事業者変更

Asahiネット光からドコモ光に乗り換えるなら事業者変更がおすすめ

投稿日:

以前は光コラボ同士の乗り換えにとても大変な手続きが必要でした。
そのために中々光コラボ同士の乗り換えが出来ないという状況になっていました。

それを改善するために事業者変更という手続きが開始され、今ではとても簡単に
光コラボ同士の乗り換えが出来るようになりました。

実際にどれくらい便利で簡単になったのか。
Asahiネット光からドコモ光への乗り換えで確認してみましょう。

光コラボ同士の乗り換えは事業者変更がとても便利

思いっきり簡単に説明すれば、事業者変更とは光コラボ同士の乗り換えで使う
転用という手続きです。

以前、フレッツ光から転用で光コラボに乗り換えている方ならわかると思いますが
この転用という手続きもかなり手軽にできる乗り換え方法です。

これを光コラボ同士でも出来るようにしたのが事業者変更です。

間違えてほしくないのは、転用を光コラボ同士の乗り換えに使うことが
出来ないということです。

転用はフレッツ光から光コラボに乗り換える手続き

事業者変更とは光コラボ同士の転用と説明しましたが、転用を使って光コラボ同士の
乗り換えは出来ないのでしょうか。

転用はフレッツ光を光コラボにするための手続きなので、光コラボ同士の乗り換えでは
転用を使うことが出来ません。

光コラボ同士の乗り換えをする時には、事業者変更を使う必要があるのです。

事業者変更と転用の手続きはほぼ同じ

ただし手続きの方法、手順などは転用と事業者変更ではほとんど変わりません。
とても簡単に乗り換えが出来るようになっています。

つまり転用と同じ感覚で事業者変更を使えば簡単に光コラボ同士の乗り換えが
出来るようになっているのです。

この事業者変更を使った光コラボの乗り換え、実際にどんな魅力があるのか。
もう少し詳しく確認してみることにします。

事業者変更のメリットとは

事業者変更のメリットとは簡単に言えば今まで大変だった光コラボ同士の乗り換えが
とても手軽に出来るようになることです。

まあこの場合、以前の光コラボ同士の乗り換えがどれくらい大変だったのかを
知っていなとあまりメリットとわかりにくいのですが。

後ほど事業者変更が出来る前の光コラボ同士の乗りかえ方法も確認しておきましょう。

回線工事の手間がなくなった

以前は光コラボ同士の乗り換えでは必ず回線工事が必要でした。
理由は一度光コラボとして使った光回線は他の光コラボでは使えないこと。

つまり光コラボで使った光回線はその光コラボ専用の光回線になるので、他の光コラボで
流用することが出来なかったのです。

それが出来るようになるのが事業者変更なのです。
つまり回線工事にかかる手間が全てなくなるのです。

工事の申込み、工事の立ち会い、回線工事費用などがありません。
今までの回線をそのまま使い続けることができるのです。

固定電話もそのまま使う続けることが出来る

フレッツ光では光回線を使ったひかり電話というサービスがあります。
通常のアナログ回線の電話よりも通話料や基本料金が安くお得です。

このお得なひかり電話に乗り換えている場合、光コラボ同士の乗り換えでは
同じ電話番号を使い続けるのがちょっと大変でした。

特別な手続きが必要で、場合によっては同じ電話番号を使い続けることができない
という状況もありました。

でも事業者変更を使えばひかり電話もそのまま使い続けることができます。
当然電話番号が変わることもなく、同じ電話番号を使い続けられるのです。

周辺機器も交換が必要ない

光回線の交換工事をする場合、使っていたレンタルの周辺機器は全て交換です。
回線設置後にまた接続のやり直しが必要になるのです。

パソコンに詳しい人なら周辺機器の接続は簡単ですが、配線が得意ではない人には
これがかなりの負担になります。

でも事業者変更なら回線の変更をしないので周辺機器もそのまま使い続けられます。
配線のやり直しもなく、余計な手間がかかりません。

2重回線の心配がない

特に賃貸住宅の場合、以前の光コラボ同士の乗り換えではタイミングが悪いと
2重回線という状態になったときに大きなトラブルの原因になります。

