事業者変更

ソフトバンク光から事業者変更を使っての転出方法を知りたい!

投稿日:

事業者変更とは光コラボ同士の乗り換えがとても簡単に出来るようになった手続きで
フレッツ光から乗り換える転用とよく似ています。

人によっては再転用と説明する人もいるようですが、確かに同じような手続きで
光コラボ同士の乗り換えが出来るので再転用というのもあっているのかも。

そんな便利な事業者変更の手続方法をソフトバンク光から乗り換える時を参考に
確認してみることにします。

事業者変更は光コラボ同士の乗り換えの時に使う

最初に説明しておくのは事業者変更と転用は似ていようで別の手続きです。
簡単に説明すると転用では光コラボ同士の乗り換えが出来ません。

転用はあくまでもフレッツ光から光コラボに乗り換える時に使う手続きです。
一度光コラボに乗り換えた後には転用では乗り換えができません。

まあ以前は元々光コラボに乗り換えると別の光コラボに変更するのが大変だったので
転用自体もかなり慎重に判断すべき、という意見が多かったのですが。

そして光コラボにした後、別の光コラボに乗り換える時に使うのが事業者変更という
手続きになります。

これが始まったおかげでとても簡単に光コラボ同士の乗り換えが出来るようになりました。

事業者変更の手続きは転用とあまり変わらない

出来ることは転用と事業者変更では変わるのですが、手続き自体はあまり変わらず
転用をしたことがあるならあまり迷わずに事業者変更が出来ると思います。

事業者変更のやり方というか手順が基本的に転用と同じです。
ただし細かなところはやはり違うのですが。

転出をしたことがない、という方でもそれほど間違えることはないと思います。
後ほど手続きの手順も確認してみましょう。

事業者変更はフレッツ光に戻ることも出来る

事業者変更は基本的に光コラボ同士の乗り換えをする時に使います。
例えばソフトバンク光からドコモ光への乗り換えという時の手続きです。

でもそれだけではなく、ソフトバンク光からフレッツ光に戻すこともできます。
光コラボの解除をする、というときにも使えるのです。

そしてNTT東日本からNTT西日本の管轄を超えた引っ越しのときにも使えます。
つまり光コラボをかなり使いやすくしている手続きになるのです。

ソフトバンク光から事業者変更で転出する手順

では実際に事業者変更を使って光コラボから乗り換える場合の手順を確認します。
今回はソフトバンク光からの転出方法を確認してみましょう。

一応、転出というのは基本的に引っ越しなどの時に使われる言葉ですが
一部の光コラボ業者では乗り換えることを転出と言っています。

ソフトバンク光から転出する、といえば「ソフトバンク光から別のところに乗り換える」
ということを指している言葉になります。

では事業者変更を使ったソフトバンク光からの転出方法を確認してみましょう。

ソフトバンク光から事業者変更承諾番号を排出してもらう

事業者変更の手続きをするために、現在契約している光コラボ業者から
事業者変更承諾番号というものをもらう必要があります。

転用の時の「転用承諾番号」といえばわかりやすいでしょうか。
これを事業者変更のときには契約中の光コラボ業者から受け取ることになります。

現状は契約者本人が電話で連絡することが必須となっています。
そのため事前に契約者IDなどを用意しておくと便利です。

ソフトバンク光の場合は0800-111-2009に電話をして番号排出をしてもらいます。
番号をメモしたら次の手順になります。

乗り換え先の光コラボ業者に新規加入申込みをする

事業者変更を使う場合でも乗り換え先の光コラボ業者には普通に新規加入申し込みを
行うことになります。

光コラボ業者によってはWEBからの申込みで「事業者変更を使う場合」という
申込み窓口が別に用意されている場合もあります。

ただ、現在はまだ事業者変更をする場合には必ず電話での対応になります。
WEBから申し込んでも確認の電話がかかってくるのでその時に伝えます。

事業者変更での手続きをしたいと伝えればそこからすぐに手続きが開始されます。
そして後は光コラボ業者同士の連絡で手続きが進みます。

つまりユーザーとしてやることは基本的に終わりです。
ソフトバンク光から転出する手順はこれだけです。

メールアドレスの利用状況など確認することは多い

事業者変更の手続き自体はこれだけですが、手続きをする前に確認しておくことは
意外にあると思います。

例えば光コラボの乗り換えでプロバイダが変更になる場合、現在使っているプロバイダの
