ソフトバンク光

ソフトバンク光から楽天ひかりへの乗り換え方法とは

投稿日:

最近では大手キャリアのスマホから格安スマホに乗り換える方も増えているようです。
月額料金の関係でやはり格安スマホの魅力はとても高いようで。

ただ大手キャリアから乗り換えると、自宅で使っている固定回線の割引が使いにくくなり
こちらも乗り換えを考える方も多くなります。

そこで大手キャリアの固定回線サービス、ソフトバンク光から楽天ひかりへの
乗り換えをちょっと考えてみることにします。

ソフトバンク光から楽天ひかりへの乗り換えは事業者変更で簡単に

ソフトバンク光も楽天ひかりも、どちらも光コラボというサービス1つです。
光コラボとはフレッツ光を使ったインターネット接続サービスです。

簡単に説明するなら、光コラボとはNTTからフレッツ光回線を別の業者が
レンタルしてインターネット接続サービスを提供しています。

つまりソフトバンク光も楽天ひかりも使っている回線はフレッツ光なので
提供している業者が違う回線サービスということになります。

使っているのが同じフレッツ光回線なので基本的なサービス内容に大きな違いが
ありません。

それにフレッツ光を使った光コラボ同士の乗り換えには「事業者変更」という
簡単な乗り換えサービスを使う事が出来ます。

この事業者変更を使うことでとても手軽に乗り換えができるようになりました。

月額料金などのサービス内容は光コラボ業者ごとに違う

基本的なサービス、というのは回線速度などのことです。
まあ同じフレッツ光を使っているのだから回線速度に大きな違いはありません。

ただし通信サービスの場合は使っている環境や周囲の状況によって通信速度に
影響が出る可能性がとても高いです。

つまり同じ回線を使っていても同じ通信速度が出る、とは限らないのですが。
それ費契約内容やプランによっても最高速度が変わる可能性はあります。

そして基本的なサービス以外では光コラボ業者によってサービス内容は
大きく変わってきます。

簡単に言えば月額料金などは光コラボ業者によって変わりますし、契約できる
オプションサービスなども変わります。

特にソフトバンク光の最も魅力的なサービスが使えなくなる、ということに。

ソフトバンクのおうち割の適応が無くなる

ソフトバンク光から楽天ひかりに乗り換えをすると、ソフトバンク光で適応される
ソフトバンクのおうち割が利用できなくなります。

おうち割とはソフトバンクのユーザーがソフトバンク光などの固定回線も契約すると
ソフトバンク端末の割引が受けられるサービスです。

ソフトバンクのスマホのデータ定額パックの月額料金割引ができる、というかなり
魅力的なサービスなのですが・・・

楽天ひかりに乗り換えると当然ですがこのおうち割の適応ができなくなります。
まあソフトバンクの端末を使っていない場合には何の問題もないのですが。

このように光コラボを乗り換えることで色々なサービスの違いがでてくる
という可能性はとても高いです。

そこでまずはそれぞれのサービスの内容を確認してみることにしましょう。

ソフトバンク光のサービス内容

まずはソフトバンク光のサービス内容を確認してみます。
基本的には普通の光コラボ業者という印象です。

基本的なサービスやオプションは揃っていて、光コラボ業者独自のサービスも
展開しているという光コラボ業者です。

そもそも大手キャリアが提供しているので、キャリアと連携したサービスが
提供できるという強みもあります。

そんなソフトバンク光のサービス内容を確認してみましょう。

月額料金は光コラボの中では普通

ソフトバンク光は光コラボなので回線利用料金とプロバイダ料金が一体型の
料金体系になっています。

フレッツ光のようにプロバイダ料金が別に必要になることはありません。
とてもわかり易い料金体系です。

戸建てプランは5年契約と2年契約を選ぶことが出来ます。
契約年数が長いと割引率も高くなるので安くなっています。

5年自動更新プランは月額4,700円で2年自動更新プランは月額5,200円です。
ちなみに自動更新なしのプランは月額6,300円です。

これにライトという多段階定額プランもあります。
最低3,900円から100MB使うごとに24円上がり、上限月額5,600円になります。

マンションプランの場合は2年自動更新プランのみが割引プランとして使えます。
2年契約の場合は月額3,800円で、自動更新なしだと月額4,900円です。

