事業者変更

So-net光からドコモ光に乗り換えるときに事業者変更は便利?

投稿日:

スマホのキャリアの乗り換えは最近やっと手軽にできるようになりました。
ただスマホの割引が魅力的で光コラボの契約をしている場合はちょっと困ります。

例えばauのスマホ割引のためにSo-net光の契約をしているときにドコモにスマホを
乗り換えてしまうとSo-net光と契約している魅力が少なくなります。

でも事業者変更を使えばSo-net光からドコモ光にも簡単に乗り換えができるので
詳しく説明したいと思います。

So-net光からドコモ光の乗り換えは事業者変更で簡単にできる

光コラボはフレッツ光回線を使ったプロバイダ一体型料金体系のサービスです。
以前のフレッツ光とプロバイダを別々に支払っていたよりも月額料金が安くなります。

それに加えて光コラボ業者ごとに様々なサービスや特典の提供があり
お得に光回線を使えると注目されています。

ただし問題点として、一度フレッツ光から光コラボにすると使っている光回線が
その光コラボ専用になってしまうのです。

つまり光コラボの乗り換えをするためには一度光回線、フレッツ光を撤去してから
新しくフレッツ光を設置する工事が必要になりました。

この手間と金銭的な負担を解消するために出来たのが「事業者変更」です。
これを使えば光コラボ同士の乗り換えがとても簡単でお得になります。

事業者変更ではこんなに便利に乗り換えができる

どんなに便利になったのか、事業者変更のメリットを確認してみましょう。
まあ基本的には以前の手続きに比べて手間がかからなくなったところになりますが。

光コラボ同士の乗り換えではお得になるキャンペーンなどもあるのですが
今回は単純に以前の乗り換え方法との比較で考えてみます。

回線工事が必要なくなった

以前の光コラボ同士の乗り換えでは設置してあるフレッツ光回線を一度撤去して
再設置するという工事が必要でした。

でも事業者変更では一度光コラボに卸されたフレッツ光回線を別の光コラボに
卸して使う事が出来るようになります。

つまり回線の撤去と再設置が必要なくなります。
回線工事無しで光コラボ同士の乗り換えが出来るようになるのです。

回線工事が必要なくなることでさらに多くのメリットが出来ます。

回線工事の立ち会いが必要なくなる

事業者変更では回線工事自体がないのですから当然工事の立ち会いが必要なく
その手間がなくなるというメリットも出来ます。

光回線の工事では室内に機材設置などもあるので基本的に立ち会いが必要です。
代理人に頼むことも出来るのですが、かなり手間と時間がかかる印象です。

でも事業者変更なら回線工事がないので工事の立ち会いもありません。
地味ですがかなり嬉しいメリットです。

回線工事費用がなくなる

回線工事がないのなら当然その工事にかかる費用も無くなります。
フレッツ光の回線設置工事費用が必要なくなるのです。

当然撤去費用もかかるのですが、それも無くなります。
この工事費用の負担がなくなるだけでもかなり大きなメリットに感じます。

電話番号をそのまま使い続けることが出来る

フレッツ光ではひかり電話というオプションサービスがあります。
こちらは通常のアナログ回線を使った電話よりも安く使えると評判のサービスです。

通話の回線にフレッツ光を使うことでアナログ回線よりも安定して安く通話ができる
というサービスですが、光コラボの場合は乗り換えでちょっと手間がかかります。

同じ電話番号を使い続けるのに手続きが必要だったのですが、事業者変更では
その手続きが必要なくとても簡単に使い続けることができるようになりました。

人によってはこの電話番号を変更せずに使い続けられる、というのは一番魅力的な
メリットと感じるかもしれません。

周辺機器の交換もなく使い続けられる

光回線の撤去をする場合、そこで使っていた周辺機器を一度返却することになります。
フレッツ光でもそれは同じで、ONUなどの返却が必要でした。

ひかり電話を使っているならホームゲートウェイという機材を使っているはずですし
それらを外して返却した後、新しい機材の設置も必要でした。

この交換作業もパソコンに詳しい人ならあまり気にならないでしょうが・・・
機材の接続は間違えてしまうとインターネットが使えないので大変なことに。

そんな周辺機器の交換も事業者変更ではありません。
そのまま使い続けられるので余計な手間がかからないのです。

2重回線の心配がない