メールアドレスは使えなくなります。

重要な連絡にそのメールアドレスを使っているなら事前に変更するなど対応が必要です。
また番号排出のために契約者IDやパスワードの確認をしておく必要もあります。

契約しているオプリョンの種類によってはNTTから確認と承諾が必要になる場合も
あるのでこちらも調べておくと安心できます。

ただしどれも絶対に必要なわけでもなく、光コラボ業者から説明があるはずです。
基本的にはかなり手軽に乗り換えが出来るようになっていると思います。

事業者変更が使えなかった時の光コラボ同士の乗りかえ方法

事業者変更でどれくらい簡単に乗り換えが出来るようになったか、を確認するために
事業者変更が使えなかった時の光コラボ同士の乗り換えを確認してみましょう。

2019年7月1日から開始された事業者変更ですから、それ以前にもかなりの期間
光コラボ自体の提供はされていたのです。

その間、かなり大変な手間がかかっていた光コラボ同士の乗り換え方法を確認します。

先に新規加入申込みをする

光コラボ同士の乗り換え方法というのは色々な手順が考えられます。
その中でも多くの人が勧めていたのが先に乗り換え先の光コラボに申し込みする方法です。

実際にはまだ光コラボを使っていて、光回線も設置されているのですが新規加入申し込み
しかも回線設置工事も含めて申し込みをします。

工事の下見など数回の連絡をした後に回線工事予約日が決まります。
この工事の予約日を先に決めることが必要だったのです。

契約中の光コラボの解約手続きをする

回線工事の日程が決まったら今度は現在契約している光コラボに解約の連絡をして
解約手続きを開始します。

解約の最後には解約予定日を決めることになりますが、予定日は先ほど決まった
回線工事の予約日を指定します。

無事に予約日と予定日が同じ日になれば、回線工事をその1日で終わらせることが
出来るようになります。

以前は光コラボ同士の乗り換えには回線撤去工事が必要でした。
つまり乗り換えでは必ず撤去と設置工事が行われるという状態でした。

それを1日にまとめるためにこのような手続きの順番になるのです。

回線工事の立ち会い

回線工事が行われるときには、室内工事があると工事の立ち会いが必要です。
そして光回線の工事には室内設置工事も多いので多分立ち会いが必要になります。

まあ集合住宅では光回線の分配方式によって室内工事がない、ということもあります。
これはその建物の設備によって変わるのですが。

一戸建ての場合はほとんどの状況で立ち会いが必要になるはずです。
ただ契約者本人ではなく代理人でも大丈夫です。

回線工事日程の調整ができれば工事日が1日にまとまっているので、立ち会いも
1日ですが・・・

調整がうまく行かなかった場合、撤去工事と設置工事の2回の立ち会いが必要です。

レンタル器材の返却

光コラボ乗り換えの手順としては最後に今まで使っていた光コラボ業者から
レンタルしていた機材の返却が必要です。

光回線を交換したことで、そこで使っていた全ての機材を交換しているはずです。
自分で購入したWi-Fiルーターなどはそのまま使えますが。

以前契約していた光コラボ業者からレンタルしていた機材は返却する必要があり
返却期限を過ぎても返していない場合、違約金が発生します。

レンタル器材の違約金は結構高いので忘れないように返却することが必要でした。

かなりの手間と金銭的負担がかかった

回線工事の予定を決定するまでには何回かの電話連絡があります。
工事日が決まるまでにも2週間以上の時間がかかります。

さらに回線工事にはそれぞれに工事費用がかかります。
撤去工事が10,000円くらいで設置工事は光コラボ業者によって変わります。

ソフトバンク光の場合、戸建てプランでの申し込みでは24,000円というかなり
高額の工事費用がかかることになります。

この手間と金銭的負担がとても大きかった、というのが以前の光コラボ同士の乗り換えの
正直な印象です。

ひかり電話の電話番号を使い続けるためにも手続きが必要だった

以前の光コラボ同士の乗り換えをする場合、さらに大変だったのがひかり電話で
使っていた電話番号をそのまま使い続ける場合です。

ひかり電話はフレッツ光で提供している、光回線を使った通話サービスです。
通常のアナログ回線よりも基本料金と通話料が安いという魅力があります。

ただしひかり電話は光回線が解約されると、その時に使っていた電話番号を
もう一度使うことができなくなってしまいます。