マンションプランの月額料金は安いのですが戸建てプランがちょっと高めなので
トータルで見ると普通という印象でしょうか。

多段階定額や5年契約などもありますが、どちらもちょっと使いにくい印象で
しかも一戸建てしか使えないという不便さもあるのでかなり微妙です。

IPv6高速ハイブリッドで快適に通信ができる

インターネットを使う人が増えていて、混雑時の通信速度低下には多くのユーザーが
困っているという状況です。

これを改善できる方法として、新しく開始されたIPv6方式の通信サービスが
多くのプロバイダで提供されるようになりました。

簡単に説明すればプロバイダの混雑を回避するために特殊な接続専用業者を仲介して
インターネットへの接続をする方法です。

IPアドレスの枯渇問題解消方法として開発されたのですが、通信速度低下の回避にも
使えるということでとても注目されています。

ただし一部の方法では従来の通信方法との互換性がないのでちょっと使いにくいのですが
ソフトバンク光で提供されているのはIPv6高速ハイブリッドというサービスです。

こちらは従来の通信方法との互換性もあるので、どんなサイトでも快適にアクセスできて
通信速度の低下が混雑時でもあまり感じないと評判も良いサービスとなっています。

IPv6サービスを使うのにルーターレンタルが必要

高速通信が出来るIPv6サービスはとても嬉しいのですが、そのサービスを使うには
有料オプションへの加入が条件になります。

詳しく言うと有料オプションの光BBユニットレンタルをしなければIPv6通信が出来ない
という状態になっています。

光BBユニットは電話サービスを使うときなどにも必要になるオプションなのですが
これをレンタルしなければIPv6方式の通信が出来ないというデメリットも。

しかも光BBユニットはWi-Fiルーター機能もあるのですが、Wi-Fi機能は市販の
Wi-Fiルーターよりも劣っているのでかなり使いにくいです。

市販のWi-Fiルーターを繋いで使えばいいのですが、その場合の接続がちょっと面倒で
設定なども分かっていないとかなり大変です。

サービスの利用に有料オプションが必要というのはマイナスの印象になります。

NTT関係のオプションが色々使える

ソフトバンク光ではNTTのフレッツ光でも使えた有料オプションが色々と
使えるようになっています。

例えばフレッツ光のひかり電話やひかりTV、24時間サポートサービスなどが
使えるようになっています。

これはフレッツ光から転用を使って光コラボに乗り換えたときに、そのサービスを
そのままソフトバンク光で使い続けることが出来るという魅力になります。

まあ光コラボ業者で取り扱っていないNTTオプションはそのままNTTがサービスを
引き続き提供することも出来るのですが。

事業者変更で乗り換える場合にはNTTにも連絡する必要があるので、ちょっとした
手続きの手間がかかることになります。

でも光コラボ業者で提供されているならその手間がかからないというのが
メリットになりそうです。

ソフトバンクのスマホの月額料金が割引

先ほどちょっと話したように、ソフトバンクユーザーがソフトバンク光の契約を
行った場合にソフトバンクの端末のデータ定額パックが割引されます。

現行のプランなら毎月1,000円の割引になりますが、これが契約している間
ずっと続くとなればかなりの割引となります。

ただしこの割引を適応させるために有料オプション3種類の契約が必要で
その3種類セットのオプション料金が月額500円というのはちょっと残念ですが。

ソフトバンクのスマホなど、端末を使っている人にとってはとても魅力的な
サービスがこの割引サービスです。

ソフトバンク光は光コラボとしてはかなり普通のサービス

ソフトバンク端末の割引サービスなど魅力的なものもありますが、単純に光コラボの
サービス内容等を考えるなら普通の光コラボ業者だと思います。

5年自動更新契約などもありますが、月額料金に関しては他に比べて安いと感じる
ほどの料金設定ではありません。

IPv6方式のサービスもありますし、単純に光コラボのサービスとして考えれば
普通の料金で普通に色々なサービスが使えるという印象です。

ただし言い換えるならソフトバンクの割引サービスがなければ魅力が少ないので
選ぶ必要がない、という言い方もできます。

楽天ひかりのサービス内容

次に楽天ひかりのサービス内容についても確認してみましょう。
