事業者変更

ソフトバンク光からauひかりの乗り換えって出来る?

投稿日:

先日新しく始まった事業者変更という制度は光コラボ同士の乗り換えがとても簡単に
できるようになると注目されています。

実際に2019年7月1日以前の光コラボ同士の乗り換えはとても大変な手間とコストが
かかってしまいました。

ただし、ちょっと気になるのはこの事業者変更での乗り換えにソフトバンク光から
auひかりという乗り換えができるのかということです。

ソフトバンク光からauひかりは事業者変更で乗り換えが出来ない

事業者変更は説明したとおり、光コラボ同士の乗り換えがとても簡単にできるようになる
新しい制度です。

以前の方法に比べればかなり手軽で、金銭的な負担もとても少なくなります。
ただし利用できるのは「光コラボ」同士の乗り換えです。

簡単に説明すると光コラボというのはNTTが設置したフレッツ光回線を使った
プロバイダ一体型の料金体系の回線サービスです。

つまりフレッツ光回線を使っているのが光コラボ、ということになります。
そしてauひかりではフレッツ光回線を使っていません。

使われているのはauが独自に設置した光回線とダークファイバー回線と言われる
NTTが設置して利用していない予備回線などを使っています。

そのためにソフトバンク光からauひかりに乗り換える時には事業者変更を
使う事が出来ないのです。

ソフトバンク光からドコモ光なら事業者変更で乗り換え可能

今回の場合はauひかりが光コラボ業者ではないので事業者変更を使っての
乗り換えができないということになります。

でもソフトバンク光は光コラボ業者なので、こちらと別の光コラボ業者の乗り換えなら
事業者変更で乗り換えをすることが出来るのです。

例えばドコモ光、BIGLOBE光、So-net光、@nifty光などが光コラボ業者です。
こちらに乗り換えるなら事業者変更を使うことが出来ます。

ソフトバンク光からauひかりの乗り換えは解約と契約

ではソフトバンク光からauひかりの乗り換えはどうすればいいのか。
単純に解約と契約をする、という方法になります。

詳しく言えばソフトバンク光を解約してauひかりの契約をする事になります。
単純に別々の手続きをして乗り換えるということになります。

事業者変更のような便利な制度がないので、どちらも単純な契約手続きなどをする
ということになります。

ある程度の手間がかかりますが、やること自体はとてもシンプルです。

ソフトバンク光とauひかりを比較してみる

乗り換えをする前にソフトバンク光とauひかりをそれぞれ詳しく確認して
どちらがおすすめできるのか比較してみます。

乗り換えをしたほうがいいのか、そのままにしたほうがお得なのか。
乗り換えをする場合のメリットやデメリットも考えてみたいと思います。

月額料金を比較してみる

まずソフトバンク光とauひかりの月額料金を比較してみましょう。
それぞれ戸建てと集合住宅のプランがあります。

ソフトバンク光は戸建てが5,200円で集合住宅が3,800円です。
光コラボの月額料金としては普通、という印象です。

対するauひかりは料金プランが多く、戸建てでも2年と3年の継続契約で
月額料金が変わってきます。

2年契約は月額5,200円で、3年契約になると契約している期間によって
月額料金が5,100円から4,900円まで下がります。

集合住宅では2年契約ですが、契約している建物内の総戸数などで月額料金が
変わるということです。

普通は3,800円で契約によっては月額5,000円という場合も。
集合住宅の場合は配線のタイプによって月額料金が大きく変わってくるようです。

通信速度の安定性はauひかりのほうが高い

通信速度に関しては最高速度で言えばauひかりのほうが高くなります。
現在下り最速5Gbpsや10Gbpsというサービスの提供も始まっています。

ソフトバンク光は基本的に使っている回線がフレッツ光なので、こちらも契約で
変わりますが下り最速1Gbpsというのが最速です。

また通常の通信速度に関しても、auひかりのほうが安定して高速通信が出来る
という口コミが多いです。

ソフトバンク光ではIPv6方式の通信サービスも有料オプション扱いなのに対して
auひかりでは申し込み無しで普通に使う事が出来ます。

通信速度の安定性、通信速度を求めるならauひかりのほうがおすすめしやすいです。

スマホの割引サービスが違う

それぞれの回線サービスではスマホの契約者が固定回線の申し込みをすることで
スマホの割引が出来るセット割が設定されています。

まあ名前を見て分かる通り、それぞれ対応キャリアが違うセット割を提供しています。

ソフトバンク光ではソフトバンクのスマホが割引されるおうち割でauひかりでは
auスマートバリューというauスマホのセット割がそれぞれ使えるようになります。

ちなみにドコモのスマホの割引はドコモ光で利用することが出来ます。
それぞれ大手携帯キャリアは別の固定回線で割引のサービス提供が行われています。

選べるプロバイダが違う

ソフトバンク光はプロバイダとセットの光コラボで、auひかりは光コラボでは
無いのですがプロバイダとセットの月額料金になっています。

それぞれのサービスで選べるプロバイダが違っています。
ソフトバンク光ではYahoo! BBのみが対応プロバイダとなっています。

ただ光コラボでは元々プロバイダを選んで契約できるというところが少ないので
ソフトバンク光が特別という感じはしません。

でもauひかりでは現在So-net、BIGLOBE、@nifty、au one net、@Tcom
DTI、ASAHIネットという7社のプロバイダから選ぶことが出来ます。

