wifi

縛りなしWiFiのクーポンコードって何?

投稿日:

色々な制限がなく、かなり自由に使えるモバイルルーターとして注目されているのが
縛りなしWiFiというレンタルモバイルルーターです。

ちょっと気になるのが申し込みの時に出る「クーポンコード」という表記です。
ここには何を記入すればいいのでしょうか。

実は以前に行われていたキャンペーンコードを入力することで割引クーポンが
もらえるという特典があったのです。

Youtube協賛の割引クーポンは2019年4月30日までのキャンペーン

以前行われていた新規加入キャンペーンではYoutubeとの連携をしていて
特定の動画を見ることでキャンペーンコードがわかりました。

そのキャンペーンコードを加入申し込みの時に入力することでAmazonの
割引クーポン3,000円分をもらうことができたのです。

ただしこのキャンペーンは2019年4月30日までの限定キャンペーンで
現在は行われていません。

というか4月30日以降、同じようなキャンペーン展開がされていないので
その時限定の特典だったのだと思います。

特定のYoutuberの動画でクーポンコードがわかる

ちなみにクーポンコードは特定のYoutuberの動画の詳細部分に記載されていました。
まあ動画を見ないでもそれを確認すれば応募ができた、という状態でした。

そしてクーポンコードが表示されるのは5人だけで、それぞれに縛りなしWiFiの
紹介という感じの動画をアップしていました。

まあ連携している縛りなしWiFiをわざわざ悪く言うこともないですし。
宣伝用の動画だな、という感じの紹介動画でした。

その動画自体はまだYoutubeに残っているようなので、興味がある方は見てみるのも
いいかもしれません。

Amazonのギフト券3,000円分が届く

キャンペーンコードがわかったら、それを新規加入申込時にホームページで記入して
申込みをします。

ただし条件として3ヶ月間の利用が必要です。
縛りなしWiFiは最低利用期間1ヶ月経てば解約することができます。

でもキャンペーン特典をもらうためには3ヶ月間の継続利用が必要です。
その3ヶ月間の利用が確認できてから順次発送される、ということだそうです。

特典はAmazonのギフト券3,000円分とネットショッピングをしている方には
かなり嬉しいキャンペーン特典です。

現在はクーポンコードの配信が行われていない

調べてみると、縛りなしWiFiのTwitterでもクーポンコードのことが説明されていて
配布をしていると情報の提供がありました。

ただそれも2019年4月までのことで5月に入ってからはキャンペーンの告知は
全くしていません。

クーポンコードの受付も行っていないようで、コードを入れても何もありません。
キャンペーンの展開をしていないようです。

ちなみに5月、6月、7月と連続して確認した方もいたようですが、4月以降は
クーポンコードの配布は行われていませんでした。

現在もクーポンコードの入力場所がありますが、意味はないようです。

縛りなしWiFiはレンタルのモバイルルーターサービス

そもそも「縛りなしWiFi」とはどんなサービスなのか、知らないという方も
多いのではないでしょうか。

縛りなしWiFiとは、その名前のとおりに色々な制限無しで使えるレンタルの
モバイルルーターサービスです。

レンタルされるのはWiMAX2+の機種とソフトバンクの機種なので、それぞれの
サービスを使う事が出来るようになります。

対応地域などはそれぞれWiMAX2+とソフトバンクのモバイルルーターの対応地域で
確認することができます。

しかもレンタルなので通常のモバイルルーター契約とはちょっと違った色々な条件が
緩和されているという魅力があります。

縛りなしWiFiの特徴を確認してみましょう。

契約期間の縛りがない

普通のモバイルルーターの契約では複数年契約で月額料金の割引をしているので
契約期間内に解約をすると違約金が発生します。

WiMAX2+では3年契約が多くなっているので、契約を悩んでしまうという方も
多くなっていると聞きます。

でも縛りなしWiFiなら契約期間の縛りがありません。
まあ基本的にレンタルなので好きな時に解約して返却することができます。

ただし最低利用期間1ヶ月があります。
というか解約手続きは最低でも1ヶ月前からなので、この期間は必ず使うことになります。

契約は1ヶ月毎で月額料金は3,300円です。
これが何年契約しても変わらず、いつでも解約することができます。

月間データ通信容量の上限がない

