ソフトバンク光

ソフトバンク光からNURO光の乗り換えはおすすめ?

投稿日:

現状の光回線サービスの中では最速と言われているのがNURO光というサービスです。
特徴としてはソフトバンクの端末割引サービスを使う事が出来ます。

ソフトバンク光よりも速い通信速度が期待できて、同じようにソフトバンク端末の
割引が使えるとすればとても魅力的なのですが・・・

ソフトバンク光からNURO光への乗り換えが出来るのか。
ちょっと調べてみることにしました。

ソフトバンク光からNURO光の乗り換えは回線の交換が必要

ソフトバンク光はNTTのフレッツ光回線を使った光コラボというサービスの1つで
フレッツ光に対応している地域ならどこでも契約が可能です。

これに対してNURO光はダークファイバーと言われる光ファイバーケーブルを使う
全く別の光回線サービスとなっています。

つまりサービス自体が全然違うので、提供する回線も違います。
乗り換える時には海鮮を交換することが必要になるのです。

結論から言えばソフトバンク光からNURO光に乗り換えることは出来ます。
ただし光回線の撤去と設置工事が必要になります。

使っているオプションサービスの種類によってはこの回線工事のタイミングにも
注意が必要になってきます。

まあちょっと手間がかかりますが、多くの場合は問題なく乗り換えができる
ということになると思います。

プロバイダも変わるので使っているサービスには注意

ソフトバンク光からNURO光に乗り換えると回線と一緒にプロバイダも
変更することになります。

どちらのサービスもプロバイダ一体型の料金体系で、プロバイダが決まっています。
必ずプロバイダの変更が行われることになるのです。

特にメールアドレスが変わる、という状況になると重要な連絡が取れなくなる
という状態が予想されます。

他にもプロバイダによって提供されていないサービスなどもあるので、サービスを
提供している状況はしっかりと確認しておきましょう。

おうち割の適応範囲がちょっと違う

ソフトバンク光もNURO光も、どちらもソフトバンクのおうち割が適応されます。
ソフトバンク端末のデータ定額パックの割引が受けられるのです。

ただしソフトバンク光では系列会社のY” mobileの格安スマボでも割引の対象ですが
NURO光ではソフトバンクのスマホのみが対象になります。

つまり現在Y! mobileのスマホを使っていて、ソフトバンク光でおうち割を使っている
というユーザーはNURO光に乗り換えるとおうち割が適応されません。

ソフトバンクのおうち割で固定回線を選んでいるという場合には適応条件が変わるので
注意が必要になります。

ソフトバンク光からNURO光の乗り換え方法

では実際にソフトバンク光からNURO光に乗り換えるためにはどうすればいいのか。
その手順を確認してみることにします。

簡単に説明するなら今のソフトバンク光の回線を撤去して、新しくNURO光の回線を
設置することが必要ということに。

その手続きをユーザーが行う手順として確認していきましょう。

NURO光に新規加入申し込み

回線の交換が必要になるので、光回線の撤去と設置が必要です。
ただし手順としてはまずNURO光への新規加入申し込みから始めるのがおすすめ。

理由としては回線設置工事の予約をして、その工事予約日に合わせた日程を組むほうが
やりやすいからです。

それにNURO光は戸建住宅も集合住宅でも、どちらでも基本的には自宅まで直接
光回線を引き込んで設置する形になります。

すでに光回線が設置されていてもあまり関係なく設置工事が出来るので
今ある回線を撤去せずに設置工事が出来る、という特徴もあります。

まずはNURO光に新規加入申し込みをして回線設置工事の予約をしてしまいましょう。

NURO光の回線設置工事の立ち会い

回線設置工事日が決まったらその工事に立ち会うことになります。
ちなみにNURO光では宅内工事と宅外工事の2回工事があります。

最初に自宅に光キャビネットを設置する工事を行います。
その後で電柱からの光ケーブル引き込み工事をします。

その両方に立ち会いが必要になります。
契約者本人以外でも大丈夫なので、都合が悪ければ代理人を頼みましょう。

工事が2回あるので大体1ヶ月から2ヶ月位の期間がかかります。
開通までにかかる時間が長いのもNURO光の特徴です。

光回線を使った電話サービスを使っているならこの間にアナログ戻しをする

ユーザーによっては光回線を使った電話サービス、いわゆるIP電話サービスを
使っている方もいると思います。

この場合はNURO光の開通前に使っているIP電話の電話番号をアナログ回線での
利用ができるようにするアナログ戻しという手続きをしておきます。

ソフトバンク光からNURO光に乗り換える場合、今まで使っていた電話サービスの
電話番号を使い続けたいならこの手続が必要です。

なぜならソフトバンク光で使っていたIP電話の電話番号はソフトバンク光を
解約すると使えなくなってしまうのです。

別のサービスでIP電話を契約しても、以前と同じ電話番号を使えないので
