事業者変更

BIGLOBE光からドコモ光へ事業者変更での乗換方法は?

投稿日:

日本国内で大手のプロバイダがBIGLOBEです。
光コラボとしてBIGLOBE光の提供も行われています。

ただドコモユーザーの場合、同じBIGLOBEを使っているドコモ光という光コラボも
あるのでこちらを契約するほうがドコモのスマホが安くなるのでお得です。

そして光コラボ同士の乗り換えなら事業者変更という手続きを使うととても簡単に
乗り換えが出来るようになるのでおすすめです。

事業者変更は光コラボ同士の乗り換えを簡単にできるようにした

光コラボというのはフレッツ光を使ったプロバイダとの料金一体型サービスで
簡単に言えばフレッツ光を特定業者に卸して使うことになります。

そして業者に卸されたフレッツ光は、その業者専用回線となるので他の業者では
使う事が出来ません。

つまり光コラボ同士の乗り変えでは回線交換の必要があったのです。
これを回線の使い回しで乗り換えできるようにしたのが事業者変更なのです。

今まで回線交換の手間がかかって、とても面倒だった光コラボ同士の乗り換えが
事業者変更ならとても簡単にできるようになるのです。

基本的な手順は転用と同じ

もっと簡単に説明すれば事業者変更とは転用とほとんど同じです。
転用はフレッツ光から光コラボへの乗り換えで利用される手続きです。

それを光コラボ同士の乗り換えで使えるようにしたのが事業者変更という感じです。
まあ再転用が出来る、という印象でしょうか。

手続きの手順に関してもほとんど転用と一緒です。
転用をしたことがあるならあまり迷わずに事業者変更も出来ると思います。

BIGLOBE光からドコモ光に乗り換えるメリット

事業者変更を使えば簡単に光コラボ同士の乗り換えが出来るようになります。
そのメリットは後ほど考えるとして、まずは別のメリットを。

BIGLOBE光からドコモ光に乗り換えた場合のメリットを考えてみましょう。

ドコモのスマホが安く使える

ドコモ光ではドコモユーザーが契約する場合、その家族も合わせてスマホで
使っているデータ定額パックの割引が出来るようになります。

現在契約できるギガホとギガライトはどちらも1,000円の割引。
ただしギガライトは条件によって割引ができない場合もありますが。

これが契約している間ずっと続く、ドコモ光セット割という割引が使えます。
ドコモ光に乗り換える最大の魅力は多分この割引だと思います。

プロバイダを変更せずに乗り換えできる

光コラボの場合、多くのところではプロバイダが決まっています。
BIGLOBE光ならプロバイダはBIGLOBEのみとなります。

でもドコモ光では対応プロバイダが20社以上あるという珍しい光コラボです。
そしてBIGLOBEも対応プロバイダに含まれているのです。

ちなみに他にもOCNや@nifty、GMOとくとくBBなどのプロバイダが
ドコモ光に対応しています。

つまりプロバイダを変更せずに光コラボの乗り換えが出来るという可能性が高く
BIGLOBE光からは確実にプロバイダをそのままにして乗り換えができます。

auスマホユーザーは注意が必要

BIGLOBE光からドコモ光に乗り換える場合の注意点としてauユーザーは
割引の適応が無くなるという注意点があります。

BIGLOBE光ではauスマートバリューの適応が出来ますが、ドコモ光では
これが出来ません。

つまりauスマホを契約しているユーザーは割引に関してはBIGLOBE光のほうが
お得になるのです。

まあauユーザーがドコモ光に乗り換えよう、と考えるとは思えませんが。
割引の適応ができなくなるのは覚えておきましょう。

事業者変更を使うメリット

ずっと説明しているように事業者変更は以前よりもかなり簡単で便利に
光コラボ同士の乗り換えが出来るようになります。

ではその手軽さというのはどんなことになるのでしょうか。
メリットと感じられることを改めて考えてみましょう。

まあはっきり言えば以前の方法と比べてとても簡単になっている、というのが
一番大きなメリットになるのですが。

回線工事をしなくても乗り換えができる