まあ光回線を2回線同時に設置することで外壁などの傷をつける原因になり
それが退去時のトラブルになることがあったのですが。

事業者変更なら回線工事がないので2重回線になる心配がありません。
賃貸住宅でも安心して光コラボの乗り換えができるのです。

事業者変更のデメリットとは

かなり魅力的に感じる事業者変更ですが、全くデメリットがないというわけでもなく
当然ですが気になるところもあります。

たしかに今までの光コラボ同士の乗り換えと比べればかなり魅力的ではあります。
でも事業者変更をする場合の気になるところについても確認しておきましょう。

プロバイダが変更される事が多い

光コラボはAsahiネット光のようにプロバイダが決まっている、というところが多く
それを乗り換えるのでプロバイダが変更になることが多いです。

プロバイダが変更されるとインターネットを使っていた環境が大きく変わるので
あまり好ましくない、と感じる人も多いかと。

特にプロバイダのメールアドレスを重要な連絡で使っている場合、乗り換える時の
手間が大きくなるはちょっと大きなデメリットに感じます。

ちなみにAsahiネット光からドコモ光への乗り変えではプロバイダを変えずに
乗り換えることも可能です。

無料で乗り換えができない

転用の場合は基本的に事務手数料くらいで乗り換えができました。
でも事業者変更ではそれ以外にもかなり多くの料金が発生することになります。

乗り換えの手間がかからないのですが、乗り換えに手数料が多くかかるというのが
事業者変更の特徴的な感じでしょうか。

実際にどれくらいの料金が発生する可能性があるのか。
簡単にですが確認してみましょう。

事務手数料がかかる

転用でも必要でしたが、契約内容の変更をするために事務手数料3,000円程度が
必要になります。

ちなみに事務手数料は乗り変え先の光コラボ業者に支払いをします。
Asahiネット光からドコモ光ならドコモ光に支払うことになります。

そして基本的に光コラボ業者によって事務手数料は変わります。
安い光コラボ業者では2,000円で出来るとか。

事業者変更承諾番号の発行手数料がかかる

事業者変更では契約内容の移行をするために転用承諾番号のような番号の発行があり
それが事業者変更承諾番号です。

そしてこの番号を発行する、事業者変更承諾番号払出手数料が必要になります。
これも大体3,000円くらいです。

やはりこちらの手数料もプロバイダによって料金が変わります。
そしてこちらは乗り換え元の光コラボ業者に支払いをします。

今回の場合ならAsahiネット光に番号の発行をしてもらうのでそちらの支払いをする
手数料ということになります。

光コラボの解約違約金が発生する可能性

事業者変更を使っても光コラボの乗り換えをすることに代わりはありません。
つまり乗り換える元の光コラボ業者とは解約をすることになります。

そして多くの光コラボ業者では複数年契約での割引を行っていて、途中解約をすれば
違約金が発生します。

乗り換えのタイミングによっては違約金が発生しませんが、場合によっては9,500円
というかなり大きな出費になる可能性があります。

回線工事の残債があれば支払いが必要

フレッツ光から転用している場合は支払いが終わっていると思いますが、新しく
光コラボに申し込みをした場合は工事費用が残っている可能性もあります。

基本的に事業者変更は乗り換え元の光コラボ業者に支払いが残っている場合は
できないということになっています。

つまり工事費用の支払いが終わっていない場合には残債の一括支払いが必要になります。

オプション継続利用の手数料が発生する可能性

ひかり電話などNTTがフレッツ光で提供しているサービスは基本的に光コラボでも
提供があれば継続して利用することが出来ます。

ただし光コラボ業者によってはNTTのオプションの提供がない場合もあります。
この時にはNTTが継続してサービスを提供することになります。

事業者変更でもこれが適応されて、乗り換え先の光コラボ業者にNTTのオプションがない
という場合はNTTが引き継いでサービスを提供することになります。

ただしその引き継ぎをするために手数料1,800円が必要です。

