ドコモ光

ドコモ光利用中のトラブル、問い合わせ先はどこになる?

投稿日:

ドコモユーザーの割引ができるドコモ光はとても人気のある光コラボの1つです。
利用できるサービスも多く、とても便利でお得と評判です。

でも多くのサービスが有るために、それぞれのサービスでトラブルが発生すると
どこに対応してもらえばいいのかわかりにくいという話も聞きます。

ドコモ光のトラブル時に対応してもらえる問い合わせ先はどこになるのか。
詳しく調べてみることにしました。

ドコモ光はトラブルの内容で問い合わせ先が変わる

ドコモ光の問い合わせ先としてはドコモインフォメーションセンターがあります。
こちらはドコモ携帯からは局番なしの151で連絡ができます。

固定電話などからかける場合は0120-800-000でこちらに繋がります。
これが一般的な問い合わせ先となります。

でもドコモ光の場合はサービスなども多くあるので、それぞれに対応した
問い合わせ先があるのです。

つまりトラブルの種類、発生した状況によって問い合わせ先を変えるというのが
上手に解消する方法になります。

ではそれぞれの問い合わせ先を詳しく確認してみましょう。

ドコモインフォメーションセンター

こちらはドコモ光の総合的な問い合わせ先になります。
申込受付から契約内容の確認、機材の接続設定などの質問にも回答してくれます。

またとりあえず困ったことがあったらこちらに電話することで、どこの部署が
対応してくれるかを教えてもらうことも出来ます。

電話番号は先ほど説明したとおり、ドコモ携帯なら局番なしの151から。
固定電話なら0120-800-000で連絡ができます。

ドコモ光でなにか困ったことが出来たらとりあえずドコモインフォメーションセンターに
電話をしてみるというのもおすすめです。

ドコモ光サービスセンター

ドコモ光申込時の工事に関することならドコモ光サービスセンターが対応してくれます。
工事の内容確認や工事日の変更など回線工事が終わるまでのトラブル解消が出来ます。

ドコモの携帯からは局番なしの15715で連絡できます。
固定電話からは0120-766-156という番号になります。

ちなみにドコモ光の回線工事のキャンセルもこちらで受け付けているそうです。
回線工事に関することならこちらで対応してもらえます。

ドコモ113センター

ドコモ光がつながらない、故障かなと思った時にはこちらに連絡をします。
オプションを含めたドコモ光の故障に関する問い合わせ先となっています。

オプションも含まれているのでひかり電話やひかりTVなどがつながらない
見られなくなったというトラブルのときにもこちらに連絡をします。

ドコモ携帯からは局番なしの113で連絡可能です。
固定電話からはドコモインフォメーションセンターからの接続になります。

ネットトータルサポート

周辺機器の接続など通常のインターネット接続以外にもサポートしてくれるのが
ネットトータルサポートです。

ただしこちらは有料のオプションで、以前はリモートサポートという名称で提供された
オプションサービスです。

月額500円かかりますが、電話での対応の他にも訪問サポートも利用できます。
インターネットに関わる全てのことにサポートをしてもらえます。

電話番号は0120-825-360です。
ただしオプション加入しているユーザーのみ利用できるので注意しましょう。

ひかりTVカスタマーセンター

こちらはドコモ光でオプション加入できるひかりTVのトラブルに関する
問い合わせ先になります。

ドコモ光ではなく、確実にひかりTVのトラブルだとわかっている場合は
こちらに連絡をすると早く解決できると思います。

電話番号は009192-144または0120-001144です。

プロバイダ関係は直接プロバイダに連絡

ドコモ光は対応プロバイダが20社以上あるという珍しいタイプの光コラボで
そこから選んで契約をすることが出来ます。

回線などには関係なくプロバイダがトラブルの原因だと思う場合には
直接プロバイダに連絡をしてもらうことになります。

それぞれのプロバイダの連絡先も確認しておきましょう。

・ ドコモnet 0120-800-000
・ OCN 0120-506-506
・ BIGLOBE 0120-86-0962
・ plala 009192-33
・ GMOとくとくBB 0570-045-109
・ @nifty 0570-03-2210
・ DTI 0120-719-020