それぞれのプロバイダで新規加入キャンペーンの内容も変わってくるので
プロバイダが選べるという魅力以外にもメリットがありそうです。

提供エリアはソフトバンク光のほうが広い

それぞれの回線サービスを使うためには、それぞれの回線サービスの提供可能地域から
申込みをする必要があります。

そしてソフトバンク光は回線にフレッツ光を使っているので対応地域はほぼ全国で
人口カバー率も95%以上とかなり広い地域で使う事が出来ます。

一方のauひかりは独自回線を使っているので対応地域が若干狭いです。
現状人口カバー率も70%程度と言われています。

更にauひかりは集合住宅の場合、その建物自体がauひかりを設置していないと
契約することが出来ません。

事前にしっかりとauひかりが契約できるのかを確認しておく必要がある
というのがauひかりの欠点といえます。

逆にソフトバンク光ならどんな地域でもほぼ契約可能という魅力があります。
まあ他の光コラボでもフレッツ光を使っているので同じなのですが。

ソフトバンク光からauひかりへの乗り換えの手順を確認

ソフトバンク光とauひかりそれぞれの特徴がわかったところで、実際に乗り換えを
行う場合の手続きの手順を確認してみましょう。

ソフトバンク光とauひかりはそれぞれ別の回線を使っている光回線サービスです。
そのために乗り換え、といってもそれぞれの回線の解約と契約をするだけです。

ただどちらの手続きを先にしたほうがいいのか、その理由も含めて乗り換えの手順を
改めて確認してみましょう。

それと集合住宅の場合は建物に1つのブロードバンド回線しか設置できません。
つまりフレッツ光回線が設置している場合auひかりへの乗り換えが出来ません。

この乗り換えの手順というのは基本的に戸建住宅の場合ということになります。

先にauひかりの新規加入申込みをする

乗り換えの手順としては先に乗り換える回線、auひかりへの新規加入申し込みを
行うことがおすすめです。

申込み前に公式サイトで対応地域の確認をすることが出来ます。
自分の住んでいるところでauひかりの申込みが出来るのか確認しておきましょう。

設置ができる地域なら申込みを行います。
まだ自宅にソフトバンク光が使える状態で新規加入申し込みをすることがおすすめです。

理由の1つは先にインターネット回線を開通させれば、元のサービス解約時にネットに
接続できないという状況を防ぐことが出来るから。

それと引っ越しの繁忙期には光回線の新規加入申し込みも増えるので、申込みの
タイミングには十分注意しましょう。

回線設置工事の立ち会いをする

回線設置工事の予定日が決まったら、当日は設置工事の立ち会いが必要です。
基本的に室内工事が必要になるので工事に立ち会うことになります。

ただし立ち会いは契約者本人の必要がないので、都合が悪いなら代理人に
頼むということも可能です。

設置工事は現状まだソフトバンク光が設置されている状況で行われます。
場合によっては光回線の引き込みのためのルートが取れないということも。

最短ルートで引き込みができない場合でも外壁にガイドを設置して光回線を
壁に設置してから引き込みをするという工事が行われます。

ただ隣家と電柱の位置によっては壁に穴を開けて光回線を引き込む、ということに
なるかもしれません。

できればその工事の許可を出せる人が立ち会いできればいいのですが・・・
一応外壁にも傷をつけないような工事をすることになっていますが。

ソフトバンク光の解約手続きをする

無事にauひかりの設置工事が終われば、そちらを使ってインターネットへの
接続が出来るようになっているはずです。

そこでもう使わないソフトバンク光の解約手続きをします。
