事業者変更

DMM光からドコモ光への乗り換えは事業者変更で簡単に

投稿日:

月額料金の安さで注目されているDMM光ですが、格安SIMの割引のみという
モバイルツールに関しての割引が少ないのがちょっと残念です。

そこで大手キャリアのドコモが提供するドコモ光への乗り換えを考えているのですが
最近始まった事業者変更という手続きがとても便利でお得でした。

このDMM光からドコモ光への乗り換えに事業者変更を使った場合の手軽さを
紹介したいと思います。

事業者変更は手軽で手間がかからない

事業者変更は2019年7月1日に開始された新しい制度です。
今までは光コラボ業者同士の乗り換えにはかなりの手間がかかりました。

それを転用と同じように乗り換え出来るようにしたのが事業者変更です。
ユーザーの行う手続きはほとんどありません。

それに加えて手続きにかかる様々な手数料なども少なくなっています。
つまりお得に乗り換えができる、というわけです。

まあそれだけではなく、ドコモ光に乗り換えたいと思う特典もあるのですが。
まずはそちらを紹介します。

ドコモのスマホが安くなる

DMM光からドコモ光に乗り換える魅力の1つは、ドコモのスマホの月額料金が
安くなることです。

DMM光でもDMMが提供する格安SIMの割引を使う事が出来ます。
でもドコモ光ならドコモのスマホが安くなるのです。

大手携帯キャリアのドコモはそのユーザー数も多く、実際にドコモの端末を
使っているという方も多いのでは。

そんなドコモのスマホが毎月安くなるという割引が利用できるのはかなり大きな
魅力だと思います。

まあ現在契約できるプランの場合、どちらも最大1,000円の割引となっていますが。
以前のプランなら最大3,500円の割引を使うこともできました。

ドコモ光への乗り換えの最大の魅力はこの割引だと思います。

新規加入キャンペーンでお得に

事業者変更での乗り換えは新規加入と同じ扱いになります。
つまりドコモ光の新規加入キャンペーンを利用することが出来ます。

ドコモが公式サイトで行っているキャンペーン特典はもちろん、プロバイダごとに
提供しているキャンペーンも併用することができます。

キャンペーンでは次世代通信規格のIPv6方式の通信サービスに使える特典も
多くのプロバイダで提供されているのでプロバイダ選びも重要になります。

事業者変更のメリットを考えてみる

今度は事業者変更を使うこと自体のメリットについて考えてみます。
事業者変更はかなり手軽に光コラボ同士の乗り換えが出来るようになりました。

まあメリットとしてはこの手軽に出来るようになったこと、が大きなところかと。
以前の乗り換えを知っているとかなり大変だったのがわかります。

基本的にはその以前の方法と比べて簡単になったところが事業者変更のメリットだと
考えられます。

回線工事が必要なくなった

以前の光コラボ同士の乗り換えでは必ず光回線の撤去と再設置が必要でした。
一度光コラボで使った回線は別の光コラボでは使えなくなるためです。

ちなみにフレッツ光に戻す場合にも光回線の再設置が必要となりました。
でも事業者変更では回線をそのまま使い続けることができます。

つまり回線工事に関する手間や、それにともなった手続きなど全てが必要なくなり
とても簡単に乗り換えが出来るようになったのです。

2重回線の心配がなくなった

これも回線設置工事に関係することなのですが、回線の撤去と設置工事のタイミングが
合わない場合に2重回線という状態になることもありました。

これは単純に光回線を2つ同時に設置している状態ですが、賃貸の場合にはこれをすると
外壁に傷をつける工事が必要になる場合もあります。

原状回復が必要な賃貸住宅で外壁でも傷をつけると、退去時のトラブルになることも
多くあります。

その心配がなくなるというだけでもかなり嬉しいメリットだと思います。

回線関係のメリットは他にもたくさん

回線工事が無くなることのメリットとしては他にも周辺機器の交換が必要ない
オプションの継続契約が簡単になるなど多くあります。

特に電話番号を変更せずに使い続けられるというのはかなり魅力的です。
以前は場合によって電話番号が変わってしまう危険性があったのです。

電話番号のことを気にせずに光コラボの乗り換えができるというメリットは
利用者によってかなり大きなものになりそうです。

事業者変更をするデメリットを考える

では事業者変更をする場合のデメリットについても考えてみましょう。
こちらはそれほど多くないのですが。

単純に光回線や光コラボの乗り換えをする場合のデメリットとあまり変わらないので
事業者変更に限らずどんな状況でも考えられるデメリットではあります。

プロバイダが変更になる

ドコモ光は光コラボでは珍しく対応プロバイダが20社以上あります。