フレッツ光の撤去と再設置をする場合、工事のタイミングが悪いと回線を
2重に設置してしまうという状態になります。

この2重回線状態は賃貸住宅の場合は特に回線設置場所の確保など問題が多く
工事内容によっては外壁に傷をつけることになります。

最悪の場合には壁に穴をあけるという必要が出来るので、賃貸住宅では
かなり難しいということになります。

でも事業者変更では回線工事がないので2重回線になる心配はありません。
どんな環境でも問題なく光コラボ同士の乗り換えができます。

事業者変更を使う場合の注意点

事業者変更をする時のメリットについて色々と確認してみました。
確かに便利に光コラボ同士の乗り換えが出来るようになっていると感じます。

では事業者変更を使う時の注意点はあるのでしょうか。
デメリットの感じることもあるはずです。

それも確認してみることにしましょう。

事務手数料がかかる

事業者変更では契約内容の変更があります。
そのために手続きの時に事務手数料がかかります。

金額は光コラボ業者によって変わりますが、大体3,000円くらいです。
ちなみに支払うのは乗り換える先の光コラボ業者です。

So-net光からドコモ光に乗り換えるならドコモ光に支払いをします。

事業者変更承諾番号の発行手数料がかかる

事業者変更には手続きの際に事業者変更承諾番号が必要になります。
転用をしたことがある人ならわかると思いますが転用承諾番号のようなものです。

これを払い出ししてもらうためにも手数料が必要です。
こちらも光コラボ業者によって違いますが、やはり3,000円位かかります。

支払先は事業者変更承諾番号を発行する光コラボ業者、つまり契約中の業者です。
先ほどの乗り換え例ならSo-net光に支払う手数料です。

光コラボの解約違約金がある可能性も

転用の時にはフレッツ光の解約違約金が発生しませんでした。
でも事業者変更では解約することになる光コラボ業者の違約金が必要になる場合も。

光コラボ同士の乗り換えということで元の業者とは解約することになります。
そのために違約金が発生する可能性があるのです。

契約更新月など違約金が発生しないタイミングで事業者変更をすればこの支払は
必要なくなる、ということになります。

回線工事費用の支払いが終わっていない場合は一括支払い

フレッツ光から光コラボに転用した場合はかなり時間が経っているので回線工事費用の
支払いは完済していると思います。

ただ光コラボに新規加入をした場合は回線設置工事費用が残っている可能性もあります。
この場合は乗り換えの時に残債を一括で支払う必要があります。

基本的に事業者変更は契約中の光コラボ業者に未払金が残っていると手続きができない
という原則があります。

そのために回線設置工事費用の未払金があるなら一括での支払いで完済する必要が
出来てしまうのです。

こちらは当然、回線工事費用が残っている方のみ必要な支払いです。

NTTへの手数料が必要になる場合も

乗り換え先の光コラボ業者で今まで使っていたNTT関係のオプションが
提供されていないということもあります。

この場合、そのオプションを継続利用したいならサービス提供をNTTが
行ってくれるようになります。

ただしNTTに引き継ぎをする場合、その手数料として1,800円をNTTに
支払う必要があります。

でもこれはオプションがNTTに引き継ぎになる場合のみなので、乗り換え先に
同じオプションがある場合やオプションの利用をしないなら発生しません。

プロバイダが変わる可能性が高い

光コラボ業者は基本的に対応プロバイダが1つだけです。
ドコモ光は対応プロバイダが20社以上ありますがこれはかなり珍しいです。

つまり普通の光コラボ同士の乗り換えではプロバイダが変更になる可能性が
とても高いのです。

プロバイダが変更になればインターネットを使っている環境が変わります。
それが大きなデメリットに感じるという方も多いのでは。

ちなみにSo-netはドコモ光の対応プロバイダではなくなったのでやはり
So-net光からドコモ光への乗り換えはプロバイダを変更することになります。

手続き自体は転用とあまり変わらない

メリットなどを確認してみてわかってもらえると思いますが、基本的に
事業者変更と転用はちょっと違います。

転用とはフレッツ光から光コラボに乗り換える手続きで、事業者変更とは
光コラボ同士の乗り換えをする手続きになります。

ただし手続きの手順としてはあまり転用と変わりません。
