ソフトバンク光

ソフトバンク光の通信速度が遅いのはなぜ?

投稿日:

ソフトバンクのユーザーが注目している光回線サービスにソフトバンク光という
サービスがあります。

フレッツ光を使った光コラボというサービスの1つなのですが、その評判の中には
通信速度が遅いという口コミもありました。

ソフトバンク光の通信速度は遅いのでしょうか?
遅いのならばその理由はなぜなのか、原因を調べてみましょう。

ソフトバンク光の通信速度は下り最速1Gbps

基本的にソフトバンク光はNTTのフレッツ光回線を使ったインターネット接続の
光回線サービスです。

つまり他の光コラボというサービス同様、回線にはNTTのフレッツ光回線を
使っています。

基本的な通信速度はこの光回線によって変わるので、他の光コラボと同じ通信速度の
下り最速1Gbpsという速度になります。

まあ使っている回線が同じなのだから、当然通信速度に違いは無いのですが・・・
インターネット回線の場合は、それほど単純な話でもないのです。

そもそもインターネット回線サービスはベストエフォート、つまり「最大限の努力をして
提供している」サービスです。

これは環境や状況によってサービスの結果が変わるために、なるべく変わらないように
努力をしていますというサービス体系になるのです。

簡単に言えば環境や状況によって通信速度が変わる可能性は高い、ということです。

ソフトバンク光は環境によって通信速度が変わる

先ほどの最高速度というのは理論上の最高速度になるので、ソフトバンク光で
常にこの通信速度が出せる、ということではありません。

しかも理論上の最高速度なので、ソフトバンク光を使っていて下り1Gbpsという
通信速度が出せることはほぼ不可能です。

その理由は、インターネット通信では周囲の環境や状況に通信速度が影響されて
変わってしまうからです。

つまりソフトバンク光が遅い、と感じている人はこの周囲の影響を受けている状態で
使っているからと考えられます。

ではどんなことに通信速度は影響を受けるのか。
最も影響されるのは周囲で使っている人の数です。

ソフトバンク光や回線を使っている人の数で通信速度が変わる

マンションなど集合住宅でインターネットを使っている時に通信速度があまり上がらない
と感じる方は多いと思います。

特に集合住宅では同じインターネット回線を契約戸数で分配して使っているので
接続しているユーザーが増えると通信速度が遅くなりやすいのです。

同じようにプロバイダにユーザーが集中してしまうと、インターネット接続の認証に
時間がかかるようになってしまいます。

これも通信速度が上がらない原因になります。
この様にインターネットの通信毒度はかなり周囲の影響を受けるのです。

ではどんなことに影響されるのか。
通信速度が遅くなる原因を更に詳しく調べてみましょう。

ソフトバンク光が遅くなる原因として考えられること

通信速度は周囲の環境で遅くなることも多いのですが、それと同時に使っている人の
環境によっても大きく変わることがあります。

場合によっては使っている機材の確認や交換をすることでもソフトバンク光の
通信速度が上がるということも考えられます。

まあそれほど簡単なことではない、という状況のほうが多いのですが。
まずはなぜ通信速度が遅いのか、その原因になることを考えてみましょう。

混雑する時間帯にインターネットを使っている

先ほど説明したとおり、集合住宅の環境だけではなくプロバイダの環境でも
インターネットの通信速度は遅くなる可能性が高いです。

特に混雑している状況では、かなり通信速度が遅くなります。
では混雑する時間帯とはどういう事なのか。

最近ではちょっと変わってきましたが、以前は午後9時を過ぎるとゴールデンタイム
と言われるかなり人が集まる時間と言われていました。

またスマホが普及したために正午から午後1時までの、いわゆる昼休みの時間帯にも
混雑が予想されます。

これらの人がインターネットに接続をする時間帯に、同じようにインターネットへの
接続をすれば通信速度が上がらないということも多くなります。

特に集合住宅では説明したとおり、同じ回線を複数の人間で使うために通信速度に
影響を受けやすくなります。

インターネットを使うユーザーが増えたために、この混雑という原因はとても高い
速度低下の理由だと思います。

有線接続のケーブルが古い

基本的にWi-Fiを使うよりも有線接続でそのままパソコンなどに接続したほうが
通信速度が高くなります。

無線LANよりも有線LANの方が周囲の状況に影響されにくいため、と言われていますが
それでも多少の影響は受けます。

ただ多少の影響を受けるとはいえ、そこまで通信速度が落ちることはありません。
有線LANでの接続でもLANケーブルが古い場合には通信速度が上がらないのです。

LANケーブルはカテゴリーという規格があり、この数が多くなれば新しい規格で作られた
LANケーブルということになります。

古いケーブルだとカテゴリー5くらいですが、このケーブルでは最高速度が100Mbpsまで
という対応なので現在のブロードバンド通信ではあまり性能が発揮されなくなります。