それでも乗り換えをすればプロバイダを変更する可能性は高いのです。

実際にDMM光からドコモ光に乗り換えた場合でもプロバイダを変更する必要があり
使っていたメールアドレスなど使えなくなってしまいます。

提供されていたサービスの違いによるインターネット環境の変化というのは人によって
かなり大きなデメリットに感じると思います。

プロバイダが変更になる、というのはそのデメリットが起きる可能性が高いのです。

色々な支払いが必要になる

転用のときはフレッツ光から光コラボに乗り換えをするためにほとんど料金が
必要ありませんでした。

事務手数料が必要でしたが、それくらいであまり支払いがありませんでした。
でも事業者変更では多くの手数料などの支払いがあります。

まあそれでも回線工事の工事費用に比べれば少ないのですが。
乗り換えで多くの料金支払いがあるのはやはりデメリットに感じます。

どんな料金が必要になるのか、個別に確認してみましょう。

事務手数料の支払い

転用でもかかりますが、契約継続で支払先の変更がある場合にはこの手数料が
必要になります。

大体3,000円くらいですが、事業者変更では必ず支払いが必要です。
ちなみに支払先は乗り換え先の光コラボ業者になります。

今回の場合ならドコモ光に支払うことになります。

事業者変更承諾番号払出手数料が必要

こちらも転用と同じく事業者変更承諾番号という乗り換え用の番号が必要です。
それを乗り換え元の光コラボ業者から払い出ししてもらいます。

この番号をもらうためにも手数料が必要になります。
こちらも3,000円くらいで、やはり光コラボ業者によって変わります。

今回の場合ならDMM光に支払います。

光コラボ業者の解約違約金の可能性

一般的な光コラボ業者では複数年契約での割引があります。
契約期間内の解約なら違約金が発生します。

違約金は契約年数によっても変わりますが、2年契約なら9,500円程度です。
ただし契約更新月など発生しないタイミングもあります。

そしてDMM光の場合、最低利用期間2年間をすぎればいつ解約しても違約金が
発生しないという変わった光コラボです。

今回なら2年目以降の解約ならこの支払いを気にする必要がありません。

回線工事の残債の支払いがある可能性

回線工事は設置工事費用がかかります。
分割での支払いもできるのですが、これを完済していないなら一括支払いが必要です。

事業者変更を使う場合、元の光コラボ業者に未払い料金があると出来ないのです。
つまり回線工事費用の残債があるとできなくなります。

そこで一括での支払いをして残債をなくすことが必要になります。
こちらは当然工事費用が残っている人のみの支払いです。

NTTへのオプション継続手続きの手数料

光コラボの乗り換えをする場合、使っていたNTTオプションが乗り換え先で
提供されていないならNTTが代わって提供をしてくれます。

フレッツ光から光コラボ業者への乗り換えでもこのサービスが有ったのですが
事業者変更でこれを使う場合、NTTへの手数料が発生します。

サービス引き継ぎのための手数料1,800円が発生します。
ただしこれはNTTが引き継ぎをしてサービス継続をする場合のみです。

乗り換え先の光コラボ業者で同じサービスが利用できる、乗り換え先に無いオプションを
解約するという場合には発生しません。

月額料金が高くなる可能性

これはDMM光からドコモ光に乗り換える場合ですが、光コラボの月額料金だけを
考えると高くなってしまうという可能性があります。

そもそもDMM光は光コラボとしては後発なので月額料金のサービスとしては
かなりお得になっています。

それに比べてしまうとドコモ光の月額料金がとても高く感じる、という可能性は
あると思います。

DMM光の月額料金

実際にDMM光とドコモ光の月額料金を比較してみましょう。
まずはDMM光の月額料金を確認してみます。

DMM光ではファミリータイプで特徴的な料金体系があります。
マンションタイプは月額3,780円です。

最低利用期間は2年間で、それ以降ならいつ解約しても違約金が発生しません。

ファミリータイプでは定額プランと二段階定額プランがあります。
定額プランは月額4,820円です。

二段階定額プランは3GBまでのデータ通信容量なら月額3,720円です。
それ以降10GBまでデータ通信容量によって金額が変わります。

10GBを超えた場合は一律5,420円になります。
データ通信容量が多くなるなら定額プランのほうがお得です。

こちらも最低契約期間が24ヶ月で、それ以降はいつでも解約できます。

ドコモ光の月額料金

ドコモ光の場合は契約するプロバイダによって月額料金が変わります。
契約期間は2年間、自動更新で途中解約では違約金が発生します。

プロバイダはタイプAとタイプBに分かれていて、タイプBは月額料金が
