ソフトバンクエアー

ソフトバンクエアーは機種変更が出来る?

投稿日:

固定回線では光ファイバーケーブルなど、回線設置工事が必要です。
でもそれが必要ない固定回線もあります。

回線工事が必要なく、すぐに使えるインターネット回線として人気なのが
ソフトバンクエアーというサービスです。

特別な端末でインターネット接続が出来るので、とても便利なのですが・・・
その端末の機種変更はどうなっているのでしょうか?

ソフトバンクエアーでは機種変更が出来る

ソフトバンクエアーでは回線ケーブルの代わりに電波回線を使っています。
詳しくは後ほど説明しますが、スマホの電波と基本的に同じものを使います。

その電波を受信するために、Airターミナルという端末を使っています。
これが回線設置工事をしなくてもインターネットが出来る理由になります。

ただ、このAirターミナルはスマホと同じ様に新しい機種が発売されています。
以前購入したものよりも高性能なAirターミナルがあるのです。

ではこの新しい機種に交換する、スマホの機種変更のようなことはAirターミナルでも
出来るのでしょうか。

ソフトバンクの公式サイトを調べてみると、ソフトバンクエアーでも機種変更が
出来ることがわかりました。

機種変更が出来るのは購入した場合のみ

ソフトバンクエアーでは機種変更が出来る。
これは間違いないのですが、機種変更をするためには条件があります。

条件というよりも、そもそも機種変更とは購入した端末を別の端末にアップグレードする
という事になります。

そしてソフトバンクエアーでは端末購入の他にレンタルもできるのです。
このレンタルの状態では機種変更が出来ません。

端末を購入した場合に機種変更に対応してもらえるのです。

レンタルの場合は、レンタルし端末の変更ができるのかサポートセンターに
問い合わせをしてみましょう。

ソフトバンクショップで機種変更の場合は注意が必要

ソフトバンクエアーの機種変更、Airターミナルの交換の申し込みはWEB上の
ソフトバンク会員専用サイトのMy Softbankから行えます。

そしてソフトバンクショップからも受付をしているのですが、こちらで申し込みを
行う場合にはちょっと注意が必要になります。

ソフトバンクショップは基本的にソフトバンクの携帯端末の取り扱いをしている
ショップです。

つまりソフトバンク光やソフトバンクエアーなどは専門外になるので、ショップによって
取り扱いがない可能性もあるのです。

特にソフトバンクエアーは取り扱いがない、というショップも多いと思うので
事前に確認をしてから機種変更の申し込みに行きましょう。

ソフトバンクショップでの機種変更ではキャンペーンもある

ただ、ソフトバンクエアーの取り扱いをしているソフトバンクショップでは
ソフトバンクエアーのキャンペーンを展開している場合もあります。

実際に2019年4月からはソフトバンクエアーの機種変更キャンペーンをしていて
ソフトバンクショップで機種変更をする場合は事務手数料がかかりません。

ソフトバンクエアーでは機種変更をする時に、事務手数料として3,000円と消費税が
必要になります。

この事務手数料がソフトバンクショップで機種変更手続きをすることで0円になる
というキャンペーンが展開されています。

新規加入申し込みではあまりお得なキャンペーンが行われないソフトバンクショップも
機種変更ではお得になる可能性があるので、ちょっと注目してみましょう。

ソフトバンクエアーのサービス内容を確認

ではここで改めてソフトバンクエアーのサービス内容を確認してみましょう。
ソフトバンクエアーとはどんなサービスなのでしょうか。

先ほど説明したとおり、回線設置工事がない電波回線を使ったインターネット接続の
回線サービスがソフトバンクエアーです。

Airターミナルという専用の端末を使って電波を受信してWi-Fiで端末と接続します。
回線工事がなく、電源供給が出来るコンセントがあればインターネット接続ができます。

