ソフトバンク光

ソフトバンク光からフレッツ光に戻す方法はある?

投稿日:

ソフトバンク光を使っていて、やっぱりフレッツ光のままにして使いたいと思った時に
元に戻す方法を知っていますか?

フレッツ光からソフトバンク光など光コラボにする場合は「転用」という手続きで
簡単に乗り換えができました。

でもフレッツ光に戻す場合にはどんなことをすればいいのか。
最近は「事業者変更」で簡単に元に戻すことが出来るようになりました。

フレッツ光に戻すなら事業者変更がおすすめ

以前の光コラボは、一度契約すると元に戻すのがとても大変でした。
元に戻すだけではなく乗り換えもかなり大変だったのですが。

それを簡単にできるようにしたのが事業者変更という手続きです。
2019年7月1日に新しく始まった制度です。

この事業者変更では基本的に光コラボ同士の乗り換えを転用とほぼ同じ手続きで
出来るようになるのですが・・・

光コラボ同士だけではなく、フレッツ光に戻す場合にも使えるのです。
やはり手続き自体は転用とあまり変わりません。

フレッツ光で考えるなら転用戻し、と言えるような手続きが出来るようになりました。

事業者変更には手数料などが必要

手続き自体はとても簡単にできるのですが、事業者変更をするために完全無料での
手続きができるわけではありません。

事業者変更には多少の手数料などが必要になります。
また乗り換えに関する様々なコストも必要になってきます。

まあ以前の光コラボ同士の乗り換えやフレッツ光に戻す手続きと比べればかなり
コストは小さくなるのですが。

場合によってはかなり大きな金額が必要になる可能性もあります。
事業者変更の手続きにはお金がかかることを忘れずに。

ソフトバンク光以外の光コラボでも対応可能

それでは、実際に事業者変更を使ってのフレッツ光に乗り換える方法を
確認してみたいと思います。

今回は私の使っているソフトバンク光からフレッツ光への乗り換えということで
確認してみます。

ただしこの方法、ソフトバンク光だけではなく他の光コラボからフレッツ光に
乗り換える場合にも十分に参考になると思います。

基本的な乗り換え手続きの方法はどの光コラボでも変わらないので、実際の手続きの
参考にしてください。

ソフトバンク光からフレッツ光に事業者変更する手順

では実際に事業者変更を使って光コラボからフレッツ光に戻す手続きを確認します。
今回は私の契約しているソフトバンク光から戻す方法で確認しましょう。

それとフレッツ光はNTTが提供するサービスですが、契約者の住所によって
NTT東日本とNTT西日本に提供元が違います。

手続きはそれぞれの管轄NTTにすることになるのですが、基本的な手続方法に違いは
ありません。

連絡先が変わるくらいなので、あまり混乱することはないかと。
一応自分の地域がどちらのNTTの管轄なのかは事前に確認をしておきましょう。

ソフトバンク光から事業者変更承諾番号を受け取る

乗り換えの前に、現在使っているプロバイダのサービスの確認やオプションの確認など
必要になることはありますが・・・

今回は手続きに必要な手順だけを確認していきます。
事業者変更の手続きをするために必要なことは事業者変更承諾番号をもらうことです。

転用のときにも転用承諾番号の払い出しをしているので、わかりやすいと思いますが
あれと同じように事業者変更でも番号をもらうことになります。

転用と違うのは現在契約している光コラボ業者のサービスセンターに電話をすること。
現状では必ず契約者本人が電話をする必要があります。

今回の場合ならソフトバンク光のサポートダイヤルに連絡をします。
電話番号は0120-111-2009です。

こちらに電話をして事業者変更承諾番号の払出しを頼みます。
ちなみに番号は即日発行で、すぐにもらうことができます。

NTTに事業者変更承諾番号を渡す

事業者変更承諾番号をもらったら、それをNTTに渡すことになります。
ただ連絡をして渡すのではなく、新規加入申し込みの手続きの中で教えることになります。

事業者変更承諾番号をもらったらNTTにフレッツ光の新規加入申し込みをします。
手続きの中で申し込み確認の電話が来ると思いますので、そこで事業者変更と伝えます。

まあ最初から電話で連絡をしてオペレーターに事業者変更での新規申し込みをしたい
と伝えるのも余計な手間がかからないという魅力がありますが。

そして手続きの中で事業者変更承諾番号を聞かれるので、先ほどもらった番号を
教えます。

ユーザーが出来ることは基本的にこれだけです。
あとの手続きはNTTとソフトバンク光が連絡をして進めてくれます。

プロバイダの申込みをする

光コラボ業者の場合は基本的にプロバイダが決まっています。
ドコモ光のように複数から選ぶことが出来る珍しいところもありますが。

でもソフトバンク光のようにYahoo! BBのみ、という感じで決まっているところが
