ソフトバンク光

ソフトバンク光とドコモ光はどっちがおすすめ?

投稿日:

携帯電話の大手キャリアが固定回線サービスを取り扱うことが多くなっています。
現在も大手キャリア3社が全てサービスの提供をしています。

その中でもauひかりはちょっとサービス内容が違うのですが、ソフトバンク光と
ドコモ光は同じ光コラボというサービスです。

この2つのサービスはどっちがおすすめできるのか。
詳しくサービス内容を確認して比較してみることにしました。

携帯のキャリアで選ぶのがおすすめ

ソフトバンク光とドコモ光を比べてみると、大きなサービスの違いは携帯キャリアの
割引が違うくらいです。

光回線を使ったインターネット接続サービスとしての内容に違いがなく、特典として
スマホの割引が出来るキャリアが大きな違いとなっています。

つまり自分の持っている携帯キャリアに合わせて光コラボもソフトバンク光と
ドコモ光を選んで契約することがおすすめです。

まあ携帯キャリアも最近ではかなり簡単に乗り換えができるので、光コラボに
合わせたキャリアの乗り換えという方法もありますが。

そこでそれぞれの光コラボのサービス内容等を確認してみましょう。

使っているのはどちらもフレッツ光回線

ソフトバンク光とドコモ光はどちらも光コラボ、ということは先ほど説明したとおりで
この光コラボというのはフレッツ光回線を使ったサービスになります。

NTTのフレッツ光を光回線として使っているプロバイダ一体型の料金体系サービスを
光コラボといいます。

つまりソフトバンク光とドコモ光はどちらも同じ光回線を使っているということで
回線の性能としてはどちらも変わらないのです。

インターネットの通信速度なので、利用する状況や環境の違いで通信速度が変わる
ということはあるのですが・・・

どちらのサービスも基本的には通信速度や安定性には変わりのないサービス
ということになります。

月額料金や提供するオプション、プロバイダなどが違っている

ではソフトバンク光とドコモ光では何が違うのか。
基本以外のサービスがそれぞれ特徴的なものになっています。

先ほど説明したスマホの月額料金割引サービスやその他のキャンペーン特典も違います。
大きなものでは契約するプロバイダも変わってきます。

それに選べるオプションにも違いが出るようです。
これらを確認して、それぞれの光コラボを比較してみましょう。

比較してみれば自分にとってどっちの光コラボがお得になるのか、それがよくわかる
と思います。

ソフトバンク光の特徴について確認

まずはソフトバンク光について詳しく確認してみることにしましょう。
こちらは名前の通りソフトバンクが提供する光コラボのサービスとなっています。

一番の魅力はやはりソフトバンクのスマホの月額料金割引が適応できるところかと。
最大1,000円の月額料金割引が適応されます。

ただしこのスマホの月額料金割引というキャンペーン、実はソフトバンク光だけではなく
他の固定回線サービスでも利用することが出来ます。

ソフトバンク光だけのサービス、というか特徴的な割引ではないのでこだわりがなければ
ソフトバンク光以外のサービスを考えてもいいのかもしれません。

プロバイダはYahoo! BB限定

光コラボはプロバイダ一体型の料金体系なので基本的に光コラボを選ぶことで
プロバイダも決まることになります。

ソフトバンク光の場合は選べるプロバイダがYahoo! BBのみなので自動的に
Yahoo! BBに決まります。

まあ光コラボで複数のプロバイダから選べる、というところのほうが珍しいので
一つに決まるということは普通だと思います。

注意点としてはフレッツ光から乗り換える場合にはプロバイダの変更が必要になる
ということも多いのでプロバイダのサービスが使えなくなる可能性は高いです。

例えばプロバイダからもらったメールアドレスが使えなくなるなど。
重要な連絡にプロバイダのメールを使っている場合は注意しましょう。

月額料金は平均的

ソフトバンク光は戸建てプランとマンションプランで月額料金が違います。
ただ料金自体は普通の光コラボの料金とあまり変わらないという印象です。

契約プランによって多少金額が変わりますが、大きくは建物の状況と
契約年数によって月額料金が変わります。

一戸建ての場合は5年契約と2年契約ができます。
5年契約にすると解約タイミングが長くなりますが、割引も大きくなります。

5年契約なら月額4,700円ですが、契約にはTVプランのオプション加入が条件です。
2年契約なら月額5,200円になります。

ちなみに自動更新なしのいつ解約しても違約金がかからないプランは月額6,300円で
かなり高くなるという印象です。

集合住宅の場合は2年契約プランのみで、月額3,800円です。
こちらも自動更新なしプランがあり、月額4,900円になります。

