ソフトバンク光

ソフトバンク光でIPv6サービスに申し込みするのはおすすめ?

投稿日:

インターネット通信ではIPアドレスを使った通信を行いますが、その枯渇問題が
深刻になっていると言われていました。

でも新しくIPv6方式の通信サービスが開発されたことでIPアドレスの枯渇問題は
解消されたと言われています。

しかもIPv6方式の通信ではプロバイダなどの混雑も関係ない、快適な通信が出来る
と言われているので、これをソフトバンク光でも使えるか調べてみることにしました。

ソフトバンク光ではIPv6高速ハイブリッドと言うサービスが提供されている

ソフトバンク光は回線にNTTのフレッツ光を使っている、光コラボというサービスの
1つで様々なサービスを提供しています。

提供サービスの中にはIPv6方式の通信サービスもありました。
それがIPv6高速ハイブリッドというサービスです。

基本的にIPv6方式の通信では、以前の通信方式と全く違うIPoE方式という
通信をしていたので互換性がありませんでした。

つまりIPv4方式の通信しか使えないサイトには接続が出来なかったので
以前のIPv4 PPPoE方式と併用する必要があったのです。

それを改善したのがIPv6 IPoE+IPv4 over IPv6方式という通信方法で、ソフトバンク光の
IPv6高速ハイブリッドも基本的にはこのIPv6 IPoE+IPv4 over IPv6方式となっています。

魅力としては以前の方式にしか対応していないサイトでも高速通信が期待できる
というサービスになっています。

申し込みには手続きが必要

ではソフトバンク光のIPv6高速ハイブリッドはどうやって使うのか。
自動的に適応されないので、ユーザーが申込みをする必要があります。

と言っても、特別な申し込みというわけでもなく必要な機材のレンタルをすると
申込時ならすぐにIPv6方式の通信が使えます。

ソフトバンク光でIPv6高速ハイブリッドを使うためには光BBユニットという
ルーターを使う必要があります。

この光BBユニットはレンタルのみなので、そのレンタル申し込みをしなければ
IPv6高速ハイブリッドも使えないということになります。

つまりIPV6方式の通信をするために光BBユニットのレンタル申し込みをする
ということが必要なのです。

ちなみにソフトバンク光に加入した時に、すでに光BBユニットのレンタルをしている
という場合にはもうIPv6高速ハイブリッドでの接続が出来ていると思います。

接続方式の確認をする

現在自分の契約している回線が何の接続方式なのか、確認をしてからIPv6方式の
サービスに申し込みをするのがおすすめです。

現在の接続方式の確認はソフトバンク光の会員サイト、My Softbankでできます。
お客様情報の中の項目、お申込サービスにIPv6 IPoE+IPv4とあればIPv6通信しています。

