wifi

どんなときもWiFiってどんなサービス?

投稿日:

タブレットPCを使う場合にとても便利なのがモバイルルーターです。
屋外でも問題なくインターネットを使う事が出来るようになります。

ただしモバイルルーター自体のサービスもかなり多く提供されています。
その中でどんなサービスを選べばいいのか、新しく始まったサービスはどうなのか。

2019年3月に始まったどんなときもWiFiについて、詳しく調べてみました。

長期契約のレンタルルーターがどんなときもWiFi

簡単に言えば「どんなときもWiFi」とは長期契約のレンタルルーターです。
契約期間が2年というかなり長期のレンタルが出来るモバイルルーターです。

他のレンタルルーターとの違いは契約期間が2年間の長期契約のみ。
途中解約では解約違約金も発生します。

感覚的には普通の2年契約のモバイルルーターと同じなのですが、レンタルなので
端末は契約終了後に返却します。

端末購入の負担がないので月額料金がちょっと安くなっている、という印象です。

ではもう少し細かくどんなときもWiFiの特徴について調べてみます。
公式サイトで紹介されている特徴を確認してみましょう。

ネット使い放題のデータ容量無制限

モバイルルーターは基本的にデータ通信容量の上限があります。
上限以上のデータ通信をすれば通信速度に制限をかけられます。

大容量のモバイルルーターでも月間30GBくらいが一般的ですが、どんなときもWiFiは
このデータ通信容量の上限がありません。

毎月何GBのデータ通信をしても現状速度制限をかけられることがなく、いつでも快適に
インターネットを楽しむことができます。

実際に利用者の中には月に1TB以上の通信をした、という人もいましたが・・・
その人も速度制限をかけられていません。

ただし違法ダウンロードや大容量通信のネットワーク占有などが確認されれば通信速度の
制限を受けることになります。

普通に使っていればネット使い放題なのがどんなときもWiFiです。

トリプルキャリア対応でどこでも使える

他社のモバイルルーターの場合、使える電波の種類が決まっています。
WiMAX2+はWiMAX2+のみ、ポケットWiFiならソフトバンクとワイモバイルです。

でもどんなときもWiFiは大手携帯キャリアのドコモ、ソフトバンクとauそれぞれの
電波を使って通信することが出来るのです。

クラウドSIMという、本体にSIMカードを使わない特殊な方法を使っているので
それぞれに対応したSIMカードを用意する必要がありません。

そしてその場所で一番安定して受信できる電波を自動的に選んで通信をするので
どんなところでも安定したインターネット通信ができるのです。

ただしクラウドSIMの場合、自分で使いたい電波を選ぶことが出来ません。
自動的に最善と思われる電波を使うことになります。

2年定額のシンプルプラン

契約期間は2年間、契約できるプランは1種類とシンプルな契約です。
ただし支払い方法によって契約できるプランに違いがあります。

月額料金をクレジットカードで支払う場合はデータ放題プランになります。
基本は月額4,410円ですが2年間は割引キャンペーンが適応されます。

毎月930円の割引で月額3,480円、2年契約を過ぎると長期割430円が適応され
月額3,980円での利用が可能なプランです。

支払い方法には口座振替も選べるのですが、こちらの場合ベーシックデータ放題プラン
という別のプランになります。

月額料金は4,410円で変わらないのですが、2年間の割引が430円となっています。
つまり2年間は月額3,980円での利用ができることに。

でもこちらでは長期割が適応されないので3年以降は月額料金の割引が無くなります。
口座振替での月額料金支払いは魅力を感じませんでした。

世界107ヶ国に対応、海外でも使えるモバイルルーター

海外出張などでモバイルルーターを使う場合、普通は海外専用のレンタルルーターを
契約すると思います。

または自分で契約しているモバイルルーターなら、海外でも使えるようにオプションを
契約しているというのが一般的です。

でもどんなときもWiFiでは特別な契約も必要なく、そのまま持っていって現地で
電源を入れるだけで使えるようになります。

しかも利用料金は海外で使った日数だけ、海外での利用料金は月額料金とは別に
支払いが必要ですがそれは使った場合のみです。

海外に持っていっても使わなければ支払いの必要がありません。
しかも対応は世界107ヶ国とかなり多くの地域で対応しています。

利用料金はアジア、オセアニア、ヨーロッパ、北米で使った場合1日1,280円。
中東、南米、アフリカで使った場合は1日1,880円です。

特別な申込みなどが必要なく、設定も変更せずに海外で使えるモバイルルーター
というのはかなり珍しいと感じました。

最短即日発送が可能

条件として平日の13時、土曜は11時までに申込手続きが完了した場合に限りますが
申込みの当日に発送手続きを行ってくれます。

当日に発送手続きができれば、配送地域によっては翌日に到着します。