事業者変更では光コラボに卸された光回線を別の光コラボ業者でも使うことが
出来るようになっています。

つまり以前のような光回線の交換工事が必要ありません。
回線工事無しで光コラボの乗り換えができる、というのがメリットになります。

光回線の交換、といっても実際には撤去工事と設置工事を別々に行う必要があり
申込みの手間などはとても大きなものでした。

それが無くなる、というのが大きなメリットに感じるのです。

ひかり電話の電話番号が使い続けられる

ひかり電話はフレッツ光で使えるIP電話サービスで、フレッツ光を使っている
光コラボでもそのサービスは使えます。

ただし光回線がなければ契約が出来ないので光コラボ同士の乗り換えをする時に
一度アナログ回線に電話番号を戻さないと電話番号が変わるという状態でした。

でも事業者変更なら光回線の撤去がないのでひかり電話で使っている電話番号を
そのまま使い続けるために手続きなどが必要ないのです。

ひかり電話に関してもかなり手軽に乗り換えが出来るようになりました。

回線工事が無くなることに関するメリットは多い

回線工事をしなくても乗り換えが出来るようになることで他にも多くのメリットが
出来ると感じられます。

例えば光回線で使う周辺機器の交換が必要なくなる、回線工事のタイミングによって
2重回線の危険性が無くなるなどです。

どちらも回線工事自体がなくなれば発生しないことなので、そもそも心配が
必要なくなるという事になります。

回線工事が無くなることが多くのメリットを生み出すので、事業者変更が使えると
とても手軽に光コラボ同士の乗り換えができるようになるのです。

事業者変更を使うデメリット

BIGLOBE光からドコモ光に乗り換える場合の注意点と同じように、事業者変更を
使う場合のデメリットについても考えてみます。

一応こちらの場合、主に転用と比べると気になるところがあるという程度の
注意点となりそうです。

完全無料での乗り換えはできない

転用の場合、ほとんど料金というか手数料がかからずに乗り換えができるので
事業者変更でも同じように考える方は多いと思います。

でも事業者変更の場合、転用と比べるとかなり多くの手数料がかかります。
完全無料での光コラボ同士の乗り換えは出来ないということです。

どんな手数料がかかるのか、発生する可能性のある料金を確認します。

事務手数料が必要

転用のときにも必要だった事務手数料がやはり事業者変更でもかかります。
金額は大体3,000円くらいで光コラボ業者によって変わります。

ちなみに事務手数料は契約を別の業者が継続して提供することに対する手数料なので
乗り換え先の光コラボ業者に支払いをします。

今回の場合ならドコモ光に事務手数料を支払う、ということになります。

事業者変更承諾番号の発行手数料が必要

こちらも転用のときと同じように乗り換えのために番号を発行しています。
それが事業者変更承諾番号です。

これを発行するための手数料が必要になります。
これも大体3,000円くらいでやはり光コラボ業者によって変わります。

事業者変更承諾番号は契約している光コラボ業者から発行してもらいます。
今回ならBIGLOBE光に連絡をして発行を頼むということになります。

電話での受付のみで、BIGLOBE光の場合は0120-04-0962に電話をして
発行してもらいます。

解約する光コラボの違約金が発生する可能性

光コラボ同士の乗り変え、といっても元々の光コラボ業者とは解約することになるので
解約違約金が発生する可能性はあります。

光コラボ業者によって契約年数は違いますが、通常2年契約なら9,500円程度の
違約金が発生します。

BIGLOBE光の場合、3年プランもあるのでこちらでは20,000円というかなり高額な
違約金が発生する可能性もあります。

回線設置工事費用の残債があれば一括支払いが必要

事業者変更をする場合、光コラボ業者に未払い金額があると出来ないという
決まりがあるのです。

つまり回線工事費用を分割にしていて、その残債があるなら一括で支払って
未払金をなくす必要があります。

