ソフトバンク光

ソフトバンク光でIPv6方式の通信を確認する方法とは?

投稿日:

ソフトバンク光では次世代通信規格のIPv6方式の通信を行うサービスがあります。
すでに多くのユーザーに利用されている人気のサービスとなっています。

単純にIPアドレス枯渇問題の解消ができるだけではなく、混雑時の通信速度低下を
解消できる可能性が高いことも人気の理由になっています。

そんなIPv6方式の通信が行われているのかを確認する方法は、どうすればいいのか。
その方法を調べてみました。

ソフトバンク光のサービスはIPv6高速ハイブリッド

現在ソフトバンク光で提供されているIPv6方式の通信サービスはIPv6高速ハイブリッド
という名称です。

詳しく言えばIPv6 IPoE+IPv4 over IPv6方式の通信を行っているので、従来の
IPv4とIPv6どちらの方式の通信にも対応することができます。

簡単に言うと以前の通信方式との互換性があるので、どんなサイトでも高速通信での
接続が期待できるようになる、というところでしょうか。

このIPv6高速ハイブリッドはソフトバンク光の申込時に条件を満たしていれば
自動的に適応されるという手軽なサービスです。

ただしユーザーがその条件を分かっているなら問題はないのですが・・・
現状自分の契約でIPv6方式の通信が出来るのか、わからないという方も多いかと。

そんな時には現在の通信方法を確認することも出来るようになっています。

IPv6方式の確認方法は2種類

現在自分の契約がIPv6方式の通信なのか、確認するための方法には2種類あります。
基本的にはどちらもパソコンなどを使って現状を確認することになります。

1つはソフトバンク光のプロバイダが行っている回線の通信方法判定サイトに
アクセスして確認する方法。

もう1つはソフトバンク光の会員サイトにアクセスして、現在の契約内容を確認して
通信方式を調べる方法です。

会員サイトでの契約内容確認はスマホでも内容確認だけなので出来るのですが
通信方法の確認はできればパソコンの方がわかりやすいと思います。

スマホやタブレットPCだとWi-Fiルーターを中継する必要があるので
ちょっとわかりにくくなってしまいます。

ではそれぞれの方法を改めて確認してみましょう。

Yahoo! BBのIPv6接続確認ページに行く

ソフトバンク光は回線にNTTのフレッツ光を使っている、プロバイダ一体型の
料金体系をしている回線サービスです。

プロバイダ料金と回線利用料が一緒になっているので管理がしやすいという
大きなメリットがあります。

そのソフトバンク光ではプロバイダにYahoo! BBを利用することになります。
つまりソフトバンク光に加入すると必ずプロバイダがYahoo! BBになります。

そのプロバイダ、Yahoo! BBでは公式サイト内に回線の接続方式がIPv6なのかを
判断するための確認ページを作っています。

ちなみにこの確認ページはYahoo! BBの会員やソフトバンク光の会員だけが利用できる
というところではないので、誰でも気軽にアクセスすることができます。

アクセスした時点の通信方式を確認して、それを画面に表示します。
IPv6インターネットで接続しています、と出ればすでにIPv6方式の通信をしています。

ただしインターネット接続の環境などで判定結果が変わることもあります。
一応の目安、というくらいの感じで使うようにしましょう。

ソフトバンク光の会員サイトから確認

ソフトバンク系列の会員になると、会員専用サイトへのアクセスができます。
それがMy Softbankというサイトです。

ソフトバンク光に加入した時に、会員IDとしてS-IDがもらえます。
これと設定したパスワードを使うことで会員サイトにアクセスができます。

S-IDとパスワードはソフトバンク光に加入した時に郵送された書類の
ご契約開始のご案内に記載されています。

アクセスしたらお客様情報を見れば、ユーザーが契約している状況がわかります。
お申し込みサービスがIPv6 IPoE+IPv4となっていれば問題ありません。

こちらはスマホからでもS-IDを使ってアクセスすればソフトバンク光の会員として
情報を見る事ができるので、簡単に出来ると思います。

海外サイトのIPv6テストページも使える

もっと詳しくIPv6通信の情報を知りたい、という場合にはソフトバンク光とは
関係ない海外のテストページを使うという方法もあります。

接続端末のIPアドレスや使っているISPなどの情報もわかるサイトが有りました。
通信速度のスコアチェックなども出来るようです。

ただ単純にIPv6方式の通信をしているのか、という確認のためならあまり必要は無い
