ソフトバンク光

ソフトバンク光とNURO光はどっちがおすすめ出来る?

投稿日:

新しい光回線サービスとして注目されているのがNURO光です。
こちらは世界最速と言われる通信速度の光回線サービスとなっています。

色々な特徴があるのですが、中でもソフトバンクのスマホの月額料金割引が使える
という魅力もあります。

でもソフトバンクのスマホの割引といえば、ソフトバンク光というサービスもあります。
これらのサービスはどっちがおすすめなのでしょうか?

対応地域ならソフトバンク光、通信速度ならNURO光

ソフトバンク光とNURO光のどっちがおすすめしやすいのか。
はっきり言ってしまえば、どこに注目をするかによっておすすめが変わります。

そもそもNURO光は今はまだ対応地域がとても狭いです。
契約したいと思っても対応地域に入っていない、という人も多いのです。

つまりソフトバンクのスマホの割引を使える光回線サービス、という意味で選ぶなら
対応地域を重視するならソフトバンク光という選択肢になります。

ただどちらも選べる地域なら、通信速度を考えるとNURO光の方がおすすめは
しやすいと思います。

どちらもソフトバンクのおうち割が使える

先ほど少し説明しましたが、ソフトバンクが提供するキャンペーンの「おうち割」が
どちらの回線サービスでも使う事が出来ます。

おうち割とはソフトバンクの端末契約ユーザーが、対応の固定回線も契約する場合に
家族グループを含めたユーザーのデータ定額パックの月額料金を割引するサービスです。

このおうち割の対象回線サービスにソフトバンク光とNURO光が入っています。
つまりソフトバンクユーザーが契約することで割引が受けられるのです。

ソフトバンクのおうち割を適応させるために、光回線サービスを選ぶという方も
多くいるので選択肢としてはどちらもおすすめできるのです。

おうち割の適応条件はちょっと違う

ソフトバンク光とNURO光はどちらもソフトバンクのおうち割を適応できます。
ただしその適応条件がちょっと違っています。

ソフトバンク光の場合、おうち割の適応条件は光BBユニットのレンタルと
Wi-Fiマルチパック、電話サービスの加入が条件です。

これらをセットにして月額500円での提供があるので、それを契約することが
一番簡単です。

NURO光の場合はNURO光でんわというサービスへの加入で、こちらは
東日本地域が月額500円で西日本地域が月額300円のサービスです。

ただしNURO光でんわを使うためには回線工事が別に必要で、回線工事費も
5,000円位かかります。

割引適応のためにNURO光のほうはちょっと初期費用がかかるという感じです。

ソフトバンク光のサービス内容を確認

ではどっちの回線サービスがいいのか、それぞれのサービス内容を改めて
確認してみることにしましょう。

まずはソフトバンク光のサービス内容を確認してみます。
こちらは特徴的なことがあまりないのが特徴という印象ですが・・・

現状でも多くのユーザーが加入している回線サービスのソフトバンク光の
サービス内容をきちんと確認してみましょう。

NTTのフレッツ光回線を使った光コラボの回線サービス

ソフトバンク光は光コラボと言われる回線サービスの1つです。
光コラボとはNTTのフレッツ光回線を使ったインターネット接続回線サービスです。

使っている回線はNTTのフレッツ光なので、光コラボのサービスでは全て同じ回線の
同じ通信速度のサービスということになります。

当然ソフトバンク光も使っているのはフレッツ光回線なので、通信速度はフレッツ光の
最高速度とおなじになります。

まあ契約しているサービスによっても回線速度は違うのですが、下り最速1Gbpsが
フレッツ光、つまりソフトバンク光の最高速度になります。

対応地域は全国の広い地域

使っている回線がフレッツ光なので、対応地域もフレッツ光と同じです。
つまり全国のかなり広い地域で利用できることになります。

まあこれもソフトバンク光だけではなく、光コラボ全てに言えることですが。
現状は全国でもかなり広い地域で契約可能となっています。

実際に地方都市でもソフトバンク光の申込受付は出来ますし、余程の地域でなければ
契約や回線工事は出来ます。

広い地域で対応しているというのが大きなメリットになります。

月額料金は光コラボでは平均的

ソフトバンク光は一戸建てと集合住宅で月額料金が変わります。
一戸建てのプランは他の光コラボよりもちょっと高いという印象です。

戸建てプランが月額5,200円でマンションプランは月額3,800円です。
集合住宅ではちょっと安いという印象の月額料金でした。

2つのプランの月額料金を平均してみると、光コラボとしての金額では平均的
と言えると思います。

ただし戸建てプランの場合は5年契約が出来て、こちらではさらに月額料金が
安くなっています。

5年契約の場合は月額4,700円になるのでかなり安いという印象です。
ただし契約期間が5年間なので解約のタイミングが難しくなるというデメリットも。

ちなみに普通は2年の自動更新という契約になっています。
自動更新なしのプランもありますが、こちらは月額料金が高いのでおすすめしません。