こちらも契約している光コラボ業者によって変わりますが、分割払いの場合には
分割回数が30回など2年契約とは違うタイミングになっているという場合も。

事前に会員専用サイトなどで確認しておくことをおすすめします。

NTTのオプション継続手数料が出る可能性

光コラボ業者同士の乗り換えでは乗り換え先に同じNTTオプションが無い
ということも考えられます。

この場合、転用のときもそうだったのですがNTTがオプションサービスを
引き継いで提供してくれることになります。

ただし転用と違うのはNTTに引き継ぎになる時に手数料が発生すること。
1,800円をNTTに支払うことになります。

ただしこれは乗り換え先に同じオプションがない場合で、しかもオプションの
継続利用を希望する場合のみです。

プロバイダが変更になる事が多い

事業者変更のデメリットとしてはこのプロバイダが変更になる、ということが
あるのですが・・・

プロバイダが変更になれば、そこで使っていたサービスが使えなくなります。
特にメールアドレスは変更になるとかなり大変という方も多いのでは。

重要な連絡に使っている場合は連絡ができなくなる時間を作らないように
フリーメールなどで対応する必要があります。

でもBIGLOBE光からドコモ光への乗り換えに関して言えばこの心配は
無くなる可能性も高いです。

BIGLOBEがドコモ光の対応プロバイダなので、ドコモ光でプロバイダを
BIGLOBEにすればプロバイダ変更のデメリットはなくなります。

これはBIGLOBE光からドコモ光への乗り換えのメリットにも感じます。

BIGLOBE光からドコモ光に乗り換えると月額料金が変わる

事業者変更のメリットとデメリットがわかったところで、光コラボ同士の乗り換えで
どんな変化があるのかも考えてみましょう。

特にBIGLOBE光からドコモ光に乗り換えるなら確実に月額料金が変わります。
プロバイダが同じBIGLOBEだとしても毎月の支払いが変わることになります。

BIGLOBE光とドコモ光ではどれくらい金額が変わるのか。
それぞれの月額料金を確認してみましょう。

BIGLOBE光の月額料金

オプションやIPv6方式の通信サービスの利用を考えない場合、単純に
光コラボの月額料金だけを確認してみます。

一戸建ての場合は月額4,980円で集合住宅の場合は3,980円です。

ただしBIGLOBE光では回線設置工事費用の分割回数が40回です。
つまり3年契約でも支払いが終わらない計算になります。

そしてBIGLOBE光では回線工事費無料のキャンペーンがありますが
これは実質0円なので40ヶ月の契約が必要ということになります。

月額料金は安めですが、割引の適応が複雑に関係するので注意しましょう。

ドコモ光の月額料金

ドコモ光には20社以上の対応プロバイダがいるのは説明したとおりです。
そしてそのプロバイダはタイプAとタイプBに分けられています。

それぞれのタイプではサービス内容、基本的なサービス内容に違いはありません。
まあプロバイダごとのサービス内容という違いは当然ありますが。

では何が違うのか。
月額料金が違っているのです。

理由としてはあまり詳しい説明がされていないようですが、BIGLOBE光のように
プロバイダが提供する光コラボの月額料金と関係あるとか。

タイプAは一戸建てが月額5,200円で集合住宅は4,000円です。
タイプBは一戸建てが月額5,400円で集合住宅は4,200円です。

BIGLOBE光からドコモ光だと一戸建ての場合、かなり高く感じる

BIGLOBEはタイプAのプロバイダです。
つまりプロバイダを変えずに乗り換えた場合、集合住宅ではあまり違いはがありません。

でも一戸建ての場合、4,980円から5,200円になるのでかなり高くなるという印象です。
単純に光コラボの月額料金だけを考えるとこれくらいの違いができます。

ドコモユーザーでスマホの月額料金割引がなければ乗り換えるメリットというのは
あまり感じられなくなりそうです。

事業者変更の手続方法

光コラボ同士の乗り換えに関する色々なことを確認してきました。