ほとんどです。

でもフレッツ光では対応しているプロバイダを自分で選んで決めることができます。
まあ契約も自分でしなければいけないという手間がかかりますが。

事業者変更で乗り換える場合もプロバイダの契約はユーザーが行います。
これは事業者変更の手続き、というよりもインターネット利用のための手続きになります。

ちなみにプロバイダからフレッツ光への申し込みもできるので、NTTへの
申込みをせずに最初からプロバイダに申し込みをするという方法もあります。

ただしプロバイダから申込みをする時には、光コラボではなくフレッツ光への申込みと
しっかり説明しないと、間違われる可能性が高いと思います。

新しいIDとパスワードでインターネット接続ができれば完了

新規加入申し込みから1週間程度でNTTとプロバイダから書類が届きます。
そこには新しいユーザーIDとパスワードが記載されています。

このユーザーIDとパスワードを使ってインターネットへの接続ができれば
フレッツ光への乗り換えは完了ということになります。

この新しいIDとパスワードが届くまではソフトバンク光のIDとパスワードで
インターネット接続が出来ていたと思います。

つまりこの時点ではまだソフトバンク光の解約がされていないのですが、ユーザーが
解約手続きをする必要はありません。

事業者変更の手続きの中で自動的に解約手続きも行われるので、ユーザーが勝手に
解約をしてはいけません。

ソフトバンク光のレンタル器材を返却する

事業者変更の手続きとしては完了しているのですが、最後にソフトバンク光の
レンタル器材を返却する必要があります。

事業者変更承諾番号の払い出しをした時点でソフトバンク光では解約手続きが
行われるのがわかるので、その時点で返却についての説明もされているかと思います。

ソフトバンク光の場合はレンタル器材の返却は全てユーザー負担になります。
箱の用意、梱包材や緩衝材の用意、郵送料の全てがユーザー負担です。

それに解約から14日以内に返却をしないとレンタル器材の違約金が発生します。
場合によっては数万円というかなり高い違約金になります。

ちなみに配送中に破損をした場合もユーザーが弁償する可能性が高いので
梱包する箱や緩衝材はきちんと用意しましょう。

レンタル器材の返却が終われば乗り換えの手順も全て終了となります。

回線工事も必要なく、1週間程度で乗り換え可能な事業者変更

事業者変更の場合は回線工事なども必要なく、基本的に手続きのみでフレッツ光に
乗り換えることができます。

まあフレッツ光への乗り換えではプロバイダの契約というちょっとした手間もありますが
以前の乗り換えに比べればとても簡単にフレッツ光に戻すことができます。

回線工事もないので乗り換えにかかる期間も1週間程度と短くなっています。
手続自体も手軽なので、ユーザーの負担はかなり少なくなるかと。

それに事業者変更ではNTTオプション、ひかり電話やひかりTVもユーザーが
手続きをする必要なく乗り換え可能です。

ひかり電話の電話番号もそのまま使い続けられるので、かなり乗り換えがしやすくなった
という評判がとても多く見られました。

事業者変更の開始以前のフレッツ光への戻し方

事業者変更を使ったソフトバンク光からフレッツ光への乗り換えがどれくらい便利なのか
それを知るためには以前の乗り換え方法を説明するとわかりやすいです。

事業者変更が開始されるまでは光コラボ同士の乗り換えにはかなりの手間がかかりました。
当然フレッツ光に戻す場合にもかなり大変だったのです。

そこでフレッツ光に戻す時の手順を改めて確認してみましょう。
事業者変更がどれくらい便利になっているのかがよく分かると思います。

フレッツ光への新規加入申し込み

以前の乗り換えでは今までの光コラボの解約とフレッツ光の新規契約が必要です。
そして最初の手順としては先にフレッツ光の新規加入申し込みをします。

先に申込みをする理由は回線設置工事が必要になるので、その工事予約日の指定を
先に行いたいからです。

回線設置工事の予約日が決まるまで、通常は2週間程度かかります。
ただし引っ越しの時期には光回線設置工事の予約が多くなるのでもっとかかります。

繁忙期には1ヶ月以上、長い場合は3ヶ月位予約ができないということも。
かなり時間がかかる可能性があるのです。

プロバイダの申込み

フレッツ光ではプロバイダも必要なので、回線の申込みとは別にプロバイダにも
契約申し込みをします。

プロバイダからフレッツ光の申し込みをするとちょっとだけ手順が省略できるので
先にプロバイダを選ぶ、というのもおすすめできる方法です。

それにプロバイダから申し込みをするほうが、新規加入キャンペーン特典を使えるので
お得になるというメリットもありました。

まあ最近ではフレッツ光の新規加入キャンペーンを展開しているプロバイダは