手軽にインターネットへの接続回線が提供できるという魅力がありますが、電波が
届かないところではサービス提供自体ができません。

そのために申込時に契約住所の電波状態を確認してから、契約ということになるので
申し込みからすぐに使えるわけでもありません。

簡単に説明しましたが、これがソフトバンクエアーというサービスの内容です。
では更に詳しくサービス内容を調べてみましょう。

月額料金は固定回線の戸建てプランとあまり変わらない

ソフトバンクエアーは月額料金が4,880円です。
これに消費税が加わりますが、集合住宅でも同じ金額です。

普通の固定回線では集合住宅の場合、複数の契約者で回線を分配するので
多少月額料金が安くなります。

でもソフトバンクエアーの場合は一戸建て、集合住宅ともに月額4,880円です。
ただ、レンタルの場合はこれにレンタル料490円が加算されます。

それと端末を購入する場合は購入代金が59,400円かかります。
これを分割にする場合はソフトバンクの月月割が適応されます。

毎月1,650円の36回払いとなりますが、月月割が適応されて毎月1,650円の
割引があります。

36ヶ月契約し続ければ実質無料での購入が可能になる、というわけです。

月額料金を考えると固定回線のソフトバンク光が戸建てプランで月額5,200円
ということなので、そちらとあまり変わらないという印象です。

最新端末はAirターミナル4

ソフトバンクエアーで使うのはAirターミナルという端末ですが、最新端末は
Airターミナル4という機種です。

基本的に新しい端末になるほど通信速度など、性能が高くなります。
Airターミナル3からAirターミナル4でも性能がアップしています。

インターネット接続の通信速度が下り最大962Mbpsという高速通信が可能ですが
これは一部地域のみなので、実は性能的にはあまり変わっていないのかも。

ちなみにAirターミナル3では下り最速350Mbpsとなっています。

Wi-Fiの通信速度が高くなっている

Airターミナルの性能で言うなら、4ではWi-Fiの通信速度が高くなっています。
最大1.3Gbpsでの通信が出来るようになりました。

単純にWi-Fiの場合はMIMOの場合、同時利用できるアンテナの数が通信速度に
直接影響することになります。

Airターミナル4ではこのアンテナを増やしたようで、本体サイズがちょっと大きくなり
その分だけWi-Fiの通信速度が上がったという印象です。

ちなみにAirターミナル3と2ではどちらも最大866MbpsでのWi-Fi通信ができます。
Wi-Fi規格は全てIEEE802.11acまで使う事が出来ます。

現在Airターミナルの初期バージョンは販売終了

ソフトバンクエアー申込時に、端末の機種を指定して購入することができます。
まあ最新端末以外の選ぶ人もいないと思いますが。

ただし現状Airターミナルの初期バージョン、最初に提供されたAirターミナルは
販売終了となっています。

Airターミナルは2から形状を今の端末と同じ様に四角柱の形にしていますが
初期バージョンは全く形が違いました。

まあこちらは性能もかなり低くなってしまっているので、今でも使っているなら
機種変更をするのがおすすめなのですが。

実際にIEEE802.11acが使えないのは初期バージョンのみです。
インターネットの通信速度も下り最速110Mbpsなのでかなり厳しいと思います。

最新機種への機種変更が出来るので、以前から使い続けている方は早めの機種変更を
おすすめします。

申し込み住所以外で使う事が出来ない

ソフトバンクエアーは回線設置工事がなく、どこでも使えるというのが魅力です。
ただしモバイルルーターと違って持ち運んでインターネット接続は出来ません。

インターネット接続に使うAirステーションという端末もそれなりの大きさがあります。
はっきり言えばWi-Fiルーターよりも大きな本体をしています。

それに電源の供給が必要で、コンセントを使っているのでそもそも持ち運んでの利用は
出来ないという状態です。

でも別の家に持っていってコンセントを使えば本体を起動させることはできます。
ただしこのような使い方をすると契約違反になります。

ソフトバンクエアーは契約時に申請した住所以外での利用をした場合は回線接続の
提供を停止する、という規約があります。

一応電波の届く地域ならAirターミナルの本体を使うことは出来るでしょうが
それをやれば最悪の場合は強制退会という事になります。

ソフトバンクエアーは固定回線扱いのサービス、ということを覚えておいてください。

初期型から機種変更をすると月額料金が高くなる

ソフトバンクエアーで使うAirターミナルには種類があります。
そして初期型の時には契約内容が少し違っているのです。

具体的に言うと月額料金が安いのです。