公式サイトの説明では通信容量に制限がない、とありますが実際には月間の
データ通信容量の上限がないだけです。

つまり使うキャリアごとに決められた短期間の通信容量には制限があります。
それは一般的なキャリアの通信制限と変わりません。

WiMAX2+の場合は3日間で10GB以上使うと速度制限されます。
ソフトバンクでは1日3GB以上使えば速度制限されます。

まあ月間の制限ではないので、それぞれ短期間通信を我慢すればすぐに
速度制限が解除されるということになります。

ただし完全無制限ではないので、そこには注意が必要になります。

端末購入代金が必要ない

縛りなしWiFiはレンタルのモバイルルーターサービスなので、端末本体の
購入が必要ありません。

つまり本体代金を無料で使う事ができるのです。
まあレンタルなので当然なのですが。

ただしレンタルの本体が故障した場合、破損や水没だけではなく紛失した場合にも
弁済金が必要になります。

つまり端末の弁償が必要になるということです。
しかもその代金が39,800円とかなりの高額になっています。

一応月額500円の補償がありますが、こちらに加入しても10,000円の支払いが必要で
しかも毎月500円というかなりの負担がかかります。

レンタル品を長期間借りるというのは確かにリスクが高いのですが、負担を減らすために
毎月の負担が増えるというのはかなり微妙な感じだと思います。

端末の発送は最短翌日

契約申し込みから端末の発送手続きまでは最短で翌日となっています。
配送地域にもよりますが2日後くらいには届く可能性があります。

ただし翌日発送のためには申し込み手続きの完了が12時までなので条件的には
かなり厳しいです。

それと月額料金は申し込み月の場合、日割り計算になるのですがその計算は
発送する前から発生します。

つまり到着までに時間がかかるほど使っていない日数の料金が発生する
ということになります。

一応発送までに時間がかかった場合は後で日数分の割引で返却するという
形になるそうですが・・・

一度引き落とされてからの返金なのでちょっと心配になります。

レンタルルーターとしては普通のサービスという印象

縛りなしWiFiのサービスを確認してみると、確かに色々な条件の縛りはない
という印象ではあります。

でも特別なことをしているという感じもなく、レンタルのモバイルルーターを
利用するサービスとしては普通に使えると思います。

1ヶ月連続レンタルするモバイルルーターとしては3,300円という月額料金は
確かに安いと思います。

ただしちょっと気になるところも多くある、という印象なのですが。
それについても詳しく確認してみることにします。

縛りなしWiFiの不満点を確認

実際に縛りなしWiFiを使っている人の口コミを見てみると、結構気になることを
書かれているのがわかります。

細かなこともあるのですが、レンタル前に知らなければかなり変に思うという
不満点も見つかりました。

そこで口コミなどの評判から縛りなしWiFiの気になる不満点を確認してみます。

端末を選んで契約することができない

縛りなしWiFiではWiMAX2+とソフトバンクの海鮮を使う事ができてそれぞれに
対応した端末をレンタルすることができます。

WiMAX2+ではWX05とW04があり、ソフトバンクでも603HWと502HWが
公式サイトで紹介されています。

でもこれらの端末を自分で選んで契約申し込みすることは出来ません。
その時のレンタルの状況に合わせて貸し出される機種が勝手に選ばれます。

一応レンタル後にその機種では電波の受信状況が悪いという場合には端末の交換を
申し込むことが出来るのですが・・・

事前に電波状況を調べて、どちらかの端末では利用できないことを説明しても
対応してくれないという口コミもありました。

どんな状況でも端末を選ぶことができない、というのはかなり不親切だと思います。

公式サイトで紹介されていない端末がレンタルされる

口コミでかなり気になったのが、実際に貸し出された端末が公式サイトでは
紹介されていない端末という人が多いことです。

郵送された端末をアップロードしている人の中にはソフトバンクのFS030Wが
送られてきたという人が結構いました。

端末的にはロングライフで待機時間の長い使いやすい機種だと思いますが
紹介されている機種に比べるとかなり古い端末になります。

確かに公式サイトには申込みの状況によって別の端末が発送されます、という
アナウンスはされているのですが。

古い端末のレンタルというのはちょっと怖い、と思ってしまいます。

