事業者変更

ソフトバンク光からフレッツ光に戻す乗り換え方法とは?

投稿日:

光コラボはプロバイダと回線サービスの料金体系が一つになった、わかりやすい
支払い方法と様々なサービスが魅力的と言われています。

実際にフレッツ光とプロバイダを別々に契約するよりも安くなることが多いのですが
一部の大型集合住宅ではフレッツ光のほうが安くなります。

他にも光コラボに魅力を感じない、というときにフレッツ光に戻すことが出来る
乗り換え方法はあるのでしょうか?

フレッツ光への乗り換えも事業者変更が便利

光コラボからフレッツ光への乗り換えは、簡単にできると考えている人が
多いようですが・・・

実はかなり面倒な手続きが必要でした。
理由は一度光コラボで使った光回線は別の業者では使う事が出来ないからです。

それは元々のNTT、フレッツ光にする場合でも同じで別の回線業者で使うという
扱いになってしまうからです。

でも2019年7月1日から始まった「事業者変更」という手続きを使うことで
以前よりかなり簡単にフレッツ光に戻すことが出来るようになりました。

事業者変更は光コラボ同士の乗り換えが便利になる手続方法

では事業者変更とはどんな手続なのでしょうか。
簡単に説明すれば光コラボ同士の乗り換えがとても簡単にできる手続き、ということに。

今まではかなり面倒な方法で光コラボ同士の乗り換えが行われていましたが
それを簡単にしてユーザーの選択肢を広くするために作られた制度です。

フレッツ光から光コラボに乗り換える「転用」をさらに光コラボ同士で出来るようにした
という印象の手続方法が「事業者変更」ということになります。

事業者変更は光コラボ同士の乗り換え以外にも便利にできる

そして事業者変更は単純に光コラボ同士の乗り換えを簡単にするだけではなく
似たような手続きも簡単に出来るようになっています。

その1つが光コラボからフレッツ光に戻すための乗り換えが簡単に出来ること。
事業者変更で光コラボからフレッツ光に乗り換える、という方法が取れるのです。

他にもNTT東日本のエリアからNTT西日本のエリアに引っ越しをする場合
以前は解約して移転先で再契約が必要でした。

でも事業者変更を使えばNTTの別の管轄でも解約をせずに引き続き同じ契約を
続けて使う事が出来るようになります。

光コラボの乗り換えに関する様々な手続きが簡単にできるのが事業者変更です。

ソフトバンク光からフレッツ光に戻す事業者変更の手続き

事業者変更を使うとどれほど簡単にフレッツ光への乗り換えができるのか。
実際に乗り換えの手順を確認してみることにしましょう。

例えば光コラボのソフトバンク光からフレッツ光に戻す、という場合には
どんなことをすればいいのか。

ユーザーが行う手続きを確認してみましょう。

ソフトバンク光から事業者変更承諾番号をもらう

乗り換えの時には使っているメールアドレスの状況確認などが必要ですが
今回はユーザーが行う手続きの手順のみを確認していきます。

最初にやることは現在契約している光コラボ業者から事業者変更承諾番号を
もらうことです。

転用のときにも転用承諾番号というのをもらったのですが、事業者変更でも
同じように手続きのための番号をだしてもらいます。

今回はソフトバンク光から乗り換えるので、ソフトバンク光に連絡をします。
連絡先は0800-111-2009に電話をかけることになります。

NTTに連絡をして事業者変更の手続きをしてもらう

光コラボ同士の乗り換えなら乗り換え先の光コラボ業者から新規加入申し込みをする
ということになりますが、今回はフレッツ光への乗り換えです。

つまり業者としてはNTTに連絡することになります。
WEBで申し込みをするとちょっと面倒になるので電話をすることをおすすめします。

フレッツ光は光コラボではないのでプロバイダの契約も必要

光コラボ同士の乗り換えならプロバイダも同時に変更されますが、フレッツ光の場合
プロバイダはセットになっていません。

つまりプロバイダとの契約を別に行う必要があります。
まあ今回ならYahoo! BBのままにするという方法もありますが。

ソフトバンク光はプロバイダがYahoo! BBです。
こちらの契約を続ければメールアドレスなどそのまま使い続けることができます。

インターネットの環境を変えたくない、と言うなら光コラボで使っていたプロバイダを
そのまま使い続けるのもおすすめです。

プロバイダとNTTから書類が届く

プロバイダの変更をした場合、NTTへ事業者変更での乗り換え申し込みをした後
1週間後くらいにNTTとプロバイダから書類が郵送されてきます。

こちらには新しい契約者IDとパスワードが記載されています。
NTTの書類にはフレッツクラブなどのアクセスIDなどがあると思います。