つまり転用をしたことがあれば事業者変更もそれほど難しくはないのです。

ドコモ光のプロバイダを選ぶポイント

So-net光からドコモ光に乗り換える場合、プロバイダを変更することになります。
そしてドコモ光ではかなり多くのプロバイダから選んで契約が出来ます。

ではどこのプロバイダを選べばいいのか。
そのポイントを考えてみましょう。

新規加入キャンペーンがお得なところ

ドコモ光の加入申し込みはドコモショップでも行われています。
ただしそちらから申し込みをするとドコモの公式キャンペーンのみ適応です。

ドコモの公式キャンペーンはどこから加入申込みをしても適応されます。
つまりプロバイダを選んでそちらから申し込みするほうがお得になります。

新規加入キャンペーンで高額キャッシュバックなどの特典を展開しているプロバイダを
選べば乗り換えにかかるコストを軽減させることもできます。

キャンペーン内容でプロバイダを選ぶ、という方法もあるかと思います。

月額料金が安いタイプAのプロバイダを選ぶ

ドコモ光のプロバイダはタイプAとタイプBに別れています。
それぞれのタイプの違いは単純に月額料金の違いです。

タイプAは一戸建てが5,200円、集合住宅が4,000円という月額料金で提供される
プロバイダとなっています。

タイプBでは一戸建てが5,400円に集合住宅が4,200円とタイプAよりも200円
高い月額料金での提供です。

プロバイダ独自のサービスは違いますが、基本的なサービス内容はプロバイダによって
変わることがないので単純に月額料金が安いタイプAのほうがおすすめです。

IPV6方式の通信サービスに料金がかからない

フレッツ光ではプロバイダの混雑解消ができると期待される新しい通信規格の
IPv6方式というサービスが提供されています。

VNEという専用のプロバイダを通るので通常のプロバイダの混雑に関係なく
インターネット接続が出来る、そのために通信速度の改善が期待できます。

このサービスを使うためには対応したWi-Fiルーターが必要です。
またはひかり電話を使うためのホームゲートウェイでも対応しています。

そしてこのサービスを有料オプションにしているところもありますが、無料で
提供しているプロバイダもあります。

まあ無料の条件としてひかり電話に加入するなど有料オプション加入を条件として
利用しているプロバイダもありますが。

それに対応Wi-Fiルーターのレンタル必須、レンタル代金が必要など色々と
プロバイダによって条件が変わります。

ただ中には無料レンタルのWi-Fiルーターで契約可能というプロバイダもあります。
できれば無料で使えるプロバイダを選ぶことがおすすめです。

So-net光の月額料金を確認してみる

So-net光からドコモ光に乗り換える場合、何が大きく変わるのか。
わかりやすい月額料金を比べてみることにします。

So-net光では現在、光回線とプロバイダ料金にセキュリティソフトのサービスも加えて
3年契約での光コラボ提供となっています。

名前もSo-net光プラスと変更になっています。
こちらの月額料金を確認してみましょう。

戸建の場合、月額料金5,580円で最初の3年間のみ2,000円の割引があります。
集合住宅では月額料金4,480円でやはり最初の3年間2,000円割引されます。

セキュリティソフトもセットになっている、と考えれば安いのかもしれませんが
光コラボとして考えるなら3年契約でこの月額料金はちょっと高いと思います。

それぞれにスマホの割引特典が使える

ドコモ光の月額料金は先ほど確認したので、それと比べてみるとドコモ光のほうが
安く使えるというのはわかると思います。

ただしそれぞれの光コラボでは特定のスマホユーザーへの割引特典があります。
So-net光ではauスマートバリューという特典があります。

こちらはauスマホの契約者がSo-netの契約もすると、auスマホのデータ定額パックを
割引できるという特典が付きます。

そして同じようにドコモ光の場合はドコモユーザーに対する割引があります。
こちらはドコモセット割という割引を使うことが出来るようになります。

どちらも契約ユーザーの家族まで割引適応が出来るので、家族に同じキャリアが多いほど
割引金額が多くなりお得になるということに。

これを考えると事業者変更で光コラボ同士の乗り換えが簡単になるのはとても便利で
嬉しいことだとわかりやすいと思います。