こちらは光コラボのサービスとしては開始が遅くなっています。

そして他の光コラボではあまり見ないサービスの提供なども行われています。
それも含めて、光コラボ業者としてのサービス内容を確認してみます。

基本的なサービスは、普通の光コラボ業者なのでフレッツ光回線を使ったサービス
ということで同じです。

通信速度などサービス以外を確認してみましょう。

月額料金はちょっと安い

楽天ひかりの月額料金は戸建住宅と集合住宅で金額が違いますが、その料金は
他の光コラボ業者よりもちょっと安いという印象です。

戸建住宅プランが月額4,800円で集合住宅プランが月額3,800円です。
特に戸建住宅での申し込みでは月額料金が安いという印象です。

ただし楽天ひかりでは契約期間が2年と3年から選ぶことが出来るのですが
3年契約を選んでも月額料金の割引がありません。

ソフトバンク光の5年自動更新プランではかなり割引があったので、それを考えると
ちょっと残念な気がします。

まあ普通に契約しても月額料金が安い、ということで割り切ればいいのですが。

IPv6方式のサービスが使えない

楽天ひかりでは次世代通信規格のIPv6方式の通信サービスに対応していません。
というか以前の契約者は対応していたというのが正しいところなのですが・・・

楽天ひかりは以前、楽天コミュニケーションズ光というサービス名でした。
この時には対応プロバイダがSANNETだったのでIPv6方式の通信が出来たのです。

そこから楽天コミュニケーションズがプロバイダになる新しいサービスが開始されて
現在ではSANNETをプロバイダにする申込受付が終了しています。

つまり今から楽天ひかりに申込みをしてもIPv6方式の通信サービスを使うことは
できなくなっています。

一応IPv6方式の通信が出来るのですが、その方式はIPv6 PPPoE方式なので
実際に高速通信が出来るIPv6方式のIPoE方式ではありません。

つまりIPv6方式の通信になってないので高速通信の期待が出来ないのです。
混雑時の通信速度に関してはあまり期待ができません。

NTT関係のオプションサービスがほとんど使えない

NTT関係のオプションとしてはひかり電話やひかりTVが一般的だと思いますが
楽天ひかりではこれらのサービスの提供がありません。

NTT関係のオプションでは訪問サポートと24時間電話サポートが提供されています。
これ以外のNTT関係のオプションの提供がありません。

つまりひかり電話を使う場合には直接NTTに連絡をする必要があります。
テレビサービスについても同じです。

他の光コラボ業者から乗り換えるとちょっと混乱するかもしれませんが、NTT関係の
オプションについてはちょっと独特な体制になっています。

楽天関係のサービスが充実している

楽天ひかりでは楽天グループのサービスについてはかなり割引などが充実している
という印象になります。

例えば楽天ひかり似加入するだけで楽天ポイントが毎月200ポイント加算されます。
このポイントは楽天市場での買い物などにも使う事が出来ます。

楽天カードを持っていて、楽天ひかりの月額料金支払いを楽天カードにしていれば
その支払金額に合わせたポイントも加算されます。

それに加えて200ポイントも加算されるので楽天ポイントの利用者にはかなり嬉しい
サービスとなります。

さらに楽天モバイルで格安スマホを使っているなら、キャッシュバック特典もあります。
キャンペーンなので期間があると思いますがお得なキャッシュバックが使えます。

楽天関係のサービスを使っているならかなりお得になる、という印象です。

楽天独自のサービスが充実している印象

月額料金は他の光コラボ業者に比べるとちょっと安いと思います。
そして楽天関係のサービスを使っているなら割引などにも期待ができます。

NTT関係のオプションが少ないなど、ちょっとしたデメリットに感じるところは
あるのですが・・・

それでも独自サービスを提供していることに関しては、使い方を間違えなければ
かなりお得になると思います。

余計なオプションなどを使わずに安く光回線を使いたい、という方にはおすすめが
しやすい光コラボとなっています。

ソフトバンク光から楽天ひかりの乗り換えなら事業者変更がおすすめ

それぞれの特徴を調べた上で、ソフトバンク光から楽天ひかりへの乗り換えを
希望するなら事業者変更という手続きがおすすめです。