新しいプロバイダのユーザーIDとパスワードでインターネットへの接続ができれば
フレッツ光への乗り換えは完了です。

ちなみに事業者変更の手続きをすることで以前契約していた光コラボ業者とは
解約することになります。

乗り換え手続きの中で自動的に解約手続きが行われるので、ユーザーが自分で
解約手続きをする必要はありません。

今回の場合もソフトバンク光への解約手続きはユーザーが行わないので
勝手に解約申し込みをするのは止めましょう。

プロバイダの変更がない場合は同じIDを使い続けられる

プロバイダの変更をしない場合、インターネットへの接続をするユーザーIDと
パスワードをそのまま使い続けることができます。

NTTからの種類の郵送はあるのですが、プロバイダからは種類が届かず
切り替わりのタイミングもユーザーからはよくわからないと思います。

まあIDとパスワードがそのまま使えるのでWi-Fiルーターなどの接続設定を
変更せずに使えるなどちょっとしたメリットもありますが。

プロバイダを変更しなかった場合は更にユーザーの手間が少なくなるので
プロバイダに不満がない場合は変更しないのもおすすめです。

事業者変更を使わずにフレッツ光に乗り換える場合

ソフトバンク光からフレッツ光に戻す手順を確認してみると、ユーザーがやることは
思った以上に少ないということがわかります。

これが事業者変更の大きな魅力になるのですが、それを確認するためにも事業者変更を
使わないでフレッツ光に乗り換える方法も確認してみましょう。

まあ事業者変更が始まるまではこの方法でしかフレッツ光に戻すことが出来ない
ということだったのですが。

事業者変更の開始以前の乗り換え方法を確認してみましょう。

契約している光コラボ業者に解約申込みをする

以前は光コラボで使った光回線を別の企業が使うことは出来ませんでした。
つまり光回線を撤去して、新しくフレッツ光を設置する必要がありました。

現在契約している光コラボ業者、先ほどの例ならソフトバンク光に解約の
申込みをして回線も撤去してもらう必要があります。

解約の申し込みをすると回線撤去工事の日程を決めることになります。
集合住宅の場合は配線の分配方式によって工事内容が変わると思います。

また引っ越しで解約する時には光コンセントを設置した場合、大家さんによっては
残しておいていいという方もいますが乗り換えの場合は使い回せないので撤去します。

撤去工事の立ち会いをする

光回線は室内への機材設置工事があるので基本的に立ち会いが必要です。
やはり集合住宅の回線分配方式によっては立ち会いが必要ありません。

そして立ち会い自体は契約者本人以外でも大丈夫です。
都合が合わなければ代理人に頼みましょう。

レンタル器材の返却をする

光コラボ業者からレンタルしていた機材の返却が必要です。
回線工事は基本的にNTT関連の子会社なので光コラボ業者とは関係ありません。

工事のついでに機材の回収をする、ということが出来ないのでレンタル器材は
ユーザーが自分で返却をする必要があるのです。

ただし回線撤去工事でNTTからのレンタル器材は業者が回収してくれるので
自分で返却手続きをするのはこの場合ソフトバンク光からのレンタル器材のみです。

BBユニットなどオプションによっては地デジチューナーなどがレンタルされていると
思いますがそれを指定の住所に郵送することになります。

送料は当然ユーザー負担で、期日までに返却しなければ違約金が発生します。
返却期日は解約日から14日以内です。

フレッツ光への新規加入申込みをする

できれば光コラボ業者の解約手続きと並行してフレッツ光の新規加入申し込みを
行えればインターネットへの接続ができなくなる期間が短くなります。

転用で光コラボに乗り換えているなら間違いなくフレッツ光の設置はできます。
ただし新規加入申し込みをすると事前に設置場所の下見が行われます。

まあ状況によってはすぐに工事日程を決めることが出来るかもしれませんが。
設置工事をソフトバンク光の解約日と同じ日にできれば工事も一緒に行われます。

ただフレッツ光は申込みから回線設置工事まで2週間から4週間程度の時間が必要で
繁忙期にはもっと時間がかかる可能性があるので注意が必要です。

設置工事の立ち会いをする

撤去工事と同じように設置工事でも立ち会いが必要になります。
当然同じように集合住宅の場合、分配方式で必要ないということもあります。

ここでの注意点は撤去工事の前に設置工事をすると、場合によっては回線設置が
難しくなる可能性もあるということです。

一戸建ての場合、電柱からの光回線引き込みのルートが現在の光回線で使えない
という場合に引き込みができなくなってしまうということも考えられます。

集合住宅でも別の回線を設置しなければいけないという状況になることも。
その場合は外壁に傷をつける可能性がとても高くなります。