事業者変更の手順を確認

月額料金を考えても、スマホのキャリアの乗り換えなども含めて事業者変更を使うことが
便利でお得になると感じる人はいるはずです。

そこで実際に事業者変更の手続きを行うためにはどうすればいいのか。
その手順を確認していきましょう。

と言っても事業者変更でユーザーがやる手続き自体はとても少ないのです。
そこで手続きに必要な準備なども含めて確認していくことにしましょう。

事業者変更で必要になるものを用意しておく

手続きを始める前に、事業者変更で必要になるものを揃えておくと手続きの時に
慌てずに出来ると思います。

ただし簡単に言ってしまえば必要なのは「事業者変更承諾番号」だけです。
一応手数料なども必要ですが、それは後で月額料金と一緒に支払いができるので。

でも事業者変更承諾番号を払い出ししてもらうために契約している本人のIDと
パスワードが必要になります。

つまり事業者変更承諾番号をもらうまでに契約している光コラボ業者の契約者IDと
パスワードを確認しておくと便利、ということになります。

プロバイダのメールアドレスの利用状況を確認しておく

今回はSo-net光からドコモ光への乗り換えに事業者変更を使う、という状況での
手続きをする手順なので必ずプロバイダの変更が行われます。

まあほとんどの光コラボ同士の乗り換えではプロバイダが変更することになります。
そこでプロバイダ提供のサービスの利用も確認しておきましょう。

プロバイダが変更になるのでプロバイダ提供のサービスが使えなくなります。
サービスには当然プロバイダ提供のメールアドレスも含まれています。

重要な連絡先としてプロバイダのメールアドレスを登録している場合、そこと
連絡ができなくなってしまいます。

光コラボの乗り換えをした後で新しく契約したプロバイダのメールアドレスを
登録し直す、という方法もありますが。

連絡ができなくなる期間があっても大丈夫なのか、だめならフリーメールなど
プロバイダが変更になっても使えるメールアドレスに切り替える必要があります。

NTT関係のオプションの継続は出来るのか確認

こちらは乗り換え先の光コラボ業者でも確認できるのであまりしっかりと
確認をしておく必要はないのですが。

プロバイダのサービスは使えなくなりますがNTT関係、フレッツ光で提供される
オプションに関しては乗り換えた後も継続して使うことが出来ます。

ただし光コラボ業者によってはそのサービスを提供していない、ということもあります。
そんなときはNTTが引き継ぎをしてサービスの継続をしてくれることになります。

この場合は事前に乗り換え先の光コラボ業者から確認の連絡があり、しかもNTTから
引き継ぎの確認と承諾の連絡が来ることも説明されます。

一応調べておくと説明がわかりやすくなるのですが実際には丁寧に説明してもらえるので
あまり必要はないかもしれません。

事業者変更承諾番号の取得をする

ここから実際の手続きが開始、という感じでしょうか。
現在契約している光コラボ業者から事業者変更承諾番号を払い出ししてもらいます。

今回の場合ならSo-net光に連絡をして番号をもらいます。
現状では電話での連絡が必須なのでサポートセンターなどに電話連絡をします。

So-net光の場合は0120-45-2522まで連絡をします。
ここで契約者IDやパスワードを使って本人確認をすることになります。

場合によっては登録している電話番号なども確認されるので、伝えましょう。
無事に本人確認ができれば事業者変更承諾番号を受け取ることが出来ます。

事業者変更承諾番号には有効期限があるので注意

事業者変更承諾番号の払い出しをしてもらったらすぐに次の手続きに進みます。
理由は事業者変更承諾番号には有効期限があるからです。

転用承諾番号の時も同じように有効期限がありましたが、今回も取得日を含めた
15日間が有効期限になります。

この有効期限内に手続きを完了させないと最初からやり直しということに。
当然事業者変更承諾番号も取得し直すということになります。

ちなみに事業者変更承諾番号は11桁の英数字で出来ていて、最初の英字は
Fが東日本地域でTが西日本地域という意味です。

その後の4桁が有効期限になります。
取得日+14日が表記され、7月1日に取得していればここには0715と書かれています。

後の6桁は発行番号ということです。
有効期限を忘れた時には番号を見て確認しましょう。

