ソフトバンク光

ソフトバンク光でルーターの設定ってどうやるの?

投稿日:

ソフトバンク光ではインターネットを使いやすくするために様々なサービスの
提供が行われています。

レンタルのWi-Fiルーターサービスもその1つですが、人によっては市販のルーターを
利用したいと思っている人も多いかと。

そんなときにルーターの設定をどうすればいいのか。
ソフトバンク光のルーターの設定方法を確認してみましょう。

光BBユニットのレンタルをしていると設定はわかりやすい

最初にインターネットへの接続をする時には、インターネット回線とパソコンなどを
接続する必要があります。

ちょっと詳しく説明すると、光回線終端装置のONUとルーターにパソコン本体をつないで
インターネットへの接続が出来るようになります。

まあパソコンや機械関係に詳しくない人だとこの機材接続にとても不安がある
という方も多いと思います。

でもソフトバンク光では色々な機能が搭載されている光BBユニットという機材を
レンタルすることができます。

こちらにはWi-Fiルーターの機能もあるので市販のルーターを購入する必要もなく
接続方法もソフトバンク光で詳しく説明してくれます。

動画などで詳しく接続の仕方を見る事ができるので、あまりこだわりがなければ
光BBユニットをレンタルすることもおすすめです。

市販のWi-Fiルーターをソフトバンク光で使うことも出来る

ではソフトバンク光では光BBユニット以外のWi-Fiルーターを使う事が出来ないのか
というとそうではありません。

ちゃんと市販のWi-Fiルーターも接続することができます。
接続や設定も自分で行う必要がありますが。

それとWi-Fiルーターを動かすための基本プログラムの更新、ファームウェアの更新も
自分で行う必要があるのでちょっと注意が必要です。

ソフトバンク光では特典の適応条件に光BBユニットレンタルが多い

1つ気になるのはソフトバンク光では様々なキャンペーンが展開されていますが
そのキャンペーン適応条件に光BBユニットのレンタルがあることです。

例えばソフトバンクのスマホとソフトバンク光の契約者が同じ場合、おうち割
というソフトバンクスマホの割引が適応されます。

でも適応条件の中には光BBユニットのレンタルという条件があります。
つまりスマホの月額料金を割引するために有料オプション加入が必要です。

まあ条件適応のためのオプションが全て含まれたセットが月額500円で
利用することも出来るのですが。

何かと安くなる条件に光BBユニットのレンタルというのが含まれているので
ソフトバンク光のユーザーでは光BBユニットを使っているという人も多いのでは。

光BBユニットを使ったソフトバンク光の接続方法

ではソフトバンク光では利用者も多いと思われる光BBユニットを使ったインターネット
接続方法を確認してみましょう。

まずはWi-Fi機能を使わずに有線接続をする場合の設定などを確認します。
というか光BBユニットの場合は基本的に設定をする必要がありません。

レンタルをするユーザーの情報が入力された状態で端末の貸し出しが行われるので
基本的には接続するだけでインターネットを使う事が出来るようになります。

ひかり電話などを使っていない場合

ひかり電話を使っていないならNTTからレンタルしているONUと光BBユニットを
LANケーブルで接続するだけです。

集合住宅などで室内工事がなかった場合は光コンセントからONUまでの接続も
自分で行う必要があります。

光コンセントとONUを接続するのは光ファイバーケーブル、ONUと光BBユニットを
接続するのはLANケーブルです。

差込口の形が違うので間違うことはないと思いますが。
光ファイバーケーブルの差込口は本体カバーを開ける必要があるので注意しましょう。

光BBユニットとONUを接続するための差込口には「インターネット回線」と
書かれている差込口を使います。

パソコンと接続するのはその下にある「パソコン1~4」という差込口です。
どちらもLANケーブルを使います。

接続が終わったらパソコンでインターネットへの接続をしてみましょう。
無事につながれば接続完了です。

ひかり電話を使っている場合は機材が変わる

NTTのひかり電話サービスを使っている場合、NTTからレンタルしている機材が
通常のONUではなくホームゲートウェイ、HGWという機材になっています。

こちらは光回線を使った電話のサービスを利用するために使われる機材で
ソフトバンク光にしたときにも通話サービスを使えば同じ機材がレンタルされます。

ONUとHGWの違いは電話機を接続できるか、というところになります。
HGWでは電話機をつなぐための「電話1~2」という差込口があります。

それと光BBユニットとつなぐための差込口がONUのインターネット回線という
差込口ではなく「LAN1~4」というところに変わります。

パソコンとの接続は先ほどと同じ、光BBユニットの「パソコン」と書かれている
差込口です。

ただしこれはすでに電話サービスが開通している時の接続で、電話サービスが
開通するまではちょっと違う接続方法をしなければいけません。

電話が開通するまではUNIの差込口を使う

電話が開通するまでは普段カバーを掛けている「UNI」という差込口と
光BBユニットをLANケーブルで接続します。

ただしこのUNIには最初からケーブルがあります。