問い合わせの時に契約者IDなどが必要になる場合もあるので、事前に
確認をしておきましょう。

ドコモ光の場合、とりあえずドコモインフォメーションセンター

ドコモnetの連絡先がドコモインフォメーションセンターと同じなので、ドコモ光の
トラブルの時にはとりあえずドコモインフォメーションセンターを使うという方法も。

そこから色々なところへの連絡先の確認もできますし、何が原因かわからない
ということも多いと思います。

そんな時にはとりあえずドコモインフォメーションセンターに連絡をして相談。
その後で対応先を考えるということもおすすめです。

ドコモインフォメーションセンターの音声ガイダンスを短縮する番号

ドコモ光に関する問い合わせ先としてドコモインフォメーションセンターは
とても便利なのですが、オペレーターにつながるまで時間がかかります。

音声ガイダンスを聞いて、それに合わせた番号を押していくとオペレーターに
つながるという仕組みになっています。

そのために音声ガイダンスを聞かなければいけないのですが、これを短縮する
番号というのもあります。

ドコモインフォメーションセンターに電話がつながった後、この短縮番号を
押すことですぐに対応のオペレーターにつながります。

手続きに関する短縮ダイヤル

ドコモインフォメーションセンターで対応している手続きは引っ越しと解約。
後はその他の手続きに関する問い合わせとなります。

・ 引っ越し 711
・ 解約 713
・ その他の手続き、問い合わせ 714

回線工事に関する短縮ダイヤル

回線工事というのはドコモ光の開通に関係することも含まれています。
当然ですが回線工事に関係する質問や問い合わせもこちらになります。

・ 工事日の決定 721
・ 工事日の変更 722
・ その他の工事に関する問い合わせ 723

接続方法に関する短縮ダイヤル

こちらはネットトータルサポートに加入しているユーザーと、それ以外のユーザーで
対応窓口が変わります。

有料オプションのネットトータルサポートに加入しているユーザーの場合はネット接続と
メール設定、周辺機器などの接続に関する問い合わせができます。

・ ネット接続、メール設定など 7311
・ 周辺機器接続、ソフトウェア 7312

ネットトータルサポートに加入していない方の場合は全て同じところで受け付けています。
単純に接続方法に関する問い合わせ先ということになります。

短縮番号は732です。

故障に関する短縮ダイヤル

光回線終端装置、ONUなどの故障が原因と考えられる接続不良の場合の
問い合わせ先の短縮番号が74です。

他にもドコモ光の契約時にレンタルできる機材はあるので、それらが故障した
と思った時にはこちらの短縮ダイヤルを使いましょう。

オペレーターにつながるのは電話の受付時間内のみ

短縮ダイヤルを使うとすぐにオペレーターに接続してもらえる、といっても
必ずつながるというわけではありません。

当然ですがドコモインフォメーションセンターの受付対応時間内のみオペレーターに
接続できるようになっています。

つまり9時から20時の電話受付対応時間なら短縮ダイヤルを使ってオペレーターと
会話をすることが出来ます。

それ以外の時間帯に短縮ダイヤルを使ってもつながらないので注意しましょう。

電話以外のドコモ光の問い合わせ先

ドコモ光の問い合わせは電話以外でもできるものがあります。
基本的には電話が早くて便利なのですが、それが使えないという状況も考えられます。

そんな時には電話以外の方法でも問い合わせをすることが出来ます。
その方法について確認してみることにします。

ドコモ光の加入申し込み問い合わせはドコモショップでも受付している

まずはドコモ光に加入する時の問い合わせ先ですが、ドコモ光の公式サイトから
申し込みの受付を行っています。

それにドコモ光では対応プロバイダが20社以上あり、それぞれのプロバイダで
新規加入申込受付が行われています。

キャンペーンを利用できるのでプロバイダからの申込みがおすすめなのですが
これ以外にも申込み問い合わせ先があります。

それがドコモショップです。
ドコモショップでは対面での申込受付をしているのです。

まあドコモショップでの加入申し込みはドコモ光の公式キャンペーンのみ
利用可能なのであまりおすすめはしませんが。

問い合わせ先という意味ではこちらからも問題なく申し込みが出来ます。

料金に関する問い合わせはMy docomoからも出来る

ドコモ光に加入したあと、料金などの問い合わせをするならMy docomoが使えます。
こちらはドコモの会員限定サイトです。

ドコモ光のユーザーになればドコモユーザーという扱いになります。
つまりドコモのIDをもらうことができるのです。

