ソフトバンク光

ソフトバンク光の請求額がおかしいと思ったらどうする?

投稿日:

インターネット関係の契約のトラブルは昔から多くあったと聞きます。
実際に光コラボが始まったときにも多くのトラブルが報告されています。

そんな中でもサービス開始当初に多くの申込者が殺到したソフトバンク光では
その対応にも問題点が多くあったと聞きます。

特に気になるのはソフトバンク光の請求額がおかしい、という苦情です。
ソフトバンク光の支払いに対するトラブルなどを確認してみましょう。

ソフトバンク光の月額料金が高いというトラブルが多かった

ソフトバンク光は月額料金だけを言えば、戸建てプラン5,200円と
マンションプランが3,800円となります。

当然加入時の説明ではこの金額が言われるので、それだけを覚えているという方も
多かったと思います。

でも実際にソフトバンク光を使ってみて、その請求金額を見てみるとこの金額よりも
多く支払っていたということが多かったのです。

確かに聞いていた月額料金と違うのはおかしい、というのもわかるのですが・・・
この請求金額の違いというのは原因がある可能性も考えられます。

ただし、全くトラブルがないとも言えないのですが。
請求金額には色々な原因が考えられるからです。

請求金額が多くなってしまう原因

説明されていた月額料金の他に、支払いの請求をされる原因があるという可能性も。
簡単に言えばなにか違うサービスなどで料金が発生するということです。

特に契約をした最初の月には色々な契約に関するコストが加算されているということも
多くあります。

その説明が不十分で把握できていなかった時には、聞いていた請求額と違うと
感じてしまうことになります。

では実際にどんなものが請求されてくるのか。
改めて確認してみましょう。

回線設置工事費用の分割支払料金

新規でソフトバンク光への加入をした場合には、インターネット接続に使う光回線を
設置する工事が必要になります。

特に一戸建ての場合はその家専用の光回線を家の中に引き込んで使うので、設置工事が
必要になります。

ソフトバンク光の場合は電柱からの引き込み工事が必要な場合には24,000円という
かなり高額な回線設置工事費用がかかります。

集合住宅で外部からの引き込みが必要ない、という場合でも9,600円か2,000円という
工事費用がかかります。

これがそのまま月額料金に加算されると、思った以上にソフトバンク光の請求金額が
高くなっていると感じるかと。

24,000円の場合は分割での支払いが可能なので、その時にはもう少し請求額が
少なくなると思いますが。

新規加入の場合は回線設置工事費用も確認しておきましょう。

事務手数料3,000円の加算

インターネット回線への接続契約を結ぶ場合には、その契約者に対して事務手数料を
支払う必要があります。

これは新規加入でも乗り換えでも変わらず、新しく契約する事業者に対して支払いが
必要になる手数料です。

一般的には3,000円、光コラボ業者によってはもう少し安いところもありますが
ソフトバンク光では3,000円が必要です。

これは最初の月額料金支払いのときに、一緒に支払われることになります。
そのために支払金額を見ると、聞いてきた金額と違ってしまうのです。

まあ事務手数料は一度支払われれば終わりなので、次の支払明細にはなくなっている
ということになります。

おうち割適応条件のオプション料金

ソフトバンク光の大きな魅力としてソフトバンクのスマホの月額料金が割引できる
おうち割というサービスというのがあります。

このおうち割を適応させるためには有料オプションへの加入が必要です。
そのオプション料金が加算されているということも考えられます。

必要なオプションは光BBユニットのレンタル、Wi-Fiマルチパック、電話サービスの加入
という3種類が必要です。

電話サービスとはIP電話のホワイト光電話か光電話(N)への加入ということです。
これらはそれぞれ別のオプションなのですが、セットでお得に契約することもできます。

それがオプションパックというセットでこちらが月額500円かかります。
それぞれのオプションを別々に契約するよりもかなり安くなります。

おうち割の適応には必ずこのオプションの加入が必要なので、おうち割を希望する場合
自動的にこれらのオプションに加入されている可能性が考えられます。

ソフトバンク光に加入と同時に契約するオプションがある

先ほどの料金は基本的に必ず必要になるコスト、回線工事費用や事務手数料などなので
どうしても支払いが必要になる料金です。

でもそれ以外に、必要にならないコストが増えている可能性もあります。
それがソフトバンク光への加入で自動的に契約している有料オプションです。

以前はソフトバンク光の加入代理店がキャッシュバックの特典を適応するために
多くの有料オプションへの加入を条件にしていました。

その解約を忘れると、気がついた時にはかなりの高額な請求額になっている
ということも多くありました。

今でもソフトバンク光への加入と同時にオプション契約がされている、ということが
あるようです。

その主な有料オプションについても確認してみましょう。

Yahoo! BB基本サービスの料金

ソフトバンク光はプロバイダがYahoo! BBです。
それ以外のプロバイダでソフトバンク光の契約は出来ません。

そしてこのYahoo! BBの有料オプションとしてYahoo! BB基本サービスという
料金が請求されているはずです。

Yahoo! BB基本サービスとは、プロバイダのYahoo! BBをより使いやすくするための
オプション、ということなので基本と言っていますが無くても問題ありません。