サービス開始当初のソフトバンクエアーは月額4,196円でした。

初期型をそのまま使い続けている場合は月額料金も変わりません。
でも初期型から機種変更をした場合には月額料金が変わるのです。

初期型以外のAirターミナルを使う場合、月額料金が現在と同じ4,880円になります。
Airターミナル2と3,4まで月額料金は変わりません。

ちなみにAirターミナル本体料金も変わっていて、初期型は分割購入する場合
1,404円の36回払いでした。

当時から月月割の適応が出来たので、同じ様に36ヶ月契約し続ける場合には
実質無料での購入ができました。

現在のAirターミナルのほうが本体性能がいいのですが、初期型からの機種変更は
月額料金が変わるので注意しましょう。

ソフトバンクエアーの機種変更の申し込み

では実際にソフトバンクエアーの機種変更をする場合、どうやって申し込みをするのか
その方法を調べてみましょう。

申込方法としてはソフトバンクの会員専用サイトのMy Softbankからの手続きと
ソフトバンクショップでの申し込み、後は電話での申し込みになります。

それぞれの方法でどんな手続をすればいいのか、詳しく確認してみます。

My Softbankでの機種変更の手続き

ソフトバンクの会員専用サイトMy Softbankでは色々な手続ができます。
ソフトバンクエアーの機種変更の手続きもこちらから申し込みが可能です。

My Softbankへのアクセスはパソコンやスマホから出来ますが、ログインに使う
ユーザーIDはソフトバンクエアー加入時にもらったものにしましょう。

ソフトバンクエアー入会時にソフトバンクからご契約開始のご案内という書類が
郵送されていると思います。

そちらにはソフトバンクエアーを使うために必要なユーザーIDとパスワードが
記載されています。

そのユーザーIDとパスワードはMy SoftbankのアクセスIDとパスワードも
兼ねているのです。

まあソフトバンクのIDやYahoo! BBのIDでもログインは出来るのですが。
手続きがわかりやすくなるので、できればソフトバンクエアーのIDを使いましょう。

ソフトバンクショップでの機種変更の手続き

ソフトバンクショップの場合は、まずソフトバンクエアーの取り扱いがある店舗を
確認しておきましょう。

自宅近くのソフトバンクショップでソフトバンクエアーの取り扱いがあればそちらで
機種変更の手続きができます。

ソフトバンクショップでは会員IDと本人確認が行われるので、運転免許証など
書類も忘れずに持っていきましょう。

本人確認が出来る書類の種類もソフトバンクの公式サイトでできます。
ショップの対応確認と一緒に必要書類も調べておきましょう。

電話での機種変更の手続き

電話の場合はソフトバンクエアーのサポートセンターに電話をすることになります。
注意点としては同じ固定回線でもソフトバンク光とは電話番号が違います。

ソフトバンクエアーの場合は0800-1111-820に電話をします。
こちらは通話料無料でPHSや携帯電話からもかけることができます。

当然一般的なアナログ電話やIP電話からもかかるので、どんな状況の電話でも
問題なく連絡ができると思います。

ただしソフトバンク関係のサポートダイヤルは中々オペレーターにつながらない
という意見も多くあります。

なるべく時間の余裕がある時に電話をすることがおすすめです。

ちなみにソフトバンクエアーの新規加入申し込み対応電話番号とは違う番号なので
かけ間違わないように注意しましょう。

ソフトバンクエアーの端末は機種変更で新しく出来る

対応地域内なら複雑な設定など必要なく、すぐにインターネットへの接続ができる
という手軽さがとても魅力的なサービスがソフトバンクエアーです。

端末とのWi-Fi接続設定が難しいという方にもWPSでの設定が出来ますし
スマホから簡単にWi-Fi設定する方法なども紹介されています。

それにAirターミナルにはLANポートも装備されているので、固定回線のように
直接ケーブルをつないでインターネットへの接続もできます。

そんな便利なソフトバンクエアーも、サービス開始から数年でAirターミナルがすでに
バージョン4というアップデートがされています。

古い端末よりも通信速度などがいいので、どうしても高性能の端末を使いたい
という方も多いかと。

そんな時に便利なのが機種変更で、ソフトバンクエアーでは色々な方法で機種変更の
受付を行っています。

ただし機種変更が出来るのはAirターミナルを購入した場合で、レンタルの場合には
機種変更に対応していません。

機種変更が出来るのはAirターミナルを購入している場合のみ、ということを
覚えておいてください。

 






 
 
 

-ソフトバンクエアー

Copyright© 光回線の教えて君 , 2020 All Rights Reserved.