事業者変更

OCN光からドコモ光に乗り換えるなら事業者変更がおすすめ!

投稿日:

最近では携帯端末の割引が出来る固定回線のサービスも増えてきました。
特にドコモのセット割は多くのユーザーが注目する割引です。

元々ドコモユーザーが多いので、ドコモのスマホの割引が出来るというのは
多くの人が注目するのですが。

このドコモのセット割が使えるドコモ光への乗り換えに事業者変更という制度が
おすすめなのですが、そのやり方をOCN光からの乗り換えで説明したいと思います。

OCN光からドコモ光への乗り換えは事業者変更がおすすめ

OCNは日本でも最大級の会員数のプロバイダです。
そこが提供している光コラボがOCN光というサービスです。

OCNの会員がプロバイダと回線の月額料金のセット契約になる光コラボでお得に
インターネットを使える、と言われれば契約するのもよくわかります。

ただしOCN光ではモバイル回線の割引は、独自サービスの格安SIMの割引だけで
大手キャリアの割引を使うことが出来ません。

そこで大手キャリアが提供するドコモ光への乗り換えという方法をおすすめするのですが
その方法には事業者変更という手続きが便利です。

転用では光コラボ同士の乗り換えができない

光コラボの乗り換え、と聞くと「転用」という制度を思い出す方も多かと。
フレッツ光を使っていたときに光コラボに乗り換えるのに転用を使ったと思います。

この転用、光コラボの乗り換えに使えるという印象なのですが・・・
実は光コラボ同士の乗り換えには使う事ができません。

転用はフレッツ光から光コラボに乗り換える時に使う制度なので、光コラボから
光コラボには乗り換えることが出来ないのです。

では光コラボ同士の乗り換えはどうすればいいのか。
ここで使うのが事業者変更という制度なのです。

転用とほとんど変わらない手続きの手順で乗り換えできる

でも事業者変更を使ったことがないという方は、手続きに不安を感じる方も多いかと。
確かにやったことがない手続きには不安があります。

ただ事業者変更の手続きの手順は基本的に転用とあまり変わっていません。
つまり転用をしたことがあればほとんど問題なく事業者変更も出来ると思います。

転用とあまり手順が変わらないので一部には「再転用のこと」を事業者変更だと
思っているという方も多いという話です。

まあやっていることは再転用なのである意味ではあっているのですが。
手続きも簡単なのでおすすめしやすいのが事業者変更です。

OCN光からドコモ光に乗り換えをおすすめする理由

事業者変更を使えば光コラボ同士の乗り換えがとても簡単にできるようになる
というのはなんとなくわかってもらえたかと。

ではOCN光からドコモ光に乗り換えをおすすめする理由も簡単にですが
説明したいと思います。

まあ今からなら事業者変更が使えるのでユーザーの負担が少なく光コラボ同士の
乗り換えができるというはかなり大きな理由です。

それ以外にもドコモ光がおすすめできる理由を説明してみます。

ドコモのスマホの月額料金が安くなる

ドコモは多くのユーザーがいる携帯キャリアの1つです。
そこが提供する光コラボなのでドコモの携帯端末が安くなります。

詳しく言うとドコモのスマホで契約しているデータ定額パックの月額料金が
1,000円割引されることになります。

現在契約できるギガホ、ギガライトの他にも以前契約できたデータ定額パックでも
割引の対象になっています。

特にウルトラシェアパックなど大容量のデータ定額パックでは最大3,500円という
大きな割引を利用することが出来るという魅力がありました。

まあ現在契約できるプランでは最大1,000円で、契約状況によっては割引対象を
外れてしまうのですが。

それでも毎月1,000円の割引が出来るというのはかなり魅力的です。
ドコモ光ならこれが誰でも使えるようになるのでおすすめしやすいのです。