こちらにIPv4と書かれていればIPv6での通信が行われていないということに。
まあ光BBユニットのレンタルをしているか、ということでわかると思いますが。

ただ光BBユニットをレンタルしていてIPv6方式の通信が行われていない、という場合は
設定などを自分で変更する必要があるということになります。

新規申し込みで光BBユニットをインターネットに接続すれば自動的にIPv6方式の通信が
行われるはずです。

光BBユニットのレンタルも会員サイトから出来る

IPv6方式の通信サービスを使うために光BBユニットのレンタル申し込みをしたい
というなら、会員サイトから申し込みが出来ます。

My Softbankにアクセスをしてオプションの変更を選べば、有料オプションの
現在の契約状況がわかります。

その中から光BBユニットを選んで申し込みをすればいいのです。

パソコンなどを使った手続きに不安があるならサポートダイヤルに電話をして
申し込みをすることもできます。

ソフトバンク光のサポートダイヤルは0120-111-2009です。
こちらからオペレーターにつないで光BBユニットをレンタルしましょう。

光BBユニットのレンタルには月額料金が必要

IPv6通信をするために必要なのは光BBユニットのレンタルです。
レンタルなので当然レンタル料が毎月かかります。

光BBユニットの場合は月額467円でレンタルができます。
これに消費税がかかります。

ちなみに光BBユニットはルーターの役割をするのですが、Wi-Fiルーターとしての
機能が搭載されていません。

Wi-Fiを使うには追加でオプションのWi-Fiマルチパックを契約する必要があります。
こちらはさらに月額990円がかかるのでかなり大きな負担になります。

光BBユニットのルーターとしての機能がちょっと物足りないのは残念なところですが
IPv6高速ハイブリッドを契約するためには必須のオプションとなっています。

IPv6方式の通信を使うにはNTTのサービス切り替えが必要

ソフトバンク光はNTTのフレッツ光回線を使った光コラボというサービスの1つです。
回線自体はNTTの海鮮を使っていることになります。

そしてIPv6方式の通信はインターネット回線を使うので、実際にはNTTにも
IPv6方式の通信サービスを使う申し込みが必要になります。

それが「フレッツv6オプション」というサービスで、ソフトバンク光の
IPv6高速ハイブリッドを使う場合にもこちらのサービスが必要になります。

つまりNTTにもカイセンサービスの切替申し込みを行う必要があるのですが・・・
実際には手続きが必要ないのです。

NTTへの手続きはプロバイダなどが代わりにやってくれる

NTTのフレッツv6オプションへの切り替え申し込みは、ソフトバンク光で
IPv6方式の通信サービスを申し込む時に一緒に申し込んでもらえます。

つまりユーザーの代わりにプロバイダなどがNTTへの申し込みを代わりに
行ってくれるのです。

ソフトバンク光はプロバイダがYahoo! BBで、IPv6方式の通信をする時には
ネイティブ接続業者のBBIXを使っています。

これらのIPv6高速ハイブリッドを利用するための接続業者がNTTへの連絡を
行ってくれるのです。

まあそれはNTTからユーザーの情報をプロバイダなどに譲渡することを許可する
という確認と同意が必要になるためですが。

光コラボでIPv6方式の通信サービスを申し込む時には、多くの業者がNTTへの
連絡などを代わりに行ってくれています。

基本的に必要になるサービス切り替えはユーザーが行う必要がないので
あまり考えなくても問題ありません。

NTTのホームゲートウェイを使っているなら設定が必要

ソフトバンク光を使っていて、光BBユニットのレンタルをしているなら普通は
問題なくIPv6高速ハイブリッドが使えるはずです。

基本的に設定などは必要なく、ONUと光BBユニットを接続してちょっと待てば
自動的に切り替えが行われます。

光BBユニットにファームウェアの自動更新がされるので、ユーザーが行う設定は
何もありません。

ただしNTTからホームゲートウェイをレンタルしていて、そちらを併用している場合
ホームゲートウェイの設定変更が必要になります。

ホームゲートウェイの型番を確認

設定の変更をする前に、ホームゲートウェイの型番を確認しておきましょう。
機種やバージョンの違いもあって、かなりの種類が提供されています。

それらの型番によって設定メニューや内容などが変わる場合もあるので
自分が使っているホームゲートウェイがどんな樹種なのかを確認しましょう。

型番がわかったらソフトバンク光の公式サイトでIPv6通信の設定方法を
探して、自分の型番の設定変更方法を調べます。

IPv6パケットフィルタの設定変更

自分が使っているホームゲートウェイの設定画面になったら詳細設定の中にある
IPv6パケットフィルタの設定を変更します。

このIPv6パケットフィルタが有効になっているとIPv6通信が出来ないので
これを無効にします。

機種によっては変更したあとに設定というボタンを押す必要があるので
ちゃんと設定変更方法も確認しておきましょう。

同じ画面でIPv6ファイアウォール機能も確認します。
こちらも有効になっているとIPv6通信ができません。

無効を選択して設定をします。
これでホームゲートウェイの設定変更が完了です。

ホームゲートウェイの設定変更にはパソコンが必要

ホームゲートウェイの設定変更画面を見るためには必ずパソコンと直接
LANケーブルでホームゲートウェイをつなぐ必要があります。

LAN接続したらパソコンのブラウザに直接IPアドレスを入力して設定画面を開く