ソフトバンク光は電話での手続きが必要なのでサポートセンターに連絡します。

解約予定日を決めれば、その日に回線撤去工事が行われます。
こちらも立ち会いが必要になる場合が多いので自分の都合のいい日にしましょう。

光回線を使った電話の通話サービスを使っているなら注意

先にauひかりの新規加入申し込みをした理由の1つはインターネット接続が出来ない
期間を作らないためです。

そしてもう1つ、光回線を使った固定電話の通話サービスを使っている場合に
その電話番号を使い続ける手続きをするためでもあります。

フレッツ光ではひかり電話、ソフトバンク光でも独自のホワイト光電話という
固定電話の通話サービスを提供しています。

ここで使っていた電話番号は光回線を解約すると使えなくなります。
その前にアナログ戻しという手続きでアナログ回線に戻す必要があるのです。

そしてアナログ戻しをした後にauひかりで提供する光回線の通話サービスに
番号ポータビリティで番号移行をするのですが・・・

番号ポータビリティはauひかり設置後すぐに出来ません。
一定期間が必要になります。

その期間を作るために先にauひかりへの申込みをしたのです。
まあアナログ回線で使い続けるという選択肢もあるのですが。

アナログ戻しが出来るのはアナログ回線で使っていた電話番号のみ

アナログ戻しの手続きにもちょっと注意が必要です。
ソフトバンク光ではホワイト光電話と光電話(N)という通話サービスがあります。

光電話(N)はNTTが提供するひかり電話のサービスをソフトバンク光で
提供しているサービスです。

そしてホワイト光電話はソフトバンク光が提供する光回線を使った電話サービスです。
それぞれアナログ回線からの電話番号移行が出来ます。

そして新規に光電話(N)やホワイト光電話に加入した場合にも電話番号を
もらうことが出来ますが、その場合はアナログ戻しが出来ないのです。

アナログ戻しは名前の通り、元々アナログ回線で使っていた電話番号を光回線での
電話番号に移行した後、更にアナログ回線に戻すための手続きです。

最初から光回線で使った電話番号をアナログ回線に移行することは出来ません。
新規加入でもらった電話番号の場合、乗り換えで番号を継続することが出来ません。

電話番号が変わるリスクが有ることを覚えておきましょう。

回線撤去工事の立ち会いをする

乗り換え手順の続きとしては回線撤去工事の日程が決まったら工事の立ち会いを
行うということになります。

やはり室内工事があるので立ち会いが必要で、代理人でも大丈夫です。
それとNTTの機材は基本的に工事をする人が回収してくれます。

ソフトバンク光はフレッツ光を使った回線サービスなので回線工事自体は
NTT関係の企業が請け負っています。

そしてフレッツ光から転用でソフトバンク光に乗り換えた場合、回線接続の
周辺機器などNTTからのレンタル品を使い続けている場合も多くあります。

それらのNTTからのレンタル器材は回線撤去工事があればNTTの関連会社が
工事に来るので一緒に引き上げてくれます。

ソフトバンク光のレンタル器材の返却をする

回線撤去工事があればNTT関係のレンタル器材は回収してもらえます。
でもソフトバンク光で借りていた機材は自分で返送することが必要です。

後はNTTの回線撤去工事が行われない場合もNTTへの返却が必要です。
これらは基本的にユーザーの負担で返送することになります。

特にソフトバンク光の場合は返却キットなどが無いので、自分で箱や緩衝材を
用意して郵送することになります。

当然郵送料はユーザー負担になります。
更に返却期限を過ぎると違約金も発生してしまいます。

返却期限は解約から14日以内なので素早い返却が必要になります。