IPv6方式の通信オプションは有料オプション加入が条件

次世代通信規格のIPv6方式の通信サービスもソフトバンク光では提供があります。
まあプロバイダのYahoo! BBが提供しているということなのですが。

簡単に説明すると、次世代通信規格を使うことでプロバイダの混雑を回避できるので
どんな状況でも通信速度が安定するという期待ができるサービスです。

実際に口コミを調べてみると、集合住宅でも下り80Mbpsくらいが平均ででている
という評判を多く見る事が出来ました。

状況によっては下り400Mbpsを超える通信速度が出ることもあるようです。
かなり快適になるのですがソフトバンク光の場合は加入するために条件があります。

加入条件は光BBユニットのレンタルをすること。
月額500円の機材をレンタルしなければIPv6方式の通信サービスが使えません。

まあひかり電話など別のオプションを使う場合、光BBユニットは必ず使うので
人によっては特別な負担にはならないということでしょうか。

ソフトバンク光の工事費用は高い

新規で光コラボに申し込む時には、その光コラボの工事費用が適応されます。
そしてソフトバンク光の光回線工事費用はちょっと高めだと思います。

電柱からの光ファイバーケーブル引き込みを含める、屋外と室内の工事をする場合
ソフトバンク光では24,000円かかります。

これは一戸建てと集合住宅のどちらでも同じ金額です。
そして既存の回線を利用して設置する場合でも派遣工事になれば9,600円かかります。

派遣工事がなく切り替えだけでソフトバンク光が開通する場合は2,000円です。
無派遣工事以外の工事費用はちょっと高いと思いました。

おうち割の適応には有料オプションの加入が必要

ソフトバンク光の最大の魅力は、ソフトバンクのスマホの月額料金が割引される
おうち割というサービスが使えることです。

契約しているスマホのデータ定額パックで割引金額が変わりますが、最大で1,000円
というかなり大きな割引ができるという魅力があります。

ただしこのおうち割は適応させるために有料オプションの加入が必要です。
それが光BBユニットレンタル、Wi-Fiマルチパックと電話サービスです。

ソフトバンク光ではIP電話サービスにホワイト光電話と光電話(N)という2種類の
サービスがありますが、どちらでも問題なく割引が適応されます。

ただしこれらのオプションには月額500円がかかるので、実質の割引金額が少なくなる
という印象があります。

まあIPv6方式の通信をするためにも光BBユニットのレンタルが必要なので、割り切って
これを選んでしまえばいいと思いますが。

ちなみに割引の対象オプションはセットにして月額500円で契約することもできます。
ただし月額料金がかかることに違いがないのですが。

ソフトバンク光は特別お得ではないが、普通に使える印象

光回線はフレッツ光なので通信の安定性は大きな問題はなし。
プロバイダがYahoo! BBなのでこれは好みが分かれると思います。

ただ提供しているサービスは充実しているし、IPv6通信サービスもあります。
基本的には色々なサービスを選べるので問題がないと思います。

月額料金に関しては戸建てプランがちょっと高いかな、と思いますが後は普通で
安いとは思いませんがこちらも問題はないかと。

特定サービスを利用するために有料オプション加入が必要というのはちょっと
引っかかるところはありますが・・・

トータルの印象としては普通に使える光コラボ、という印象でした。

ドコモ光の特徴について確認

続いてドコモ光についてもその特徴を確認してみましょう。
こちらも名前のとおりに大手キャリアのドコモが提供する光コラボです。

サービス開始はソフトバンク光よりも遅いのですが、その理由は多すぎるドコモの
携帯ユーザーがドコモ光に集中しないためだとか・・・

まあそれでも多くのユーザーがドコモ光への乗り換えを希望したために
サービス開始当初はかなり混乱があったようです。

そんな人気のあるドコモ光の特徴を確認してみましょう。

プロバイダが20社以上から選べる

ドコモ光が大きく他の光コラボと違うところは、選べるプロバイダが複数で
しかも20社以上から選ぶことが出来るというところです。

ソフトバンク光ではプロバイダはYahoo! BBのみですが、ドコモ光の場合には
大手プロバイダから選んで契約することができます。

現在選べるプロバイダは次のとおりです。

タイプA
・ ドコモ.net
・ plala
・ GMOとくとくBB
・ @nifty
・ DTI
・ BIGLOBE
・ andline
・ Tigers-net.com
・ エディオンネット
・ excite
・ hi-ho
・ SIS
・ ic-net
・ SYNAPSE
・ 楽天ブロードバンド
・ @ネスク
・ TiKiTiKi
・ 01光コアラ