下り最速1Gbpsというソフトバンク光の通信速度を使いこなせない、ということに。
これが速度低下の原因と考えられます。

Wi-Fiが電波干渉を受けている

Wi-Fiルーターを使ってソフトバンク光に接続すれば、多少の速度低下が考えられます。
ただ場合によってはかなり通信速度が落ちるということもあります。

最悪の場合、インターネットへの接続ができなくなるということも。
その原因として考えられるのはWi-Fiの電波干渉です。

無線LAN規格の1つWi-Fiは現在2つの周波数が使われています。
2.4Ghzと5Ghzですが、2.4Ghzは他の電化製品でも使われることが多いのです。

有名なところでは電子レンジの近くでWi-Fiはつながらない、というもので
これは電子レンジ作動中に2.4Ghzの電波に干渉する電波がでてしまうためです。

光ケーブルに比べて周囲からの影響を受けやすい電波回線を使う場合は、環境にも
かなり通信速度の影響を受けることになります。

特定のWEBサイトだけ重たくなる

通信速度とはちょっと違うのですが、特定のWEBサイトに接続したときにだけ
サイトが重たく感じるということもあります。

これは回線などの影響ではなく、サイトに接続しているブラウザとの相性や
単純にセキュリティソフトとの相性ということが考えられます。

一部のサイトで使われている写真やシステムなどが悪意のあるプログラムと
セキュリティソフトが判断するために回線がつながりにくくなります。

またブラウザに搭載されているウイルス対策に反応することもあるので、ブラウザや
セキュリティソフトによっては特定のサイトだけ重たくなってしまうのです。

ソフトバンク光が遅くなる原因の解消方法はある

色々なソフトバンク光が遅いと言われる原因を探してみましたが、これらの原因は
基本的に解消する方法があります。

まあWEBサイトとブラウザの相性というのは、ブラウザなどの変更してもらうくらいの
解決策になりますが。

その他の遅い、遅くなると感じる方法への解決策はちゃんとしたものがあります。
次にその解決策を調べてみることにしましょう。

ソフトバンク光の通信速度が遅い時の対処方法

色々なソフトバンク光の通信速度が遅くなる原因を確認してみましたが、それぞれの
原因を解消する方法があるのです。

ただし必ず通信速度が向上する、ということでもありません。
改善する可能性があるという方法も中にはあります。

でもソフトバンク光の通信速度が遅いと感じた時にはこの方法で改善させることが
出来るかもしれないので、試してほしいと思います。

混雑時に遅いならIPv6方式の通信サービスを使う

プロバイダの混雑などユーザーが対処出来ない原因でもあるのですが、単純に混雑を
回避するためならIPv6方式の通信サービスがおすすめです。

IPv6方式の通信とはIPアドレスの枯渇問題を解消するための新しい接続方式の
通信サービスのことです。

こちらの方式ではネイティブ接続業者という専門業者を使ったインターネット接続を
行うためにプロバイダの混雑が関係なくなります。

つまりプロバイダが混雑する時間帯でも快適にインターネットへの接続ができる
という可能性が高い接続方法なのです。

ソフトバンク光、というか対応しているプロバイダのYahoo! BBではこちらのサービス
IPv6高速ハイブリッドというサービスの提供があります。

申し込みが必要で利用するためにも条件があるのですが、IPv6方式の通信になるので
プロバイダの混雑する時間帯でもかなり快適なネット接続が出来るようになります。

口コミでは下り400Mbps平均というかなりの高速通信が出来る、ということなので
混雑する時間帯にインターネットを使うことが多い方にはこちらをおすすめします。

Wi-Fiの通信速度が遅いなら使う周波数を変えてみる

Wi-Fi接続した時に通信速度が遅くなる、という場合には電波干渉をなくすために
使う周波数を変えてみることをおすすめします。

他の電化製品で使う事が多い2.4Ghzの周波数ではない、5Ghzの周波数を使って
端末と接続することで電波干渉はかなり無くなるはずです。

ただ周波数を変えるには対応しているWi-Fiルーターが必要で、古いルーターだと