今までの光コラボ同士の乗り換えよりもかなり手軽な方法で乗り換え可能です。
多少のコストがかかりますが、今までの方法に比べるとかなり少なくなります。

それにひかり電話を使っているなら、電話番号が変わらずに使い続けられるので
必ず事業者変更を使うことをおすすめします。

では簡単にですが事業者変更の手順を紹介しましょう。

契約中の光コラボ業者から事業者変更承諾番号をもらう

基本的な手順はフレッツ光から光コラボに乗り換える「転用」と同じです。
まず現在契約している光コラボ業者から事業者変更承諾番号をもらいます。

先ほどの例ならソフトバンク光に電話をして番号の払い出しをしてもらいます。
事業者変更承諾番号は電話での申請でのみ払い出しが可能です。

ソフトバンク光のサポートダイヤル0120-111-2009に電話をして番号をもらいます。
ちなみに番号は即日発行してくれます。

乗り換え先の光コラボ業者に事業者変更承諾番号を渡す

事業者変更承諾番号は発行日を含めた15日間しか有効期限がありません。
手続自体にも1週間程度の時間がかかるので、発行後すぐに手続きをしましょう。

事業者変更承諾番号をもらったら、それを乗り換えたい光コラボ業者に渡します。
単純に新規加入申し込みをして、電話対応等のときに事業者変更希望と伝えます。

光コラボ業者の申込みサイトによっては最初から事業者変更での手続きが出来る
というところもあるので、申し込みサイトをよく確認しておきましょう。

まあ申し込みをすると電話で申込確認がされるはずなので、そのときに
事業者変更での乗り換えを希望すると伝えればいいと思います。

事業者変更での乗り換え手続きでは本人確認などのあとに事業者変更承諾番号を
求められるのでそれを伝えます。

基本的にこれでユーザーが出来る手続きは完了です。
あとは光コラボ業者同士が情報伝達などやり取りをしてくれます。

ひかり電話などを使う場合はここでNTTにも連絡

ソフトバンク光でひかり電話などのサービスを使っていた場合、楽天ひかりでは
そのサービスがないので今度はNTTから直接提供される形になります。

そこで事業者変更承諾番号をNTTにも連絡する必要があります。
それをこのタイミングで行う必要があります。

NTTに事業者変更承諾番号を教えて、ひかり電話に関するユーザー情報を伝えないと
事業者変更が完了しなくなります。

多分乗り換え先の光コラボ業者から説明があると思いますが、NTTから直接サービスを
提供することになる場合はNTTにも番号を伝えることになります。

レンタル器材を返却して乗り換え完了

新規申込みから1週間程度で乗り換え先の光コラボ業者から書類が届きます。
新規加入のお知らせ、という形で新しいユーザーIDとパスワードが届きます。

今回なら楽天ひかりから書類が届くので、それに記載されているユーザーIDと
パスワードを使ってインターネットへの接続をします。

問題なくインターネット接続ができれば乗り換え完了です。
すでに元の光コラボ業者への解約手続きも行われているので、ユーザーはしません。

ただし解約する光コラボ業者からのレンタル器材は返却が必要です。
ソフトバンク光の場合、解約から14日以内に返却が必要になります。

返却期間を過ぎるとレンタル器材にも違約金が発生しますので、余計なコストを
増やさないためにもきちんと返却をしましょう。

携帯キャリアの乗り換えに合わせて光コラボの乗り換えもおすすめ

ソフトバンク光はソフトバンクの端末を使っていない場合には契約している魅力が
少なくなるという状態になります。

そのまま使い続けるよりも、乗り換えた端末のキャリアに合わせて光コラボ業者も
乗り換えるほうがおすすめです。

今回のように格安SIMや格安スマホに乗り換えた場合でも対応している光コラボは
結構多くあります。

楽天ひかりのように月額料金が安い光コラボに乗り換えても、光回線の月額料金が
安くなるという大きなメリットがあります。

光コラボ同士の乗り換えも「事業者変更」を使えば簡単にできるのでキャリアに合わせた
回線乗り換えはかなりおすすめしやすくなりました。

IPv6方式の通信サービスがないのはちょっと残念ですが、楽天関係のサービスが
充実している楽天ひかりもおすすめできる光コラボ業者だと思います。

 






 
 
 

-ソフトバンク光

Copyright© 光回線の教えて君 , 2019 All Rights Reserved.