これは乗り換え先の光コラボに同じサービスがない場合と、オプションの利用を続ける
という場合にのみ発生する手数料です。

Asahiネット光からドコモ光に乗り換えるメリット

事業者変更という手続きのメリットとデメリットを確認したところで、今度は
Asahiネット光からドコモ光に乗り換えるメリットなどを確認してみましょう。

まあはっきり言えばドコモのスマホに関する割引が一番大きな魅力なのですが。
乗り換えることで起きる状況を確認してみましょう。

ドコモ光の新規加入キャンペーンが使える

Asahiネット光からドコモ光に乗り換えることでドコモ光の新規加入キャンペーンを
利用することが出来るようになります。

ドコモ光の場合はプロバイダを20社以上から選ぶことが出来るので、プロバイダを
経由して申し込みをすればプロバイダの新規加入キャンペーンも利用可能です。

プロバイダから申込みをしてもドコモ光の公式キャンペーンが使えるので新規加入なら
かなりお得に光コラボを使えることになります。

これが事業者変更でも適応されるのでおすすめできるのです。

ドコモのスマホの月額料金が安くなる

ドコモ光ではドコモのスマホを契約しているユーザーが契約した場合に、そのユーザーと
家族も含めてスマホのデータ定額パックの割引を受けることができます。

ドコモ光セット割というサービスで、現在契約できるプランどちらでも最大1,000円の
割引を受けることができるのです。

以前提供していたプランでも適応されるので、その場合は最大3,500円という
かなり大きな割引の適応もされます。

ドコモユーザーならドコモ光への乗り換えはかなり魅力的になると思います。

auスマートバリューの適応が無くなる

ただし現在Asahiネット光で適応されているauスマートバリューは使えなくなります。
こちらはauスマホの割引ができるサービスです。

まあスマホをauからドコモに乗り換えた場合、割引の適応を考えてドコモ光に
乗り換えるというのもありだと思います。

でもその場合は当然ですがauスマートバリューの適応が無くなります。
家族にauユーザーがいる場合はよく考えて乗り換えをしましょう。

プロバイダを変えずに乗り換えができる可能性もある

Asahiネット光からドコモ光への乗り換えではプロバイダを変更せずに
事業者変更が出来るという可能性もあります。

Asahiネットはドコモ光の対応プロバイダなのでプロバイダをそのままにして
ドコモ光に乗り換えれば環境を変えずに光コラボ業者のみ変更ができます。

この場合はプロバイダのメールアドレスもそのまま使い続けられるので
環境を変えたくない人にはおすすめです。

ドコモ光ではAsahiネットを使うと月額料金が高い

ただしドコモ光でAsahiネットを使い続けた場合、ドコモ光の月額料金が
ちょっと高くなってしまいます。

ドコモ光ではプロバイダによって月額料金が変わる事になっていて、Asahiネットは
タイプBという月額料金が200円高いグループに入っています。

基本的なサービスはタイプAとタイプBのどちらも変わりません。
通信速度などに違いがないので基本的にはタイプAの安い方をおすすめします。

それを考えるとAsahiネットを使い続けることはあまりおすすめできなくなります。

Asahiネット光とドコモ光の月額料金を比べてみる

月額料金はAsahiネット光とドコモ光でどれくらい変わるのか。
実際に比較してみることにしましょう。

Asahiネット光の月額料金は戸建てタイプのファミリーコースでは
月額5,180円です。

新規加入キャンペーンなどが適応されない普通の月額料金がこちらです。

そして集合住宅タイプのマンションコースは月額4,080円です。
これと比べてドコモ光の月額料金はどうなのでしょうか。

ドコモ光の月額料金と比較してみる

ドコモ光の場合は先ほど説明したとおり、プロバイダによってタイプAと
タイプBに分けられています。

タイプAは一戸建てが5,200円で集合住宅が4,000円という月額料金です。
こちらはAsahiネット光と大きく変わらない月額料金になっています。