200円ほど高くなっています。

一戸建てではタイプAが月額5,200円、タイプBは5,400円になります。
集合住宅はタイプAが月額4,000円でタイプBは4,200円です。

プロバイダのタイプ別のサービス内容の違いはなく、基本的なサービスは
どちらでも変わらないので基本的にタイプAのプロバイダをおすすめします。

DMM光からドコモ光に乗り換える手順

事業者変更を使ってDMM光からドコモ光に乗り換える手順を確認します。
ここでは実際にユーザーが行う必要がある手順だけを追いかけてみます。

実際に乗り換えをする場合には使っているプロバイダの確認、特にメールと
オプションの利用状況は事前に把握しておくことがおすすめです。

でも今回はそれらを考えずに、ユーザーが自分で行う手続きだけを確認します。

事業者変更承諾番号の払出し申し込み

現在契約している光コラボ業者に事業者変更承諾番号をもらいます。
この番号払出の手続きをすることになります。

今回の場合はDMM光に連絡をして番号払出の申し込みをすることになります。
基本的には電話でのみ受け付けている、という状況です。

事業者変更承諾番号払出に関する受付番号は0120-660-481です。
こちらに電話をして番号をもらいます。

乗り換え先の光コラボ業者に新規加入申込みをする

番号をもらったら今度は乗り換える光コラボ業者に新規加入申し込みをします。
今回の場合ならドコモ光に申し込みをすることになります。

普通に新規加入申し込みをすればいい、という業者と特別な窓口が設定されている
という場合もあります。

ただどちらの場合は最後には電話で申込確認がされるので、その時に事業者変更での
申込みをしたいと伝えれば問題ありません。

申込みも基本的には契約者本人が手続きを行う必要があり、現在契約している光コラボの
契約者IDなどを確認される場合もあります。

そしてやはり電話での対応が基本となります。
事業者変更承諾番号も電話で伝えることになります。

この申し込み手続きが終わると、実際にユーザーが行う手続きはほぼ終わりです。
後は光コラボ業者同士が連絡をして手続きを進めてくれます。

NTTからオプション提供業者変更の確認と承諾の電話

乗り換え先の光コラボ業者に今まで使っていたNTTのオプションがない場合に
NTTがサービスを引き継いで提供してくれるのは説明したとおりです。

事前に乗り換え先の光コラボ業者から説明があるのですが、NTTから直接
電話でサービス引き継ぎの確認と承諾の電話連絡があります。

それが申し込みをした後、最終的な乗り換えが終わる前のこのタイミングです。
状況によっては自分で電話をすることになるかと思いますが。

NTTに承諾の連絡をしなければ事業者変更での乗り換えが完了しません。
オプションを継続利用する方はこちらも忘れないようにしましょう。

重要書類が届いて開通完了

申込みから1週間程度すると乗り換え先の光コラボ業者から書類が届きます。
こちらには新しい契約者IDとパスワードが記載されています。

それを使ってインターネットへの接続をすれば乗り換えは完了です。
今まで使っていた光コラボ業者の解約手続きは必要ありません。

状況によってはWi-Fiルーターの接続設定などを変更する必要がありますが
新しいIDでの接続ができれば乗り換えが終わっているということになります。

事業者変更承諾番号には有効期限があるので注意

事業者変更を行う時の注意点として、事業者変更承諾番号には有効期限があります。
有効期限を過ぎると乗り換えて続きを最初からやり直すことになります。

有効期限は発行した日を含めて15日間。
ちなみに事業者変更承諾番号は申込みの即日発行されます。

そして手続き自体に1週間程度かかるので、有効期限としてはそれほど余裕がある
というわけでもありません。

光コラボ業者によっては番号の有効期限が10日以上残っていない場合は手続きをしない
というところもあるとか。

当然手続きの途中で有効期限が切れると番号をもう一度払い出ししてもらう必要があり
とても大変なことになります。

有効期限には十分注意をして、できれば払出後すぐに手続きを開始しましょう。

事業者変更が使えなかった時の光コラボの乗り換え手順

事業者変更では番号をもらって乗り換え先に伝えるだけで乗り換えができます。
では事業者変更を使えなかった時にはどうしていたのでしょうか。

単純に光コラボの解約と契約をしていたのですが。
その手順はかなり大変でとても苦労をしたのです。

事業者変更のメリットを確認するためにもその時の乗り換え手順を確認します。
やはりDMM光からドコモ光への乗り換えをする、ということにします。

乗り換え先の光コラボに新規加入申込みをする

色々な手順の種類があるのですが、多くの人が推奨する方法は先に乗り換え先の