新規加入キャンペーンでお得になる

こちらはちょっと条件がありますが、新規加入キャンペーンを使える場合には
かなりお得に光コラボ同士の乗り換えができます。

特にドコモ光では対応プロバイダが20社以上あり、それぞれのプロバイダから
新規加入申込時のキャンペーン展開が行われています。

キャンペーン特典にはキャッシュバックなどかなり豪華なところもあるので
光コラボの乗り換えの負担を考えずに乗り換えができるという状況もあります。

注意点としてはOCNもドコモ光の対応プロバイダなので、プロバイダにOCNを
選ぶと新規加入特典やキャンペーンが使えないということでしょうか。

まあその場合は別のメリットもあるのですが。
キャンペーンを狙うなら選ぶプロバイダにも注意をしましょう。

事業者変更をすることのメリット

OCN光からドコモ光への乗り換え自体が魅力的なのはわかってもらえたと思います。
ではその乗り換えに事業者変更を使うメリットも考えてみましょう。

まあ簡単に言ってしまえば今までよりもかなり手軽に光コラボ同士の乗り換えが
出来るようになった、というのが一番大きなメリットです。

これがどんな事なのか。
それを詳しく確認してみます。

回線工事に関係する面倒なことがない

事業者変更では転用のときと同じで回線工事をせずに乗り換えができます。
今までの光コラボ同士の乗り換えでは回線を交換する必要がありました。

つまり必ず回線工事が必要だったのですが、それが無くなります。
回線工事に関係する全ての手間がかからなくなったのです。

回線工事の申し込み、工事日程の調整、工事の立ち会いに工事費用。
これら全てがなくなるというメリットです。

手間とコストの両面でとても魅力的なのが事業者変更なのです。

ひかり電話のオプションがそのまま使い続けられる

ひかり電話を使っている場合、以前は光コラボ同士の乗り換えでとても大変な
手続きが必要になりました。

まあ電話番号が変わってしまっても問題ない、と言うなら簡単なのですが。
電話番号を変えずに継続して使い続けるためにはかなりの手間がかかりました。

でも事業者変更では契約しているオプションの継続利用がとても簡単です。
NTTで提供しているオプションサービスなら何も問題なく継続利用ができます。

当然それほど手間もかかりませんし、電話番号も変わらずに使い続けられます。

周辺機器の交換がない

ひかり電話を使うにはホームゲートウェイという周辺機器が必要です。
そもそも光回線を使う時にはONUという終端装置を使います。

以前はこれらの周辺機器も乗り換えの時に交換が必要でした。
接続をし直す、というのは苦手な人も多いかと思います。

でも事業者変更ならこれらの周辺機器の交換がありません。
つまり接続のやり直しもありません。

例外としてはWi-Fiルーターの接続が必要になる可能性があるのですが。
基本的には使っていた周辺機器はそのまま使い続けられます。

機材の接続や配線が苦手という方にはこれが大きなメリットになります。

2重回線の心配がなくなる

光回線の設置工事と撤去工事はタイミングが悪いと、一度に2回線を設置する
という状況になります。

賃貸住宅の場合は複数の回線を設置する場合に壁に専用の金具を使って止める
ということになるので金具をつけるための傷が付いてしまいます。

最悪の場合は壁に穴を新しく開けないと回線設置ができないという状況もあります。
この場合、賃貸住宅では工事を続けることができなくなる可能性が高いです。

でも事業者変更では工事がないので、2重回線という心配はありません。
賃貸住宅でも外壁の傷を気にする心配もありません。

事業者変更をすることのデメリット

事業者変更をする場合、光コラボ同士の乗り換えが以前よりもかなり簡単に出来る
ということが大きなメリットだということがわかりました。

