事業者変更

ソフトバンク光から楽天光へ乗り換えるときに事業者変更を使う時の手順とは

投稿日:

光コラボはプロバイダと光回線のフレッツ光の料金体系を一緒にした、料金一体型の
回線サービスとして人気があります。

フレッツ光とプロバイダを合わせた料金よりも安くなりますし、それぞれの光コラボで
オトクな特典の利用もできます。

後から始まった楽天ひかりに乗り換えたいと思った時には、事業者変更という制度を
使っての乗り換えがおすすめです。

光コラボ同士の乗り換えは事業者変更が便利

例えばソフトバンク光を使っていて、スマホを格安SIMや格安スマホに乗り換えた
という場合にソフトバンク光をそのまま使っていてもあまりメリットがありません。

こんな時には光コラボ同士の乗り換えで楽天ひかりへの乗り換えを考える、という人は
多いと思います。

ただ以前はこの光コラボ同士の乗り換えにはかなり大変な手間がかかっていたのです。
それを簡単にできるようにしたのが事業者変更という手続きです。

ではどんなところが便利なのか。
事業者変更のメリットについて考えてみましょう。

事業者変更のメリットとは

とても簡単にまとめれば、少ない手順で素早く光コラボ同士の乗り換えができること。
わかりやすく説明するなら転用を光コラボ同士で使えるようになった感じです。

転用はフレッツ光からとても簡単な手続きで光コラボに乗り換えができます。
ただしこれはフレッツ光から光コラボへの乗り換えにしか使えません。

この転用を光コラボ同士で出来るようにしたのが事業者変更というイメージです。
つまりとても簡単な手順で光コラボ同士の乗り換えが出来るようになります。

事業者変更のデメリットとは

では事業者変更のデメリットも考えてみましょう。
ただあまり思いつかない、というのも正直なところなのですが。

あえて言うなら転用に比べるとかなり手数料が多くなっていることが
考えられます。

転用の場合、ほとんど手数料がかからずに光コラボへの乗り換えが出来るのですが
事業者変更ではそれなりに多くの手数料が必要になります。

まあそれでも以前の、事業者変更が使えないときに比べるとかなりお得なのですが。

それなりに手数料が必要というのはちょっとしたデメリットに感じました。

事業者変更の手順を確認してみる

事業者変更では簡単な手順で光コラボ同士の乗り換えができる、と説明しましたが
実際にどれくらい簡単なのかを確認してみます。

事業者変更を行う手順を確認してみます。
手順は実際にユーザーが行うことだけを考えてみます。

まあ乗り換えの時には色々と事前に確認をしておく必要があることも多いのですが
今回は光コラボ同士の乗り換えの申込みなどユーザーが行うことだけを確認します。

ソフトバンク光から楽天ひかりへの乗り換えをする場合をサンプルに実際に
事業者変更を行う時の手順を調べてみます。

契約している光コラボ業者から事業者変更承諾番号をもらう

今回の場合ならソフトバンク光に連絡をして事業者変更承諾番号という乗り換えに
必要な番号の払い出しをしてもらいます。

MNPや転用でも番号を使っていますが、それと同じようなものが事業者変更でも
必要になります。

そしてその番号は現在契約している光コラボ業者、この場合はソフトバンク光に
連絡をしてもらうことになります。

事業者変更承諾番号の払い出し申請は電話でのみ対応

解約手続きなどはインターネット上の会員専用サイトから出来る、という光コラボ業者も
多くあります。

でも事業者変更承諾番号に関しては現状、ほとんどの光コラボでは電話でのみの対応
ということになっています。

これは契約者本人以外が勝手に事業者変更を使って乗り換えができないようにしている
という理由もあります。

つまり番号の払出しには契約者IDやパスワードなどが必要になります。
そして契約者本人が電話をすることも必要です。

ちなみにソフトバンク光は0800-111-2009に電話をして番号を受け取ることになります。

乗り換え先の光コラボ業者に新規加入申込みをする

事業者変更承諾番号をもらったら、今度は乗り換える光コラボ業者に新規加入申し込みを
行います。

今回なら楽天ひかりへの申し込みをすることになります。