タイプBの場合、一戸建てが5,400円で集合住宅が4,200円というタイプAよりも
200円高い月額料金での提供になります。

つまりAsahiネット光と比べると高くなってしまうのでおすすめしにくいのです。

事業者変更を行う手順を確認

事業者変更をする時の注意点などを確認したところで、実際に手続きをする手順も
確認してみることにしましょう。

基本的には転用とほとんど変わらない手順で乗り換えができます。
ただ実際に乗り換える前にはメールアドレス利用状況の確認などが必要ですが。

今回はそれらを考えずに単純に手順だけを確認してみましょう。

契約中の光コラボ業者から事業者変更承諾番号をもらう

手続きとしてやることは現在契約している光コラボ業者から事業者変更承諾番号を
もらうことです。

今回の場合ならAsahiネット光に連絡をして番号排出をしてもらいます。
電話番号は0120-577-757です。

事業者変更承諾番号は即日獲得が出来るので、電話をした時にそのまま
番号を教えてもらうことができます。

その番号をメモしておいて次の手続きをします。

乗り換え先の光コラボ業者に新規加入申込みをする

乗り換えるつもりの光コラボ業者、今回ならドコモ光になりますがこちらに
新規加入申し込みをします。

申込み自体は電話や、ドコモ光の場合はドコモショップでも受け付けていますが
どこから連絡をしても大丈夫です。

多くの方はプロバイダのWEBサイトから申し込みをすると思いますが
申込確認のために直接電話がかかってくる、というプロバイダが多いです。

この確認の電話の時に事業者変更での申込みを希望していると伝えれば
後は事業者変更として手続きを行ってもらえます。

何度か折り返しの電話がある中で事業者変更承諾番号を聞かれます。
そこで先ほどもらった番号を伝えれば、基本的にユーザーが出来ることは終わりです。

乗り換えた光コラボ業者から書類が届く

転用のときと同じように基本的に手続き自体は光コラボ業者同士が連絡をして
乗り換えの手続きを進めてくれます。

申込みから1週間程度で乗り換え先の光コラボ業者、今回はドコモ光なので
ドコモ光と契約したプロバイダから契約に関する重要書類が届きます。

こちらに新しい契約者IDとパスワードが記載されているので、それを使って
インターネット接続をすれば乗り換え完了です。

必要に応じてWi-Fiルーターの接続設定なども変更が必要ですが、これで光コラボ同士の
乗り換えが出来るというのはやはりとても手軽で便利だと思います。

NTTでオプション継続の場合はNTTから直接連絡がくる

先ほど説明した乗り換え先の光コラボ業者で今まで使っていたオプションサービスが
提供されていない場合、NTTが契約を引き継ぐことになります。

そしてその契約変更の確認と承諾のためにNTTから直接連絡が来ます。
タイミング的には申込後、手続きか全て完了する前になります。

オプションの切り替えまで終わってから手続きが完了して新しい契約者IDが
郵送されることになります。

事業者変更が出来なかった時の光コラボ同士の乗り変え手順

では事業者変更がどれくらい便利で簡単なのか、事業者変更が出来る以前の
光コラボ同士の乗り換えの手順についても確認してみましょう。

こちらもやはり使っているプロバイダメールの状況確認などが必要ですが
それを考えずにユーザーが行う手順だけを考えてみます。

こちらの場合もAsahiネット光からドコモ光に乗り換える場合で確認します。

乗り換え先の光コラボ業者に新規加入申込みをする

まずは乗り換え先の光コラボ業者、今回ならドコモ光に新規加入申し込みをします。
現在まだAsahiネット光で光回線を使っていても回線設置込みでの申込みです。

理由は先に回線設置工事の予約日を決めたいから。
回線設置工事の予定がわかるようになってから手続きを続けていきます。

契約中の光コラボ業者の解約手続き

回線設置工事の予約日が決まったら、現在契約している光コラボ業者の解約手続きを
行います。

今回ならAsahiネット光の解約申込みをして、解約予定日に先ほど決まった
回線設置工事予約日を指定します。

ここの調節がちゃんとできれば回線工事を1日にまとめることができます。