解約する前にIP電話からアナログ回線の電話に電話番号を移行しておきます。

ソフトバンク光の解約手続きをする

NURO光が開通したら、ソフトバンク光の解約手続きをします。
まあソフトバンク光は解約前90日から受付をしているので先に手続きをする方法も。

基本的にソフトバンク光とNURO光の二重回線状態はあまり問題がありません。
でもその状態を長く続けたくない、と言うなら先に解約手続きをしましょう。

NURO光の回線工事の予定は分かっているので、2回目の工事予約日に合わせて
ソフトバンク光の解約予定日にすれば問題ないと思います。

ソフトバンク光の締日と合わせて考えると、無駄のない乗り換えができると思います。
ちなみにソフトバンク光は解約予定日1週間前に連絡することが必要です。

今日電話して明日解約、ということは出来ないのでそこにも注意しましょう。

ソフトバンク光のレンタル器材を返却する

ソフトバンク光の解約が終わったら、レンタルしていた機材の返却をします。
ソフトバンク光ではレンタル器材の返却が全てユーザー負担になります。

返却の郵送料は当然、返却時の箱や緩衝材などもユーザーが用意をします。
NTTでは返却キットを用意してくれるのでそれを使う事ができるのですが。

それと機材の返却は解約から14日以内という期限があります。
この返却期限を過ぎると違約金が発生するので注意しましょう。

機材によっては数万円というかなり高額の違約金が発生するので、出来る限り素早く
ただ壊れないようにしっかりと梱包して返却しましょう。

回線撤去工事は状況によってしないことが多い

ソフトバンク光の回線撤去工事は状況によって変わりますが、多くの場合では
撤去をせずにそのまま設置しておくということになります。

集合住宅の場合は室内の光コンセントをわざわざ撤去することはなく、フレッツ光回線を
そのまま残しておくことが多いです。

大家さんや管理会社の考え方によるところも大きいので、そちらに確認をしましょう。
ちなみに撤去工事がある場合はやはり立ち会いが必要です。

持ち家の戸建住宅の場合は自由に決めて構わないかと。
またNURO光を止めてフレッツ光に戻すことがあるならそのままでも問題ありません。

光ファイバーケーブルは電柱から引き込む電線とあまり変わらないケーブルなので
家の外観を損ねる、ということも少ないと思います。

ソフトバンク光のサービスの特徴

乗り換えの手順が分かったところで、それぞれの光回線サービスがどんなものなのか
乗り換えたほうがいいのかを考えてみることにします。

簡単にどちらのサービスが自分にあっているのか。
その特徴を再確認してみることにします。

まずはソフトバンク光のサービス内容について確認してみましょう。
月額料金や利用できる地域の広さなどを調べてみました。

月額料金は光コラボでは普通

ソフトバンク光は戸建住宅と集合住宅で月額料金が変わります。
そして戸建住宅では契約年数を2年と5年から選ぶことが出来ます。

戸建てプランは2年自動更新プランなら月額5,200円になります。
これが5年自動更新プランになると月額4,700円となります。

5年契約のほうが割引が大きくなるのですが、解約違約金も15,000円と高くなり
違約金がかからないタイミングも60ヶ月ごとと長くなるので注意が必要です。

集合住宅プランは2年自動更新プランのみで月額3,800円です。
解約違約金は2年契約なので戸建てプランの2年契約と同じ9,500円です。

戸建てプランでは他の光コラボに比べてちょっと高めですが、集合住宅プランは
安くなっています。

平均して考えれば普通の月額料金、というところでしょうか。
ちなみに自動更新なしのプランもありますが、月額料金が高いのでおすすめしません。

申込可能地域はほぼ全国

ソフトバンク光は使っているのがNTTのフレッツ光なので、契約申込受付が
出来る地域はほぼ全国です。

一部地域では契約申し込みが出来ませんが、全国のほとんどの地域で申込みが
出来るという大きな魅力があります。

山間部など一部地域では光回線の設置ができないので契約もできませんが
広い地域で使えるというのはかなり大きなメリットだと思います。

回線設置工事費が光コラボの中では高い

NTTでフレッツ光の設置工事をする場合、一戸建てなら18,000円なのですが
ソフトバンク光で新規加入時の回線設置工事費用を調べると24,000円となります。

他の光コラボの回線設置工事費用と比べても24,000円というのは高いと思います。
しかも現在キャンペーンなどがないので必ず支払いが必要になります。

一括の他に分割での支払いも可能で、30回から60回までの分割支払が出来ます。
当然ですが支払い途中に解約する場合は残債の一括支払いが必要です。

ちなみに、あまりないと思いますが集合住宅に新規設置する場合の回線工事費用も
同じく24,000円かかります。

フレッツ光の場合は15,000円なのでやはり工事費用が高いという印象です。

人や土地を選ばずに誰でも使いやすいのがソフトバンク光

ソフトバンク光の最大の魅力はソフトバンク端末の割引が使えることですが
一応それがなくても利用することは十分にできます。