楽天ひかりの場合はWEBからの申し込みで事業者変更承諾番号の入力が必要です。

電話で申し込み手続きをする事もできますし、すでに楽天の会員になっているなら
WEBからの入力でも簡略化することができます。

最終的な確認はありますが、基本的には事業者変更承諾番号を楽天ひかりに
教えることで事業者変更のユーザーが出来ることはほぼ終わります。

ソフトバンク光でNTT関係のオプションを使っている場合は注意

ソフトバンク光から楽天ひかりに乗り換える場合、ソフトバンク光でNTTが
提供しているオプションサービスを使っていると注意が必要です。

楽天ひかりではNTTが提供するオプションがほとんど使えないので、そのサービスを
継続利用するならNTTが引き継ぎをすることになります。

事前に楽天ひかりから連絡と説明があるはずですが、NTTへの確認の承諾が楽天ひかりの
申込後のタイミングで行われます。

NTTへのサービス引き継ぎの承諾をしなければ手続きが進まないので、電話など
連絡の手段をちゃんと確認しておきましょう。

乗り換え先の光コラボ業者から書類が届く

新規加入申し込みから1週間程度で書類が郵送されてきます。
新しく契約する光コラボ業者からユーザーIDやパスワードなどが届くのです。

このIDとパスワードを使ってインターネットへの接続ができれば無事に乗り換えが
完了したということになります。

まあWi-Fiルーターなどを使っているならその接続設定の変更なども必要になりますが。
基本的にはこれだけで光コラボ同士の乗り換えが出来るようになりました。

ユーザーが行う手順としては番号をもらってそれを伝える、というとても簡単な方法で
乗り換えが出来るようになるのです。

事業者変更が出来る前の乗り換え手順

事業者変更でどれくらい簡単な手順で乗り換えが出来るようになったのか。
それを確認するには以前の方法を調べてみるのが一番です。

事業者変更が出来る前に行っていた手順ではどれくらい乗り換えにかかる手間が
多かったのかがよく分かると思います。

やはり同じようにソフトバンク光から楽天ひかりに乗り換えをする場合の手順を
確認してみましょう。

乗り換え先の光コラボ業者に新規加入申込みをする

以前の乗り換えの手順には何個か方法があるのですが、多くの人がおすすめするのは
最初に乗り換え先の光コラボ業者に新規加入申し込みをする方法です。

今回なら楽天ひかりにまず新規加入申し込みを行います。
このときに光回線の新規設置工事の予約もしておくのです。

現在まだソフトバンク光の回線が設置されている状況ですが、先に設置工事の
予約をとってしまうというのがおすすめの方法だったのです。

理由は新規回線設置工事の予約日を中心に他の予定を決めるためです。

現在契約している光コラボ業者の解約手続きをする

回線設置工事の予約日が決まったら、今度は現在契約している光コラボ業者に
解約を申込みます。

今回はソフトバンク光に解約の申込みをしますが、解約手続きをしたらすぐに
解約ができるというわけでもありません。

解約予定日を決めることになるのですが、この予定日に先ほど決まった新規回線の
設置工事予定日を指定します。

この日程調整ができれば解約予定日に回線撤去工事があるので、それと同時に
回線設置工事も行えるようになったのです。

回線工事の立ち会いをする

それぞれの工事日が決まれば、それぞれ工事の立ち会いをすることになります。
光回線は基本的に室内設置工事があるので、工事の立ち会いが必要になります。

まあ集合住宅の光回線分配方式によっては室内工事がないので立ち会いも必要ない
ということになりますが。

日程調整ができない場合、撤去工事と設置工事それぞれに立ち会いが必要です。
撤去と設置を同時にするのはこの負担を減らすためでもあったのです。

ちなみに工事の立ち会いは契約者本人である必要がないので代理人に頼んでも
問題はありません。

レンタル器材の返却をする

回線工事が終わればインターネット接続はできます。
でもユーザーがやらなければならないこととしてレンタル器材の返却があります。

ソフトバンク光では多くの場合、ONUとルーターが一緒になった機材をレンタルしている
という状況が多いです。

他にもレンタルをしている機材があれば期日までのそれを返却する必要があります。