HGW内部から接続されているケーブルがあるのです。

それを一度抜いてからLANケーブルを光BBユニットと接続します。
電話が開通するまではUNIがインターネットという差込口のようなものになります。

そして電話が開通したら元通り、最初に差し込まれていたケーブルをUNIにさして
光BBユニットはLANの差込口につなぎます。

ひかり電話からソフトバンク光の光電話(N)への乗り換えをする場合には
このような手順が必要になるので注意しましょう。

接続方法はらくらく配線ツールで説明してくれる

初心者にはこれらの配線や接続は難しいと思いますが、簡単にわかるように
ソフトバンク光の公式サイトでは動画などで説明してくれます。

またスマホでも見られるようにQRコードがあるので、そちらを使えばわかりやすく
配線や接続設定をすることが出来ます。

それが「らくらく配線ツール」というもので、動画だけではなく、配線図で確認を
行うことも出来るようになっています。

レンタル器材による差込口の違いにも対応できるように、最初に機材を選んで
説明してくれるので間違いは少ないかと。

レンタル器材の型番の確認方法なども説明しているので、事前に確認をしておくと
配線時にはわかりやすいかと思います。

光BBユニットを使わない、ソフトバンク光の接続方法

光BBユニットをレンタルしない場合のソフトバンク光への接続方法も
確認してみることにします。

こちらの場合は基本的にONUなどから直接パソコンに接続することも出来るので
デスクトップタイプのパソコンを使っているならこの方法という方も多いかと。

ただ光BBユニットはソフトバンクのスマホの割引適応条件でもあるので
これをレンタルしていないという場合、なぜソフトバンク光を選んだのかわかりませんが。

まあ光回線の接続方法を確かめてみましょう。

ONUのUNIとパソコンのLANポートをLANケーブルでつなぐ

光BBユニットやWi-Fiルーターを使わない接続方法は単純にONUとパソコンを
そのまま接続するだけです。

場合によってはONUに光ファイバーケーブルの接続も必要になりますが、基本的に
ONU設置のときに回線業者がケーブル接続もしてくれると思います。

後はONUの「UNI」と書かれている差込口にLANケーブルを接続します。
そのLANケーブルをパソコンのLANコネクタにつなげば配線は完了です。

配線だけなら何も迷うことはない、と思います。

Wi-FiルーターはONUとパソコンの間につなぐ

市販のWi-Fiルーターを使いたい場合、ONUとパソコンの間に接続する事になります。
接続ケーブルはLANケーブルを使うことになります。

ONUの配線までは一緒で、ONUとWi-Fiルーターをまずつなぎます。
ONUのUNI差込口とWi-FiルーターのWANと書かれている差込口をつなぎます。

そしてパソコンとWi-FiルーターはやはりLANケーブルで、ルーターの「LAN」と
書かれている差込口とパソコンのLANコネクタをつなぎます。

このときにWi-Fiルーターは「ブリッジモード」などの回線終端機能が無いモードを
選んで使うようにしましょう。

光BBユニットを使わない場合はユーザー認証設定が必要

配線自体は簡単なのですが、光BBユニットを使わない接続の場合はインターネットの
認証設定が必要になります。

NTTからのレンタル器材がONUの場合はパソコンで。
その他の場合はHGWやWi-Fiルーターにユーザー認証設定をします。

ユーザー認証設定とは簡単に言えばインターネットへの接続許可をどこが出しているか
それを確認するための設定です。

ソフトバンク光の場合、プロバイダがYahoo! BBなのでこちらのユーザーであることを
証明する設定をしてインターネットへの接続をします。

まあ設定と言ってもユーザーIDとパスワードを入力しておくだけですが。
パソコンの場合はインターネットへの接続、という設定を本体に保存します。

HGWとWi-Fiルーターではそれぞれ本体に接続設定を保存できます。
こちらの場合はパソコンなどで設定画面に入ってからの入力になります。

ユーザーIDとパスワードはソフトバンク光に加入したときに書類を受け取っている
と思いますがそちらに記載があります。

S-IDとパスワードがユーザーIDとパスワードになります。
これをPPPoE接続の設定に入力すればインターネットへの接続ができるはずです。

この辺りの入力方法もソフトバンク光の公式サイトやらくらく配線ツールで
確認ができるのでわからない人はこちらを利用しましょう。

光BBユニットの設定変更も出来る

光BBユニットは最初からユーザーIDなどが入力されている状態でレンタルされます。
でも市販のWi-Fiルーターのように設定を変更することも出来ます。

設定画面はやはりこちらも市販のWi-Fiルーターと同じでパソコンのWEBブラウザに
設定画面用のアドレスを入力することで入ることが出来ます。

基本的にはファームウェアのアップデートなども光BBユニットの場合は自動で
行われるのでユーザーがすることは無いのですが。

光BBユニットの設定画面から出来ることを確認してみましょう。

光BBユニットのセットアップメニューにアクセスをする

各種設定の変更をするのはセットアップメニューという画面です。
こちらにはWEBブラウザに「http://172.16.255.254/」とアドレスバーに入力します。