つまり申込みの翌日にはモバイルルーターでインターネットが出来るのです。

インターネットは今ではライフラインの1つ、と言われるほど普及しています。
それが使えなくなるというのはかなり厳しいところです。

そんなインターネットを使えない期間がほとんどないというのは大きな魅力になります。
まあ配送地域によっては3日かかるところもあるのですが。

以前は申込みが集中していたのか、この即日発送が行われませんでした。
この時には届くまで1週間程度かかっていたのですが・・・

レンタルなので在庫の関係があり、また即日発想ができなくなることも予想されます。
とても魅力的なサービスだけに使えない時のダメージは大きいかと。

どんなときもWiFiのメリットを考えてみる

公式サイトで紹介されている特徴は、どれもメリットとして考えられるほど
魅力的な特徴でもあります。

ただそれ以外にも実際に使っているユーザーが魅力的と感じたメリットがあれば
それも確認してみたいと思います。

一応公式サイトの特徴でも紹介されていますが、口コミでも評判が良かったものを
もう少し詳しく紹介しておきます。

完全無制限で使えるモバイルルーター

多くの方が口コミでもかなり評価していたのが完全無制限で使えることです。
どんなに使っていても速度制限を受けている感じはしなかった、という意見は多いです。

実際に通信速度はいつでもそれほど変わらずにインターネット接続が出来ていて
高画質動画を毎日見ていても問題なく使えているのだとか。

しかも直近3日間で10GBなどの制限もなく、月間データ通信容量も上限なしです。
つまり完全無制限で使えるというとても魅力的なモバイルルーターです。

スマホのデータ定額パックに大金を支払っているならこちらに乗り換えたほうが
安くなるという意見はとても多く見られました。

地方都市でも安定してインターネットが出来る

都心や地方中心都市で安定したモバイル通信が出来るのは普通のことです。
でも地方都市の場合、電波が届かないという地域も多くなります。

そしてどんなときもWiFiではキャリアを選ばずに電波の利用ができるので
かなり広い地域で使えるようになるというメリットがあります。

実際にWiMAX2+ではエリア外と判定された人がどんなときもWiFiでは普通に
インターネットへの接続ができた、という口コミがありました。

広い地域で使える大手キャリアの電波を3社同時に使えるというのは地方都市での
インターネット利用にはかなりのメリットになっているようです。

店舗での受け取りで当日の利用ができる

どんなときもWiFiではWEBからの申し込みで当日発想ができます。
それよりももっと早く使いたいというなら店舗での受け取りも出来るのです。

受取可能な店舗、というか受取用の店舗は東京にしか無いので利用できるユーザーは
かなり限定されるのがちょっと残念です。

WEBからの申し込みで受け取りを店舗と希望すれば自分で行って受け取る
ということができるようになります。

ちなみに受け渡し専用店舗は渋谷と秋葉原にあります。
端末の設定に15分から20分かかりますが、申し込み当日に受取可能です。

ただし受け渡しができるのはメールで受け渡し準備完了と連絡が来てからで
店舗は日曜と祝日は開いていません。

平日と土曜日の10時から19時、秋葉原は11時から19時までに来店できる方のみ
という事になります。

モバイルルーターの月額料金としては安い

ちょっと微妙な感じですが、モバイルルーターとしての月額料金ならそれなりに
安く感じる、という人は多いようです。

実際に使い放題で月額4,000円を下回るというのは魅力的です。
でも単純に月額料金だけを考えるともっと安い料金で使えるサービスもあります。

つまりスマホでデータ定額パックを大容量で契約するくらい使いまくっている
という人以外は月額料金のメリットはあまりないかと。

まあそもそもデータ通信容量無制限に魅力を感じない人はどんなときもWiFiには
あまり魅力を感じないと思いますが。

一応、人によっては安い月額料金というのもメリットになっているようです。

どんなときもWiFiのデメリットについて考えてみる

ではどんなときもWiFiを使う場合のデメリットについても考えてみましょう。
まあデメリットというよりも気になること、という方が近いでしょうか。

メリットについても人によってあまり魅力的にならないものもあるので、デメリット
というよりも人によっては魅力的にならないもの、という意味が強いと思います。

そんな特徴を探してみることにします。

通信速度が下り最速150Mbpsと遅い

モバイル通信の通信速度はベストエフォート、つまり再断言の努力をして出せる
通信速度が表示されるのが一般的です。

どんなときもWiFiでも下り最速150Mbpsと説明されていますが、これがそのまま
通常の通信速度ではありません。

しかもモバイル通信は場所によって影響を受けやすいので、かなり通信速度に違いが
でてしまうという事が多いです。

ただ現状のモバイルルーターは下り最速1.2Gbpsというかなりの通信速度です。