auひかりに乗り換える場合の注意点

光回線を使った固定電話の電話番号移行と同じようにauひかりへの乗り換えに
注意するべきことがあります。

単純に乗り換えのタイミングということではなく、キャンペーン特典の内容など
わかりにくいこともあるのでそちらを確認してみましょう。

ソフトバンク光の解約違約金が発生する可能性

乗り換えのタイミングによってはソフトバンク光の解約違約金が発生します。
特にauひかりと契約をしてから解約するのでタイミングがわかりにくいです。

契約更新月に解約できれば違約金は発生しないのですが。
回線設置工事の予定などずれることも多いので注意が必要になります。

違約金は9,500円、結構大きな金額なのでできれば発生しないタイミングで
乗り換えをしたいところです。

auひかりの回線工事費用は実質無料

回線設置工事はauのキャンペーンを使えば実質0円でできることになっています。
ただこの回線工事費用の分割回数が60回ととても多いので注意が必要です。

実質0円にするためには60ヶ月の契約が必要になるということです。
ちなみにマンションタイプは24ヶ月で実質0円での工事ということに。

元々auひかりの海鮮工事費用は37,500円と他の光回線サービスよりも高いので
その負担を減らしたいところですが・・・

完全に負担を減らすためには長期間の利用が必要になる、ということです。

解約違約金もauひかりは高い

もう1つ、auひかりを解約する場合ですが契約解除料がかかります。
これがいわゆる解約違約金、ということになるのですが。

契約解除金は契約年数で変わり、auひかりは2年と3年契約があります。
2年契約では9,500円で3年契約なら15,000円が必要になります。

3年契約では契約している期間によって月額料金の割引も大きくなるので
お得感が強いのですが解約する時にはタイミングに注意が必要になります。

回線撤去料金が発生する

回線乗り換えでauひかりをやめる時、今回のように回線撤去工事が必要ですが
こちらもちょっと高くなります。

ソフトバンク光の撤去工事費用は大体10,000円くらいですがauひかりでは
28,800円かかります。

ちなみにこれは一戸建ての場合とマンションタイプでも高速通信サービスを
利用した場合だけです。

そして2018年3月以降に加入したユーザーだけとなっています。
マンションタイプでも5Gや10Gという高速通信契約をしなければかかりません。

光コラボから乗り換えでauひかりになった場合、ほとんどが一戸建てだと思うので
この回線撤去工事費用は覚えておく必要があります。

ソフトバンク光からauひかりへの乗り換えは手間がかかる

ソフトバンク光の回線速度に不満があるなど別の回線でのインターネット接続を
希望する場合にはauひかりはおすすめできるサービスの1つです。

またスマホのキャリアを乗り換えたので固定回線も合わせて乗り換えたい
という場合にもauひかりは選択肢に入ると思います。

ただ普通にソフトバンク光からauひかりへの乗り換えをするならかなり手間が
必要になります。

単純にauスマホの割引を使いたいだけならauスマートバリューに対応した
別の光コラボに事業者変更を使って乗り換えるほうがおすすめです。

通信速度などソフトバンク光というよりフレッツ光に不満があるなら
auひかりへの乗り換えというのもわかるのですが。

回線工事費用など金銭的な負担も大きいのでキャンペーン特典なども上手に
使って乗り換えをすることがおすすめです。

 






 
 
 

-事業者変更

Copyright© 光回線の教えて君 , 2019 All Rights Reserved.