タイプB
・ OCN
・ @TCOM
・ TNC
・ AsahiNet
・ WAKWAK
・ @ちゃんぷるネット

2019年9月現在では以上の24社から選ぶことが出来ます。
そしてタイプAとタイプBに分かれているのにも意味があります。

タイプAとタイプBで月額料金が違う

ドコモ光の月額料金は選んだプロバイダによって変わります。
当然建物のタイプでも金額が違うのですが。

つまり建物のタイプとプロバイダのタイプの組み合わせで月額料金が決まる。
という珍しい光コラボとなっています。

一戸建ての場合、タイプAのプロバイダなら月額料金が5,200円ですが
タイプBのプロバイダを選ぶと月額5,400円になります。

そして集合住宅の場合はタイプAのプロバイダなら月額4,000円ですが
タイプBの場合は月額4,200円になります。

つまりタイプBの場合はどちらの住宅タイプの場合も月額料金がタイプAより
200円高くなるということです。

プロバイダによる基本的なサービスの違いはない

月額料金が変わるから、光コラボのサービス内容が違うというわけではありません。
基本的なサービス内容はどちらもタイプのプロバイダも同じです。

月額料金が200円高いタイプBのほうが通信速度が速いということはありません。
基本的なサービスに違いはないのです。

プロバイダ独自のサービスは、元々プロバイダによって変わるのでここは比較できない
という状況ですが。

ではなぜ月額料金が違うのか。
これはドコモとプロバイダの話し合いで決まるそうです。

まあ噂ではプロバイダが提供している光コラボとの兼ね合いがある、と言われています。
ドコモ光より自社の光コラボを選んでほしいなら・・・というところでしょうか。

まあどちらも基本的なサービスに違いがないので、余程こだわりがない限りタイプAの
安くなるプロバイダを選ぶほうがおすすめです。

回線工事費用はNTTと同じ

回線工事費用はドコモ光の場合、NTTのフレッツ光の工事費用と同じです。
まあ元々同じ系列の会社ですから同じ料金なのは当然だと思いますが。

電柱からの引き込みを含めた室内工事ありの場合、18,000円です。
ただし集合住宅の場合は15,000円になります。

既存の回線を使って派遣工事になる場合は7,600円です。
無派遣工事になると2,000円の切り替え工事ということになります。

これはドコモ光ならどのプロバイダを選んでも変わりません。
回線設置工事はドコモ光として申し込みをするのでプロバイダは関係ないのです。

IPv6方式の通信サービスの対応はプロバイダによって変わる

プロバイダによって対応が変わるのはIPv6方式の通信サービスです。
こちらはプロバイダによってサービス内容にも違いがでてきます。

以前はIPv6方式の通信に対応していないプロバイダも多くありました。
最近では全てのプロバイダが対応しているのですが・・・

プロバイダによっては現在の通信方法との互換性がないIPv6 IPoE方式の通信を
行っているところもあります。

こちらの方式では対応しているサイト以外の通信速度の向上が期待できません。
つまり一部のサイト以外では通信速度が落ちる可能性も高いのです。

それにIPv6 IPoE+IPv4 over IPv6方式の通信サービスを提供しているプロバイダでも
その対応にはそれぞれ違いがあります。

ルーターのレンタルが必須のところ、申し込みだけで有料オプションなど必要ないけど