ちなみにこの時、光BBユニットとパソコンは有線接続していることをおすすめします。
無線LANでつないでいると接続ができない場合もあるので有線接続をおすすめします。

設定画面に入るためにはユーザーIDとパスワードが必要です。
初期設定ではどちらもuserで設定されています。

セットアップ画面では色々な設定変更が出来ますが、多分使うのは無線LANでの接続と
無線LANのセキュリティ強化くらいだと思います。

こちらのセットアップ画面から無線LANを使った端末の接続設定が簡単に出来るので
無線LANに詳しくない、という方も安心してスマホなどをつなげると思います。

光BBユニットの型番でメニュー画面が違う

現在ソフトバンク光に申し込みをして光BBユニットをレンタルした場合は
E-WMTA2.3という型番の光BBユニットがレンタルされます。

これ以外にも2.2と2.1という型番の光BBユニットがあるので、レンタル契約をした
時期によって光BBユニット自体がちょっと変わります。

端末本体が変わるので当然ですがセットアップメニューも変わります。
ソフトバンク光のサポートを使う時には本体型番も確認しておくようにしましょう。

光BBユニットと市販のWi-Fiルーターはどちらの性能がいいのか

ソフトバンク光でレンタルできる光BBユニットはWi-Fiルーターの機能もあるので
スマホなどの端末をソフトバンク光の回線でインターネットに接続できます。

レンタル料金はかかりますが、市販のWi-Fiルーターを購入する金額と比べると
確かに安く感じるのですが・・・

長期間使う場合は月額料金が思った以上に負担を感じるようになります。
それにWi-Fiルーターのように新製品に買い替えができるわけでもありませんし。

それと一番気になるのは光BBユニットのWi-Fiルーターとしての性能です。
市販のWi-Fiルーターとどちらがいいのでしょうか。

有線接続の場合、性能の違いを感じることはない

デスクトップPCなどを有線接続でインターネットに接続している時には
市販のWi-Fiルーターとの性能の違いを感じることは無いようです。

初期の接続設定がない分だけ初心者にも使いやすいという評判もあります。
LANケーブルを使っての有線接続の場合は問題なく使えるようです。

実際に使っているユーザーの口コミ情報を見ても、本体が大きいのでそこに不満が
あるという人以外は有線接続に関しては問題ないようです。

Wi-Fiの性能が市販のルーターよりも悪い

ユーザーの口コミで気になったのはWi-Fiルーターとして使っている時にはWi-Fiの
性能が悪く通信速度が遅くなる、という意見が多いことです。

光BBユニットの性能を確認してみると、最新のIEEE802.11acにも対応しているので
問題はないように思うのですが・・・

電波の強さに問題があるのか、市販のWi-Fiルーターに比べるとスマホなどで
接続した場合の通信速度に違いが出ることが多いようです。

特に光BBユニットはひかり電話を使っている場合、HGWの近くに設置する必要があり
パソコンやスマホを使う部屋と距離ができてしまうということもあります。

この状態で電波が弱いというのはやはり使いにくいと感じてしまう人が多いのも
うなずけることだと思います。

市販のWi-Fiルーターを使うなら光BBユニットとパソコンの間に設置

一応光BBユニットを使っている状況でも市販のWi-Fiルーターを接続することは
十分に可能です。

接続するのは現在光BBユニットとパソコンをつないでいると思いますが
その間にWi-Fiルーターを接続することになります。

またはパソコンとは別のLANポートに市販のWi-Fiルーターを接続して使う
という方法もあります。

まあ光BBユニットをレンタルして、接続せずに市販のWi-Fiルーターを使う
という方法が一番わかりやすいのですが。

ひかり電話などのサービスを使っておらず、スマホの割引のためだけに光BBユニットを
レンタルしているなら代わりに市販のWi-Fiルーターを使うのもおすすめです。

パソコンの配線が苦手なら光BBユニットレンタルはおすすめ

インターネット回線をWi-Fiルーター接続で使う場合、配線やそれぞれの接続設定が
とても大変です。

パソコンなどに詳しい人なら問題ないのですが、AV機器の配線も苦手という方には
インターネット回線の配線はとても難しく感じると思います。

それなら市販のWi-Fiルーターではなく、プロバイダなどからレンタルできるルーターを
利用してしまうのもおすすめです。

特にソフトバンク光はキャンペーン特典など適応するために光BBユニットのレンタルは
必要になることが多いです。

光BBユニットなら接続設定などは必要ありませんし、ソフトバンク光のサポートでも
対応してもらえます。

Wi-Fiルーターの性能をあまり気にしないならソフトバンク光で光BBユニットを
レンタルするのもおすすめです。

 






 
 
 

-ソフトバンク光

Copyright© 光回線の教えて君 , 2019 All Rights Reserved.