光コラボ業者に新規加入申込みをする

事業者変更承諾番号をもらったらすぐに乗り換え先の光コラボ業者に新規加入の
申込みをします。

今回の場合ならドコモ光への新規加入申し込みです。
おすすめはやはりプロバイダからの申込みです。

申込み自体はWEBからでも出来ます。
その後で申込確認の電話が直接かかってくると思います。

この確認の電話で事業者変更での乗り換えを希望していることを伝えれば
事業者変更の手続きをしてもらえます。

多分この時に事業者変更承諾番号も聞かれるので伝えましょう。
基本的にユーザーがする手続きはこれで終了です。

NTTからオプション引き継ぎの連絡が来るのは乗り換え完了前

先ほど説明したNTTのオプション引き継ぎの連絡は、事業者変更の手続きが
完了する前に来ます。

オプションの提供業者が変更になることを承諾しなければ事業者変更の
手続きを進めることが出来ません。

そのために事業者変更の手続きの途中でNTTから確認と承諾の連絡が
入るようになっています。

問題がなければ承諾して手続きを進めてもらいましょう。
当然ですがオプションを使っていない人には連絡はきません。

乗り換え先から重要書類が届けば完了

申込みから1週間位で乗り換えた光コラボ業者から書類が届きます。
こちらは新しい契約者IDやパスワードが記載されている重要書類です。

ドコモ光の場合はプロバイダが複数選べるので、プロバイダからの書類に
契約者IDとパスワードが記載されているはずです。

それを使ってインターネットへの接続ができれば乗り換え完了です。
場合によっては自分でWi-Fiルーターの設定変更などをしましょう。

ちなみに今まで契約していた光コラボ業者は自動的に解約されます。
自分で解約手続きをすると事業者変更の手続きができなくなる危険性もあります。

事業者変更では光コラボ業者の解約手続きをしないように気をつけましょう。

事業者変更が使えなかった時の光コラボの乗り換えも確認

事業者変更は2019年7月1日から始まった制度です。
これ以前の光コラボ同士の乗り換えにはかなりの手間がかかりました。

事業者変更のメリットを再確認するためにも、事業者変更が始まるまでの
光コラボ同士の乗り換え手順についても確認してみます。

同じようにSo-net光からドコモ光に乗り換える場合で確認します。

乗り換え先の光コラボに新規加入申し込み

先にドコモ光に新規加入申込みをすることがおすすめの方法でした。
現在So-net光との契約をしている状態で新規加入申し込みをします。

申込みでは回線設置工事も頼みます。
現在フレッツ光回線が設置されていても新規での回線工事を申込みます。

現地調査なども含めて1ヶ月後くらい先の回線工事予約日が取れるはずです。
まあ繁忙期ではもっと時間がかかることもありますが。

新規加入申し込みと回線工事予約日が決まったら次の手順です。

現在の光コラボの解約手続きをする

現在の光コラボ、So-net光の解約手続きをするのですが解約予定日には
先ほど決まった回線工事の予約日を指定します。

同じ日にできれば撤去工事と設置工事を同時に行えます。
これで工事日が1日になるというメリットが出来るのですが・・・

工事日程の調整ができない場合、回線工事が2日必要でそれぞれに立ち会いが
必要になります。

できれば同じ日に工事が出来るように調整する、というのがとても大変でした。

回線工事の立ち会いをする

回線工事日程の調整が終われば、工事の立ち会いということに。
基本的に光回線は撤去も設置も室内工事があるので立ち会いが必要です。

それぞれの工事は大体1時間程度、同時にやっても3時間はかかりません。
まあそれだけのために立ち会いが必要というのはかなりの負担でもありますが。

工事日程の調整ができなかった場合、これが2日間あるということに。
代理人でも大丈夫ですが、一人暮らしで頼める人がいないとかなり大変でした。

レンタル器材の返却が必要

回線工事が終わればインターネットへの接続はできますが、今まで使っていた
光コラボでレンタルしていた機材が残っているはずです。

このレンタル器材は解約から一定期間内に返却しなければ違約金が発生します。
レンタル端末が多ければそれだけ負担も大きくなります。

金銭的な負担を増やさないためにも忘れずに返却する必要がありました。

回線工事費用の負担も大きい

ここまで回線工事など手続きの手順だけを見てきましたが、他にも回線工事の
工事費用が大きな負担になっていました。