そのIDを使ってログインすればドコモ光の利用料金に関することやドコモの
ポイントサービスについても確認をすることが出来ます。

ドコモ光に関しては基本的に確認になりますが、簡単な確認なら電話を使わずに
手軽にアクセスできるMy docomoがおすすめです。

メールでの問い合わせに対応

インターネット接続以外のトラブルなら、その状況をスクリーンショットなどで
保存してメールで問い合わせるという方法もあります。

メールでの問い合わせ方法はドコモ光の公式サイトからdアカウントでログインすれば
出来るようになります。

ドコモ光の公式サイトにはメールによる問い合わせというページがあります。
そちらからログインすれば問い合わせが可能です。

ただしメールでの問い合わせでは個人情報に関する質問への回答はしてくれません。
それにいつ質問に対する答えが帰ってくるかの保証もありません。

ただし24時間いつでも送ることが出来るというメリットもあります。

掲示板で質問に答えてもらうことも可能

ドコモユーザー同士が質問や回答をするドコモ光専用の掲示板があります。
それがOKBIZ for Community Supportという掲示板です。

こちらはドコモ光公式ではないのですが、公式サイトからも利用出来るので
使っている方は多いと思います。

またログインしなくても過去の質問を見る事ができるので、同じような状況の
質問を探してその解決方法を探すということも出来ます。

当然コミュニティ掲示板なので直接書き込みをして解決策を教えてもらう
ということもできます。

ただ必ず質問に回答してもらえるわけではなく、解決できないという可能性も
十分に考えられます。

困った時に手助けをしてくれるありがたい掲示板なので、一人で解決できない
という問題の場合は使ってみましょう。

チャットで問い合わせることも出来る

ドコモではおたすけロボットというチャット形式の質問サイトを展開して
手軽に質問ができるようなサービスも提供しています。

おたすけロボットではスマホに関する質問とドコモ光に関する質問に対して
答えてくれるようになっています。

ただしこちらも簡単なトラブルの解消、説明などは出来るのですが専門的な
解決方法が必要な場合には対応しきれません。

チャットなので文字を入力するという、パソコンを使い慣れていない人には
ちょっと高いハードルがあるのも気になるところです。

ただ24時間いつでも使えて対応が早いので困った時にすぐに使えるという
魅力はとても高いです。

LINEで問い合わせをすることが出来る

無料通話アプリのLINEにもドコモ光の問い合わせ先があります。
スマホで使うのでインターネット回線に関するトラブルのときにも使えます。

新しく始まったサービスなので、現状トライアル期間ということになっていますが
ちゃんと対応はしてもらえます。

ただし現在はまだ故障に関する問い合わせのみとなっています。
接続などのサポートについてはまだ対応してもらえません。

今後さらにサポートの範囲が広がることを期待していますが、現状では故障の
対応のみというのがちょっと残念です。

ドコモ光の問い合わせ先の電話は繋がりにくいのは昔のこと

以前はドコモ光の問い合わせ先の電話はとにかくつながらない、という意見が多く
実際にかなりの時間待たされたという人も多いと思います。

確かにドコモ光が始まった当初は契約を希望するユーザーがとても多く問い合わせも
かなり混雑していたということはありました。

ただし現在ではかなり落ち着いているので電話に中々でないという状況はほとんど
なくなっています。

まあ元々ユーザーの多いドコモ光なので、電話が集中する期間はまだつながりにくい
という状況もあります。

でも以前のように全くつながらないということはないので、とりあえず電話での
トラブル解消を考えてみましょう。

公式サイトでは電話混雑の予想を公開

インターネットがつながる状況なら、ドコモ光に電話をかける前に一度公式サイトで
混雑状況を確認しておくことがおすすめです。

ドコモの公式サイトではドコモインフォメーションセンターの混雑状況の予想を
毎月発表しています。

事前の混雑予想ということですが、土日や長期休暇に合わせてコールセンターへの
電話が多くなる時の予測をしています。

例えば8月なら最終日、夏休みの最後に合わせて問い合わせも多くなる、と予想が
されている状態です。

ある程度の目安になりますが、これを見て問い合わせの時間を考えるとさらに
電話がつながりやすくなると思います。

ドコモインフォメーションセンターを使うなら予想も上手に使いましょう。

 






 
 
 

-ドコモ光

Copyright© 光回線の教えて君 , 2019 All Rights Reserved.