次に実際に事業者変更を使って乗り換える手続きの手順を確認してみましょう。

BIGLOBE光からドコモ光に乗り換えるためにユーザーが行う手続きとは
どんなことになるのか。

プロバイダメールの利用状況など事前確認も必要ですが、今回はユーザーが行う
手続きだけを確認してみます。

事業者変更承諾番号をもらう

まずユーザーが行うのは現在契約している光コラボ業者から事業者変更承諾番号を
払い出ししてもらうことです。

BIGLOBEに電話をして番号の排出を申込みます。
この時に契約者本人の確認が必要になると思います。

契約者IDやパスワードを事前に確認しておきましょう。
場合によっては登録している電話番号も確認されると思います。

無事に本人確認が終われば事業者変更承諾番号をもらうことができます。

乗り換える光コラボ業者に新規加入申込みをする

事業者変更承諾番号を受け取ったら乗り換える光コラボ業者に新規加入申し込みを
行います。

ドコモ光への加入手続きをすることになります。
おすすめはプロバイダからの申し込みです。

プロバイダを変更するつもりがなければBIGLOBEに電話をした時にドコモ光への
事業者変更での乗り換えを伝えれば手続きをしてくれます。

プロバイダを変更するなら、そちらのWEBサイトなどから新規加入申し込みをして
申し込み確認の折り返し電話で事業者変更での乗り換えを希望すると伝えます。

それと事業者変更承諾番号は有効期限が15日間しかありません。
手続きに1週間程度かかるので、もらったらできるだけ早く申し込みをしましょう。

新しいIDとパスワードでインターネット接続する

新規加入申し込みの確認電話の後、何度か連絡をしている中で事業者変更承諾番号を
伝えることになります。

番号を伝えた後はユーザーが出来ることは無く、新しく契約する光コラボ業者から
書類が届くのを待ちます。

ドコモ光の場合はドコモとプロバイダから書類が届きます。
プロバイダの書類には新しいユーザーIDとパスワードが記載されています。

このIDとパスワードを使ってインターネット接続ができれば無事に乗り換え完了
ということになります。

BIGLOBEから変更しなければ何もする必要がない

ちなみにドコモ光に乗り換えた時にBIGLOBEからプロバイダ変更をしなかった場合
BIGLOBE光からドコモ光に切り替わるタイミングがわかりません。

プロバイダを変更しない場合、サービスはそのまま継続できるのでIDやパスワードも
そのまま同じものを使い続けることができます。

光コラボ業者としての切り替え作業だけなのでユーザーはほぼ何もせずに乗り換えが
終わっているという状態になります。

ドコモ光から郵送される書類で乗り換えが完了した、とわかることになるかと。

事業者変更ができない時の光コラボの乗り換え手順

事業者変更を使った場合の手順がどれくらい手軽になっているのか。
その確認のために事業者変更が出来る以前の乗り換え方法も確認します。

事業者変更を使う事が出来なかったときには光コラボ同士の乗り換えでは
光回線の交換が必要になったのは説明したとおりです。

その方法もこちらで詳しく確認しておきましょう。
同じくBIGLOBE光からドコモ光に乗り換える場合で確認します。

ドコモ光に新規加入申込みをする

事業者変更を使えないときには、先に乗り換え先の光コラボ業者への新規加入の
申込みをすることがおすすめされていました。

その理由は回線設置工事の予約日を先に決めることが出来るから。
この回線設置工事の予約日に合わせて他の日程を決めるという方法でした。

こうすればインターネットを使えなくなる期間がほぼできない、というのが
大きなメリットになるからです。

ただしタイミングが合わないと2重回線というトラブルの原因になります。
この調整がとても大変だったのです。

BIGLOBE光に解約の連絡をする

ドコモ光の回線設置工事予約日が決まったら、BIGLOBE光に解約の連絡をします。
解約予定日は先ほど決まった回線工事の予約日にします。

これで回線撤去工事と回線設置工事を同時に行えるようになります。