光コラボ業者に新規加入申込みをする方法です。

今回の例ならドコモ光に新規加入申し込みを先にするのです。
そして今はまだDMM光で光回線を使っていますが、新規の設置工事も希望します。

当時は光コラボの解約と再契約には光回線の撤去と再設置が必要だったので
解約する時に光回線を撤去することになります。

そのために新規加入申込みをする時に回線設置工事も頼む必要があるのです。
先に申し込みをするのは設置工事の予約日を決めたいからです。

現在の光コラボの解約手続きをする

回線設置工事の予約日が決まったら、現在契約している光コラボの解約手続きをします。
DMM光を解約すると連絡します。

解約予定日には先ほど決めた回線設置工事の予約日を指定します。
これで回線撤去工事と設置工事が同時に行えるようになります。

ちなみに回線工事が別々に行われる場合、それぞれの工事の時に立ち会いが必要になる
という可能性が高いのでさらにユーザーの負担が増えます。

回線工事の立ち会いをする

回線工事日の調整が出来たら、工事日に立ち会いをします。
光回線は室内工事があるので基本的には立ち会いが必要になります。

ただし集合住宅では光回線の分配方式によって室内工事が必要ないので
立ち会いが不要という場合もあります。

工事自体も問題がなければ2時間ちょっとで撤去と設置の両方が終わります。
回線設置工事が終われば一応インターネット接続が出来るようになっているはずです。

レンタル器材の返却をする

インターネット接続は出来るようになっていますが、乗り換えの手順としては最後に
今まで使っていた光コラボ業者のレンタル器材の返却が必要です。

回線の交換をしているのでONUやホームゲートウェイなどレンタルしていた機材は
新しい光コラボ業者からレンタルをしているはず。

以前契約していた光コラボ業者のレンタル器材を返却しなければ、こちらにも
違約金が発生するというかなり厳しい状況でした。

手順も多く金銭的な負担も大きかった

光コラボ業者との連絡も多く、回線設置業者は別なのでそちらとの連絡も必要です。
さらに回線工事にはそれぞれ工事費用がかかりました。

設置工事には18,000円くらい、撤去工事は10,000円くらいですがこれも業者によって
金額がちょっと変わります。

これを考えると事業者変更ではかなり簡単光コラボ同士の乗り換えが出来るようになった
というのが実感できると思います。

ひかり電話の乗り換えがとても大変だった

もう1つ、以前の光コラボ同士の乗り換えではひかり電話を使っている場合の乗り換えも
かなり大変だったのです。

ひかり電話は光回線を使っている電話サービスなので基本料金や通話料が
アナログ回線よりも安いのですが、光回線を撤去すると番号も使えなくなります。

つまり光回線を撤去する前に電話番号をアナログ回線で使う電話番号に切り替える
アナログ戻しという手続きをする必要があったのです。

光コラボの乗り換えをする前にアナログ戻しをして電話番号をアナログ回線で使える
という状態にします。

その後で光コラボ同士の乗り換えをして、乗り換え先でまたひかり電話に加入します。
その電話番号を番号ポータビリティでアナログ回線から移行させます。

同じ電話番号を使い続けるにはこれだけの手続きが必要だったのです。

アナログ戻しができない電話番号もある

しかもアナログ戻しが出来るのは元々アナログ回線で使っていた電話番号のみです。
ひかり電話に新規加入した時にもらった電話番号はアナログ戻しが出来ないのです。

つまりひかり電話でもらった電話番号の場合、光コラボ同士の乗り換えをすると
必ず電話番号が変わってしまうという状況だったのです。

この電話番号が変わるという状況が嫌で、今まで光コラボ同士の乗り換えをしなかった
という方も多いと思います。

でも事業者変更なら元々アナログ回線の電話番号でも、ひかり電話でもらった電話番号も
同じように乗り換えた後に使い続けることができるのです。

DMM光からドコモ光への乗り換えは事業者変更がおすすめ

月額料金とドコモのスマホの割引を考えるとやはりドコモ光に乗り換えてスマホの
月額料金の割引をするという方法はおすすめできます。

今なら事業者変更が使えるので手続きも簡単で、ひかり電話を使っている場合でも
電話番号の変更を心配すること無く乗り換えができるという魅力もあります。

DMM光なら最低利用期間を過ぎているなら違約金の心配もありません。
事業者変更にかかる料金的な負担がさらに少なくなると思います。

かなり手軽に光コラボ同士の乗り換えができるようになったので、特典利用のために
DMM光からドコモ光への事業者変更での乗り換えもおすすめです。

 






 
 
 

-事業者変更

Copyright© 光回線の教えて君 , 2019 All Rights Reserved.