確かに以前に比べるとユーザーの負担は大きく減っていると思います。
でもそれだけなのでしょうか。

事業者変更をする場合のデメリットというのも考えてみたいと思います。

回線工事が発生することもある

絶対に回線工事をせずに光コラボ同士の乗り換えができるという訳ではありません。
場合によっては回線工事が必要になることもあるのです。

まあ基本的には事業者変更と同時に回線契約を変更した場合のみですが。
例えば回線の最高速度を変更する契約をすると回線工事が必要になります。

今まで下り最速200Mbpsという契約だったのを下り最速1Gbpsに変更すれば
対応した光回線に交換する必要があります。

これを事業者変更するタイミングで契約変更すれば当然ですが回線工事が必要で
工事費用などもかかることになります。

事業者変更なら絶対に回線工事がない、ということではないのです。

色々な手数料がかかる

今までに比べるとユーザーの負担はかなり減ることになります。
でも手続き自体が少なくなっているというわけでもありません。

確かに回線工事はなくなりますが、それに変わる手続きが必要になります。
そしてそこには手数料が発生します。

つまり手間がかからないのですが手数料がかかることになります。
それは転用に比べると多く感じるのでちょっとしたデメリットという印象です。

事務手数料が必要でこれは必須

回線契約の変更をするために事務手数料がかかります。
これは乗り換え先の光コラボ業者が行うので、そちらに支払うことになります。

OCN光からドコモ光への乗り換えならドコモ光に支払うことになり、光コラボ業者で
金額が多少変わります。

ドコモ光の場合は事務手数料3,000円が必要です。
これはどんな状況のユーザーでも必ず支払うことになる手数料です。

事業者変更承諾番号払出手数料も必須

転用のときと同じように事業者変更でも手続きに番号の取得が必要です。
それが事業者変更承諾番号で、これを元々の契約光コラボ業者からもらいます。

ただ事業者変更承諾番号をもらうために、払出手数料が必要になります。
これも光コラボ業者で金額が違いますが大体3,000円くらいです。

OCN光からドコモ光への乗り換えならOCN光に支払うことになります。
こちらも必須の手数料になります。

解約する光コラボの違約金が発生する可能性

光コラボ同士の乗り変え、ということで今まで契約していた光コラボ業者とは
解約をすることになります。

つまり複数年契約をしていた場合には途中解約になるので違約金が発生します。
契約内容によって違いますが2年契約なら9,500円くらいです。

こちらは光コラボ業者の契約期間、契約更新月に解約する場合はかかりません。
タイミングを合わせられれば支払う必要が無くなります。

また光コラボ業者によっては複数年契約をせず、最低利用期間のみの契約という
場合もあるので必ず必要になる手数料ではありません。

回線設置工事の残債があれば一括支払いが必要

光コラボにする時に光回線を新規で設置工事した場合には、その工事費用の支払いが
終わっていないという可能性もあります。

光回線の設置工事費用は一括、もしくは分割での支払いとなっています。
分割の場合は30回払いというところも多くあります。

つまり光コラボ業者の契約期間2年間に合わせて乗り換えをすると回線工事費用の
支払いが終わっていないという状況も考えられます。

この場合は工事費用の未払い分の一括支払いが必要になります。
まあフレッツ光から使っている人はまず残っていないと思いますが。

こちらも回線工事費用の残債がある方のみの支払いとなります。

NTTのオプション継続手数料が発生する可能性

光コラボ業者によってはNTTが提供するサービスを行っていない場合もあります。
乗り換えの時にそのサービスがない、というときはNTTが引き継ぎをすることになります。

