性が高いです。

まあこの辺りはちょっと難しいので詳しい人に聞いてもらうといいのですが・・・
これらの条件を総合しておすすめできるのはGMOとくとくBBなどのプロバイダです。

事業者変更が使えなかったときの光コラボの乗り換え方法

事業者変更で便利に乗り換えが出来る、というのは以前の光コラボ同士の乗り換えが
とても大変だったことに関係しています。

この光コラボ同士の乗り換えがあまりにもユーザーへの負担が大きいために総務省が
注意喚起をして作られたのが事業者変更という手続きです。

では以前はどうやって光コラボ同士の乗り換えをしていたのか。
ぷらら光からドコモ光への乗り換える場合を確認してみましょう。

ドコモ光への新規加入申し込み

プロバイダ変更時のメールアドレスの確認などは同じなので今回は考えずに
手続きだけを手順として確認していきます。

最初にすることは乗り換え先の光コラボ業者に新規加入申し込みをすることです。
今回ならドコモ光への新規加入申し込みです。

事業者変更と違うのは申し込み確認の時に回線設置工事を頼むことです。
現在ぷらら光で回線設置されている状態でも設置工事の申し込みをします。

現地調査なども含めて3週間くらいで回線工事予約日が取れると思います。
工事予約日が決まったら次の手順に移ります。

ぷらら光の解約申し込み

ぷらら光に解約の申し込みをします。
そして解約予定日はドコモ光の回線設置工事予約日にします。

この解約予定日と工事予約日を同じ日程にすることが出来なければ2重回線など
トラブルの原因になります。

賃貸住宅の場合は2重回線のリスクがとても高いので、日程調整が上手く行かない
という場合は解約予定日を工事予約日よりも前にしましょう。

インターネットを使えない期間が出来てしまいますが、2重回線のトラブルよりも
まだマシだと思います。

回線工事の立ち会いをする

解約と工事の調整が上手く出来たら工事を行います。
回線工事自体は同じ業者が行うので同時にできます。

ただ光回線の工事には室内工事も多いので立ち会いが必要になるということが多く
基本的には契約者が立ち会いをすることになります。

自分で立ち会えないときには家族など代理人を用意しましょう。
また集合住宅の回線分配方式によっては立ち会いが必要ありません。

それぞれの回線工事で立ち会いが必要になるのか、事前に確認をしておきましょう。

レンタル器材の返却をする

インターネット回線自体は設置工事が終われば基本的に接続可能です。
事前に乗り換え先の光コラボ業者から重要書類も届いているはずです。

ただし乗り換えた元、以前契約していた光コラボ業者からレンタルしていた機材が
残っているはずです。

これを返却しなければ違約金が発生します。
返却期限はそれほど長くないので忘れないように返却しましょう。

回線工事それぞれに工事費用がかかるのでかなりコストが高い

以前の光コラボ同士の乗り換え手順としてはこれくらいですが、この場合は
回線工事のどちらにも工事費用が発生します。

撤去工事は大体10,000円くらいで、設置工事は光コラボ業者によって変わります。
ドコモ光なら戸建て18,000円で集合住宅15,000円です。

まあ集合住宅では完全新規設置ということも無いので工事費用は変わりますが。
それでもかなり高い費用が必要になるという印象です。

それにひかり電話のオプションを使っている場合、もっと大変な手順が必要で
その手間がとても大きな負担になっていました。

ひかり電話の電話番号をアナログ戻しする

固定電話をひかり電話で使っていた場合、光回線の撤去をしてしまうとサービスを
使い続けることができなくなります。

そしてその時に使っていた電話番号は再度契約をしたときには使えません。
つまり電話番号を変えないために別の手続きが必要になります。

それがアナログ戻しという手続きで、ひかり電話で使っていた電話番号を
アナログ回線で使えるように戻すための手続きです。

以前の光コラボ同士の乗り換えで一番大変だったのがひかり電話の電話番号を
変更せずに使い続ける、という手続きだったのです。

その手順を確認してみましょう。

NTTにアナログ戻しの申込みをする

アナログ戻しの手続きだけなら基本的にNTTに連絡をすればできます。
ただし光コラボ同士の乗り換えの場合はそのタイミングがとても重要です。

先ほど説明したようにひかり電話は光回線が撤去されると使えません。
つまり撤去される前、光コラボ同士の乗り換え前にアナログ戻しが必要になるのです。

光コラボ同士の乗り換えをする場合、最初にアナログ戻しをしなければ同じ電話番号を
使い続けることができなくなってしまうのです。

アナログ回線の確認と工事

NTTに連絡をすると、その家庭にあるアナログ回線の状態をNTTで確認します。
問題なく通話ができる状態ならアナログ戻しの切り替え工事が行われます。

切り替え工事は基地局で行われるので自宅での工事はありません。
アナログ回線に電話機をつないで、NTTから電話がかかってくれば切り替え完了です。

問題はアナログ回線が破損している、または以前に撤去している場合です。
この場合はアナログ回線を派遣工事で使える状態にします。

派遣工事になると破損修理でも最低7,500円くらいはかかります。
アナログ回線の状態によっては13,000円以上ということもあるそうです。

アナログ回線の設置交換工事が終わればやはり切り替え工事が行われます。

乗り換え先で番号ポータビリティをする

アナログ戻しが終わったら光コラボ同士の乗り換えをして、そちらが終われば
新しくひかり電話に乗り換え先の光コラボ業者で加入します。

ここでアナログ戻しをした電話番号を番号ポータビリティをすることでやっと
同じ電話番号を使い続けることが出来るようになります。

アナログ戻しの手続きから番号ポータビリティの申込みまで全てユーザーが
自分で行う必要があります。

これだけ大変な手続きなのですが、全ての電話番号でこの方法が使える
というわけでもないのです。

アナログ戻しは光発番の電話番号では出来ない

アナログ戻しというのはその名前の通り、元々アナログ回線で使っていた電話番号を
アナログ回線に戻す手続きのことです。

ひかり電話ではアナログ回線で使っていた電話版号を番号ポータビリティで使う方法と
新規加入で新しい版号をもらうという方法もあります。

そしてひかり電話に新規加入して使えるようになる電話番号は光発番という番号で
これはアナログ回線では使う事ができない電話番号なのです。

つまり光発番の電話番号はアナログ戻しが出来ず、光コラボ同士の乗り換えをすると
同じ電話番号が使い続けられないという状態になります。

これがとても大きな光コラボ同士の乗り換えに対する障害になっていました。
でも事業者変更では光発番でも問題なく電話番号の引き継ぎができるのです。

ぷらら光からドコモ光への乗り換えをするなら事業者変更を使いましょう

事業者変更が始まるまでの光コラボ同士の乗換方法を見てもらえばわかりますが
かなり大変で手間がかかる状態でした。

しかも電話番号に関してはかなり縛りがきつく、乗り換えた時に同じ電話版号を
使い続けることができないという状況もありました。

でも事業者変更ならそんなことはなく、どんな状況でもかなり手軽に光コラボ同士の
乗り換えができるようになりました。

ぷらら光からドコモ光への乗り換えでスマホの割引を使いたいという場合でも
かなり簡単に乗り換え手続きができます。

しかも固定電話の電話番号も気にせずに乗り換えができるので、光コラボ同士の
乗り換えには事業者変更を使うことをおすすめします。

 






 
 
 

-事業者変更

Copyright© 光回線の教えて君 , 2019 All Rights Reserved.