そのために光コラボを解約する前にアナログ戻しという手続きをして電話番号を
アナログ回線で使う電話番号に移行する必要がありました。

そして光コラボ同士の乗り換えをした後、ひかり電話の契約をしてから
アナログ回線で使っている電話番号を番号ポータビリティでまた移行します。

これだけ手間のかかる手続きをして、やっと同じ電話番号を使い続けることが
出来たのです。

アナログ戻しが出来る電話番号が決まっていた

そしてこのアナログ戻しという手続きは、以前アナログ回線で使っていた電話番号のみ
行うことが出来る手続きなのです。

ひかり電話に新規加入することで新しく電話番号をもらうことができます。
これは光発番と言われる電話番号で、基本的に光回線での通話用の電話番号です。

アナログ回線で使うことを考えられていなかったので、アナログ回線では使えない
番号でも提供されていました。

そのために光発番の電話番号をアナログ戻しの手続きをすることが出来なかったのです。
つまり光発番の電話番号は光コラボの乗り換えで必ず番号が変わってしまったのです。

ひかり電話の電話番号を学校の連絡用に使っていたという場合、電話番号が変わるのは
あまりいいことではありません。

この電話番号が変わる、という状況のために光コラボ同士の乗り換えができなかった
というユーザーもかなり多かったと聞いています。

事業者変更では光発番の電話番号も問題なく移行できる

事業者変更のメリットの1つにはこの光発番の電話番号も変わらずに光コラボ同士の
乗り換えをすることが出来る、というところにあります。

光コラボの乗り換えで光回線の交換工事が必要なくなったので、ひかり電話も
解約すること無く使い続けることができます。

そしてひかり電話の電話番号もアナログ戻しの必要がないので、今まで使い続けることが
出来なかった光発番の電話番号も同じ番号で使い続けることができるのです。

しかも基本的には何も手続きをする必要がなくかなり手軽になりました。
ただし乗り換え先の光コラボでひかり電話のサービスがない場合は手続きが必要ですが。

ひかり電話の電話番号問題が解消されるというのがとても大きな魅力になっています。

ソフトバンク光の電話サービスでは注意が必要

ただしソフトバンク光から事業者変更で転出する場合にはちょっと注意が必要です。
サービスによっては事業者変更のメリットがなくなってしまいます。

事業者変更で電話番号を変えずに乗り換えができるのはフレッツ光で使っているサービス
つまりひかり電話と同じサービスのみです。

光コラボ業者によってサービスの名前が変わりますが、内容としてNTTのひかり電話を
利用しているサービスなら事業者変更で電話番号が変わらず乗り換えできます。

でもソフトバンク光ではソフトバンク独自の光回線を使った通話サービスを提供していて
それがホワイト光電話というサービスです。

ちなみにソフトバンク光ではNTTのひかり電話と同じサービス、光電話(N)という
サービスも提供しています。

つまり光電話(N)なら事業者変更で転出した時に別の光コラボ業者でも同じ電話番号を
使い続けることができます。

でもホワイト光電話を使っている場合、同じ電話番号を使うためにはアナログ戻しを
利用する方法が必要になるのです。

当然ホワイト光電話に新規加入してもらった電話番号をアナログ戻しすることは
出来ないので電話番号が変わってしまうということに。

ソフトバンク光から転出する場合にはこちらに注意をしましょう。

ソフトバンク光から事業者変更で転出する場合の注意点

事業者変更は光コラボ同士の乗り換えではかなり手軽でコストもあまりかからない
というメリットの大きな手続きです。

ただしソフトバンク光から事業者変更を使って転出する場合、先ほどのホワイト光電話の
電話番号問題のようなちょっとした注意点が発生します。

とりあえず大きなものは電話番号ですが、他にも乗り換えでプロバイダが変わってしまう
という可能性がとても高いです。

ソフトバンク光はプロバイダがYahoo! BBのみなので他の光コラボ業者に乗り換えると
ほぼ確実にプロバイダを変更することになります。

プロバイダのサービスが使えなくなるので、そのケアをする必要が出来てしまいます。

ただ事業者変更という手続き自体はとても簡単に光コラボ同士の乗り換えが出来るので
確実におすすめできる方法です。

 






 
 
 

-事業者変更

Copyright© 光回線の教えて君 , 2019 All Rights Reserved.