例えばOCN光でNTT提供の24時間サポートに加入していたとして、それをドコモ光でも
継続して使いたいという場合のことです。

ドコモ光ではNTTの24時間サポートが提供されていないので、継続利用をする場合は
NTTがそのサービスを引き継いで提供することになります。

ただしこのサービス引き継ぎをする場合、NTTに引き継ぎをしてもらう手数料の支払いが
必要になります。

手数料は1,800円でNTTに支払うことになります。

こちらはオプションを使っていて、それが乗り換え先にない場合も継続して使う時に
必要になる手数料です。

ちなみにOCN光にはNTTの24時間サポートはありません。
ひかり電話とひかりTV対応なのでどちらもドコモ光で引き続き利用が可能です。

プロバイダが変わる可能性が高い

光コラボ業者はそのほとんどが対応プロバイダ1つです。
ドコモ光のように複数のプロバイダに対応しているところはかなり少ないです。

つまり光コラボ同士の乗り換えをする場合はプロバイダも光コラボに合わせて
乗り換えることになる場合が多いです。

プロバイダの乗り換えでインターネット環境が変わる、という状況を好まない
ユーザーも多くいると思います。

そんな人達にとっては事業者変更で手軽に乗り換えができても、それがメリットに
ならないということもあります。

OCN光とドコモ光の月額料金を比較

メリットとデメリットを確認したところで、事業者変更でOCN光からドコモ光に
乗り換えた場合の比較をしてみたいと思います。

乗り換えをするとどれくらい変わるのか。
わかりやすいのは月額料金だと思います。

そこでOCN光とドコモ光の月額料金を比較してみたいと思います。

OCN光の月額料金を確認

OCN光の月額料金は一戸建て住宅用のファミリータイプが月額6,200円で
集合住宅用のマンションタイプが月額4,700円になります。

ただしこちらの金額は通常料金で、OCN光では2年契約による割引ができます。
その場合は月額料金がかなり安くなります。

ファミリータイプが月額5,100円でマンションタイプが月額3,600円です。
とても安くなるので通常は2年契約をしていると思います。

ドコモ光の月額料金を確認

ドコモ光では対応プロバイダが20社以上あります。
それらをタイプAとタイプBに分けています。

タイプごとに月額料金が違い、タイプAはタイプBよりも200円安い月額料金で
契約できるという状況です。

そしてドコモ光では2年契約がデフォルト、通常の契約となっています。
月額料金も一応それに対応した金額になっているようです。

タイプAでは戸建住宅のプランが月額5,200円で集合住宅では月額4,000円です。
タイプBは200円高い5,400円と4,200円という月額料金になります。

そしてOCNもドコモ光の対応プロバイダの1つなのです。

OCNを使い続けてドコモ光に乗り換えた場合の月額料金を比較

OCNはドコモ光の対応プロバイダなのですが、登録されているのはタイプBで
月額料金は戸建て5,400円に集合住宅4,200円です。

つまりOCN光と比較して戸建ては300円、集合住宅なら600円も高くなる
ということになります。

特に集合住宅の場合は月額料金の負担がかなり大きくなるので、ドコモ光への
乗り換えをする時にはOCNを選ばないほうがおすすめしやすいです。

ドコモ光のおすすめプロバイダの選び方

OCN光からドコモ光に乗り換える場合、そのままOCNを使うよりも別のプロバイダと
契約するほうがおすすめしやすくなります。

そこでドコモ光の対応プロバイダからどこを選べばいいのか、その選び方を私なりに
おすすめしてみたいと思います。

こんな条件でドコモ光のプロバイダを選んでみてはどうですか?という特徴を
確認してみましょう。

タイプAのプロバイダから選ぶ

ドコモ光はタイプAとタイプBに別れていますが、基本的なサービス内容は
タイプによって変わることがありません。

では何を元にタイプを分けているのか。
これが月額料金だけで別れているのです。

つまり余程のこだわりがない限りタイプBのプロバイダを選ぶことはおすすめが
できないということになります。

絶対にプロバイダが変更になるのが嫌だ、という方にはOCNもおすすめできる
ということになりますが・・・