そしてこれが月額300円とそれなりに高額な料金となっています。
さらにプレミアムプランの場合はもっと高くなります。

通常のプロバイダとして使う時には基本サービスは必要ないので、サービスの内容を
確認して必要ないと思ったら解約をしましょう。

BBお掃除&レスキューの月額料金

初月無料なのでお試しで加入してもらうオプションとしてよく提供されるのがこちらの
BBお掃除&レスキューという有料オプションです。

パソコンに詳しくない場合、サポートというのは必要になると思う人も多いのですが
こちらはパソコンとは全く関係ありません。

サポートの内容は清掃の委託料金が30%安くなることと水回りのトラブルの出張工事が
0円になるというサービスです。

まあ家庭のトラブル解決のためのオプションということでしょうか。
月額453円で使えるのですが・・・

はっきり言えば普通に家事代行のサービスを頼むなどのほうが便利です。
ちなみにパソコンのトラブル解消は全く出来ません。

ソフトバンク光の手違いで料金請求されるという可能性

以前口コミで見られたトラブルには、ソフトバンク光の手違いで余計な月額料金が
請求されていたということがあったそうです。

トラブルの内容としては色々とあったのですが、中には実家で加入したはずの
ソフトバンク光の月額料金が別の場所で暮らしている人に請求されたということも。

とあるユーザーが実家に帰省したときに両親のためにソフトバンク光に申し込みをして
おうち割の家族グループ適応の対象者として連絡先と住所を登録したそうです。

その後、自宅に戻ってから数ヶ月したらソフトバンクからの請求額が1万円も高い
ということがありました。

そこで請求額の内訳を確認すると、何故か実家のソフトバンク光の月額料金が
請求されていたそうです。

実家に確認すると申し込みから数ヶ月は確かに実家に請求されていたようです。
その後、なぜか申し込み住所とは関係ないところに請求が行くことに。

当然その請求額に対する報告をサポートダイヤルにして対応してもらったそうですが
ソフトバンク光ではこんな手違いでの請求が過去にありました。

ホワイト光電話などの通話料金にも注意が必要

請求額が高くなる可能性として、自分が原因で請求額が高くなる可能性もあります。
ソフトバンク光は基本的に定額料金のインターネット接続サービスですが、違うところも。

それがホワイト光電話や光電話(N)などIP電話サービスを使った場合です。
こちらは通話時間などに対して料金が決まるので、場合によってはかなり高額になります。

国内電話ならそれほど高くないので、数時間喋りっぱなしでも急に請求額が上がる
ということは考えにくいです。

でもこちらのサービスでもアナログ回線と同じで、海外通話の場合には通話料金が
跳ね上がってしまいます。

通話時間が長くなればとんでもない請求金額が来る、という可能性も・・・
アナログ電話よりも安くなると言っても通話時間がながければ料金は高くなります。

まあ最近では固定電話を使うことも少なくなっていますが、通話料金は場合によって
かなり大きな負担になるので注意しましょう。

ソフトバンク光の請求額の確認方法

ソフトバンク光の請求額はいくらになるのか。
クレジットカードの引き落としを見るまでわからない、という訳ではありません。

今月の請求額がいくらになるのかを事前に確認することができます。
その方法を紹介しておきましょう。

まあ請求が来た後に確認することも出来るので、請求額がおかしいと思ったら
まずはこちらで確認することをおすすめします。

会員専用サイトから請求額を確認

ソフトバンク関係のサービスを申し込むと、ソフトバンク会員になります。
ソフトバンク光の契約をしても当然ソフトバンク会員になります。

そしてソフトバンク会員は会員専用サイトで色々な手続きや契約内容の確認と
変更をすることが出来ます。

このソフトバンク会員専用サイトがMy Softbankというサイトです。
こちらでは今月の支払金額を確認することも出来るようになっています。

まあソフトバンクの携帯端末を使っていればそれと合算された請求額に
なっているのですが、内訳を見ればソフトバンク光での請求額もわかります。

ちなみにMy Softbankはスマホやパソコンなどからログインできるので
色々な端末を使って確認することができます。

サポートダイヤルで料金などの問い合わせもできる

ソフトバンク光には専用のサポートダイヤルがあります。
こちらから料金に関する問い合わせをすることが出来ます。

ソフトバンク光のサポートダイヤルは0800-111-2009です。
ただしこちらは料金専用ではなく、ソフトバンク光の総合的なサポートダイヤルです。

料金の問い合わせだけではなく様々なサポートに関する問い合わせがあるので