まあ他の光コラボには月額料金がもっと安いものもあるので、わざわざソフトバンクの
ユーザー以外が選ぶとは思いませんが・・・

利用可能地域は全国ですし、ひかりTVやひかり電話などのオプションサービスも
充実しているのでどんな人でも使いやすいです。

どこの地域でも申し込みができる、という特徴があるので多くの人におすすめしやすい
ソフトバンク光という印象です。

NURO光のサービスの特徴

次にNURO光のサービスの特徴についても確認してみます。
こちらは光回線のインターネット接続サービスとしては後発のサービスです。

後から始まったサービスなので、サービスの内容や特徴についても他の光回線と
違ったところもあります。

そこでNURO光の特徴的なところをまとめて確認してみました。

通信速度が下り最速2Gbps

NURO光はブラックファイバー、NTTが点検や予備として設置した普段使われない
光ファイバーケーブルを使ってサービス提供しています。

フレッツ光とは違う回線を使っているので、通信速度がとても速いという特徴のある
光回線サービスとなっています。

現状では下り最速2Gbpsという通信速度です。
まあこれはベストエフォートなのでまず出ることはない通信速度ですが。

口コミなど実際に使っている人の評判では、混雑する時間帯でも下り500Mbpsを超える
通信速度を出しているという報告がありました。

フレッツ光や光コラボでは混雑する時間帯でも快適に使える、という口コミはとても多く
通信速度に関してはかなり評判がいいのがNURO光です。

対応している地域が狭い

現在NURO光の対応地域の拡大が進められている状態ですが、今はまだ対応している
地域がとても少ないのが現状です。

・ 関東地方 東京、神奈川、千葉、埼玉、栃木、群馬、茨城
・ 東海地方 愛知、静岡、岐阜、三重
・ 関西地方 大阪、京都、滋賀、兵庫、奈良
・ 九州地方 福岡、佐賀

最近やっと九州地方の2県でサービス開始されましたが、それでも18都府県で
サービスされているのがやっとというところです。

しかもこの対応地域は県内全域というわけでもなく、当然対応地方内でも申込みが
できないところはあります。

フレッツ光に比べるとまだまだ対応地域がとても少ないというのが正直な印象です。

集合住宅でも基本は戸建てと同じプラン

NURO光の集合住宅プランはとても特殊で、対応している建物はかなり少なく
多くの場合は戸建てプランと同じものを利用します。

つまり集合住宅でも直接室内にNURO光の回線を引き込みます。
当然月額料金も戸建てプランと同じ料金になります。

月額料金は4,743円でプロバイダ料込みの金額になっています。
集合住宅として考えるとちょっと高いですが戸建てプランなら安いと思います。

ただし集合住宅でも直接光回線を部屋に引き込むので、立地条件によっては
引き込み工事ができないという場合もあります。

対応地域内でも電柱の位置と部屋の位置関係で引き込みができないこともあるので
さらに対応地域という意味では少なくなってしまうのが残念です。

回線設置工事費用は高いけど実質無料

NURO光は光キャビネット設置の宅内工事と電柱からの引き込み工事をする
2回の工事が必要です。

そのためか回線設置工事費用も40,000円とかなり高額です。
ただし工事費用は実質無料にすることができます。

回線工事費用は分割払いにすると毎月1,333円の30回払いとなりますが
毎月1,333円の割引が適応されるので、実質無料での支払いとなります。

まあ30回払いが完了するまで契約を続けることが条件になりますが。
NURO光の契約タイミングとはちょっとずれるので注意しましょう。

契約が出来るなら快適に使えるNURO光

通信速度が速く、混雑時に速度低下もあまりないというとても評判のいい
NURO光ですが対応地域がとても狭いという状況です。

現在でも対応地域の拡大は行われているようですが、全国的に見ればかなり狭い
という印象になります。

対応地域を調べてみて、NURO光の契約が出来るならおすすめなのは間違いない
というところなのですが・・・

まずは対応地域を確認して、可能ならば乗り換えという感じになるでしょうか。

回線工事の時の大家さんへの確認なども忘れずに

ソフトバンク光からNURO光は、ソフトバンク端末の割引も使えるので基本的には
おすすめしやすい乗り換えです。

ただし最大の問題点はNURO光の対応地域です。
NURO光の契約が出来るなら間違いなくおすすめできる乗り換えとなります。

後は乗り換えには必ず回線工事が必要になります。
特に賃貸住宅の場合は外壁に光キャビネットという装置の取り付けがあります。

一応壁に傷をつけない、テープでの設置も出来るようですが基本はビス止めなので
工事の許可を大家さんや管理会社に取る必要があります。

色々とユーザーが行う確認作業などもありますが、快適にインターネットを使いたい
というならNURO光への乗り換えはおすすめできます。

 






 
 
 

-ソフトバンク光

Copyright© 光回線の教えて君 , 2019 All Rights Reserved.