5Ghzに対応していないという場合も。

それとWi-Fiは正式にはIEEE802.11という電波規格の通信方法です。
そしてこの11の後に入る英字がバージョンの違いになります。

現状流通しているバージョンでは11acという規格で、対応しているスマホなどの
端末も多くあります。

そしてこのWi-Fi規格によっても通信速度が変わるので、できれば11acが使える
Wi-Fiルーターを使いましょう。

11acや5Ghzに対応していないルーターは買い替えどきかもしれません。

ソフトバンク光のレンタルWi-Fiルーターは性能が悪い

ちなみにソフトバンク光ではIPv6方式の通信をするための条件として
ルーターのレンタルをする、という条件があります。

ソフトバンク光の専用端末、光BBユニットというルーターがあるのですが、こちらを
レンタルしなければIPv6方式の通信サービスが使えないのです。

そしてこの光BBユニットはWi-Fiカードを装着することでWi-Fiルーターにもなる
という商品なのですが・・・

市販されているWi-Fiルーターよりも無線LANの性能が悪いのではっきり言って
市販されているWi-Fiルーターよりも通信速度が遅くなります。

光BBユニットを使ってWi-Fiでもインターネット接続をしたい、というなら
二重ルーターにならないようにブリッジモードなどで市販ルーターを接続しましょう。

ルーター機能を使わずにWi-Fi機能だけをWi-Fiルーターで使えば、IPv6通信を使い
Wi-Fiでの接続も出来るようになります。

接続方法がちょっと難しいのでできれば詳しい人、またはサポートダイヤルを使って
説明を受けながら設定をしましょう。

周辺機器の接続ケーブルを見直してみる

Wi-Fiルーターとパソコン、光回線終端装置とルーターなどLANケーブルを使って
接続する周辺機器は多くあります。

それらで使われているLANケーブルの規格が古いものだと通信速度が低下しやすいのは
説明したとおりです。

そこで古くなったLANケーブルを新しいものに交換することで、少しでも通信速度の
低下を抑えるということも出来ると思います。

まあ確実に通信速度が速くなる、とは言えませんが。
簡単にできる改善策としてはおすすめできる方法です。

パソコンやスマホの性能、OSのバージョンなども影響する

インターネットに接続する端末の性能、パソコンやスマホの性能によっても
通信速度が遅くなるということが考えられます。

特に古い機種は使っているパーツも古いので、新しい機種に比べると通信にかかる
データ転送など遅くなってしまうのです。

それはOSにも同じことが言えます。
パソコンやスマホを動かしている基本的なプログラムをOSといいます。

このOSもバージョンが古い場合には通信関係のプログラムも古いままなので
やはり通信速度が遅い原因になります。

この場合の改善方法は端末の買い替えということになるのですが。
ちょっと難しいかもしれませんが、こんな原因もあるということです。

今ならIPv6方式の通信サービスを使うのがおすすめ

現在ソフトバンク光を使っていて、通信速度が遅いと感じるなら改善策としては
IPv6方式の通信サービスを使うことをおすすめします。

光BBユニットのレンタルという条件があり、月額500円が必要になりますが
混雑する時間帯にも快適な通信速度でインターネット接続が出来ると思います。

後は元々通信速度が速いと言われるNURO光やauひかりに乗り換えるという
方法もありますが。

乗り換えではインターネットの通信環境が変わってしまうというデメリットもあり
強くおすすめできないという状態です。

現在すでにIPv6方式の通信サービスを使っていても通信速度が遅い、というなら
光BBユニットなどに問題がある可能性も。

この場合はソフトバンク光に連絡をして機材の交換をしてもらいましょう。

ソフトバンク光のままでも通信速度を改善させる方法はあります。
それでも遅いと感じるなら、乗り換えることがおすすめです。

 






 
 
 

-ソフトバンク光

Copyright© 光回線の教えて君 , 2019 All Rights Reserved.