そして最高速度が高いほうが平均速度も高くなりやすいのが普通です。

これに対して下り150Mbpsというのはかなり遅いと言われてもしょうがないかと。
まあ通信速度計測をすればそれほど大きな違いにはならないのですが。

実際に計測された通信速度を確認してみましたが、どんなときもWiFiでは
下り20Mbps程度が平均というところでしょうか。

場所によっては30Mbpsを超える通信速度が出せるWiMAX2+に比べるとやはり
ちょっと通信速度が遅いと感じる人も多いようです。

モバイルルーター端末が大きい

最近のモバイルルーターの端末本体はかなり軽量化が進んでいます。
機種によっては名刺サイズで連続10時間以上ネットが出来るという端末もあります。

これに対してどんなときもWiFiのルーター本体はスマホと変わらないサイズなので
かなり大きく感じます。

まあクラウドSIMという技術を使っているせいもあって端末本体が大型化しているのは
しょうがないと思います。

でも他にもタブレットPCやスマホ、携帯ゲーム機などを使うことも考えるなら
大きな端末というのは気になるところではあります。

レンタルだけど解約違約金がある

今までのレンタルルーターは基本的に契約期間内に返却すれば追加料金が必要なく
返却しない場合に追加料金が発生しました。

でもどんなときもWiFiでは2年間の契約なので途中解約の場合違約金が発生します。
レンタルというよりも普通の2年縛りの契約と同じです。

ちなみに違約金は0から12ヶ月で19,000円、13から24ヶ月で14,000円です。
25ヶ月目が契約更新月になって0円での解約ができます。

そして契約を続けた場合、26ヶ月目以降なら契約更新月以外の解約は9,500円の
違約金となっています。

この違約金が高い、というのは確実にどんなときもWiFiのデメリットです。

レンタルなので解約時には端末の返却が必要

2年縛りがありますが、基本的にはレンタルなので解約時には端末を返却する
という必要があります。

解約後、一定期間までに返却をしなければ端末弁償代がかかります。
ちなみに端末が故障した場合もこの代金がかかります。

一応端末にはメーカー保証が1年付いているのですが、契約が2年なので
自然故障した場合にも、状況によっては端末弁償代が必要です。

端末弁償代は18,000円と高額なので出来る限り期間内に返却をしましょう。

3年目以降は月額料金が高くなる

どんなときもWiFiの割引は基本的に2年間のみです。
3年目からは月額料金に割引が無くなります。

でも割引の条件は単純にクレジットカード支払い、口座振替支払いで変わるだけで
契約初回のみという条件はありません。

つまり2年で解約して、新しく契約すればまた割引適応金額で契約可能です。
まあ現状新しく始まったサービスなので今後どうなるかはまだわかりませんが。

現在の状態なら3年目の月額料金が高い、というのはあまり大きなデメリットには
感じられませんでした。

どんなときもWiFiの口コミは評価が別れている

実際にどんなときもWiFiを使っている人の口コミではどうなっているのか。
評判を確認してみました。

口コミにはやはり制限無しで使えるのがとてもいい、という意見があるのですが
それを同じくらい通信速度が遅いという意見もあります。

通信速度は場所や時間によって変わるのですが、最高速度が150Mbpsということで
多人数同時参加のネットゲームなどはかなり厳しいところです。

まあモバイルルーターを使ってネットゲームというのは元からあまりおすすめできない
方法ではありますが。

それにやはり利用者が集中した場合に通信速度が遅くなる、今後もそれが続く場合も
考えられるのは不安という意見も多くありました。

利用できる地域などでWiMAX2+よりも広く、必然的に選択肢がどんなときもWiFiのみ
という人もいるのですが、それを考えても利用可能地域の広さは魅力的です。

色々な口コミを調べてみたのですが、やはりちょっと意見が別れているという印象です。

通信速度を気にせず大容量を使いたいならどんなときもWiFiはおすすめ

私の感想を言うなら「ユーザーを選ぶけどおすすめできるモバイルルーター」という
感じでしょうか。

あまり外出先でのモバイル通信をしない、格安SIMのデータ通信容量でも十分という
使い方をしている人に月額3,480円のどんなときもWiFiは高いと思います。

でも毎月スマホのデータ定額パックの上限まで動画を見ているという人なら
どんなときもWiFiはとても安く、使いやすく感じると思います。

高画質動画でも下り20Mbps程度の速度があれば十分快適ですし、データ通信容量の
上限なしならどれだけ動画を見ても通信速度が落ちることはありません。

つまりユーザーを選びますが、毎月のデータ定額パックでは足りないと感じている
スマホユーザーにはおすすめしやすいのがどんなときもWiFiです。

 






 
 
 

-wifi

Copyright© 光回線の教えて君 , 2019 All Rights Reserved.