撤去工事には10,000円くらい、設置工事もドコモ光の場合は戸建てが18,000円で
集合住宅が15,000円です。

まあ集合住宅で完全に新規回線設置工事が必要になることは少ないのですが。
光コラボ業者が変わればさらに金額が高くなる場合もあります。

電話番号の継続利用にも手続きが必要

以前の光コラボ同士の乗り換えでは光回線だけではなくオプションの継続利用も
かなり大変でした。

特にひかり電話を使っていた場合、電話番号を変えずに使い続けるためには
回線とは別の手続きをする必要がありました。

その手続きはアナログ戻しという手続きで、これを光回線の撤去する前に
行う必要があったのです。

電話番号の引き継ぎ手順も確認してみましょう。

NTTにアナログ戻しの申込みをする

NTTに連絡をしてアナログ戻しの申込みをします。
できればこの申し込みを光コラボ同士の乗り換え手続きの前にやっておきます。

光回線で使っているひかり電話は光回線の解約と同時に解約されてしまいます。
解約された時の電話番号は二度と使えなくなってしまいます。

その危険性を回避するためにアナログ戻しの手続きは最初にする、というのが
以前の手順ではとても重要でした。

アナログ回線の確認をして切り替え工事

アナログ戻しの申し込みがあるとNTTでアナログ回線の状態を確認します。
アナログ回線に問題がない場合は切り替え工事になります。

基地局での切り替えだけなので派遣工事がなく、工事手数料も2,000円程度と
あまり大きな負担ではありません。

でもアナログ回線に問題がある場合は派遣工事での修理が必要になります。

アナログ回線が使えなければ派遣工事で修理

アナログ回線が破損しているなど通話できない状態の場合は派遣工事になり
破損部分の交換修理が行われます。

修理する部分にもよりますが、派遣工事の場合は最低でも7,500円くらいの
工事費用がかかるそうです。

しかも電柱からの引き込み線が破損している場合はさらに金額が高くなり
10,000円を超える工事費用が必要になります。

さらにアナログ回線を撤去している場合は新規設置工事になります。
この場合は20,000円近くの工事費用になる、という可能性もあります。

アナログ回線の修理が終わって通話が出来るようになれば、NTTからの
確認の電話でアナログ戻しが完了します。

乗り換え先の光コラボ業者でひかり電話に番号ポータビリティ

同じ電話番号を乗り換え先の光コラボ業者でも使い続けるなら乗り換えた後に
ひかり電話にアナログ回線の電話番号を移行させます。

番号ポータビリティでアナログ回線に戻した電話番号を再びひかり電話で
使えるようにします。

これだけの手順をこなして、やっと同じ電話番号を乗り換え先でも使える
という状態になるのです。

アナログ戻しが出来るのは特定の電話番号のみ

アナログ戻しが出来るのはNTTで使っていた電話番号のみで、ひかり電話を
新規加入してもらった電話番号では出来ないのです。

つまり光コラボにしてから新しくもらった電話番号の場合、アナログ戻しが出来ないので
光コラボの乗り換えをしたら必ず電話番号が変わるという状態でした。

子供がいる家庭では学校などの連絡ように固定電話の電話番号を登録している
ということも多く、その電話番号が変わることは大変でした。

これが光コラボの乗り換えを難しくしている原因の1つだったので、事業者変更で
ひかり電話新規加入の電話番号でも継続利用が出来るのはかなり魅力的なのです。

事業者変更で光コラボ同士の乗り換えがしやすくなった

So-net光からドコモ光への乗り換えという状況での事業者変更やそれ以前の
乗り換え手順を確認してみました。

改めて事業者変更での光コラボ同士の乗り換えはとても便利で簡単、ということが
よくわかったと思います。

実際に光コラボ同士の乗り換えのハードルがとても下がったので、So-net光から
ドコモ光への乗り換えのようにスマホの割引で光コラボを選ぶというのもありかと。

ひかり電話の電話番号に関してもかなり手軽に、しかもどんな電話番号でも問題なく
継続利用が出来るようになったのはかなり大きなメリットです。

光コラボ同士の乗り換えを考えているなら、事業者変更を使って便利に簡単に
乗り換えることをおすすめします。

 






 
 
 

-事業者変更

Copyright© 光回線の教えて君 , 2019 All Rights Reserved.