WiMAX2+のハイスピードプラスエリアモードは使えない

WiMAX2+ではauのLTE回線も使うことができます。
まあこちらを使った場合にはオプション料金として1,005円が必要になりますが。

縛りなしWiFiでWiMAX2+端末をレンタルできた場合、このauのLTE回線を
使う事ができないという契約になっています。

WiMAX2+ではau回線も使ったキャリアアグリゲーションで最新端末の場合は
最大1.2Gbpsという高速通信が出来るようになっています。

レンタルされる端末でもかなりの高速通信が出来るのですが、利用を禁止されているので
WiMAX2+でも通信速度は下り440Mbpsとなります。

まあ禁止されていると言っても端末にロックがかかっているのではなく、あくまでも
自主的な禁止をしているという状態です。

ただ使ってしまうとそのオプション料金は月額料金と別途請求されます。
月額料金の安い縛りなしWiFiのメリットを消すことになるので使うなら自己責任で。

解約後には端末本体の返却が必要

不満というわけではないのですが、口コミで面倒くさいと言われていたのが
解約後の端末返却の手続きです。

縛りなしWiFiはレンタルなので端末本体は返却が必要です。
付属品として付いていたものも返却する必要があります。

その端末返却は利用したユーザーが行う必要があります。
実際にゆうパックなどで指定の住所に郵送する必要があるのです。

ちなみに解約手続きはメールのみ受け付けで、申し込みをした翌月の末日まで
契約が続くということになります。

そして解約の翌月5日までに端末の返却がされない場合はその月の月額料金も
発生することになります。

余計な負担をかけないためにも返却手続きはしっかりと行いましょう。

月額料金の支払いはクレジットカードのみ

縛りなしWiFiの月額料金の支払い方法はクレジットカードのみです。
口座振替やデビットカードには対応していません。

つまりクレジットカードを使えない、使いたくないという方は申し込みが出来ない
ということになります。

この支払がクレジットカードのみ、ということが端末発送と申し込み月の
月額料金日割り計算のトラブルになっている原因なのですが。

現状では他の支払い方法を選ぶことが出来ません。
申込みの時には必ずクレジットカードを用意しましょう。

通信速度は下り20Mbps程度は出る

縛りなしWiFiの通信速度は、その時の状況によって変わりますが平均しても
下り20Mbps程度はでているようです。

状況によっては下り40Mbpsくらいは出るそうなので、問題なくインターネットを
楽しむことは出来ると思います。

口コミでは光回線と比べた安定性や通信速度の違いに不満を持つ人もいましたが
モバイルルーターとしては普通に使える通信速度だと思います。

縛りなしWiFiには別のプランもある

縛りなしWiFiではもう1つ、契約年数を決めてさらに月額料金の割引が出来る
縛っちゃうプランというサービスもあります。

こちらは月額料金が2,800円になりますが契約年数は3年間です。
それに端末は購入になるので支払いが必要です。

ただし分割料金分の月額料金割引が適応されるので実質0円での購入が出来ます。
ちなみに購入端末はソフトバンクの601HWです。

確かに月額料金が安くなるのですが、端末も購入が必要ですし契約期間も決まっていて
途中解約では違約金も発生します。

違約金は15,000円と意外に高額の請求があるのでかなり厳しいという印象です。
というかこちらの場合、普通のモバイルルーター契約と変わらない気がします。

クーポンコードはないけどお得に使えるレンタルルーター

現在はクーポンコードの配布は行われていません。
でもキャンペーンがなくても十分に安く使えるレンタルルーターだと思います。

レンタルなのであまり長い期間継続して使うのが心配という場合でも
こまめに解約と再契約を繰り返すことで故障のリスクを軽減できます。

ちなみに解約した後、同じクレジットカードと氏名と住所で申込みをしても
問題なく契約をすることが出来ます。

レンタルルーターで1ヶ月3,300円というのは確かに安いと思いますし
最低利用期間も1ヶ月なのでそれほど気にならないかと。

以前のようなお得なクーポンコードの配布があればさらにおすすめしやすいのですが。
現状でもかなりお得に使えるのが縛りなしWiFiだと思います。

 






 
 
 

-wifi

Copyright© 光回線の教えて君 , 2019 All Rights Reserved.