かなり少ないと思いますが。

プロバイダの利用開始は回線設置工事の予約日にすると余計なコストが掛からずに
使える可能性が高いです。

ソフトバンク光の解約

フレッツ光の回線工事予約日が決まったら、現在契約している光コラボ業者に
解約の申込みをします。

そして解約予定日を先ほど決まったフレッツ光の工事予約日にします。
これで回線撤去と回線設置工事を同時に同じ業者が行ってくれるはずです。

元々光コラボ業者はNTTのフレッツ光回線を使っています。
ただし光コラボ業者に卸した時点でフレッツ光としては使えなくなるのですが。

そのために回線の交換が必要なのですが、回線自体はフレッツ光なので工事業者も
NTTの関連業者が行うことになります。

当然設置工事と撤去工事のどちらも、同じ地域なら同じ業者が行うので、同じ日に
どちらの工事予約も入れれば同時に行ってもらえるのです。

この工事予定の調整が上手くできなかった場合は、回線工事が2回行われます。
それぞれに立ち会いが必要になる可能性が高いのでかなりの手間になりました。

回線工事の立ち会いをする

工事日の調整がちゃんとできれば1日で撤去工事と設置工事を行います。
基本的には室内工事があるので立ち会いが必要になります。

撤去工事と設置工事を同じ日に行っても、工事時間は3時間もかかりません。
電柱からの引き込み工事をしても2時間ちょっとというところでしょうか。

集合住宅で電柱からの引き込みなどがない場合はもっと早いと思います。
ちなみに回線撤去工事を覇権工事で行うとNTTのレンタル器材は回収されます。

つまり跡から返却をする必要がなくなります。
まあソフトバンク光のレンタル器材が残っているのでそれを返却するのですが。

新しいIDとパスワードでインターネット接続をする

回線工事をする前に、契約したプロバイダとNTTから書類が届いているはず。
こちらにはやはり新しいユーザーIDとパスワードが記載されています。

回線工事が終わればフレッツ光の利用が可能になっているはずなので
そのIDを使ってインターネットへの接続をします。

問題なくインターネット接続ができれば乗り換え完了です。
もらったIDとパスワードをルーターなどに設定しましょう。

ルーターを使っていないならパソコン本体にネットワーク接続設定として
保存をすることがおすすめです。

まあこの辺りは現在の乗り換えと同じです。

光コラボ業者のレンタル器材の返却をする

今回の場合はソフトバンク光のレンタル器材が残されているので、それを返却します。
当然ソフトバンク光は以前から全てユーザー負担なので箱なども用意しましょう。

そして返却期限は14日間、それを過ぎると違約金がかかるのも同じです。
できるだけ素早く返却するようにしましょう。

無事にレンタル器材の返却が終わればフレッツ光への乗り換え手順は全て完了
ということになります。

ユーザーの負担がかなり大きく、手間がかかる乗り換えだった

今回は乗り換え手順だけを確認してみましたが、その全ての手順をユーザーが行い
回線工事の立ち会いまでする必要がありました。

まあ回線工事の立ち会いは契約者本人がやる必要はないので、代理人に頼むことも
出来るのですが。

手順としてやることも事業者変更に比べるとかなり数が多く、ユーザーが注意して
行わなければいけないこともとても多いです。

しかもひかり電話を使っている場合で同じ電話番号を使い続けたいならさらに
アナログ戻しという手続きが必要になりました。

アナログ戻しについても簡単に確認してみましょう。

電話番号を変えずに使うにはアナログ戻しが必要

ひかり電話など光回線を使った電話サービスでは光回線が解約されてしまうと自動的に
ひかり電話サービスも解約されます。

解約されたときに使っていた電話番号は、再度同じサービスの契約をしたときでも
使うことができなくなります。

つまり解約する前に光回線から通常のアナログ回線の電話番号として登録のし直しを
行う必要があるのです。

それがアナログ戻しという手続きです。
アナログ戻しは光コラボの乗り換えをする前に手続きをする必要があったのです。

ではアナログ戻しをするにはどうすればいいのか。
同じ電話番号を使い続けるための手順を確認してみましょう。

最初にNTTに連絡をしてアナログ戻しをしてもらう

光回線の解約をすると電話番号が変わってしまうので、乗り換えをする最初の手順で
NTTに連絡をしてアナログ戻しの手続きを頼みます。

注意点としてはアナログ戻しが、以前アナログ電話で使っていた電話番号のみ出来る
ということです。

ひかり電話などに新規加入をして、そこで新しくもらった電話番号ではアナログ戻しの
手続きはできません。

まあアナログ戻しという名前なので、アナログ回線に戻せる電話番号のみ対応というのは
わかりやすいと思いますが。

アナログ回線が使えない場合は回線工事が必要