返却しない場合は違約金が発生するので負担が大きくなってしまいます。

光コラボ業者によっては室内工事のときに一緒に持ち帰ってもらう、ということも
出来るようですが。

違約金が発生するレンタル器材の返却については、かなり注意が必要でした。

実際は電話での連絡などかなり手間がかかる

手順として説明したのは以上ですが、実際には工事の予約を取る時には何度か
電話での連絡があります。

光コラボ同士の乗り換えではプロバイダも変更になることが多いので、そちらの関係の
連絡も多くありました。

手順として考えられること以外にとても多くの手間がかかる、というのが以前の
光コラボ同士の乗り換えで必要だったことです。

でも事業者変更ならこんな手間がほとんどかからないというのがとても大きな魅力に
感じるのです。

事業者変更で必要になる手数料の確認

事業者変更のデメリットとしては転用に比べると必要な手数料が多い、という
ところがあります。

ただそれも事業者変更が始まるまでと比べるとかなりコスト的な負担を減らすことが
出来るようになっていると思います。

そこで事業者変更で必要になる手数料と、事業者変更が出来る以前の乗り換えのコストを
比べてみることにしました。

まずは事業者変更で必要な手数料を調べてみます。

事務手数料が必須

事業者変更では契約している業者の変更をすることになりますが、契約対象を変更する
ということでその契約内容の情報交換を業者同士で行うことになります。

その手続きに手数料が必要で、それが事務手数料です。
これは転用のときも必要になった手数料で、事業者変更でも必須です。

ちなみに支払いは乗り換え先の光コラボ業者、今回の例なら楽天ひかりに支払う
手数料になります。

支払先の光コラボ業者で事務手数料の金額は違うのですが大体3,000円くらいです。
楽天ひかりの場合は事業者変更の初期登録費は1,800円です。

事業者変更承諾番号の払出手数料が必須

事業者変更をするためには事業者変更承諾番号の払い出しをしてもらう必要があり
それには手数料がかかります。

番号払出の手数料なのでこちらは乗り換え元、最初に契約していた光コラボ業者に
支払いが必要になる手数料です。

今回の場合ならソフトバンク光に支払うことになります。
こちらも光コラボ業者によって変わりますが大体3,000円くらいです。

光コラボ業者解約の違約金があれば必要

手続きとして光コラボの解約をしませんが、事業者変更の手続きをすることで
自動的に元々契約していた光コラボ業者とは解約をすることになります。

つまり光コラボ業者と複数年契約して割引を適応させている場合には違約金が
発生することになります。

タイミングを見て契約更新月に事業者変更の手続きをすれば違約金がかからない
という場合もあるとは思いますが。

これも契約している光コラボ業者によって金額が変わりますが、2年契約なら
大体9,500円くらいの違約金になると思います。

回線設置工事費用の残債があれば支払いが必要

事業者変更は基本的に契約中の光コラボ業者に未納金があると手続きが出来ません。
月額料金は契約解消で違約金が発生しますが、回線工事費用は分割支払という場合も。

この回線工事費用を分割している場合、支払回数が残っているならそれを一括で
支払いしてから乗り換えの手続きをすることになります。

回線工事費用の分割回数はやはり光コラボ業者によって変わります。
業者によっては30回、40回という支払回数の場合もあります。

契約期間は2年間なのですが、それでは結局回線工事費用の支払いが終わっていない
という場合も多いのです。

長期間利用している場合は気にすることもありませんが、残債があるなら一括支払いが
必要になることは覚えておいてください。

NTTのオプション継続をする場合は手数料が必要

ソフトバンク光から楽天ひかりへの乗り換えではこれが必要になる可能性はとても高い
と思います。

乗り換え先の光コラボ業者で現在使っているNTT関係のオプションサービスがない場合
そのオプションを継続利用するならNTTが契約を引き継ぎます。

先ほど説明したとおりですが、この引き継ぎに手数料が発生します。
NTTへの1,800円の支払いが必要になるのです。