回線設置工事費は24,000円

ソフトバンク光に新規加入申し込みをした場合、自宅に光回線を引き込むための
回線設置工事が必要になります。

集合住宅の場合は完全に新規設置工事、ということは少ないのですが・・・
新規設置工事が必要な場合は一戸建てと同じ金額が必要になります。

一戸建ての場合は電柱からの引き込み工事と室内の設備設置工事が必要です。
この工事費用が24,000円かかります。

集合住宅で電柱からの引き込み工事がなく、室内設置工事が必要で派遣工事に
なった場合は9,600円、派遣工事もなければ2,000円の工事費用になります。

ちなみにフレッツ光で新規設置工事をする場合、電柱からの引き込み工事をしても
回線設置工事費用は18,000円です。

回線設置工事費用に関してはソフトバンク光の場合、ちょっと高いと思います。

回線工事費無料のキャンペーンは乗り換えのみ

回線設置工事費用が24,000円と高めなソフトバンク光ですが、一応工事費用の
キャッシュバック特典を使う事が出来ます。

キャッシュバックで工事費用を全額負担できるというキャンペーンですが
適応条件は回線サービスの乗り換えが必要です。

ソフトバンクのADSLからの乗り換え、または他社の回線サービスからの乗り換え
という条件があります。

つまりキャンペーンを適応させるためには、どちらかからの乗り換えが必要で
普通に新規加入をしてもキャンペーンが適応されません。

ただし回線工事の必要ない、転用と事業者変更の場合は当然ですが回線工事費用も
必要ありません。

新規加入でキャンペーンが使えないのはちょっと残念です。

全国の広い地域で使えるのがソフトバンク光の魅力

使っている回線がNTTのフレッツ光なので、全国のかなり広い地域で使えるというのが
ソフトバンク光の大きな魅力だと思います。

最近ではインターネット接続回線もライフラインの1つと言われるほど普及していて
そのサービスも生活に必要とされることも多くなりました。

実際に電話やテレビに光回線を使っているという人も多くいると思います。
生活に欠かすことができないもの、というのは間違ってはいない感じです。

そんなインターネット回線がどこの地域でも使えるというのは、やはりとても
大きな魅力だと感じられます。

地域をあまり気にせずに申し込みができるということがソフトバンク光の
大きな魅力になっていると思います。

NURO光のサービス内容を確認

次にNURO光のサービス内容についても確認してみましょう。
こちらは今までの光回線サービスとはちょっと違っているようです。

まあ使っているのは光ファイバーケーブルを使った回線、というのは同じです。
ただサービス体系というか、色々と変わっているところがあります。

そもそもですがNURO光は光コラボではありません。
ソフトバンク光のようにフレッツ光回線を使ったサービスではないのです。

独自のインターネット接続サービスをしているNURO光について
詳しく見てみることにします。

プロバイダはSo-netのみ対応

フレッツ光では自由にプロバイダを選んで契約することができます。
光コラボの場合でも複数からプロバイダを選べるところがあります。

でもNURO光に申し込みをすると自動的にプロバイダがSo-netに決まります。
他のプロバイダはNURO光に対応していないのです。

同じように独自回線を使ったインターネット接続サービスのauひかりでは
複数のプロバイダに対応しています。

まあそれでもauひかりで選べるプロバイダはそれほど多くはないのですが。
ちなみにソフトバンク光も対応プロバイダはYahoo! BBだけです。

光コラボではないNURO光ですが、プロバイダに関しては光コラボと同じように
申し込みで自動的に決まる事になります。

ダークファイバーを使ったインターネット接続回線サービス

先ほど説明したとおり、NURO光はフレッツ光を使っていない光回線です。
使っているのはダークファイバーと言われる光回線です。

ダークファイバーとは元々はNTTがメンテナンスや予備回線として設置した
光回線で通常使われていない回線でした。

通信法が変わり、この使っていない光ファイバーケーブルを他社が使える事になり
そこでサービスを提供し始めたのがNURO光というわけです。

まあダークファイバー回線はauひかりでも一部使われているのですが。
当然ダークファイバー回線以外にも独自の光回線を設置してあります。

フレッツ光で使われている光回線とは違う回線を使ってインターネット接続の
サービスを提供しているのがNURO光です。

対応しているのはかなり限定された一部地域

NURO光は光コラボとは違ってフレッツ光の通信網を使っていません。
そのために対応している地域がかなり狭くなっています。

対応地域の拡大は現在も行われているようですが、現状NURO光の申し込みが
出来るのはかなり狭い一部地域だけとなります。

・ 関東地方 東京、神奈川、千葉、埼玉、茨城、栃木、群馬
・ 東海地方 愛知、静岡、岐阜、三重
・ 関西地方 大阪、兵庫、京都、奈良、滋賀
・ 九州地方 福岡、佐賀

