ソフトバンクエアー

ソフトバンクエアー設置場所はどこがいい?

投稿日:

とても手軽なインターネット接続サービスとして人気があるソフトバンクエアーですが
その通信速度には違いがある、と言われています。

実際にソフトバンクエアーを使うための端末の設置場所によって通信速度に違いが出る
という意見も多くあります。

実際に通信速度に違いが出るなら、ソフトバンクエアーの端末はどこに置けばいいのか。
設置場所について考えてみました。

ソフトバンクエアーを使うにはAirターミナルの設置が必要

ソフトバンクエアーとはスマホのように電波回線を使ってインターネットへの接続をする
回線接続サービスです。

電波を使っていますが扱いとしては固定回線と同じなので、契約したときの申し込みの
住所以外では使う事が出来ません。

いや使えるのですが規約違反になるのでソフトバンクから注意をされます。
つまりソフトバンクエアーは契約時の登録住所でのみ使う固定回線ということに。

ただ普通の固定回線と違うのは、使っているのが電波回線なので回線設置校が無く
電波を受信する端末を設置して使うことになります。

この端末をAirターミナルといい、これを登録住所の建物に設置して使うのが
ソフトバンクエアーという回線サービスなのです。

ただAirターミナルはバッテリーではなくAC電源で動く端末です。
つまりコンセントが必要で、そこから電源をもらって回線接続をします。

電源をもらうために基本的にはコンセントの近くにAirターミナルを設置して
使うことになると思います。

Airターミナルの設置場所によって通信速度が変わる可能性が高い

ではAirターミナルの設置場所はどこでもいいのか、というとそうでもなく
設置場所にはかなり気を使う必要があります。

その理由は、Airターミナルの設置場所によってソフトバンクエアーの
通信速度が変わる可能性が高いからです。

Airターミナルはモバイルルーターのように電波回線を受信してインターネットに
接続することが出来ます。

そして端末、ノートPCやタブレットPCなどとWi-Fiを使って接続して
それらの端末をインターネット回線に接続させます。

つまりインターネット回線とLAN回線のどちらも電波を使っているので
電波の受信状況によって回線の安定性が大きく変わります。

回線の安定性はそのまま通信速度に関わってくるので、電波の受信状況が
良いところほど通信速度が高くなって快適にインターネットができるのです。

端末とAirターミナルの距離も大事

もう1つ、通信速度に関係もしますがAirターミナルと端末の間の距離も
重要な要素になります。

AirターミナルではWi-Fiの電波を2.4Ghzと5Ghzの2種類から選んで
使う事が出来るようになっています。

それぞれの電波の周波数帯には特徴があるのですが、簡単言えば使っている端末と
どれくらい離れているかで使い分けることがおすすめです。

やはり安定性に関係してくるので、ソフトバンクエアーの通信速度にも大きく
影響を与えることになると思います。

つまりソフトバンクエアーを快適に使うには、設置する場所の問題と使うWi-Fiの
周波数帯の問題があるということになります。

Airターミナルの設置場所はどんなところがおすすめできるか

まずはAirターミナルをどんなところに設置すれば良いのかを考えてみます。
やはり出来る限り通信速度が高くなるところが理想的なのですが。

電波の受信状況が安定する場所も知りたいのですが、逆にどんなところに
設置すると通信速度が遅くなるのかも考えてみます。

Airターミナルをどんなところに置けば快適にインターネットが出来るのか。
おすすめの設置場所を調べてみました。

窓際は電波が入りやすい

外部から電波回線を受信することが必要なので、Airターミナルはできれば
屋外に近いところにおくほうが良いと言われています。

当然外に出すわけにも行かないので、自然と設置場所は窓の近くということに。
出窓があればそこに置くと電波の受信状況もかなりいいと思います。

Wi-Fiルーターの場合は窓際に置くと電波が窓から拡散してしまうと言われ
あまりおすすめされないのですが・・・

AirターミナルもWi-Fi機能があるのですが、回線の電波受信のためにはやはり
窓際に設置するほうが回線も安定しておすすめしやすいと思います。

よくインターネット接続をする端末を使う部屋

これは自宅のどこでインターネットを使うか、ということになりますが・・・
スマホなどを一番使う部屋にAirターミナルを設置することがおすすめです。

家族がいるなら、多くの時間帯で家族がいることの多いリビングが候補になります。