アナログ戻しの申込後、NTTが現地調査を行ってアナログ回線の利用が可能かを調べます。
問題なくアナログ回線が使えればアナログ戻しができます。

回線が破損している、以前の光電話への乗り換えでアナログ回線の撤去をしているという
状態ならアナログ回線の工事が必要です。

アナログ回線の状況によって工事費用が変わりますが、最低でも7,500円くらい必要で
場合によっては20,000円近くの工事費用がかかる可能性もあります。

アナログ回線が使えるようになって、アナログ戻しが行われます。

新しく加入した光回線サービスで電話サービスに加入する

アナログ戻しが終わったら光回線サービスの乗り換えをします。
先ほどの場合ならソフトバンク光からフレッツ光への乗り換え手続きです。

これが全て終わったら、フレッツ光で新しくひかり電話に加入して、そちらに
電話番号移行サービスを使ってアナログ電話の番号移行をします。

これだけの手間をかけてやっと同じ電話番号を使い続けることができる
という状況だったのです。

事業者変更ならどんな状況の電話サービスも簡単に乗り換え

以前のひかり電話の電話番号を使い続けるための手続きは、このようにかなり
大変で手間がかかるものでした。

でも事業者変更なら回線の交換がないので、今の状態のまま使い続けることが
簡単にできるのです。

ソフトバンク光からフレッツ光の場合は、ソフトバンク光の電話サービスが
ちょっと複雑なのでアナログ戻しが必要になる状況もあるのですが・・・

普通の光コラボ業者ならフレッツ光に戻す場合、何の手続きもなく同じ電話番号を
使い続けることが出来るのです。

しかもひかり電話に新規加入してもらった電話番号もそのままの番号で乗り換え後も
使い続けることが出来るというとても嬉しい状況です。

事業者変更でひかり電話はもっと使いやすくなったと思います。

乗り換えにかかるコストも比較してみる

事業者変更では手軽に乗り換えができるという、手順に関する魅力を確認しましたが
それ以外にもコスト面での魅力も高いのです。

そこで事業者変更以前の方法と、必要になる費用の比較もしてみましょう。
事業者変更ではかなりコストも抑えられるはずです。

まあ完全無料での乗り換えができる、ということはないのですが。
事業者変更にも手数料などが必要になるので、そちらも確認してみます。

事業者変更にかかる費用

事業者変更にかかるコストを簡単に説明していきます。
まず事業者変更承諾番号払い出しの手数料が3,000円くらい必要です。

これは光コラボ業者によって変わりますが、大体3,000円くらいです。
今回の場合ならソフトバンク光に支払う手数料になります。

それから契約変更のために事務手数料3,000円くらいがかかります。
こちらも光コラボ業者によって多少変わりますが、大体これくらいの金額です。

事務手数料は契約変更手続きをする乗り換え先に支払います。
今回ならフレッツ光、つまりNTTに支払うことになります。

後はソフトバンク光の解約に違約金がかかる可能性があります。
契約更新月の解約以外では9,500円という違約金がかかります。

細かな有料オプションなどの解約違約金がかかる可能性はありますが
基本的にはこれだけの手数料で乗り換えができるということになります。

事業者変更以前の乗り換えにかかる費用

光コラボの解約違約金は一緒ですが、以前は回線の交換が必要だったので回線設置工事の
工事費用がかかりました。

フレッツ光だと一戸建ての場合は18,000円、集合住宅で派遣工事は15,000円です。
電柱からの引き込みが必要なければ7,500円くらいになります。

これにアナログ戻しでアナログ回線の工事も必要になると、かなり工事費用が高く
これがとても大きな負担になりました。

ちなみに番号払出の手数料はありませんが、新規契約なので事務手数料はかかります。

フレッツ光に戻す場合も事業者変更がおすすめ

事業者変更ならこれらのコストもあまり気にすることがなく、しかもインターネットを
使えなくなる期間もありません。

ユーザーが行う必要がある手順も少なく、とても簡単に光コラボからの乗り換えが
出来るようになります。

ちなみにフレッツ光への乗り換えはNTT東日本とNTT西日本をまたいでの乗り換えも
可能になります。

以前の場合NTTの管轄が違うので回線の移転は同じNTT管轄内でしか出来ない
という状況でした。

でも事業者変更ならNTTの東西も関係なく回線の移転をさせることができます。
どんな状況でもお得で手軽になるのでとてもおすすめしやすいです。

ソフトバンク光などの光コラボからフレッツ光に戻すための乗り換えなら
事業者変更を使うことをおすすめします。

 






 
 
 

-ソフトバンク光

Copyright© 光回線の教えて君 , 2019 All Rights Reserved.