現在はこの18都府県のみ受付が出来るようになっています。
ちなみに九州地方は2019年3月から受付を開始しています。

サービス開始から徐々に提供地域を拡大していますが、現状ではまだフレッツ光には
遠く及ばないという印象です。

月額料金は光コラボよりも安い

月額料金は基本的に戸建住宅と集合住宅で同じ料金になります。
まあ集合住宅の場合、ちょっと特別なプランも提供されていますがそれは後ほど。

通常のNURO光の申し込みでは戸建住宅と集合住宅のどちらでも直接電柱からの
光回線引き込みを行います。

一戸建ての場合は当然ですが、集合住宅でも電柱から直接部屋まで光ケーブルを
引き込んで設置するという工事になります。

そのために月額料金は4,743円です。
戸建住宅と集合住宅のどちらでもこの月額料金で利用することになります。

戸建てプランとして考えるなら光コラボよりも安くなっているのですが・・・
マンションプランとして考えるとちょっと高いと感じます。

ただ集合住宅の場合、新しい契約方法も始まりました。
そちらも確認してみましょう。

NURO光のマンションタイプは導入しているところが少ない

NURO光でもマンションタイプのサービスが開始されています。
ただしこちらはちょっと特殊な料金体系となっています。

まず回線導入のためには同じ建物内に最低4人のサービス利用者が必要です。
そして回線の月額料金の他に設備維持費用がかかります。

NURO光のマンションタイプは月額1,600円という金額なのですがそれに加えて
Hands-up会費という料金がかかります。

このHands-up会費というのが設備維持費用で、契約している人数で会費が変わります。

・ 6人以下 900円
・ 7人 800円
・ 8人 700円
・ 9人 600円
・ 10人以上 300円

つまり10人以上NURO光forマンション似加入している人がいる場合は月額料金が
1,900円というかなり安い金額になります。

ただしNURO光forマンションは現在導入している建物自体がとても少なく
導入していても契約者が3人になると強制的に撤去されてしまいます。

一応4人以下になってから一定期間内に4人以上になれば撤去されずに
使い続けることが出来るのですが・・・

大家や管理会社の許可が必要なことはもちろん、設備導入のための初期投資費用も
全てユーザーが負担することになります。

確かにNURO光が1,900円で使えるというのは魅力的ですが、そのリスクは高く
導入しているところも少ないので利用できる期待は出来ないと思います。

回線設置工事費用は40,000円

基本的にはどんな建物でも直接電柱からの光回線引き込みが必要なので
回線工事費用も必ずかかります。

そしてNURO光の回線工事費用は40,000円とかなり高い金額です。
まあこれには多分理由があるのですが・・・

そもそもNURO光では回線工事を2回行います。
最初に室内、というか光キャビネットと室内のONUの設置工事をします。

光キャビネットとは電柱からの光ファイバーケーブルの接続するところのことで
こちらから接続した回線の信号を室内に送り込むことになります。

光キャビネットから室内までの配線は、エアコンの排気ダクトのような最初から
空いているものを使う事が多いです。

どうしても室内への配線ができない時には壁に直接穴をあけるという工事になる