そもそも回線工事は光コラボ業者ではなくNTTが担当します。

まあ実際にはNTTの関連会社が派遣されてくるわけですが。
どちらも同じ業者が行うので同日に工事日程を調整しても問題ありません。

回線工事の立ち会いをする

光回線の工事はどちらの場合も室内工事が必要になることが多いので
工事の立ち会いをすることになります。

撤去と設置を同じ日程にできれば立ち会いも1日出終わります。
ちなみに立ち会いは契約者本人以外にも代理人でも大丈夫です。

それと集合住宅の場合、光回線の分配方式によっては室内工事が必要ないので
立ち会いも必要ないということもあります。

まあ事業者変更を使えば回線工事自体がないので立ち会いも必要ないのですが。

レンタル器材の返却をする

回線工事が終わればインターネットへの接続はできます。
ただ乗り換えの手順としては最後にレンタル器材の返却が必要です。

BIGLOBE光ではひかり電話を利用した場合のホームゲートウェイの他にも
有料オプションとしてWi-Fiルーターをレンタルしています。

ONUなどもレンタルしているならその返却が必要になります。
返却期限が決まっているので忘れずに返却しましょう。

手続きも多く金銭的な負担も大きい

事業者変更と比べると手続きが必要なことも多く、何より回線工事にかかる
金銭的な負担がとても大きくなります。

撤去工事と設置工事、それぞれに工事費用がかかります。
撤去が10,000円くらい、設置は18,000円くらい必要になります。

まあ設置工事はやはり集合住宅の場合、完全に新規設置工事が必要になる
ということもないのでそれほど負担が大きくならないのですが。

やはり分配方式によって変わりますが、場合によっては15,000円程度の
回線工事費用がかかる可能性もあります。

電話番号を使い続けるならアナログ戻しが必要だった

事業者変更以前の乗り換えではさらに、ひかり電話の電話番号を使い続ける
という場合に必要な手続きがありました。

それがアナログ戻し、という手続きで名前の通りにアナログ回線で電話版号を
使えるように戻すための手続きです。

光回線解約でひかり電話が使えなくなる前にアナログ戻しで電話番号をアナログ回線に
戻してから光コラボ同士の乗り換えをします。

乗り換えが終わったら新しくひかり電話の申込みをして番号ポータビリティを使い
電話番号のひかり電話への移行をします。

これで光コラボを乗り換えても電話番号を変えずに使い続けることができたのです。

光発番の電話番号はアナログ戻しができない

ただしアナログ戻しが出来るのは元々アナログ回線で使っていた電話番号のみで
ひかり電話で新しくもらった電話番号は出来ません。

ひかり電話などのIP電話でも新規加入時に電話番号をもらえるのですが
これは光発番という光回線でのみ使える電話番号なのです。

その番号はアナログ回線に移行させることが出来ず、ひかり電話同士でも移行が
出来ないという電話番号になっています。

つまり以前の方法では光発番の電話番号を光コラボの乗り換えで使い続けることが
出来なかったのです。

光コラボ同士の乗り換えは事業者変更が便利でお得

光コラボ同士の乗り変え手順を確認しても、ひかり電話の乗り換えを調べても
事業者変更という手続きの便利さはよくわかってもらえたと思います。

特にBIGLOBE光からドコモ光でプロバイダを変更しない場合、ユーザーが行う
手続き自体とても少なくなります。

そしてひかり電話を使っているならどんな電話番号でも同じものを使い続けられる
というメリットはとても大きいです。

確かに手数料が色々とありますし、BIGLOBE光からドコモ光に乗り換えるなら
月額料金も高くなることがあります。

ただし光回線の工事費用はかかりませんし、ドコモ光ならドコモユーザーの
スマホ料金が安くなるという魅力もあります。

スマホのキャリアを変更したときなど、割引を使うために光コラボも乗り換える
ということも事業者変更ならとてもやりやすくなるのです。

 






 
 
 

-事業者変更

Copyright© 光回線の教えて君 , 2019 All Rights Reserved.