ソフトバンク光

ソフトバンク光で通信障害が起きたときはどうする?

投稿日:

以前起きたソフトバンクの通信障害では全国規模で多くの人に影響がでました。
全てのソフトバンクの通信機能が使えなくなったことで不安になった方も多いかと。

ソフトバンク光の場合は回線にフレッツ光を使っているのでそれほど頻繁に
通信障害が起きる、ということはありません。

でももしソフトバンク光でまた通信障害が起きた時にはどうすれば良いのか。
その対処方法を考えてみたいと思います。

通信障害の状況を把握する

ソフトバンク光が通信障害になった時まずどうすればいいか。
どれくらいの障害がでているのか、それを把握することから始めます。

通信障害の情報は基本的に公式サイトなどで発表されるはずです。
緊急メンテナンスなどの場合も公式サイトなら確認ができます。

ただ以前に起こったソフトバンク全体の通信障害ではソフトバンク光の公式サイトも
ダウンしている状態でした。

そこでそれ以外にも通信障害の情報を集めているサイトなどもあります。
そちらで確認するという方法もあります。

それにTwitterでも通信障害が起きていることをつぶやいている人は多いかと。
それを確認するというのも一つの方法です。

大規模な通信障害なのか、一部地域のメンテナンスなのか。
まずは現状を把握することがおすすめです。

別の回線で通信障害を確認する

ただ障害の状況を確認しようとしても、そもそもソフトバンク光がつながらない
という状態ではインターネット接続が出来ないという場合も。

一応他の回線を持っているならまずはそちらでインターネット接続を試してみましょう。
自宅に2回線設置している人は少ないと思うのでスマホというところでしょうか。

でもソフトバンクの通信障害ではソフトバンクの携帯端末も使えなかったので
これも厳しいところですが。

近くにFree Wi-Fiがあればそちらを使ってインターネット接続が出来るかを
試してみましょう。

最近ではカフェやファーストフード店でゲストとして一時的にWi-Fi接続が出来る
というサービスも多くの店舗で行っています。

それを使ってインターネットに接続して、ソフトバンク光の状況などを確認する
という方法がおすすめです。

サポートセンターに電話をしてみる

自宅ではソフトバンク光がつながらず、周囲にFree Wi-Fiスポットもないというなら
ソフトバンク光のサポートセンターに電話をするという方法も。

ソフトバンクのスマホも使えない状態でも固定電話や公衆電話などは使えるはずです。
そちらからソフトバンク光のサポートセンターに連絡をしてみましょう。

電話番号は0800-111-2009です。
ただ本当に通信障害の場合、その対応で電話が繋がらないという可能性は高いですが。

他に通信障害の状態を確認する方法がない、という時の最終手段として
サポートセンターを使うことをおすすめします。

通信障害と思ったら最初にやるべきこと

確実にソフトバンク光で通信障害が起きている、とわかっている場合は良いのですが
普通はインターネットへの接続ができなくなったときにとても焦ると思います。

何が原因でインターネットへの接続ができないのか、その判断がすぐにできれば
いいのですがそれも難しいかと。

そこで通信障害がどこで起きているのか、どこで回線接続ができなくなっているのかを
最初に判断することがおすすめです。

では実際に何をすればいいのか。
インターネットへの接続ができなかった時の原因確認手順を考えてみましょう。

ケーブル類の確認をしてみる

どんなサポートセンターに連絡をしても、最初に言われるのがケーブルの確認です。
電源ケーブルを始めLANケーブルなど接続の確認をしてみましょう。

ソフトバンク光なら光BBユニットを使っていることが多いと思いますが、そこと
パソコンがちゃんとLANケーブルでつながっているか確認してみましょう。

LANケーブルの接続コネクタの爪が壊れていて接触不要を起こしているということも
よくあるのでそこも確認します。

Wi-FiルーターとONUを使っているならそれぞれの接続とパソコンとの接続ケーブルも
確認してみましょう。

ちなみにケーブルテレビのサポートセンターではデコーダーとつないでいるケーブルが
抜けてしまっている、という症状で電話がかかってくるのがとても多いそうです。

無線LANルーターなどの電源、ACアダプタなども抜けていることがあるので
そちらも確認してみましょう。

接続機材の確認をしてみる