という可能性もありますが。

基本的にはそんな状況になることは少ないかと。
この室内工事が終わってから電柱からの引き込み工事になります。

室内工事をSo-netが、電柱からの引き込みをNTTが担当しているのでそれぞれ
別の業者が別の日に工事をすることになります。

どちらも立ち会いが必要な工事で、それが2回あるということで工事費用も
若干高くなっているのだと思われます。

キャンペーンで回線設置工事費が実質無料

NURO光では新規加入キャンペーンとして回線工事費の実質無料が利用できます。
工事費の分割支払金額と同じ金額の割引が適応されるのです。

回線工事費用は1,333円の30回払い、つまり30ヶ月の支払いとなっています。
それと同じ金額が新規加入キャンペーンで割引できるのです。

契約して最初の利用月には月額料金が発生しません。
翌月から工事代金も一緒に請求されることになります。

でもキャンペーン特典で工事費用と同じ1,333円が割引されます。
これが31ヶ月目まで続くので実質無料で工事費用の支払いができます。

適応条件も2年の自動更新契約をするだけなので特別な負担はありません。
30ヶ月という期間を忘れなければ実質無料で工事はできます。

対応地域内なら快適なインターネットが出来るNURO光

回線速度は最速下り2Gbpsというかなりの高速通信が出来るのはNURO光の
とても大きな魅力となっています。

実際に最高速度が出せる状況はないのですが、最高速度が高いことで平均速度も
高くなるという状態です。

実際にNURO光を使っているユーザーの口コミを見ても、平均して回線速度は
下り500Mbpsを超えているくらいです。

ただし利用できる地域がかなり限定されてしまっています。
現在も利用地域の拡大は進められていますが、地方都市ではかなり厳しかと。

現状対応している都府県でも一部地域のみというところは多いです。
NURO光を使う上での最大の障害は対応地域、というところでしょうか。

対応地域ならおすすめはNURO光

同じソフトバンクのスマホの割引が使える光回線サービスとしてソフトバンク光と
NURO光のどっちがおすすめか、と言われるととりあえずはNURO光です。

対応地域の問題はありますが、光回線として快適にインターネットが出来るサービス
と考えればおすすめしやすいのはNURO光なのですが・・・

やはり対応している場合のみ、というのがとても大きなデメリットになります。
対応していない場合は使えないので選択肢にもなりません。

以前はNURO光をマンションなどで使う場合、7階以上ではケーブルの設置ができない
と言われていました。

でもその問題は現在解消されていて、7階以上のユーザーも申し込みができます。
またサービスとしてもテレビ配信サービスが開始されました。

以前からあったIP電話サービスと合わせて、他の光回線サービスと遜色ない
充実したサービスも提供されています。

まあ通信速度に関してはソフトバンク光もIPv6高速ハイブリッドという
次世代通信規格のサービスを提供していて、快適に使う事が出来ます。

とりあえずNURO光の対応地域などを調べて、契約できなければソフトバンク光を
選んでも快適にインターネットが出来ると思います。

 






 
 
 

-ソフトバンク光

Copyright© 光回線の教えて君 , 2019 All Rights Reserved.