と思いますが・・・

詳しくIPv6通信の情報を確認したい、というならこのような海外サイトを使う
という方法もあります。

IPv6方式の確認が必要になる理由

ソフトバンク光のサービス、IPv6高速ハイブリッドでの接続の確認が必要になる
というのはよく考えるとちょっと不思議なことです。

基本的には、自分が申し込みをした契約内容を確認するというのは必要ないはずで
契約したらそのサービスが実行されているのが普通です。

ではソフトバンク光のIPv6高速ハイブリッドのサービスを確認するのは何故か。
それはユーザーが状況を把握しにくいということも理由だと思います。

まあそれほど難しいことではないのですが、IPv6高速ハイブリッドの申し込みは
ちょっと特殊なところがあります。

その特殊なところと、確認が必要になる理由を確認してみましょう。

ソフトバンク光契約時に光BBユニットをレンタルすると自動でつなげる

IPv6高速ハイブリッドの申し込みは、場合によって必要ないというのがこのサービスの
大きな特徴になります。

ソフトバンク光の契約時に光BBユニットのレンタルをしていると、光回線の開通時に
最初からIPv6高速ハイブリッドを使う事が出来ます。

ユーザーが申し込みをするのは光BBユニットというソフトバンク独自のルーターを
レンタルするということだけです。

ちなみにソフトバンク光でIPv6通信をするためには必ず光BBユニットのレンタルが
必要になります。

市販のWi-FiルーターではIPv6通信がソフトバンク光では出来ないので
注意しましょう。

後から光BBユニットをレンタルする場合は申し込みが必要

すでにソフトバンク光に加入しているユーザーがIPv6高速ハイブリッドを使いたい
という場合にはやはり光BBユニットのレンタルが必要です。

ただしこちらの場合は光BBユニットのレンタルだけではIPv6高速ハイブリッドの
サービスを使う事が出来ません。

レンタル後にサービスの申し込みをする必要があります。
これが最初から光BBユニットをレンタルしているユーザーと違うところです。

これを知らずに「IPv6高速ハイブリッドは光BBユニットのレンタルで使える」と
思っているユーザーが多いようです。

そこで光BBユニットをレンタルした後に、IPv6方式の通信が出来ているかを
確認することが重要と言われています。

IPv6方式の通信を使っているのに遅いという意見はこの可能性が高い

先ほど説明したとおり、IPv6方式の通信をすればプロバイダなどの混雑を回避できるので
通信速度が上がりやすいというメリットがあります。

でもソフトバンク光が遅い、IPv6サービスの申込みをしたのに遅いという意見が
口コミサイトなどでも見ることが出来ます。

この口コミの原因と考えられるのが、光BBユニットをレンタルした後に
IPv6高速ハイブリッドの申し込みをしていないということです。

口コミでは確かに光BBユニットをレンタルした、とあるのですがその後に
申し込みをしたのに、ということが書かれていないことが多いのです。

つまり新規加入時と同じ様に、光BBユニットをレンタルしただけでIPv6の
通信ができていると勘違いしているユーザーもいるようです。

光BBユニットのレンタルをしたら、ちゃんとIPv6高速ハイブリッドの申し込みを
行うようにしましょう。

IPv6高速ハイブリッドの申込方法

契約当初から光BBユニットをレンタルせずに、後からレンタルしたときの
IPv6高速ハイブリッドの申込方法を調べてみます。

申込みの条件としては光BBユニットをレンタルしていることと、ソフトバンク光に
加入していることです。

マンションタイプでも一戸建てタイプでも問題なくIPv6高速ハイブリッドの申込みは
出来るようになっています。

それと、一応ソフトバンク光以外のソフトバンクが提供する光回線を使ったサービスも
加入することは出来るのですが・・・

基本的にYahoo! BBを使っていない場合は別のIPv6方式の通信サービスになります。
プロバイダによって利用できるサービスが変わるので注意しましょう。

光BBユニットをレンタルする

では簡単にですがIPv6高速ハイブリッドの申し込み手順を確認していきましょう。
まずは光BBユニットのレンタル申し込みをします。

レンタル申し込みはソフトバンクの会員サイト、My Softbankからも出来ますし
サポートダイヤルに連絡をしても大丈夫です。

ただし手続きはレンタル申し込みをした光BBユニットが到着してから、次の手順
ということになります。

レンタル申し込みから本体到着まで、大体3営業日位かかるようです。
まずは届くのを待ちましょう。

光BBユニットをONUと接続する