連絡がなかなかできないというデメリットもあります。

請求額の確認だけなら先ほどの会員専用サイトのほうが使いやすいので
こちらをおすすめします。

オプションの解約も同じところから出来る

ちなみにオプションの解約もMy Softbankとサポートダイヤルから出来ます。
現在契約しているオプションを調べて、そこで解約することができます。

My Softbankの場合はちょっと面倒くさい場合もありますが、基本的には契約している
有料オプションの「お手続き」というタブをクリックして契約内容を変更します。

解約手続きにはちょっと時間がかかることもあるので、解約が反映されるまで
ちょっと時間をおいてから再度確認をしてみましょう。

解約してはいけないオプションには注意が必要

有料オプションの中にはソフトバンク光を使うために必要なオプションもあります。
まあそちらはNTT関係のレンタルなのですぐに分かると思いますが、

その他にも先ほど説明したおうち割を適応させるためのオプションがあります。
こちらはセットオプションという内容がわかりにくい状態の場合も。

これを解約するとおうち割の適応がなくなります。
総合的に通信コストが高くなるという可能性もあるので注意しましょう。

ソフトバンク光からでは解約できない有料オプションがある

ソフトバンク光の公式サイトやソフトバンクショップなどから契約するのではなく
加入代理店からソフトバンク光への申し込みをする方もいます。

加入代理店では独自のキャンペーン展開をしていて、高額キャッシュバックなど
魅力的な特典が利用できる可能性もあります。

そちらではキャッシュバックの適応条件として有料オプションへの加入が必要など
特別な条件でオプションに加入させることがあります。

そしてこの代理店からの加入をした有料オプションにはソフトバンク光の
会員サイトやサポートダイヤルからでは解約できないオプションがあります。

それにソフトバンク光で提供している一部のサービスでは、他の企業が参加しているので
そちらに解約を連絡する必要があるものも。

会員サイトなどから解約できないオプションも確認してみます。

スマートレスキュー丸ごとパックは会社に直接解約の連絡をする

一部の加入代理店でキャッシュバックの条件として適応されていたのがサポートの
スマートレスキュー丸ごとパックというオプションです。

月額980円でパソコンのトラブルなどを解消してくれるサービスということです。
まあNTTでも同じようなサービスがあるのでそちらでも十分かと。

こちらは提供している会社に直接連絡をして解約をする必要があります。
電話番号は0120-952-621です。

業者のダイヤルで、ソフトバンク光とは関係ないので電話に待たされることもなく
かなり簡単に解約できた、という話は多く聞きます。

ただし別のところに連絡が必要という、ちょっと面倒くさい手続きになるので
加入代理店からの申し込みには十分に注意しましょう。

ソフトバンク光が直接行っていないオプションも別に連絡が必要

ソフトバンク光から申し込みができる一部のサービスには、直接ソフトバンクが
提供していないというサービスもあります。

簡単に言えばひかりTVなどはNTTが提供するサービスなので、ソフトバンク光で
申込みをしてもNTTに連絡して解約手続きが必要になります。

同じようにスカパー! やNetflixなどもソフトバンク光から申込みをしても解約は
それぞれの業者に行う必要があります。

一応ソフトバンク光のオプション変更から解約を選んで、それぞれの公式サイトでも
解約手続きをするということになります。

これらのサービスは先ほどの加入代理店でのキャッシュバック特典の条件としても
使われることがあるので、そちらから加入する時にはやはり注意をしておきましょう。

ソフトバンク光の請求額がおかしいときはまず確認

ソフトバンク光の請求額がおかしいと思った時には、多くの場合有料オプションなど
色々な料金が加算されていることが多いです。

初期には確かに事務手数料などの金額があるので、単純に月額料金だけだと思っていると
かなり金額が違うということに驚きますが。

数ヶ月経過してからの請求額の変化は、有料オプションの無料期間がなくなって
月額料金が請求されたという場合が多いです。

特にソフトバンク光は色々なオプションをつけることでも有名だったので、以前には
行政指導が入るという事態になったことも。

まあ多くは加入代理店の強引なキャンペーン特典の適応なのですが。
ソフトバンク光の月額料金とその内訳には十分に注意をするようにしましょう。

 






 
 
 

-ソフトバンク光

Copyright© 光回線の教えて君 , 2019 All Rights Reserved.