対応Wi-Fiルーターを自分で用意する必要があるところなど様々です。

ドコモ光でIPv6方式の通信サービスを使うならプロバイダ選びがとても重要になる
と感じました。

ドコモ光セット割の適応条件がない

ドコモ光でもドコモのスマホユーザーが契約した場合の割引があります。
それがドコモ光セット割というサービスです。

ドコモユーザーがドコモ光の契約をしたときに、その家族グループを含めてスマホの
月額料金割引が適応されるのはソフトバンク光と同じです。

でもドコモ光セット割の場合は適応させるのに条件がありません。
有料オプションなどの加入が必要ないので純粋に割引金額が適応できます。

現状はデータ定額パックのどちらのプランでも最大1,000円の割引適応ですが
以前のデータ定額パックでも適応されます。

シェアパックなど大容量のデータ定額パックを契約している場合、最大3,500円の
月額料金割引が適応できるという魅力があります。

月額料金は高めだけどセット割の魅力は高い

ドコモ光の場合、他の光コラボに比べると月額料金がちょっと高いです。
集合住宅ではソフトバンク光よりも最大400円も高くなります。

まあプロバイダの選び方で月額料金が変わるので、やはりおすすめは月額料金が
ちょっと安いタイプAのプロバイダということになりますが。

そしてドコモのスマホとのセット割が条件無しで適応されるという魅力もあります。
家族もドコモユーザーならこの条件なしというのはとても大きな割引になります。

ドコモユーザーなら確かに乗り換えたくなる魅力は大きいと思います。

光コラボ同士の乗り換えは事業者変更でとても手軽にできる

現在他の光コラボを契約している人がソフトバンク光やドコモ光への乗り換えを
考えているなら事業者変更という手続きがおすすめです。

以前は光コラボ同士の乗り換えにはかなり面倒な手続きと手間がかかりました。
でも今では事業者変更を使ってとても手軽にできるようになりました。

簡単に説明すれば「フレッツ光からの転用を光コラボ同士で出来るようになった」
というところでしょうか。

転用とほとんど同じで続きで、回線工事なども必要なく機材の交換もなしに
光コラボを乗り換えることが出来るのです。

2019年7月1日から始まった制度なのですが、これを上手に使えばさらに
光コラボが使いやすくなると思います。

スマホのキャリアに合わせて光コラボを選ぶのがおすすめ

この事業者変更を使えばソフトバンク光からドコモ光への乗り換え、または
その逆の乗り換えも簡単に出来るようになります。

つまりソフトバンク光やドコモ光の最大の魅力、スマホの月額料金割引という
特典を利用するために固定回線自体の乗り換えもおすすめしやすくなりました。

例えばソフトバンクの端末を使っていたからソフトバンク光に加入したとして
スマホをドコモに乗り換えたら、ソフトバンク光のメリットはなくなります。

でもここでソフトバンク光からドコモ光に乗り換えれば同じようにスマホの割引を
利用することが出来るようになります。

スマホの乗り換えに合わせて固定回線である光コラボも乗り換えが簡単に出来るので
やはりスマホのキャリアの割引に合わせた光コラボを選ぶのがおすすめです。

 






 
 
 

-ソフトバンク光

Copyright© 光回線の教えて君 , 2019 All Rights Reserved.