光BBユニットが届いたら、光回線終端装置のONUと接続します。
契約状況によってはNTTのホームゲートウェイを使っているかと思います。

それらONUと同じ機能を持つ機材と光BBユニットを接続して、インターネットが
使える状態にします。

後はできれば有線LANを使って光BBユニットとパソコンを接続します。
IPv6高速ハイブリッドの申し込みはパソコンから行うのがいいと思います。

ちなみに光BBユニットはオプションでWi-Fiカードを装着しない場合は
Wi-Fi通信が出来ません。

そしてWi-FiカードはWi-Fiマルチパックという有料オプションの契約が必要で
こちらは月額990円が必要です。

Yahoo! BBの公式サイトにアクセスをする

インターネットへの接続が出来るように光BBユニットをつないだら、パソコンから
Yahoo! BBの公式サイトにアクセスします。

この公式サイトの中にIPv6高速ハイブリッドの申し込み手続きが出来るページが
あるのでそこにアクセスします。

申し込みをするためにはYahoo! BBの公式サイトにログインする必要があります。
Yahoo! BBのユーザーIDでもソフトバンク光のS-IDでもログインは出来ます。

それにスマホでソフトバンク端末を使っているならソフトバンクのIDもあるはず。
そちらでもログインは可能です。

注意点としてはYahoo! BBのユーザーIDは複数持っている可能性があります。
ここでログインに使うのはソフトバンク光加入時にもらったユーザーIDです。

申込時にソフトバンク光から「ご契約開始のご案内」という書類が郵送されているはずで
こちらにYahoo! BBやソフトバンク光のS-IDなどが記載されています。

ここに書かれているIDを使ってログインをしましょう。

IPv6高速ハイブリッドの申し込みをする

Yahoo! BBの公式サイト内にIPv6高速ハイブリッドの申し込み手続きが出来る
ページがあるのでそちらから申し込みをします。

手続自体はとても単純で、契約内容の確認とラジオボックスへのチェックや
確認ボタンのクリックだけで申し込みが出来ます。

途中には光BBユニットのオプション加入申し込みなども出来るのですが、必要ない
と思ったら申し込みをしなくても問題ありません。

基本的にはIPv6高速ハイブリッドの申し込みだけで高速通信にも期待ができるので
余計な負担をかけたくない人はこれだけ申し込みをしましょう。

IPv6確認ページで確認をする

申し込み手続きの後、SMSなどでソフトバンクからIPv6方式の通信サービスに
切り替えをする日時が送られてきます。

その日時以降はソフトバンク光の通信がIPv6高速ハイブリッドを使った通信に
変更されているはずです。

それを確認するためにIPv6確認ページにアクセスしましょう。
Yahoo! BBのページでも、My Softbankでもどちらでもかまいません。

無事にIPv6通信サービスに切り替わっているなら、高速通信が出来るはずなので
快適なインターネットを楽しみましょう。

エラーが出るときは1~2日待ってみる

IPv6高速ハイブリッドの申し込みで注意することは、光BBユニットが到着した
当日にはまだソフトバンクの処理が終わっていないという場合もあります。

その場合はIPv6方式の切り替え申し込みページでエラーが出ます。
申し込み手続き中です、とエラーが出るなら1~2日くらい待ってみましょう。

多分、光BBユニットが届いた翌日には申し込み手続きが出来ると思いますが
心配なら1日経ってから申し込み手続きをしましょう。

数日待ってもエラーが出続ける場合はなにか不具合がある可能性が高いです。
この場合はすぐにサポートダイヤルに連絡をしましょう。

IPv6通信の切り替え申し込みをしたらちゃんと確認をする

多少の誤差はありますが、ソフトバンク光のIPv6高速ハイブリッドは混雑を回避して
人が多い時間帯の通信速度もそれなりに保つことが出来るはずです。

IPv6方式の契約をする前と同じ通信速度のまま、という場合はIPv6への切り替えが
行われていないという可能性も高いと思います。

それを確認するためにもまずはIPv6確認ページにアクセスしてみましょう。
確実なのはMy Softbankですが。

ここでIPv6インターンネット接続が出来ていないなら、IPv6方式への切り替えを
申し込みましょう。

申し込みがちゃんとできればソフトバンク光は十分に速い通信速度でインターネットが
出来るはずです。

申し込みの後にも接続方法の確認をお忘れなく。

 






 
 
 

-ソフトバンク光

Copyright© 光回線の教えて君 , 2019 All Rights Reserved.