ソフトバンク光で使っている光BBユニットでも常時電源を入れている状態なので
場合によっては不具合が起きていることも考えられます。

まあ単純に光BBユニットのファームウェアのアップデートという可能性もありますから
機材のランプを確認してみましょう。

光BBユニットを始めインターネット接続機材では回線接続の状態をランプで
確認することができます。

インターネット接続状態を表すランプが普通と違う状態ならインターネットへの接続が
出来ていないということになります。

回線が原因かもしれませんが、これが機材自体の不具合という可能性もあります。
アップデート中でなければ機材の再起動をしてみましょう。

Wi-Fiルーターなどの場合はACアダプタを本体から抜いて10秒間くらい放置してから
再度ACアダプタを接続します。

本体にリセットボタンがあるという機種ならリセットしてみるのもおすすめです。
とにかく機材の再起動をしてみましょう。

ただし光BBユニットのファームウェアのアップデート中に電源を切ると正常に
動作しなくなるので電源を切る前に通信状態は確認しておきましょう。

特定のサイトにつながりにくいならサイト側の問題

インターネット自体は接続できるけど、特定のサイトに行くととても重たくなる
通信速度が遅く感じるという場合はそのサイトに問題がある可能性が高いです。

サイトのサーバーがメンテナンスをしている、データが削除されているなど
サイト側の問題で通信障害のように感じているということになります。

別のサイトでは普通に接続ができているなら、基本的にユーザーが出来ることは
何もありません。

サイトの復旧を待ちましょう。

インターネット接続が出来るけれど通信速度がとても遅く感じる場合の原因

通信障害と言っても完全にインターネット接続ができなくならないで、一応接続が
出来るけれど快適な通信速度にならないという場合も考えられます。

通信速度障害といえばいいのでしょうか、場合によっては回線切断が起きるという
とても通信速度が遅くなるということもあります。

この回線が不安定になる通信障害の原因についても調べてみましょう。
原因がわかれば対策法も考えることが出来るはずです。

機材の不具合でも通信速度が不安定になる

先ほどの全く回線接続ができないという場合と同様に、通信機材の不具合で回線速度が
とても遅くなるということも考えられます。

それにソフトバンク光の光BBユニットは自動的にファームウェアをダウンロードして
自動アップデートする機能があります。

このファームウェアのダウンロードをしているときに通信速度が極端に遅くなる
という症状が出る場合も多いようです。

基本的にファームウェアのダウンロードは利用ユーザーの少ない深夜の時間帯に
行われるのですが、タイミングが悪いと使っているときに始まってしまうかも。

インターネット接続機材のランプを見て状態を確認してみましょう。
ダウンロード中ではないのに通信速度が遅いならやはり再起動してみるのもおすすめ。

ウイルス対策ソフトやOSの自動アップデートが原因の場合も

普通にインターネット接続が出来ていたのに急に動作が重たくなった、という場合には
ウイルス対策ソフトやOSの自動アップデートが行われているという可能性も。

特にウイルス対策ソフトは新しいウイルスやOSに対する驚異が発見されるとその対策を
リアルタイムで配信することがあります。

特に危険性の高い悪意のあるプログラムの対策がかなりの容量になってしまった場合
通信速度に影響を与えることはあります。

また最近ではWindowsのアップデートプログラムが世界的に同時配信されるため
その配信によって多くの回線で通信障害が起きるという報告もされています。

最近でもソフトバンク光だけではなくOCNでもWindows10のアップデートファイルが
原因で通信障害が起きたという報告もありました。

こちらの場合もユーザーが出来る対策はないので、ある程度時間が経ってから
インターネットを使ってみるというのがおすすめです。

ユーザーが集中する時間帯は通信が安定しなくなる

以前からよく言われていることですが、インターネットを利用するユーザーが
多くなる時間帯は通信速度が遅くなります。

主にプロバイダの混雑が原因ですが、集合住宅の場合は建物内のユーザーの
利用状況によっても通信速度に影響がでます。

同じアパート内にヘビーユーザーがいて、建物の通信回線を独占してしまうと
他の住人の通信速度はあまり上がらなくなります。