家族が使わないなら寝室、というのもおすすめです。

部屋の数が多い場合には、どこにAirターミナルを設置するのか迷うところですが
おすすめは利用頻度の高い部屋におくことです。

コンセントの近く

単純に電源供給が簡単にできる、という理由からコンセントの近くというのも
おすすめです。

まあ電源が遠い場合でも延長コードを使えば問題ないのですが。
どこを設置場所にしても変わらない、というならこんな選び方も出来ます。

ただしコンセントの近く、ということをメインに設置場所を選ぶ必要はありません。
こちらはそれほど優先度の高くない選び方、ということで。

床からちょっと離れているところ

Airターミナルは電波が反射している状態のほうが受信しやすいので、壁や床に
密着しておいてあると電波の受信状態が悪くなります。

床から30cmほど離れているほうが外部からの電波を受信しやすいと言われています。
窓際でも高いところにおくほうが電波が安定するのです。

出窓があればそこに設置、というのは窓の近くで高いところにあるためです。
出窓がない場合は、ちょっと高いところに設置するようにしましょう。

囲まれているところは電波の受信が悪い

今度は電波環境が悪くなる条件を確認していきます。
先ほど説明したとおり、端末の周囲を囲んでいると電波が受信しにくくなります。

本棚など周囲を囲まれているところに設置すると電波が届きにくくなります。
できれば避けたほうが良いと思います。

コンセントの近く、と言っても壁に密着して設置してしまうとやはり電波の
受信状況が悪くなりやすいです。

床や壁、他にも囲いがあるようなところはなるべく避けるようにしましょう。

電化製品のそばは電波干渉を起こしやすい

こちらは主にWi-Fiの電波に関係することなのですが、電化製品には電波干渉を
引き起こす物があります。

有名なところでは電子レンジを使っているとWi-Fiが切断されるというもので
これは電子レンジ動作中に2.4Ghzの電波と干渉を起こしてしまうのです。

他にもテレビなども微弱な電波が出ているので、それと干渉を起こすと言われていますが
実はテレビはそれほど強力な電波は出ていないのでAirターミナルは問題なし。

ただし電化製品の後ろに隠すようにAirターミナルを設置するとやはり電波干渉が
起こりやすくなります。

ワンルームではコンセントの関係で他の家電と一緒に設置することも多いのですが
特に電子レンジの近くは電波干渉を起こすので止めましょう。

花瓶や水槽のそばも電波が通りにくい

意外に思う方も多いのですが、水というのは電波を通しにくいのです。
つまり水のそばにAirターミナルを設置すると電波の状況が悪くなります。

観賞用の熱帯魚の水槽などのそばに設置場所を作ってしまうと、それだけで
電波の状況が悪くなり通信速度が落ちる可能性があります。

後は花瓶も電波を通しにくくする可能性が高いです。
これらのそばに設置しないようしましょう。

設置場所によってWi-Fiの周波数帯を変えてみる

ソフトバンクエアーを快適に使うためにはもう1つ、端末と接続するために使う
Wi-Fi電波も影響があります。

前に説明したとおり、Airターミナルでは2種類のWi-Fiの周波数帯電波を
使う事が出来ます。

それぞれに特徴があり、状況によっては通信速度に大きく影響を与える可能性も
高いので実はかなり気をつけるべき要素なのです。

ではどんな状況の時にどちらの周波数帯の電波を使えば良いのか。
その特徴と一緒に確認してみましょう。

5Ghzは電化製品との電波干渉が少ない

まずは5Ghzの周波数帯のWi-Fi電波について。
こちらの魅力は電化製品との電波干渉の可能性が少ないことです。

特に有名な電子レンジは主に2.4Ghzの周波数帯の電波と干渉を起こします。
つまり5Ghzにすれば電子レンジのそばでも使える可能性があるのです。

まあわざわざ電波干渉を起こす電化製品のそばで使う必要はないのですが。
他の電化製品でも干渉を起こす可能性は少なくなります。

それにパソコン関係でもBluetoothなど2.4Ghzの周波数帯電波と干渉する
周辺機器は多くあります。

それらの周辺機器と同時に使えるというのはとても大きな魅力だと思います。

直進性が高く遠くまで届きにくい

では5Ghzの周波数帯の電波のデメリットも考えてみましょう。
電波的な特徴として直進性が高く、遠くまで届かないという特徴があります。

直進性が高いと障害物で反射しやすくなります。
つまり壁などで反射をするので、その裏までは届かなくなってしまうのです。