普通に考えるなら月額料金の安いタイプAのプロバイダがおすすめです。

キャンペーン特典が豪華なところを選ぶ

ドコモ光の対応プロバイダはそれぞれに新規加入特典を展開しています。
プロバイダごとに違うキャンペーン展開がされているのです。

そのキャンペーン特典にはキャッシュバックなど豪華な特典もありますし
Wi-Fiルーター無料レンタルなど使いやすくてすぐに効果が実感できるものも。

それぞれに違ったキャンペーンがあるので、そのキャンペーン特典でプロバイダを
選ぶというのもおすすめできる方法です。

特にIPv6方式の通信サービスを使う時にはWi-Fiルーターはかなり重要なので
無料レンタルが出来るというのはおすすめです。

IPv6方式の通信サービスが無料で出来る

ドコモ光では全てのプロバイダがIPv6方式の通信サービスに対応しています。
こちらは次世代通信規格を利用することができるサービスです。

今までのようなプロバイダの混雑による通信速度の低下を回避できる方法としても
注目されているのですが、以前の通信規格との互換性がないことが問題点でした。

でもそれを解消したIPv6 IPoE+IPv4 over IPv6方式という通信サービスが
多くのプロバイダで提供を開始しています。

ただしプロバイダによっては有料オプション、または有料オプション加入が条件という
ところもあるのです。

できれば無料で、何も条件がなく使えるというのが理想なのですが・・・
対応しているWi-Fiルーターは自分で用意する、というプロバイダもあります。

高速通信が期待できるサービスなので、できればあまりコストをかけずに利用できる
プロバイダ選びをおすすめします。

事業者変更の手続きの手順を確認

プロバイダ選びまで出来たら、実際にOCN光からドコモ光に事業者変更を使って
乗り換えをしてみる手順も確認しておきましょう。

基本的には転用とほとんど同じなので、実際に申し込みなどの必要な手順の他にも
確認しておいたほうがいいことなども含めて手順を追ってみましょう。

プロバイダのメールアドレスの利用を確認

今回OCN光からドコモ光に乗り換えるなら月額料金の負担が少なくなる
タイプAのプロバイダをおすすめしています。

そこでタイプBのOCNからはプロバイダを変更することになるので、現在
プロバイダからもらったメールアドレスを使っているか確認しておきましょう。

プロバイダが変更になればサービスの利用ができなくなります。
当然メールアドレスも使えなくなるので、連絡が取れなくなります。

新しく契約したプロバイダでメールアドレスをもらって、そちらに変更する
ということも出来ますが、その間は連絡がつかない状態になるのをお忘れなく。

後はすぐに連絡先の変更が出来るように、どこで使っているのかを調べておく
という意味でもおすすめです。

使っているオプションサービスの引き継ぎを確認

こちらもメールアドレスと同じでプロバイダを変更すると使えなくなります。
またNTT提供のサービスはNTTに引き継ぎがある、という場合も。

ただしOCN光からドコモ光の場合はNTT関係のサービスは提供が同じなので
基本的に問題はありません。

プロバイダのサービスが終わることの確認になると思います。

事業者変更承諾番号の取得

ここから事業者変更の手続きに入ります。
現在契約している光コラボ業者、今回はOCN光から事業者変更承諾番号をもらいます。

現状では必ず電話での連絡が必要で、契約者本人が事業者変更での乗り換えを希望して
手続きをすることが番号払出の条件になります。

つまりOCN光の契約者IDやパスワードの提示が必要になります。
場合によっては登録している電話番号なども必要になるので事前に確認しておきましょう。

連絡先は0210-506506です。
こちらに契約者本人が電話をして番号を教えてもらいます。

乗り換え先の光コラボ業者に申し込み

事業者変更承諾番号の払い出しが終わったら、すぐに乗り換える光コラボ業者に
新規加入申し込みをします。

ドコモ光の場合はドコモショップからも申し込みが出来ますが、お得なキャンペーンを
考えるとやはりプロバイダ経由の申込みがおすすめです。

プロバイダから申し込みをすると折返しの電話があります。
この申し込み確認の電話で事業者変更での乗り換えを希望すると伝えます。