あまりにも低速の状態が続くと通信回線が不安定になり、回線切断という
最悪の状態になる可能性も考えられます。

単純に混雑が原因なら、新しい通信規格のIPv6方式の通信サービスを使うと
改善される可能性は高いです。

ソフトバンク光のプロバイダ、Yahoo! BBでもIPv6高速ハイブリッドという
IPv6 IPoE+IPv4 over IPv6方式の通信サービスがあります。

これを使うことで建物内の混雑解消も出来る可能性が期待されています。
プロバイダの混雑はほぼ解消できるという魅力的なサービスです。

以前ソフトバンク光で起きた通信障害について確認してみる

では実際にソフトバンク光で起きた通信障害はどんな物があったのか。
その原因や規模などを確認してみることにしましょう。

と言ってもそれほど大きな通信障害が頻発しているわけではないので
それほど多くはないのですが。

それでも大規模な通信障害が起きたことがあるので、その状況などを改めて
確認してみることにします。

2018年12/6の原因は他社の通信機材の不具合

ソフトバンク光だけではなくソフトバンク全体が通信障害となった大規模障害が
2018年12/6の通信障害です。

ソフトバンクの電話もつながらなくなったというかなり大規模な通信障害で
復旧までに5時間以上かかりました。

その間インターネット関係、電話の通話が一切できないという困った状況でした。
この原因はソフトバンクが使っていた通信設備の不具合が原因でした。

ただこの通信設備は海外でも使われているもので、この時同時に通信障害を
引き起こしていたことが分かっています。

つまりソフトバンクだけでは対応できなかったために復旧までにかなりの時間が
かかってしまったということのようです。

多分これほどの通信障害が起きることは無いと思いますが・・・
しっかりとした対策が期待されます。

2019年3月にも通信障害が起きている

大規模な通信障害としては2019年3月9日に1時間程度インターネットへの
接続がしにくいという状況がありました。

ソフトバンクからはシステム障害という報告があったのですが、この直後に
また通信障害が起きていました。

それが3月14日の通信障害でこちらは朝の10時くらいから、やはりインターネットが
つながりにくい状況になりました。

こちらは復旧までの時間が発表されていませんが、主に関東地方と関西地方、中国に
九州地方とかなり広い地域で通信障害が起きたようです。

こちらもシステム障害と発表がありましたが、短期間で通信障害が起きるというのは
ちょっと心配になります。

通信障害自体は他の回線でも起きること

ソフトバンクやソフトバンク光に関しての通信障害について調べてみましたが
実際に通信障害というのはソフトバンク以外でも起きるものです。

回線だけではなくプロバイダが原因で通信障害が起きる、ということもありました。
以前には大手プロバイダが原因で数日間の通信障害が起きたこともあります。

確かにソフトバンク光では近い日数で連続して通信障害が起きているという
ちょっと不安になる事実もあります。

ただ通信障害自体は他の回線でも起きる可能性はある、というか起きているので
完全に回避することが出来るものではないのです。

でも出来る限り対応のしっかりとしたプロバイダや回線業者と契約したいという
気持ちはよくわかります。

ソフトバンク光以外のソフトバンクサービスの評判は悪い

通信障害の状況をシェアするサイト、Down Detectorを調べてみると通信障害が
起きているという報告はかなり頻繁に見られます。

ただしその報告ではソフトバンク光というよりもソフトバンク携帯や別の回線
ソフトバンクAirなどの通信障害の報告が多く見られます。

ソフトバンクのスマホはもちろんソフトバンクの電波を使っています。
ソフトバンクAirも固定回線扱いですが、使っているのは電波回線です。

そしてソフトバンク光はNTTのフレッツ光を使ったサービスです。
つまりソフトバンクのサービスの中では比較的安定性が高いと思います。

Twitterなどでも確認してみると、やはりソフトバンク回線の通信障害の報告は
それなりに見ることが出来ます。

それを考えるとソフトバンク光は、かなり安定していると考えてもいいのかな
という気がしました。

 






 
 
 

-ソフトバンク光

Copyright© 光回線の教えて君 , 2019 All Rights Reserved.