障害物で反射する上に5Ghzの電波は届く距離がちょっと短いために、隣の部屋で
接続する場合にも電波の状況が悪くなりやすいという事になります。

例えばAirターミナルをリビングに置いて、そこで使う場合は高速通信が出来るのに
隣の寝室では電波状況が悪く通信速度が上がらないということも。

最悪の場合は電波が届かずに断線してしまうということも考えられます。
5GhzはAirターミナルと同じ場所で使う場合に最も効果的と考えられます。

2.4Ghzは障害物を避けて遠くまで届く

では2.4Ghzの周波数帯の電波はどんな特徴があるのでしょうか。
こちらは5Ghzの周波数帯の電波の弱点をカバーできる感じです。

障害物があるとそれを避けて進もうとする性質があるので、壁などの裏側でも
電波が届くことが多いのです。

障害物で反射をしにくく、さらに遠くまで電波が届きます。
距離が離れている場合にも通信速度があまり落ちません。

ドアを隔てた隣の部屋でも問題なくインターネット接続が出来て、通信速度も
それほど違いがないという状況で使う事が出来ます。

距離が離れている場合は2.4GhzのWi-Fiを使ったほうが接続はしやすい
という状態は多いと思います。

電波干渉しやすく元々の通信速度が遅い

2.4Ghzの周波数帯電波のデメリットはやはり5Ghz周波数帯の電波の逆で
こちらは5Ghzのときの説明でわかりますが、電波干渉をしやすいのです。

同じ周波数帯の電波を使うものは当然ですが、それ以外にも電化製品には
電波干渉を起こす物が多くあります。

それらのノイズに干渉されやすいので通信速度が安定しなくなる、という状況も
多くなってきます。

それに2.4Ghzと5Ghzの周波数帯の電波の通信速度を確認してみると
5Ghzの方が通信速度は速いのです。

ソフトバンクエアーの回線速度を劣化させずに端末まで接続できる、と考えると
2.4Ghzの周波数帯の電波は若干ノイズが入りやすいのです。

これらWi-Fi電波の特徴を考えて接続する電波の周波数帯を選べば、もっと快適に
ソフトバンクエアーが使えると思います。

最適なAirターミナルの設置場所の探し方

これら、いわゆる最適と考えられる設置場所というのは状況によって変わります。
当然ですが同じ間取りで同じ家具を置いている家ばかりではありません。

その人の家や間取り、部屋の状況によって最適になるAirターミナルの設置場所は
変わってくるはずです。

ではその最適な場所を見つけるにはどうすれば良いのか。
とりあえずはAirターミナルのレベルというボタンを押してみましょう。

これはインターネット接続回線とAirターミナルとの接続状況を自己判断するための
電波レベルを確認するためのボタンです。

このボタンを押してAirターミナル本体にあるランプが3つ点灯すればそこは
電波状況が良い、ということになります。

窓際など考えられる電波状況のいい場所からランプが3つ点灯するところを探して
そこに設置しましょう。

これだけでインターネット接続回線自体の電波環境の良し悪しがわかります。
後は実際にインターネット上で通信速度を計測してみましょう。

ソフトバンクエアーは夜間に速度制限されることも多い

レベルランプが3つ点灯する場所にAirターミナルを設置したら、後は実際にスマホや
パソコンを使ってインターネット上で通信速度を測ってみましょう。

できればWi-Fiの電波はどちらの周波数帯も使ってみることをおすすめします。
状況によって回線速度が大きく変わることもよく分かると思います。

基本的にこれで一番いい設置場所を判断することが出来ると思いますが、問題点として
ソフトバンクエアー自体が速度制限をすることもあります。

一応データ通信容量による速度制限はないのですが、公式サイトでも説明しているように
一つの地域で多くのユーザーが使っていると回線品質保全のために速度制限がされます。

それに夜間のユーザーが多く利用する時間帯にも、やはり回線保全のために通信速度を
制限することがあります。

つまり混雑している状況ではソフトバンクエアー自体の通信速度が遅いので
快適にインターネットができなくなる可能性が高いのです。

実際に利用しているユーザーの口コミでも夜9時以降のソフトバンクエアーの利用は
かなり遅い通信速度になりやすい、と言われています。

一応下り5Mbps程度の通信速度はあるようですが・・・
どんなところを設置場所に選んでも夜間はソフトバンクエアー自体が快適にはなりません。

 






 
 
 

-ソフトバンクエアー

Copyright© 光回線の教えて君 , 2020 All Rights Reserved.