ここで事業者変更での手続きが乗り換え先でも行われるようになります。
やはり電話連絡で今度は事業者変更承諾番号を聞かれます。

先ほどもらった事業者変更承諾番号を伝えることで、ユーザーが出来る手続きの
手順としては終了になります。

乗り換え先の光コラボ業者から重要書類が郵送される

申し込みから1週間くらいで乗り換え先の光コラボ業者、今回ならドコモ光と
新しく契約したプロバイダから書類が届きます。

この書類には新しい契約者IDとパスワード、契約内容などが記載されているので
これを使ってインターネットへの接続をします。

状況によってはWi-Fiルーターの設定変更なども必要ですが、新しいIDで無事に
インターネットへの接続ができれば乗り換え完了です。

事業者変更承諾番号には有効期限があるので手続きは素早く

事業者変更承諾番号は即日払い出しが可能で、申し込みをした当日にもらえます。
ただ番号自体に有効期限があるので注意が必要です。

有効期限内にすべての手続を完了させないと手続きが最初からやり直しになります。
最初とは事業者変更承諾番号をもらうところからやり直しです。

有効期限はもらった当日を含めた15日間。
つまり14日後までに手続きを完了させることが必要です。

普通に手続きをしても1週間程度かかるので、番号をもらったらできるだけ早く
手続きを開始するようにしましょう。

事業者変更が出来なかった時の乗り換え手順も確認

事業者変更のメリットには以前の状況に比べて簡単になった、というところが
多くありました。

そこで事業者変更を使えなかった時にはどんな手順で乗り換えをしていたのか。
その方法も確認しておくことにしましょう。

同じようにOCN光からドコモ光に乗り換えをする場合の手順を調べてみました。

乗り換え先の光コラボ業者に先に新規加入申込みをする

まずは乗り換え先の光コラボ業者、この場合はドコモ光に新規加入申し込みを
先に行うという手順です。

現在まだOCN光の契約をしているのですが、新規加入で回線設置工事も含めて
手続きを開始します。

当然まだフレッツ光回線が設置されていますが、新規で工事を申込みます。
工事の予約日を決めることが必要なのです。

現在契約している光コラボ業者の解約

新しい回線の設置工事予約日が決まったら、現在契約している光コラボ業者
この場合はOCN光の解約手続きをします。

解約申し込みをして、解約予定日には先ほど決まった回線工事の予約日を指定します。
これが上手く調整できれば同じ日に撤去工事と設置工事ができることになります。

そしてこの日程調整が同日にできなかった場合は2重回線やインターネット接続が
できない期間が出来るというトラブルになります。

まあ2重回線よりもインターネットを使えない期間が出来る方がまたいいと思うので
調整ができないときは解約予定日を早くすることがおすすめです。

回線工事の立ち会いをする

工事日程の調整ができていれば回線工事は1日で終了するはず。
この工事に立ち会いをすればいいだけです。

ただ調整ができない場合は2回の回線工事に立ち会いが必要で、その分ユーザーの
負担が増えるということになります。

一応工事の立ち会いは代理人でも大丈夫なので家族など手が空いている人に頼む
という事もできますが。

それと集合住宅の場合、回線の分配方式によっては工事の立ち会いが必要ない場合も。
これは事前に説明があるはずです。

レンタルしていた機材の返却

回線工事が終わればインターネットへの接続は出来るようになります。
ただし乗り換えの手順としては最後にレンタル器材の返却があります。

光回線終端装置のONUやひかり電話を使っている場合のホームゲートウェイなど
レンタルしている機材が手元に残っていると思うので、その返却をします。

解約から一定期間内に返却をしない場合はレンタル器材にも違約金がかかります。
それなりに高い金額を請求されるので、すぐに返却するようにしましょう。

手続きの多さと回線工事費用の負担がとても大きい

乗り換えの手順としてはこれだけなのですが、回線工事の調整や工事の立ち会いに
レンタル器材の返却とユーザーのやることがとても多いという印象です。

当然ですがこの他にもプロバイダメールの確認、プロバイダオプションの確認に
NTT関係のオプションの確認もあります。