NTT関係のオプションの提供がない楽天ひかりの場合、この手数料が発生する可能性は
とても高いと思います。

事業者変更以前の光コラボ同士の乗り換えにかかるコスト

事業者変更で必要になる手数料がわかったところで、それ以前の乗り換えで
必要になったコストを考えてみることにしましょう。

契約の変更ではないので事務手数料のような手数料はあまりありません。
でも光回線の交換をするのでその工事費用がかなりかかります。

それにひかり電話に関するオプション料金も高くなる可能性があります。
こちらの場合は手数料ではなくコストの確認、という感じで考えてみます。

元々の光コラボ業者の解約違約金

やはり光コラボ同士の乗り換えなので元々契約していた光コラボ業者は解約する
ということになります。

そして当然ですが契約期間中の解約なら違約金が発生します。
これはタイミングを合わせる以外に回避できる可能性はありません。

ただし新規加入キャンペーンで違約金の相殺が出来るくらいにキャッシュバックを
もらえる場合もあるので、契約によってはあまり気にならないという状況でした。

光回線の撤去工事費用が必須

光回線の交換が必要になるので、以前の場合では必ず光回線の撤去工事が必要で
その工事費用がかかりました。

工事費用自体は詳しくわからないのですが、大体10,000円くらいかかる
と言われています。

光回線の設置工事費用がかかる

回線を撤去した後に光回線を新しく設置する必要があります。
その設置工事費用が必要になります。

ただしこちらも光コラボ業者によっては新規加入キャンペーンで実質0円という
特典を利用することができる可能性もあります。

まあ実質0円なので回線工事費用の分割回数の分だけ契約をしていなければ
実質0円にならないというデメリットもありますが。

設置工事費用は契約する光コラボ業者によって大きく変わります。
楽天ひかりでは18,000円ですがソフトバンク光では24,000円かかります。

それにこれは一戸建ての場合ですがマンションなど集合住宅ではもっと少ない
工事費用でできる場合もあります。

初期契約手数料が必須

契約手続きをするための手数料がかかります。
やはりこちらも契約する光コラボ業者によって金額が変わります。

多くの光コラボ業者では大体3,000円くらい必要です。
楽天ひかりでは1,800円で出来るという魅力があります。

固定電話をアナログ戻しするならそちらの工事費も必要

以前の光コラボ同士の乗り換えでは固定電話にひかり電話を使っている場合
電話番号を変えないためにはアナログ戻しという手続きが必要でした。

ひかり電話で使っていた電話番号をアナログ回線に戻すという手続きですが
アナログ回線が通話できる状況にない場合はアナログ回線の修理が必要です。

その修理には5,000円くらいから15,000円くらいというかなり高い金額になる
工事費用がかかる可能性もありました。

問題がなければ2,000円くらいでアナログ回線に電話番号を移行させることが
出来るのですが・・・

このように以前は状況によってかなり工事にかかる費用が変わってくるという
中々わかりにくい状況で乗り換えが必要だったのです。

わかりやすく簡単な手順で光コラボ同士の乗り換えができる事業者変更

コスト面を考えても事業者変更での光コラボ同士の乗り換えがとても便利になる
というのがわかってもらえたと思います。

特に回線工事の費用や手間が全くかからないというのはとても大きな負担が無くなる
本当に便利と感じる事業者変更のメリットです。

手順としても基本は番号をもらって新規契約のときに番号を渡すだけ。
ユーザーが行うのはこれだけなのでとても簡単です。

ただソフトバンク光から楽天ひかりに乗り換えという場合、ひかり電話を
使っているならちょっとだけ手続きが増えることになります。

まあひかり電話の乗り換えに関しても事業者変更ではかなり便利でわかりやすく
簡単に出来るようになっています。

スマホのキャリアを乗り換えたら、それに合わせて光コラボも乗り換える
というのは最近ならおすすめできるようになりました。

 






 
 
 

-事業者変更

Copyright© 光回線の教えて君 , 2019 All Rights Reserved.