という作業になります。

通常はホームゲートウェイとパソコンの間には光BBユニットが接続されているのですが
ホームゲートウェイの設定変更をする時には光BBユニットを外しましょう。

ちなみに市販のWi-Fiルーターなどはスマホからも設定変更画面を見られるのですが
ホームゲートウェイでは必ずパソコンが必要になります。

まあソフトバンク光の契約をしているならパソコンは使っていると思いますが。
必ず必要になるので注意しましょう。

Yahoo! BBからIPv6高速ハイブリッドの申込みをする

ソフトバンク光の申込時に光BBユニットをレンタルしなかった場合はIPv6方式の
通信サービスを利用しないという事になっているはずです。

そこで跡から光BBユニットをレンタルして、IPv6高速ハイブリッドを使いたい
という場合にはプロバイダに申し込みをする必要があります。

ソフトバンク光のプロバイダはYahoo! BBです。
つまりこちらに改めて申し込みをする必要があるのです。

まあ光BBユニットをレンタルする時にサポートダイヤルを使ったなら
オペレーターに相談して同時に手続きを進めてもらうというのもいいかと。

こちらではYahoo! BBへの申し込み方法も確認しておきましょう。

Yahoo! BBの公式サイト内の接続方式変更の申し込みに行く

Yahoo! BBの公式サイト内に接続方式変更の申し込み、という項目があり
こちらからIPv6高速ハイブリッドの申し込みが出来るようになっています。

色々な注意事項が書いてあり、画面をスクロールしていくと一番下に
「手続き画面へ」というボタンがあります。

これを押して申込画面に行きます。
ただ会員の確認があるのでユーザーIDを入力することになります。

Yahoo! BBのIDはもちろんソフトバンクのIDにソフトバンク光のS-IDでも
認証を通過することができます。

ちなみにYahoo! BBのIDはソフトバンク光に新規加入したときの郵送書類の
ご利用開始のご案内に書かれているIDを使いましょう。

接続方式変更の同意をする

ユーザー認証が終わると接続方式変更のために必要な手続き代行とサービス内容の
確認をするPDFがあります。

それらをよく読んで同意することが出来たら、「同意する」というボタンを押します。
これにはサービス内容の変更の確認と手続きのときの情報公開の承認も含まれます。

同意が終われば最終確認画面になります。

最終確認画面で申し込みをすれば完了

最終確認画面で、接続方式の変更を申し込むにチェックを入れます。
それを確認して申し込みをすれば手続きは完了です。

注意点としてはこの申し込みは、IPv6高速ハイブリッドが利用できる状態で
申し込み手続きをすることが必要ということです。

基本的には光BBユニットのレンタルが出来ていて、手元に届いていてすでに
接続も完了している状態で申し込み手続きをします。

IPv6高速ハイブリッドが使えないという状態ではエラーが出る可能性が高いので
使える状態にしてから申し込みをしましょう。

光BBユニットが届いてすぐではエラーが出ることも

光BBユニットのレンタル申し込みをしてから、実際に届くまで早くても5日くらい
時間が必要になります。

そして光BBユニットが届いてすぐの状態では、たとえちゃんと接続されていても
IPv6方式の通信切り替え申し込みにエラーが出る時という場合も多いようです。

届いた当日はまだソフトバンク光の登録手続きなどが完了していないのか、実際に
手元にあるのに「お申込手続き中」というエラーがでます。

光BBユニットが届いてから1日、できれば2日後くらいに申し込み手続きを開始する
というのがおすすめです。

ただ2日経っても同じ様に「手続き中」と出るなら、なにかトラブルが発生しています。
このときはすぐにサポートダイヤルに連絡をしましょう。

申し込み中に日付が変わるとエラーになる

もう1つ、申し込み手続きをしている最中に日付が変わるとエラーになります。
手続き自体はいつでもネットで出来るのですが、時間帯には注意しましょう。

ちなみにその時のエラーメッセージは、しっかりと「手続き中に日付が変わったので
お申し込み承ることが出来ません」と表示されます。

あまりゆっくりと入力や確認をしていると珍しい形でエラーが出ることも。
まあこの場合はすぐに申し込みをやり直せばいいだけですが。

ソフトバンク光申込時に光BBユニットをレンタルすると便利

ソフトバンク光のIPv6方式の通信サービスは、基本的に申し込みが必要なく
自動的に適応されているという印象があります。

でもそれはソフトバンク光申込時に光BBユニットをレンタルしている場合なので
後から使いたい時には、しっかりと申し込みが必要になります。

まあ申し込み手続き自体もそれほど面倒くさいこともないので、かなり手軽に使える
という印象ではありますが。

気になるのは市販のWi-Fiルーターではなく光BBユニットが必須ということです。
市販のWi-Fiルーターを使う場合、接続にちょっと手間がかかります。

光BBユニットをWi-Fiルーターの代わりにするためには別のオプション加入が必要で
そちらは月額990円という高い料金となっています。

そもそもIPv6高速ハイブリッドを使うために必要な光BBユニットも月額467円必要
というのも気になりますが。

でもかなりの高速通信が期待できるIPv6高速ハイブリッドはとてもおすすめです。
混雑する時間帯も快適にインターネットをしたいなら申し込みをしましょう。

 






 
 
 

-ソフトバンク光

Copyright© 光回線の教えて君 , 2019 All Rights Reserved.