賃貸住宅で外壁に傷をつけると、退去時の原状回復の修理費用がとても高くなる
というトラブルの原因も考えられます。

ちなみにやはり契約者本人以外でも立ち会いは問題ありません。
都合がつかないなら代理人を頼みましょう。

新しいプロバイダのIDとパスワードでインターネット接続

プロバイダを変更しているなら、新しいプロバイダから契約者IDとパスワードが
書類で郵送されているはずです。

それを使ってインターネットへの接続ができれば乗り換え完了です。
プロバイダを変更していないなら同じIDで接続ができます。

フレッツ光は光コラボとは違ってプロバイダを自由に選ぶことが出来ます。
ただしセットになって割引などはないですし、自動的に契約も行われません。

フレッツ光の新規加入申し込みと同時にプロバイダにも申込みをしておきましょう。

手順だけを考えてもかなりの手間がかかる

光回線の撤去と設置の工事を同じ日に設定できれば手間が多少少なくなりますが
それでもかなりユーザーが行うことが多いという印象です。

しかも事業者変更を使わない場合、回線工事費用がかなりかかることになります。
設置工事と撤去工事それぞれに回線工事費用が必要です。

撤去工事は大体10,000円くらい、フレッツ光の設置工事費用は戸建てなら18,000円
集合住宅も15,000円とやはり高額の工事費用がかかります。

事業者変更でも色々な手数料が発生しますが、これほど高額の手数料はありません。
金額的な負担も事業者変更ではかなり少なくなるという印象です。

事業者変更でもソフトバンク光の通話サービスには注意が必要

事業者変更のメリットの1つとして、ひかり電話の電話番号をそのまま
乗り換え先でも使い続けることが出来るという事があります。

以前はひかり電話の電話番号を乗り換え先でも使い続ける場合、アナログ戻しという
別の手続きをする必要がありました。

しかもアナログ戻しはひかり電話のような光回線を使った電話のサービスに新規加入で
もらった電話番号では出来ないという欠点もありました。

手間と手数料がかかるけど使える電話番号が限られている、という状態だったのですが
それをどんな電話番号でも簡単に継続利用が出来るようになったのです。

ただし事業者変更で継続利用が出来るのはNTT関係のサービスだけ、という制限が
あるのでソフトバンク光で使う場合には注意が必要なのです。

光電話(N)を使っているなら何もせずに電話番号の移行ができる

フレッツ光からひかり電話を使っていてソフトバンク光に転用した場合、ひかり電話の
電話番号はソフトバンク光の光電話(N)というサービスで引き続き使えます。

この光電話(N)というのはソフトバンク光で提供しているNTTのひかり電話なので
サービス内容は通話料など含めて全く同じサービスです。

そして事業者変更でフレッツ光に戻す場合もNTTのサービスなのでそのまま
手続きも必要なく同じ電話番号を使い続けることができます。

ホワイト光電話はアナログ戻しが必要

ソフトバンク光ではもう一つ、ホワイト光電話というサービスを提供しています。
こちらはソフトバンク光が独自に提供している光回線を使った通話サービスです。

アナログ回線から番号ポータビリティでホワイト光電話に番号を移行させるか
新規でホワイト光電話に加入した場合こちらのサービスを使っているはずです。

ただしホワイト光電話はソフトバンク光で独自に行なっているサービスなので
事業者変更では自動的にNTTのサービスとして電話番号を移行することが出来ません。

フレッツ光や別の光コラボ業者のひかり電話で同じ電話番号を使いたい場合には
アナログ戻しの手続きを自分で申し込む必要があるのです。

当然アナログ戻しなので元々アナログ回線で使っていた電話番号しか出来ません。
ホワイト光電話に新規加入でもらった電話番号は変わってしまうので注意しましょう。

光コラボからフレッツ光に戻すときも事業者変更が便利でおすすめ

事業者変更が利用できるようになり、光コラボ同士の乗り換えもとても簡単に
出来るようになりました。

回線工事費用が無くなり、手間とコストがとても少なくなったというのはユーザーへの
負担が大きく減ったという魅力があります。

そしてその魅力は光コラボからフレッツ光に戻す場合にも利用できるのです。
色々な理由でフレッツ光に戻したいと思っているユーザーもいるかと思います。

そんな人にも事業者変更はとてもおすすめできる方法だと思います。
当然コスト面でもかなり負担は少なくなります。

ただしフレッツ光の場合はプロバイダも契約しなければインターネットへの接続が
出来ないので忘れずに契約申し込みをしましょう。

 






 
 
 

-事業者変更

Copyright© 光回線の教えて君 , 2019 All Rights Reserved.