光コラボの乗り換えでは回線撤去工事と回線設置工事が必要でした。

それを1日にすることが出来ない場合、2重回線やネット接続が出来な期間の発生など
トラブルの原因になってしまいました。

回線工事の立ち会い

解約予定日が決まれば回線撤去工事と回線設置工事の立ち会いになります。
基本的に契約者本人の立ち会いが必要ですが代理人でも大丈夫です。

集合住宅の場合は室内工事がない場合もあるので、立ち会い不要という場合もあります。
一戸建ての場合はほとんどが室内工事をするので立ち会いは必要だと思います。

2つの工事を同時に行っても工事時間は3時間もかかりません。
設置工事が終わればインターネット接続は出来るようになっています。

工事以前に新しく契約する光コラボ業者からはすでに重要書類が郵送されているはずで
それを使ってインターネット接続の確認ができれば一応乗り換え完了です。

レンタル器材の返却をする

インターネット回線は工事が終われば使えるのですが、手続きとして最後に
今まで使っていた光コラボ業者からのレンタル器材の返却があります。

ONUやホームゲートウェイなど光コラボ業者からレンタルしていた機材は
解約予定日から一定期間内に返却しなければ違約金がかかります。

機材ごとにかなり高額の違約金が発生するので、解約後は出来る限り素早く
レンタル器材の返却をするようにしましょう。

回線工事費用の負担も大きい

手続きの手順だけでもこれほど多いのですが、さらに回線工事の両方にかなり高額の
回線工事費用が発生します。

撤去工事は大体10,000円くらいで設置工事は光コラボ業者によって変わりますが
こちらは18,000円くらいかかります。

まあこれは一戸建ての場合で集合住宅は完全新規の光回線設置が必要になる可能性は
それほど高くないと思いますが。

状況によって変わりますが集合住宅でも最大15,000円程度の工事費用がかかります。
当然光コラボ業者の解約違約金や事務手数料なども必要になります。

以前の手続きでは料金の負担もかなり大きかったのです。

以前はひかり電話の電話番号を使い続けるのも難しかった

光回線の乗り換えだけでもこれだけの手間がかかったのですが、以前はひかり電話の
電話番号を使い続ける場合にも手続きが必要でした。

アナログ戻しという方法で一度ひかり電話の電話番号をアナログ回線での番号に戻して
光コラボ業者の乗り換え後にひかり電話に加入してまた番号を移行します。

アナログ回線の状況によってはこのアナログ戻しのためにも工事費用がかかります。
最大では13,000円以上の工事費用がかかることになったとか。

このアナログ戻しの手間と負担もかなり大きかったのです。

アナログ戻しが出来ない電話番号もある

このアナログ戻しはNTT発番の電話番号しか使えない手続きです。
ひかり電話に新規加入してもらう、いわゆる光発番の電話番号ではできない手続きです。

つまり以前の光コラボ同士の乗り換えでは光発番の電話番号を使っている場合には
必ず電話番号が変更になるという大きなデメリットがあったのです。

これが原因で光コラボの乗り換えを諦めた、という方も多かったと聞きます。

Asahiネット光からドコモ光の乗り換えは事業者変更がおすすめ

手続きの手順やひかり電話の電話番号問題を考えると、2019年7月1日から開始された
事業者変更という手続きを使うことの便利さはよくわかってもらえたと思います。

しかも手続きにかかる料金も回線工事費用などを考えればかなり安くなります。
新規加入申し込みのキャンペーン適応を考えるとさらにお得感が高くなるかと。

特にひかり電話を使っていた人が電話番号を変えずに乗り換えできること。
ドコモユーザーのスマホ料金割引という魅力はとても高くなっています。

スマホのキャリアを乗り換えた時に、一緒に光コラボも乗り換えればスマホの割引も
使えるようになるのでおすすめです。

Asahiネット光からドコモ光のように光コラボ同士の乗り換えなら事業者変更を使って
よりお得に乗り換えをしましょう。

 






 
 
 

-事業者変更

Copyright© 光回線の教えて君 , 2019 All Rights Reserved.