さらに回線工事費用は撤去と設置工事の両方で必要になります。
それぞれ10,000円と18,000円というかなりの高額な工事費用が必要です。

まあこちらも集合住宅の場合は工事費用が安くなる可能性がありますが。
それにNTT関係のオプションに関してはさらに手続きが必要な場合もあります。

ひかり電話の電話番号を使い続ける手続きも必要

以前の乗り換えでは光回線の撤去をするので、それを使っていたひかり電話も
一度解約する必要がありました。

でもひかり電話を解約するとその時に使っていた電話番号が使えなくなります。
同じ電話番号を使い続けるためには別の手続きが必要になりました。

つまり光コラボ同士の乗り換えをする前に、電話番号の継続利用をするための
手続きをしなければいけなかったのです。

NTTにアナログ戻しの連絡をする

電話番号を使い続けるための手続きがアナログ戻しという手続きです。
これはNTTに連絡をしてやってもらいます。

先ほど説明したとおり、光回線を撤去する前に電話番号を一度アナログ回線で
使うための電話番号に戻すという手続きです。

アナログ戻しの申し込みをするとNTTでアナログ回線の状態を確認します。

アナログ回線の状態を確認して工事

NTTがアナログ回線の状態を確認して、問題なく通話ができるようならそのまま
切り替え工事が始まります。

基地局での切り替えで、工事が終わればNTTからアナログ回線を使った電話での
連絡が来ます。

問題なく通話ができれば切り替え完了、工事費用も2,000円くらいです。
でもアナログ回線に問題があると、それを直すための回線工事が必要です。

交換修理の場合、派遣工事になるので破損部分の交換だけでも7,500円くらい
破損部分が引き込み線など外部にもあるとさらに金額は高くなります。

完全に新規設置工事をする場合、20,000円近くの工事費用がかかるという場合も。
アナログ回線の工事は状況によってかなり金額が変わってきます。

光コラボの乗り換えをしたら番号ポータビリティ

工事が終わってアナログ回線で電話が出来るようになったら光コラボの乗り換えを
行うという手順です。

そして光コラボ同士の乗り換えが終わったら、またひかり電話への加入申し込みをします。
そのひかり電話に番号ポータビリティでアナログ電話の電話番号を移行します。

これだけの手続きと工事費用をかけて電話番号の継続利用が出来るようになるのですが
これが出来るのは一部の電話番号のみでした。

NTT発番以外の電話番号は変更になった

アナログ戻しとはその名前の通り、アナログ回線で使える電話番号に戻す手続きのことで
これは以前アナログ回線で使っていた電話番号で行える手続きになります。

ひかり電話にアナログ回線の電話番号を番号ポータビリティで移行して使う以外にも
新規加入でひかり電話に申し込みをすると電話番号をもらうことができます。

このひかり電話への新規加入でもらった電話番号はアナログ回線で使うことを前提には
していないのでアナログ回線では使えない電話番号なのです。

つまりひかり電話の新規加入でもらった電話番号ではアナログ戻しができない。
そのために光コラボの乗り換えをすると必ず電話番号が変わってしまうのです。

以前はこれが光コラボ同士の乗り換えのとても大きな障害になっていたので
中々乗り換えができませんでした。

色々な負担を考えると事業者変更はとても便利でお得な方法

以前の光コラボの乗りかえ方法を確認してみるとやはり事業者変更というのは
かなりユーザーの負担が減っていると感じました。

手続きだけではなく回線工事費用など金銭的な負担も少なくなり、簡単に
光コラボ同士の乗り換えが出来るようになりました。

今でもNTT関係のオプションの継続利用には多少の面倒な手続きがありますが
それも以前に比べるとやはり格段に簡単になったと思います。

それにスマホのキャリアの乗り換えに合わせて光コラボの乗り換えも簡単に
出来るようになったというのはとても便利です。

ドコモ光のようにスマホの割引のために光コラボを乗り換えるというのも今後は
普通になるかもしれません。

その時にはやはり事業者変更がおすすめできると思います。

 






 
 
 

-事業者変更

Copyright© 光回線の教えて君 , 2019 All Rights Reserved.